« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

もう少しバリ②

Dsc_0132  2008年のバースフェスタの帰りにバリに寄る計画もあるかもしれないと聞いてがぜんはりきりました。Dsc_0140_1

 ワヤンを見たい方にはイベントがある時しか見れないので、そのチャンスを確かめないとダメでしょう。

 ここは前に話した「ウブド」 の街のカフェ・ワヤンというお店。街はけっこうごちゃごちゃしてあまりきれいにみえなかったけど、一度 店の中にはいったらびっくり。

 きれいな庭の中にこのように椰子の葉で葺いた屋根の下に一卓づつのテーブル・椅子があり、ゆったりお茶・ケーキが楽しめます。民族衣装を着た店員さんがにっこり、サービスしてくれます。

 お金はなかなか慣れませんでした。だって10万ルピアで1000円位ですから、40万、50万・・と聞いて札を数えるのが大変でした。

あ、バリエステもやっちゃいました。又 ぜひ行きたい所です。

 

2006年8月30日 (水)

もう少しバリ。

Dsc_0153 これは有名なタナロップ寺院からみた素晴らしい夕日。

ケチャックダンスをする崖の近くからも有名なバリの夕日を楽しめます。

バリはご存知のように木製品・石像彫刻でとても有名ですが、私はDsc_0068_1 オーストラリアに帰るので木・竹・製品は一切買えませんでした。

 でも、街のいたるところそしてバリ島の真ん中近くにあるウブドという街はもうどこまで行っても見事な木製品・石像のお店が並んでいます。

 日本へは自由に持って帰れます。いいなぁ。

 皆様に忘れられないようにたまには私の写真も載せちゃいます。

 実は私はあの牛の皮で出来たワヤン人形を買ったのですが、オーストラリアの税関で差し止めをくらって、30オーストラリアドルの罰金と共にそれを日本に送る事でけりがついたというオチがあります。

                          

2006年8月29日 (火)

バリのラフティング

Rimg0125  バリでラフティングをやった時は興奮しましたよ。

日本の天竜川の比ではありません。かなり急なところも何ヶ所かあり、しかも2時間コースでしたから、急流下りと共にRimg0108 バリの自然を満喫しました。

バナナがなっている木やココナッツの実がなっているやしの木がそこここにあるし・・・。

 右の写真はちょっと偉い人のお葬式。なかなかみられないところだったのですが、ラッキーでした。お祭りのように大きな屋台が組み立てられ、飾り立てられていました。

 バリではDVDをいっぱい買いました。なんといっても超安かったのです。ちょっとしたお土産にはこれがおすすめかな? 税関もまったく無申告でも問題ありませんでした。

2006年8月28日 (月)

ケチャック ダンス

Rimg0083  伝統ダンスはしっかりと子ども達に受けつがれています。

 左の写真は ウブド という古い町のお城の中で子ども達が伝統ダンスを一所懸命練習している風景。

 あとの2枚はケチャックダンスと言ってRimg0085 前日のバロンダンスと違って男性コーラスを背景に 「ラーマーヤナ」 の物語をベースにしたダンス。

 ここからは水平線に落ちる 「落日」 が有名な所でもあります。Rimg0089_1

 私たちはふとした事から知り合ったバリ人と契約して約4000円で一日中あちこちを2日間 案内してもらいました。

 この日の夜は、生きている魚を焼いてもらって砂浜でのお食事。

2006年8月27日 (日)

バリから帰って。

Dsc_0041  「バリ」 では沢山の素敵な出会いにめぐまれました。バリ人と友だちになっただけでなく、マレーシア人ともフィリピン人とも友だちになり、アドレスももらっていつか行く約束までしてしまいました。Dsc_0048

 写真をここに入れるのにはとても時間がかかるので、少しずつバリ体験記を載せていく事ににします。

 これは、午前中にのみ行われる バロンダンス。

 寺を背景にガメランという独特の楽器を10人位の人がライブ演奏をします。

 良い魂と悪い魂の終わりなき闘いをあらわしているということです。二人の滑稽な大臣やきれいなバリダンスは一見の価値があります。

2006年8月21日 (月)

ストーリーテラー

P1010033  今日は学校が休みなので、図書館に行ったところなんと絵本作家が 5歳から小学生までを対象に午前・午後合わせて2回ずつストーリーテリングをしていました。

 勿論1回づつ、子ども達は入れ替わります。

 本の読み聞かせをしている時は、1ページごとに子ども達にその内容について 問いかけるので、こちらのやり方は 「随分ちがうのだな~」 と見ていたのですが・・・・

 ストーリーテリングになったら お話の中に、手遊び・歌も入りそのバラエティの多さといったら、なんとも楽しいものでした。

 面白いことに、モモ太郎の話しや日本のお寺を背景にしたものも入っていましたよ。50分間の公演を4回こなすエネルギーはたいしたものです。子ども達はとってもエキサイトしていました。

 こんなところに 「人形劇」 があったら子ども達はどんなにか喜んだろうに・・・。

 写真はオーストラリア式フットボール場。このポールの間にボールを入れれば得点。

 明日からバリ島へ行くのでブログはしばらくお休みしま~す。

2006年8月20日 (日)

近くの公園

Dsc_0003_1  今日は快晴です。昼食後、近くの公園に鳥を撮影にいきました。

 左は 「ガラ」 という鳥。前にものせたけど、二人で可愛いので又のせました。P1010012

 右は「胸の赤いおおむ」 という名前。

 わたしがフラッと行っても撮れる位だから大きな公園ということがおわかりいただけると思います。実際帰りは道に迷って、人に聞き・聞き帰って来た位です。

 佐久間さんに言われたように、今は 「いつか」 の為に勉強中心の生活でいくかなヽ(~~~ )ノ !

2006年8月19日 (土)

今日も雨

Nec_0019  日本は35度位の猛暑が続いているとか? 

 こちらはこのごろはよく雨が降るので、洗濯物も家の中だし、今日のフリーの英語クラスは公園のアズマヤの下でやったので、寒さにふるえながら・・になってしまいました。

 夏の暑さは、日本とちがってシットリしていないので、炎天下にいれば別ですが、家の中に入ってしまえばとてもすごしやすいのです。

 それにしても、こちらに黒のTシャツ2枚(長袖と半袖)、ズボンも2本持ってきて人形劇になにか関われるか・・と思っていたのに、ほとんど役立たず。それどころか人形劇をみることさえ稀になって・・佐久間さんたちが羨ましいです。

 日本が恋しいょ~~σ(^^;)

 雨の合間に庭で遊んでいたホストマザーの孫達。ちゃんばらごっこみたいのをしていました。スーパーマンのようなお面をかぶっている子も。どこの国の子もおなじやねぇ。

2006年8月18日 (金)

テン・カヌー

P1010013   アボリジニの原風景を描いた 「テン・カヌー」 という
映画を見てきました。

ずっと昔、白人が土着する前 彼らは部族の掟を守りながらも伸びやかに、そしてあくまでも人間的な生活を送っていた時代の映画です。

 P1010016_3子ども達にこの時代を記憶とどめてもらいたいということでつくられたようです。

 美しいオーストラリアとなんともほほえましい人間の本質に触れた思いでした。

2006年8月17日 (木)

文化の違い

Nec_0009_2  これはスイート・アイリスというどこにでも咲いている可愛い花。

 文化の違いは色々感じますが、最近面白いな・・とおもったことは、 こちらのことわざのようなもので「ねずみのように静かでおとなしい」 といういい方があります。

 ねずみといえば、日本では古来より屋根裏のうるさいもの・・というように考えられていました(もっとも今ではねずみを見かけるなんていうことはほとんどありませんがσ(^^;) )

 同じ 「ねずみ」 でも土地が変われば随分ちがうものですねぇ。

 ドラマフェスタとモコモコの情報が欲しいですよぅ。

2006年8月16日 (水)

モンガー湖

Nec_0016 パース駅から一駅行った駅から10分近く歩いたところにモンガー湖という広大な湖があります。

 ここは前にも書いたけど、西オーストラリアのシンボルの黒鳥の親子が仲良くすんでいます。

 今日はNec_0014 クラスの親睦会でここにおでかけ。左の白くみえるのが子ども達。父親と母親に囲まれてのんびりとついばんでいます。

 右はこの近くの大きなやしの木のような木にきれいなパロットが巣を作っていました。拡大してみてくださいませ。緑や赤のここらへんでよく見かける 「おうむ」 です。

2006年8月13日 (日)

女学生

Nec_0001_3   こちらの女学生も日本と同じようにさまざまな制服に身を固めて可愛いですよ。

 スカートはブレザーと同系色で大体がチェックが多いです。Nec_0013

 この3人は朝いつもバスが一緒なので撮らせてもらいました。

 今日は日曜日。めまぐるしく変わるパースの天候に洗濯物を出したり、とりこんだり。週末に乾かさないと大変なことになりますのでσ(^^;)

2006年8月12日 (土)

美術館と博物館

Rimg0039  パース駅の隣に美術館と博物館があります。美術館はそれほど大きくはありませんが、興味深い絵画や彫刻がかなり展示されています。

 Rimg0041 どちらも無料です。

博物館はアボリジニの生活や歴史、又地理学的なものも含めたオーストラリアがわかるようになっています。

Rimg0042 これらの写真はご存知アボリジニの絵画でそれぞれの点や線はすべて深い意味をもっています。

 こちらにおいでの節はごらんくださいませ。

2006年8月11日 (金)

試験が終わって

Nec_0005_5  こちらの自転車野郎は必ずヘルメットをつけなければならいので、みんなすごくかっこよく見えます。

 これは、下におりないで石柱の上を綱渡りの練習をしているところ。

 試験が終わったけど、相変わらず思わしくない成績続き((( T_T) トボトボ・・・。

 ところで、2ターム目が終わって1週間の休暇があるので、バリ島に22日から26日まで行く事にしました。 「ワヤン」 などここで 見たいと思ったのですが、今のところ情報がありません。どなたかご存知の方はいませんでしょうかしら?(ちゃんと文法の教科書は持っていきますよぅ。)

2006年8月10日 (木)

東パース

Nec_0002_3 パースシティの中心から少し離れたところ・・・といってもバスでも5分か10分位のところには30ヶ所もの彫像や彫刻があちこちにあります。

  右の写真は 「不可能な三角形」 というタイトルで、ほんの一点からしか正三角形にしかみえません。この位置からすこしずれると、絶対に三角形には見えないという不思議な形をしています。

 ここは東パース。無料の循環バスに乗ればこれらの30ヶ所もある彫刻は全部見られます。2008年にはここらのホテルに泊まる方もいるでしょうから、とくとごらんくださいませ。

 

2006年8月 8日 (火)

コンタクトが・・・。

Nec_0012  ジャスミンもきれいに咲いていますぅ。

 日本ウニマのメーリングリストには入れているのに、ドラマフェスタのメーリスにはなかなか入れなくて一寸断絶感。

 どういうわけなのか(;_;) グスングスン

 

2006年8月 7日 (月)

原爆記念日

Nec_0005_2  昨日は原爆記念日。こちらでも 「ヒロシマ デー」 ということでニュースで大きく取り上げられました。

 キャンベラ(オーストラリアの首都) の平和デモンストレーションでは、ジョン・ハワード(こちらの首相) のアメリカ寄り政策を強く非難していました。Nec_0008_1

 レバノンへのイスラエルからの攻撃を聞いたり、見たりするにつけ、日本の原爆の惨状を思い起こされます。

 60年以上たった今でも、この地球上で同じ事がくりかえされているなんて・・・・。

 こちらは今、不思議といえば不思議。桜が咲いていたり、レモンの木は街路樹として鈴なりになっていたり・・と日本の季節感からはかけはなれて考えなければやっていけません。

2006年8月 6日 (日)

スポーツも文化の一つ

Rimg0022  「スビアコ」 には43000人も収容できる大きな競技場があります。

 この時期の日曜ともなると お気に入りのチームのカラーに身を固めて応援にかけつけます。オーストラリアのフットボール人口はかなりのものです。

 

2006年8月 5日 (土)

モコモコ演目

P7300014   今年も又、藤原 玄洋先生作・演出でモコモコは大きく動き出しました。

 私がなんにも関われないのが とても悔しく残念ですが・・(;_;) グスングスン

 楽しく・奇想天外な「ブレーメンのおんがくたい」 

どうぞ皆様、来年のドラマフェスタにはじっくりごらんくださいませねぇ。

 先生!! このブログからで失礼かとは思いますが、心からお礼を申し上げます。

 ステイ先の庭に咲いている可愛い花は、ベビーズブレス という可愛い名前です。

2006年8月 4日 (金)

模擬裁判

P1010019_1  選択クラスの一環として模擬裁判を体験してきました。

実際に近いような裁判の進行状況をせりふと共に体験的に演じます。衣装も用意されていてその雰囲気はかなりのものです。

 本当の裁判所の隣に博物館があって教育の一環として団体であれば誰でもが体験できます。

 私の勉強も煮詰まってきて、ブログも週末でなければ書けない様になりました。日本にいたときに勉強をしなかったから、基礎がないから苦労しています。学生は基礎もあるし、覚えるのも早いし・・と横目でながめながら・・・( iдi ) ハウーゥゥゥ

2006年8月 3日 (木)

プレプライマリースクールで

P1010018_1  やった~**\(^O^)/*

 小学校に入る前にこちらではプレプライマリースクールという幼稚園を卒業して入る学校があります。

 ホストマザーの紹介でお孫ちゃんの要望もあってこの学校で、「玉すだれ、日本舞踊、手影絵」 をやってきました。

 子どもは全部で22人、やった後に質問がいっぱい来て・・・。どうしてマスクをつけるの? (おかめひょっとこ踊りの時はお面をかぶっていたからです。)、 きものをもっているけど着たことがないの・・・・。 玉すだれはどうしてそんなに形が変わるの?  お母さんがそれでおすしを作ってくれた・・・。等などのコメントが・・。

 いい英語の勉強にもなったし、子ども達とこんなふうにコンタクトがとれてうれしかった!

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »