無料ブログはココログ

リンク集

2018年6月21日 (木)

羊と鋼の森

Image1映画、「羊と鋼の森」を見た。というより、「感じる映画」 と行った方がいいか。 もう一度見てもいいと思った。

ストーリーは高校卒業を目前にして、ただ漠然と生きていくしかない、と思っていた少年が、ある日 体育館にあるピアノ調律師の音色を聴いた。 その音色は曲を弾いたのではなく、ただ一つ一つの音を鳴らしただけなのに、自分の育った深い森の音に聞こえたのだ。  少年はその音に魅せられ、調律師の学校に行き、卒業後はその感動を受けた人のいる楽器店に就職。その若者の調律師としての成長を描く。

彼は憧れる先輩調律師が引いた原民喜の文章に感動を受ける。

明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものをたたえている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体。 

「ピアノの音色もこのことを追求しよう」 とかの主人公は決心する。

劇中、あの西郷どんを演じている鈴木亮平も準主役として、この若者の上司として登場。 彼もまた云う。「天才というのは、そのことをものすごく好きになること、最後まで絶対にあきらめないことをいうんじゃないかな」これもまた名言。

最後にピアノで生きていこうとする姉にむかって調律師をめざす妹との会話も興味深い。 妹 「ピアノで食べていくのは大変だよ。」、姉 「ピアノで食べていかない、 ピアノを食べて生きていく」 。 こんな乙な会話もまた心に残る。

北海道のうつくしい森や四季を背景にピアノという音楽がおりなす人間ドラマ。さわやかにそして力強く人間を応援するドラマとして みなさまにもぜひおすすめしたい。

2018年6月20日 (水)

2018/6月ボラ ③

006今日もボランティアは久しぶりに「踊り」が入って華やか。

プログラム① 夢さくら人   足が痛いのでなかなかボラに参加できなかった人だけど、しなやかに女性が桜を愛でながら踊る姿を演じた。

プログラム ② アコ伴奏で 「かたつむり」から 「ああ 上野駅」 まで 10曲の歌をうたってもらう, 凡ミスがところどころ、もう3回目の「ボラ」だというのに、非力と不努力にトホホホ。

007③ 再び 日本舞踊 今度は男踊りで 「河内男節」 華やかに黄色とブルーの縞模様の着物を肩に脱ぎ流して踊る。A8256a24b450034214c365f83031a8731
④ フルート・ 2曲 「ユーレイズミーアップ」、シューベルトとウエルナーの「野ばら」。帰るときに利用者さんの一人が 「今日は雨なので デーサービスを休もうかと思ったけど、フルートがあると聞いて来たの。 来て良かった!」 と声高に云ってくれたのでうれしい。017

⑤ 腹話術 パンダ君。 ここの腹話術での反応はすこぶる良い。 人形が声を発するたびに笑ってくれる。 パンダ君の足とおなかをくっつけて収納していたので、足の黒さがおなかにくっついてしまった。 泥遊びして、よごれちゃった、などとごまかしたが、白スプレーを吹くかけるなどして元の白さに戻さなければ・・・。

2018年6月19日 (火)

モコモコ小学校公演

D9bb49151_2モコモコの公演に先立って、校長先生から「同和問題」についての講和があり、興味深く聞いた。

まず、同和問題とは? そして人権問題。 明治に入り、平民平等の法律が出来たが、なかなか市民の間にはその考えが浸透しなかった。戦後、憲法第14条などで基本的人権が確立され、水平社運動も起きたが、いまだにその差別思想はなくなっていない、しかし、基本的人権の考え方などから 法務省の努力もあり、次第に解消されつつある。 差別は、部落だけでなく、高齢者、障害者、外国人、子どもなどへの虐待、いじめ などもある。 人権思想を普及させ、差別のない社会を作りましょう、と短く云えば、こんな話し。
わが市には、部落・同和地域というものが思い当たらないが、隣市にはあったらしい。 51dzvc1shwl_sx346_bo1204203200_1
水平社運動にふれたのは良かったが、同和問題の歴史、今でもある差別、もうすこし突っ込んでほしかったが、公立学校としてはこんなところか。

その後はモコモコの公演。この時は小学1年生、約100人も加わり、可愛い声援におおいにはげまされながらの演技を続けることが出来た。

プログラム ① おおきなかぶ  「語り」は私がスクリーンの前に立って。 あの掛け声、「うんとこしょ、どっこいしょ」 では、子どもたちが毎回 大きな声を出してくれたので、みんなも のりにのる。Mig1

② 歌番組 マーチングマーチ、げんこつやまのたぬきさん、森のくまさん。 1年生はいいなぁ。 3曲とも大きな声を出して歌ってくれた。 こんなに参加感をもって見てくれる会もめずらしいほど。
③ すてきな3人組  ちょうどかの「講話」のあとで、孤児と一緒に改心した泥棒たちが最後は手を取りあって生活する てなストーリーなので、「良かったね」 とメンバーたちとニンマリ。97840332116021_3
最後にこの講話の感想を書くにあたって、とても恥ずかしいことを書いてしまった。 講演中にビデオを視聴、その最後に ご清聴ありがとうございました、と出た。 私は「清聴」ではなく、 ≪静聴≫の間違いではないか、と書いてしまった。 「清聴」で良かったのだ。しずかにじっくり聞いていただいて、ありがとうございました、という意味では 「清聴」。  浅学がとてもはずかしかい ((・(ェ)・;))

ともあれ、子どもたちとの最後は握手・握手。 こんなに私たちの「かげえ」を喜んでくれるから、「機材運びが重たい・・、この肉体労働いつまでつづけられるか・・」 とぼやきながらも もうすこし頑張れるね、と私の独り言。

2018年6月18日 (月)

大阪北部地震と原発

O07190734142132016201大阪でマグニチュード6弱の地震が起き、3人死亡、約300人の負傷が伝えられている。特に亡くなった9歳の児童は楽しかるべきプール。その壁による圧死とあってはいたましくて言葉もない。20180618j03w3901


Fukushimakinkiosen201261地震のたびに伝えられる、近隣原発に異常なし、「もんじゅ」も異常なし。 地震のたびに「原発は?」と心配を重ねなればならない私達。  下の写真はもし、福島原発事故が 美浜 大飯 などで起きたらとの放射能の拡散想定図。Yjimage3b487np9

先ごろ芸能人が相次いで原発関連の舞台劇を発表している。

一つは あのなつかし 「紋次郎」をやった中村敦夫さん。 2時間の一人芝居。 「原発の街で生まれ育ち、原発で働き、原発事故ですべてを失った主人公の自分史を中心にした舞台劇という。

もう一つは高畑淳子さんたち。Hkhwtzzdplltf8v6iglk6y9aneyzvu2jbq6
「巨大地震の影響で、大津波が起き、原発事故が起きた。津波の浸水で家を追われたロビン(鶴見辰吾)とヘイゼル(高畑淳子)の夫婦が移り住んだコテージ。そこに20数年ぶりに女友達ローズ(若村麻由美)が訪ねてくる。
3人はかつて原子力発電所で一緒に働いていた核技術者同士。ローズは、ロビンとヘイゼルに「原発事故処理で若手技師たちが危険に侵されている。事故処理に参加すべきは、わたしたちではないか」と持ちかける。
原発から遠く離れた海辺のコテージに鳴り響くガイガーカウンター。リタイヤした男女3人の科学技術者たちは、静かに決断を下す──。」

このような舞台が全国各地、そして わが市にもきてもらいたもの。

2018年6月17日 (日)

2018・6月ボラ ②

Southernmagnolia_012今日の誕生花は タイサンボク。 花言葉は堂々とした大木になるからか、 「前途洋洋」、「壮麗」。

前途洋洋の人生からは遠くかけ離れてしまったければ、もうじき異界に行く身。 行けば新生活を迎え、前途洋洋がまっているかも知らん?bleah 003
今日は始めていくところのボランティア。  ここは入居金のいらない介護付き老人ホーム。 珍しい!!。 個室は見ていないが、食堂や玄関回りなど かなりゆったりとしている。011
プログラム① Kさんの落語 「孫別れ」 プログラム② アコ伴奏で 10曲、 「かたつむり」から始まって 「湯の街エレジー」まで、初めてにしては 特に男性陣の声がよく聞こえてきた。

プログラム ④ 小噺 これもKさん。(落語もそうだったが、あんちょこを目の前にしての話ではどうも乗りにくい。)

最後は腹話術。茶っきり節の歌がはじまると、みなさん 手拍子。 話がしやすくなった。人形が声を発すると笑ってくれるのはしめたもの。  お別れ時には沢山の方がおやつを食べていたにも関わらず 手を振ってくれ、「またね、またきてください」 といわれ、ホッ。

2018年6月16日 (土)

6月ボランティア 1回目

003_2今日は医療生協主催の「生き生き会」への参加。  毎月やっていることでも、「初日」 はやっぱりドキドキ。 12曲がうまく弾けるかどうか、朝からも何度も練習するが、イマイチ。 「歌リードさんとの連係プレーでなんとかするしかない・・・」 てな感じで臨む。Yjimage3
到着すると、歌リードさんがまだ来ていない。 責任者と話し合って 私の「外郎売り」を先に演じる。 これは滑舌のいい練習になるので、たまにこのようにボランティアのプログラムに組み込める要望があるとうれしい。009_2

プログラム②は歌リードさんの太極拳、 「扇」というパフォーマンスを披露。 木扇だけど、普通よりかなり大きく、踊りのポイント・ポイントで木扇の高鳴りが、ピシッ、ピシッ と 小気味よく踊りに変化を与える。010


011プログラム③は アコ伴奏で 12曲。 通常より2・3曲多いのも緊張の一つ。 カタツムリ、テルテル坊主、雨、有楽町であいましょう、 湯の町エレジー、会津磐梯山 などなど。 このなかで、「夏は来ぬ」 を歌ったが、これはなんと 122年も前に発表された歌。 道理でむずかしい言葉が多いと思った。 解説によると、当時は童謡でも わかりやすい言葉で歌詞を書く、という信念がなかったらしいとのこと。  この中に「オウチちる」 という言葉があるが、これは 「センダン」の木のこと。 写真のように(一番上、右側)、かわいい白い花がこの時期咲き誇る。 012

なお、センダンの花言葉は 「意見のちがいはちがい」。 意見はちがってもお互いに尊重しあおう、というのがこの花言葉の 「心」 それに引き替え、またもや、嘆きたい 権力の横暴。一昨日はセンダンが誕生花。   013昨日の誕生花は アジサイ 。 花言葉は移り気、乙女の心。 あ~~あ~~、これは私の事をいっているにちがいない。 何故って、今 私は アジサイに夢中。 今日も 「霧島の恵み」 というアジサイをかってきてしまった。 来年の開花を夢見て。 今日のマイガーデンの紫陽花は写真のようにまだまだきれいにさいてくれている。。 昨日来た友人に 「アジサイの種類がいっぱいあるわねぇ」 といわれ 「フフフッ」とニンマリ。

ここは半年ぶりのところ。「アコが変わったわね、とてもいい音。前と全然違うわ・・」 といわれ、「ホッホン、実は・・・」 と気を良くしました。

2018年6月15日 (金)

上を向いて歩こう

Yjimage555年前の今日、坂本九が歌った「上を向いて歩こう」 が全米ヒットチャートの一位に輝いた。 私の来月の歌でもこれは取り上げる。 理由は ① うみ 関連から 「う」のつく歌を多く取り上げたい。 ② 以下を読んでほしい。  この歌、曲名は「SUKIYAKI] だが、日本語の歌詞はそのまま。  アジアの歌で全米一位を記録した唯一の歌。

2013年1月英BBCの雑誌が 「世界を変えた歌20曲」で ジョン・レノンの「イマジン」などと並んで取り上げられた。 発売当時 識者から 「歌詞には歌謡曲的 伝統 の"涙" が利いている。 他方 節回しと歌い方は 外来 のジャズ風、。 現代日本文化は雑種文化であり、雑種ならではの希望がある。」 と評された。

永 六輔はこの詞を書く前年、60年安保闘争のデモに連日参加、 しかし、新安保条約は成立し、その悔しさを歌詞に込めた、とも言われる。

話変わって 今日 カジノ法案強行採決。 日本にはギャンブル依存症が500万人以上といわれている。韓国にはカジノの開設でより貧困問題が大きくなった。 日本でギャンブル依存症が多いのは、身近にギャンブルが多すぎるからとも言われる。 実際に私の身近にも パチンコ依存症からなかなか立ち直れない人もいる。トランブ大統領に阿部首相が今国会の成立を固く約束したともいう。91_2「上をむいてあるこう」の歌をますます歌いたくなった。As20180615003482_comml1

Img_0_m1


Cyyiudquaaadygx1_2


Cy_vrmusaas9sf1_2






2018年6月14日 (木)

夏休み

近所のラーメン屋さんでやっている月に1回の「うたごえ喫茶」。 責任者が手を退き、存続が一瞬危ぶまれたが、スタッフの固い絆で続くことになり、ホッ。  私も今後は出来る限りお手伝いしようと思う。 この歌、37年前の歌だし、介護施設には向かないかな? と歌リードさんたちに問いかけたところ、「大丈夫よ。」 の声。 7月にボランティア曲に入れよう。 吉田卓郎は 「この歌は広島とはなんの関係もない・・」 といっている。 あるファンが、「都市伝説的」 に広島と関係づけて拡散したのか・・・・。

2018年6月13日 (水)

今月の歌(ボランティア用)

Yjimage8今日は歌リードさん、3人と今月の歌練習。

伴奏曲に多く童謡を取り入れた。

① かたつむり  ② あめふり  ③ てるてる坊主  ④ 雨  ⑤ あの子はだあれ  ⑥ 夏は来ぬ  ⑦ ああ 人生に涙あり  ⑧ 有楽町であいましょう  ⑨ 鐘のなる丘  ⑩ ああ 上野駅  ⑪ 湯の街エレジー  ⑫ 会津磐梯山Amehuri1

サラダボウルとしては今月五ヶ所。 歌リードさんの都合で歌姫は4人になり、 歌の練習も3回やることになり、その分本番でしっかりできるから良いか (*^。^*)Hqdefault1

昨日、一昨日の大雨のおかげで、今年挿したアジサイがほとんど根付いた。 冬をこさないと本当に生きているかどうかはわからないが、今日も二人の友人に花を贈ることが出来た。 昨日は独りにしかさしあげられなかったけど、5・6種類の花にとても喜んでくれた。  今年は花を贈る喜びをアジサイはたっぷりと与えてくれて ウィン・ウィン。

2018年6月12日 (火)

「家族シネマ」と「あの街この街」

51yyrcm60ml_sl500_1_2何の脈絡もなく2冊の本(1冊は漫画)を読む。

一つは 柳 美里 の「シネマ家族」。 20年前にすでに崩壊した家族が、娘のアングラ映画撮影のため疑似家族を演じる、を縦軸に、日々の生活に追われ、行き場のない怒りを家族にむける人たち。先の「万引き家族」と違って こちらは本物の血縁のある家族5人。「先の映画」とは真逆。 、愛の中に家族がある、とは とても言えず、一度絆がうすまると「うたかた」 のごとくにその絆は瓦解。努力なしに「家族」はその絆を結んでいくことはできない、といおうと作者はいいたいのか。
中沢 啓治の 「あの街この街」もまた、家族と社会を問う、 ストーリーはかなり理想論的。
指物師の一家が東京大空襲にあい、長男・長女が死ぬ。 指物師という言葉が死語になりつつある今、このような伝統工芸に優れた日本文化があるということもまた、一面知ることになる。 とまれ、長男を忍ぶあまり次男はぐれるが、家族や地域の支えで成功を収めるというハッピーエンド。Img_20180613_0001_3
、「家族」、「社会」をテーマにした作品は、自らの足元を見つめ直す機会になる。Img_20180613_0003_2

«万引き家族