無料ブログはココログ

リンク集

2018年11月17日 (土)

再考 プテラノドン 腹話術11月台本

          プテラノドン          2018・11・16

私 ○     プテラノドン(ドンちゃん) △

 みなさん、こんにちは 今日の私の友達は恐竜の子、プテラノドン、空を飛ぶ恐竜の子です。ドンちゃん ごあいさつして。

 おいら、きょうりゅうじゃない。名前はドンっていうんだ。

 えっ、恐竜じゃない、じゃ なに?

 昨日、ここにおちてきたから 昨日竜。

 なるほど、昨日ここに来たから 昨日竜。 それもいえてるか。でも、なんでうちの屋根に落ちてきたの?

 おいら、アメリカから飛んできたんだ、アンパンマンにあいたくて。

 アメリカ??、 あ~~、そういえばみなさん、アメリカではドンちゃんのような恐竜が沢山目撃されているようです。へえ、きみアンパンマンを知ってるの?

 うん、アメリカにもおなかすかせた子供たちがいるからって、来たんだ。

 そのとき友達になったのね。

 うん、日本にきたけど、どこにいるかわからなくて。

 それでうちのテレビでアンパンマンをやっていたからここだと思ったのね。

 そうだけど、どこにもいない。 

 あの子は今 日本中をまわっている。かわいそうな子をすくいたくて。Dsc_4907
 今どこ?でも、おいら、おなかぺこぺこ なにか食べさせて。

 きみは何が好きなの?

 ドンちゃんだから ドンのつくもの、あ、あれなんだったけ、名前忘れた。

 ドンのつくものといえば、かつ丼、うなどん、牛丼 なんかかな。

 ちがう、ちがう、ほかにあるでしょ。

 ええ、みなさん ドンのつくもので、ドンちゃんの好きそうなものってなんだかわかりますか。

  観客から いくつか出る。

  うどん、という言葉が出たら 

 正解、おいら うどんが食べたい。

 あ、うどんね、よしそれじゃ それを作ってあげるからね。そうそ、アンパンに会うにはバイキンマンがじゃまして会わせないようにしているから まずバイキンマンをやっつけなきゃだめだよ。

 どうやって?

 バイキンマンは バイキンマン出てこーい、といえばすぐでてくる。                       △ そしたら?

 君が口から火をふけば、バイキンマンは火に弱いからすぐににげていく。

 うん、やってみるよ。                                                            ○ アンパンマンに会えるといいね。                                   △ がんばるよ。またね。                                                         ○ みなさま ありがとうございました。

(写真のキウイは友人の農園で作ったもの。中心がピンクで、こんなに甘いキウイは初めて食べた)

2018年11月16日 (金)

第23回ドラマフェスタIN入間

Yjimage1← まだ今回のちらしができていない。これは第20回のもの。

今年で第23回になる「ドラマフェスタ」・・・表現のお祭りが来年3月に行われるにあたって、その顔合わせと準備会が開かれた。

これは、劇団鳥獣戯画が指導してくれる市民ミュージカルと舞台劇・人形劇・パネルシアター、マジックなどの2本の大きな柱で構成されている。 第1回は市民演劇と数団体の人形劇などだけだったが、大きな市民文化祭ともいうげきフェスティバルに成長してきた。 Dsc_4904_2

このような市民主導のイベントは長続きはなかなか大変だが、スタッフたちの大きな貢献力があってここまで発展してきた。

加えて、プロ劇団がわが市に移転してきたこともラッキーだった。第7回よりプロ劇団の指導で児童・若者中心のミュージカルが企画・演出・演技指導まですべて受け持ってくれることによってすそ野が大きく広がってきた。 Dsc_4903

市はそれを認めて、 鳥獣戯画の指導者に「功労賞」も贈っている。

第23回の出演団体、市民ミュージカルに応募した子供たちは52人、舞台劇などの出演団体は25団体。 今回もにぎやかな舞台になりそうだ。

近隣の方、ぜひおいでなんしょ。

2018年11月15日 (木)

ギャラリー木蓮

Dsc_4893ギャラリー木蓮で 日仏会館ポスター展が開かれている。 キャッチコピーは 「現代美術をけん引したレジェンドたちの遺産」 。

抽象画なので、私にはとんとわからない。 空の青さ、ひなびた「はしけ」はどこかへ伸びていこうとする気持ちなのか。 ともあれ、みなさまで感じるものがあればいいのですが (;;;´Д`)ゝDsc_4894
ここのオーナーは学校時代の同級生。10月に大病して10日ほど入院したが、今はゆるりながらもギャラリー運営をがんばっている。 ボスターも見ものだが、娘さんの趣味も販売対象になっていることにも好印象をもった。Dsc_4895

経営参加がむずかしい娘さんだったが、こうして 娘さんの趣味( 観葉植物をそだてること) が母の経営一助になれば悦ばしい。 Dsc_4897

お茶会をここで時々する私達、絵は買えないけど、ちいさな観葉植物なら、ということで数人が買っていた。 こんなことでもギャラリー存続の一助になればよいですね。Dsc_4899


Dsc_4892


Dsc_4896

2018年11月14日 (水)

だるま菊

Dsc_4890今日の誕生花は だるま菊。 強い菊なので昨日もアップしたように今どきあちこちで咲いている。← これはおとなりさんの庭の菊。 花言葉は 「打たれ強い」。 私はノホホンとは生きているけど、存外あちこちで色々言われ続けている。 時には友人たちのいるところで泣いたり。 すると、友人は「そんなことでめげてはダメだよ」 とやさしくいってくれる。

アコーディオンもうまくならない。今朝別の友人が「弾き始めのころから比べれば、ずっと上達したわね」 といってくれたが、先生の前にでると「カタナシ」 o(;△;)o  でも、私はかなり前に 「オオバコ」というあだ名がつけられた。Yjimagezlcv72jn
それは、ふんでもふんでも生きているから、という意味だった。 そうだよな、アコーディオンが出来ないのは当たり前。 人生オロオロするのもあたりまえ、と思っていいのかな。  だるま菊のように 「打たれ強い」 という人生になれそうでなれない (;;;´Д`)ゝ

さて、今日は 歌リードさん3人が来てくれて今月ボランティアの練習。 3人は一人はピアノ先生、一人はフルート奏者で♪に強い、 一人は歌大好き人間でうたごえ喫茶には月に数えきれないほど通う歌好き。 と、あってここのところ、プリンターとカートリッジと格闘してきた私には 今月の歌 12曲を3人の目の前に弾くには汗と緊張でガチガチ。 「初日」という感もある。Dsc_4888
とまれ、「リンゴ村から」、「私は街の子」、「私の城下町」などなど課題を沢山残しながらも 12曲の演奏に歌姫さんたちは「 ま、なんとかなるでしょう」 てな感じで練習を終らしてくれました。Dsc_4889

黄色の千両は咲いてきたが、赤の千両はまだ咲かない。 春に咲くツルムラサキが咲いているので驚く。

2018年11月13日 (火)

ヒマラヤスギ

Yjimage10今日の誕生日の花は ヒマラヤスギ。 花言葉は 「あなたのために生きる」。 耐久性があるので、建築材料や家具などに使われたり、まつぼっくりが美しい形をしているので、この言葉が生まれたのかもしれない。

さて、今日の私はモコモコ曜日。 先日の公民館祭出演のさいの反省。 おおむね好評だったが、ミスもあった。 そして来年のドラマフェスタのための 「ジャックと豆の木」 の練習。 さらに 再来年のドラマフェスタの出し物検討。  いいテーマ、絵本との出会いがほしい。Yjimage9_2

夜はアコーディオンサークル。 来年1月9日に依頼されたボランンティア演奏や歌伴奏のための検討、練習。

→ (その松ぼっくり)

こうしてみると、私の生き様はボランティアの連続のようでもあり、「だれかのために生きる」 というヒマラヤスギの花言葉がぴったり(?????) bleahhappy02  いやいや、これはすべて自分のためでもあります。  Yjimage1ヒマラヤスギのように巨大な人物にはとうていなれませんから。

なお、(←) 我が家には ヒマラヤユキノシタがある。 今のところに越してきた30数年前にお向かいさんからいただいたもの。 ずっと名前がわからなかったが、 福島のカエデさんという人のブログでわかったこと。花の名前がわかるとうれしいもの。

そういえば、「ヒマラヤ杉に降る雪」という映画があった。イーサン・ホークと工藤由紀が印象的だった。 これも あの大戦で引き裂かれた男女を背景にある殺人事件を担当することになった人物の物語。 2000年封切りのなつかしい映画。

2018年11月12日 (月)

春・夏・秋5分散歩

Dsc_4868花を愛でると平安と日常心と季節感をとりもどす。

我が家から前後左右に5分圏内に様々な花が咲き、果実が実っている。この秋はあきれる咲き方。なぜか春・夏・秋の花々が一斉に咲いている。Dsc_4871

まずはやはり秋から。菊 3種、 キンカン、 柿{この柿はいただいたけど、甘くておいしかった) サザンカ、みかん、夏ミカン、 コスモス。Dsc_4875
Dsc_4867


夏の花 朝顔、ほととぎす、アメリカンブルー、ばら(我が家のもの)

春の花 るりまつり、つつじ、つばきDsc_4866

季節が向寒を感じるとはいえ、花を見るとびっくりする。 それが これらの写真はすべて我が家から5分以内の近所。Dsc_4873
びっくりといえば、また、戦闘機が落ちた。 米軍のFA18戦闘攻撃機が 沖縄県大東島付近の海上に墜落、。 米政府の緊縮政策で機材のメンテナンス費用縮減策の影響をうけている、との報道も聞く。Dsc_4874_2
昨年12月に米軍普天間基地所属のヘリコプターの窓枠が校庭に落下した普天間第二小学校。 米軍機が学校上空に接近し、児童が避難した回数は、校庭の使用を再開した 今年2月から9月までの間だけでも 706回にもなるという。Dsc_4876_2

避難のたびに体育などの授業は中断。この8月にはなんと運動場の2ゖ所に避難所まで作ったとな。本土にくらべて、教育レベルが劣る、と誰がいえるか。沖縄の子どもたちの教育権を阻害しているのはだれ? 日米地位協定は必要という人は沖縄に行ったことがあるのかな。
Dsc_4879



Dsc_4881


Dsc_4885_3








Dsc_4869


Dsc_4883


Dsc_4884


Dsc_4887

Dsc_4877

2018年11月11日 (日)

公民館祭

Dsc_4848モコモコがベースにしている公民館の公民館祭。 おりよく孫たちが来ていたので、見にきてくれた。 「素敵な3人組」の動画がなかったので、娘婿さんに撮ってもらおうとしたが、暗くて失敗。またの日に期待しよう。Dsc_4850

孫3人のなかで、6歳の女子が特に感激したよう。終演後、何度も私に抱き着いてきた。 けっこう生意気な口をきいて 「ババとは一緒におふろに入らない、 寝ない」 などとため口をきいていた子がそのかわりようにびっくりしたほど。Dsc_4855

とまれ、初めて観た人からも「感動しました」 とも感想をいわれで気分も良かったが、ミスもあった。 舞台下におく草地が天地逆になったりして最初からやり直しをしたこと、これだけ何度も公演しているので、ゆるみも出て来るものです。Dsc_4857

午前中は孫たちと一緒、午後の公演などであまり「祭り」をみる余裕がなかったが、それでも 「ベテランさん」はどこにでもいるもの。 彼女、I さんは 絵画、刺し子、バッグ、つるし雛、洋裁、ジャンル問わずすごい才能の待ちのベテランさん。 毎年 彼女の展示に関心が集まっている。Dsc_4858


Dsc_4862昼食はメンバーの一人が入云っているおいしい二ハそば。さらに、お汁粉が目に入り、最後だからと、モリモリのお汁粉をモリモリ食べておお満足 (*^。^*)。


Dsc_4863

2018年11月10日 (土)

カートリッジトラブル解消 !!

Dsc_4831ここ1週間ほど悩んだり悲しんだりしていた。今日は孫の誕生日のために、娘夫婦、長男夫婦、二男の孫二人 9人が集合。

娘たちがお買い物に行っている間に、嫁さんにこのトラブルを話したところ、彼女は冷静。さっそくプリンターの説明書を読んで、「取説」を実行。 

カートリッジが認識しない、ということで友人二人からカートリッジのトラブル解決のサイトを教えてもらいそれを実行したがダメ。 それが、なんと嫁さんはすんなり解決。

カートリッジのヘッドを濡れテッシュで軽くふいて装着。 するとあらら、 「純正インクではありません」 と表示。 と、いうことは カートリッジは「認識したよ」 ということ。 Dsc_4832

で、 印刷成功!!!!! ほっとしました。 ご心配いただいたみなさま、ほんとにありがとうございました。 新しいカートリッジなので、汚れなんかない、と頭から決めてかかっていたから、いけなかった。 「ヘッドに問題がある場合もあるので、その時は 濡れテッシュか麺棒で軽くふいてください」 という説明書を私は見過ごしていた!! Dsc_4834
高齢になると、いや 注意散漫だとこんな簡単な説明もみのがし、大騒ぎをしてまわりに迷惑をかけてしまった。  みなさま、ありがとうございました。 その後、赤、青とカートリッジを交換、やはり「認識しない」 とでたが、ヘッドを麺棒と濡れティシュで軽くふいて装着すると「純正インクではありません」 と出た!! 成功!!

さて、今日は孫の誕生日。家族9人集合。 9歳の誕生日なので、九つの約束を一本ずつのろうそくに見立て、望みをかなえるべくろうそく消し。  ババはますますババに・・・。

2018年11月 9日 (金)

本 「戦火と死の島に生きる」

Yjimage1図書室でふと手に取った本、少年少女世界のノンフィクション 「戦火と死の島に生きる」を読んだ。 戦前、南洋諸島に派兵された兵士たちの悲惨な最期はたびたび耳にしてきたが、これは 戦中、南国のパラダイスを夢見て、(本当は騙されて農奴のような生活を当初は強いられたのだが・・) 家族そろって移民したうちの一人、まだ10代の少女の悲惨極まる戦争体験記。

筆者は1926年、山形県に生まれる。

開拓農民で機械力もなしで原生林を切り拓き生活の糧を確保していく凄まじい努力の年月、また小島テニアンには連絡船さえ月一度(開発会社南洋興産に騙された)、やっと届いた本国からのビスケット。それさえもアオカビがはえて食べられない。 やもりとやぶ蚊の襲撃に耐えながらの開墾。 それでもまた、戦争のないうちは平和だった。S4c1

筆者はテニアン島の高等小学校を卒業後、貿易会社に就職するが、戦争がはげしくなり 特志看護婦として陸軍野戦病院の看護婦になる。S2c1

圧倒的な兵力と武器弾薬で日本軍とは戦いにならないほどの米軍の進撃。 彼女が働く 野戦病院、といってもただのすり鉢状の窪地に 本部のテントがあり、軍医と衛生兵が何人かいるだけで、 数千人もの重傷者をみる。 患者は地べたのうえに寝かされ、マーキュロ、赤チン、包帯などがあるだけの状態が続く。 蛆虫はそこらをはい回るどころか、患者の傷口にどんどん入り込む。 S3a1

米軍の襲撃によって、兵士の歩けるものは玉砕部隊、歩けない者はおきざりにされ手りゅう弾などを渡され自決をうながされる。 民間人とて同じ。 避難していた人たちも 「生きて虜囚のはずかしめを受けず」、 「婦女子は辱めを受ける」 。こうして何万という人たちが死んで至った島々。

筆者、菅野さんは兵士にできるだけの看護を心をこめてしながらも、もう生きて帰れないと思う兵士たちのつぶやき、心の叫びに耳を傾け続けた。 S1a1

「たすけてください~~い」、「おかあさ~~ん」、と叫んだ日本人の声。 人間の最後の時のすさまじい光景が、耳に、目によみがえってくる という。 あの叫び声は一生私の耳からきえないだろう。

それなのに、やはり敵は日本人を殺した。 どちらかが勝たなければならない戦争だからなのだろうか。 

↑筆者の家族、後列左が筆者

菅野さんは日本兵と共に手りゅう弾で自決を図った。しかし、進軍してきたアメリカ兵に助けられ 捕虜収容所に送られ生きて日本に帰ることが出来た。

兵士だけでなく、民間人も同じように戦火を生きることになる戦争。 戦争準備に巻き込まれないよう目、耳を大きくしたい。

2018年11月 8日 (木)

また君に恋してる

今日はうちの近くのラーメン店で行っている歌声喫茶に参加。 アコーディオンを8年前に始めるまで歌謡曲チックなものはきらいだったけど、ここ数年だんだん好きになってきた。 恋するはダンナサマか、はたまた別人か、 な~~んて、終活宣言をしている割には若いなぁ、私 (*^。^*) でも、この心意気よね、人間。 そしてピンピンコロリ ( ´,_ゝ`)ハイハイ

«秋孫