« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

写真展と「落語」

xmas 入間市写真美術展を見に行った。 今年は美術展から写真部門を独立させたとのこと。

club 写真は 「カシャ」 と押せばいいとはだれかが、どこかのブログに書いていたが、9割5分素人の写真でも、感動があった。ここまで、生き生きとした 「人間の生き様」 、 「季節のにおい」 、「自然の雄大かつ優美」 などを、一瞬の切り取りで 表現できるとは 素晴らしい。Up_ph_b911 Niraku211 Up_ph_b1101

夜、 半年に一回ある 市内での「落語会」 に行く。

桂 南なん、林家 二楽、 桂 小南治 師匠などの出演。

紙切りは テンポもよく、語りも面白くみどころたっぷりだったが、 コナンジ師匠はイマイチだった。 話が横道が長く冗漫。しかし、語りはいい声で間合いもとても勉強にはなった。 そばをすする音や 「しぐさ」 は絶妙。 

2008年8月29日 (金)

こぎつねコンとこだぬきポン

Konpon1001  ちょっとクラシックな感もあるけど、正当な人形劇。

人気の絵本から、私も影絵劇を始める前、26・7年前に作った懐かしい人形劇を プークで見てきた。

 先入観と誤解から他種を受け入れられなくなっていた大人たち、それに反して子供たちは 自分の感性で ともだちをつくることができる・・。Konpon11

 そんな子供たちののびのびした発想を後押しする楽しい歌とキュートで美しい舞台の人形劇。 人形劇の原点を見る思いがする。

Sarusoru1_2 ← 併演

 「さる・るるる」

 言葉遊びを巧みにとりいれた劇。 さるが すわる・おしりむける・ とまる・かける など 「る」 で終わる動詞を羅列しながら さるのパフォーマンスを同時進行させていく。

日本語の面白ろさも味わえ、ひとり芝居にももってこいのようだ。

※ 今日は昨日のドラマフェスタの実行委員会の出演者確認を得て、 プーク、グレゴ、トーマス・キング など3者の正式依頼を終え、ひとまずひと山越した感じ \(^o^)/wine

 

2008年8月28日 (木)

ボランティア

Top1  今日は特別養護老人ホームのデーサービス訪問日

 4年前に出来たという立派な建物

 観客は50人位。これだけいるとかなり 「やりがい」 もあるが、 なにかと緊張する。

第一、前の芸から、次の芸に移る間の衣装替えなど全部、観客50人の前でやらなければいけない。001_2

 私の今日のだしものは、「ひよこウリ」、「玉すだれ」 「ガマの油売り」。

 緊張したせいか、「がま」では、「血」 を途中で探見失い、 「玉すだれ」では、 「ご門」 がうまく戻らなかった。

 日頃の訓練の甘さをまたもや 反省、反省shockhappy02

2008年8月26日 (火)

楽しい腹話術師たち

このサイトの腹話術師たちは笑って・・笑って・・・。

特にこの最初の 「テロリスト」 の腹話術はそのうまいこと ! うまいこと \(^o^)/ 

英語が苦手な私にも楽しいこと、楽しいこと。 一人で笑っていてはもったいないので、ここにアップしちゃいました。

http://jp.youtube.com/watch?v=6xuSUg9Jmic&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=-kibDAGBX6A&feature=related

2008年8月25日 (月)

私は裁判員になりたくない!

Seido011  ← Save00121 来年から裁判員制度が始まる。いままで、刑事事件は、裁判官3人で結論を出していたのが、3人プラス民間の6人合わせて9人で結論をだすことに。

 間接的な友人ではあるが、痴漢の疑いをかけられ ほぼ10年無罪を主張してたたかっている人がいる。→ 彼の冤罪記録パンフ

 昨日、10チャンネンルTVでもやっていたが、裁判所も司法の独立をいいながら、警察の擁護に終始したり、政府の一方的押しつけをそのままいったり 信用ならない場合も多い。Info011

第一、国民の合意がない。

第二に えん罪を防ぐ保障がない。

裁判の対象が重大犯罪でも、開始から3日ないし5日程度で結審するとみこんでいるらしい。

 これは、「公判前整理手続き」 といって、裁判官、検察、弁護士が非公開で裁判の進め方を話し合うから短かくてもいいらしい。

 「証拠」 が当局のもとにのみおかれ、警察や検察による被疑者の取り調べが密室でおこなわれている今、

 「えん罪を生む新たな舞台にさえなりかねない」 !!

2008年8月23日 (土)

映画 「日本の青い空」

Img011 以前にもここで紹介したことがあるが、入間市での上映ということで、又見に行った。

 映画にしろ、本にしろ 「一度みたからもういいや・・」 というのは、私も普通思っていることですが、2回目となると、一回目とはまた 違った見方をするから不思議 !

たとえば、「男女同権と反戦」 は表裏の関係にあったことなどがストン・・と来た。Img021

 「女は戦争を好かない、だから女に参政権を与えると戦争ができなくなると軍部は考えた」Dozou11

← また、五日市の土蔵から発見された 「五日市憲法」

 それは、明治憲法制定の10年も前に、稀有の 「民衆憲法」 として、学者の間で研究されてきた。

その精神をも受け継いだ 「憲法研究会」 (この映画の主人公が中心となっている) の憲法案を GHQ がおおいに参考にした。

 つまり、日本の民衆の連綿とした気持ちが今の憲法にはいかされている・・ということなのでありますなぁ。 

2008年8月22日 (金)

映画 「がけの上のポニョ」

Ponyo_banner1  今日見た映画はこれ ← 

 素敵にいっぱいつまっている感じはするのだけど、大人には今一つかな?

Jacket1 荒れ狂う海の描写は迫力満点。今度の影絵の新作に使いたいと思った。

 波の上を全速力で走って、走ってどこまでも少年 (と、いっても5才) を追いかける恋する少女。・・・人魚姫に ちと似ている。そして、愛の力強さを物語って・・・。Medium1

 海の汚染のひどさに対して、ポニョのお父さんは何億年も前の古代魚がいた時代に戻したいと思っている。 最後は海辺の町はすべて水没するが、人間は助けあっているので だれも被害を受けない。

 主人公の男の子は保育園の隣のおばあちゃんたちにとても親切。母親も嵐の夜に子供をおいて、お泊りの高齢者を見まいに行く。

 最後は魔法で車いすの人たち、すべて歩けるようになる。めでたし、めでたし

2008年8月21日 (木)

ボランティア

24265166361  2回目のデーサービス訪問日

私はまず 大型絵本で 「すてきな3人組」 を読む。

最近は大人にも ファンタジックな 「いやしの世界」を求めてか、絵本が人気だという。

しかし、高齢者に人気のCax77y6ucaee4x9hcawkuktccapchuy3cap 昔話などが 「大型絵本」 になっていないのは残念!!

 次は 「炭鉱節」 を踊る。・・・とはいっても、椅子からは立ち上がらず 座ったままで手振りのみ。

 それでも、レコードの唄に合わせて雰囲気は充分。 この思いつきは高齢者の手遊び的運動として、案外良かった。 来月は「東京音頭」 が出来るかな?40424978841

 これが一番受けた。 腹話術を使った 「がまの油売り」。 トイザらスで買った安いけど、大型のかえるのぬいぐるみを口パクできるように改造したものを使った。

 最近は 「改造」 を色々断行するので、多少腕が上達。今日使用したカエルの改造はなかなかのものと自我自賛。

もう一人のチームのハーモニカソロのあとはみんなで歌う。まだまだ私のハーモニカでは伴奏にならない。

2008年8月17日 (日)

チャターズ勉強会の日

Arai31  腹話術の勉強会の日は、毎回オープンマイクと言って、生徒が5人ほど みんなの前で自分の 持ちネタを披露し、先生に 色々批評してもらう時間がある。

 私は入ったばかりなのに、もう2回もオープンマイクに参加。前回は写真のような マジックボードを使っての腹話術。

 今日の講義は、このボードを使っての腹話術。

前にきいておけば、あんな恥をかかずにもうすこしなんとかなったものを・・・と冷汗タラーりたらーり。

 でも、先輩たちはそれまで、このボードの事をあまり知らなかったということ、このボードを使った時の衣装がとても参考になってマネをして作った・・という人がいて ちょっぴりご満悦の日 ( ^)o(^ )

 ( これは、目や口が動きだす不思議なボードなのです。) 

2008年8月15日 (金)

幻燈と新内とおはなしの会に行く

プークでの恒例、8月15日を考える会Puk_nobara31_2

→ 「小川未明」 1923年の作品・「野ばら」 にプークが1952年、幻燈化したもの。

とてもシンプルなものだが、プークベテランの弁士の活弁で、いきいきと戦争のむなしさがしみ込んでくる作品。6971

 「世界が100人のむらだったら」 の作者、池田香代子さんの話。

 もとは「9・11」 以降、アフガンで平和活動をしている人たちに経済的援助をしたい・・ということから、この本がうみだされたという。

 統計学的うらずけは 勿論だが、昔話の世界的土台があったので、あのやさしい語り口が生まれてきたらしいOkamoto1

 最後は 新内 → 岡本宮之助

 → 実際は 紋付袴をちゃんと着ていた。

「新内」 をこんなにじっくり聞いたのは初めて。おもに「吉原」 を根城に発達したが、 貧しい階級の中で、守り育てられたという。

 朗々たる声量で、反戦をうたいあげる 「岡本文弥師匠」 が作ったという 「西部戦線異状なし」  戦前にこんな反骨芸能人がいたんだなぁと驚く。 

2008年8月13日 (水)

孫が遊びに来ました。

009  我が家の可愛い2才の孫 たちと花火をしました。

昔懐かしい地面において、わーっと火柱が上がる花火から線香花火まで。

  自慢のお嫁さんたちも一緒に・・・。 ↓

 ところで、今回孫と一緒にいて思ったこと。

 お母さんが寝かせた後、 孫は目を覚ましてしまい、さ~~て バーバの出番。018

 「語りの鉄人」から教わった、「ふくらしこの話」、「とりかえっこ」 「はなさかじいさん」 「ももたろう」、などを切れ目なく話しかけ・・・。

 バーバと孫、二人だけの楽しい時間は 私のプアーな教養が試された時間でもありました。 

2008年8月11日 (月)

飯田フェスタから帰って・・。

Maintitle20081  昨夜、新宿でしのつくような 大雨に降られて 「飯田人形劇フェスタ」 から帰ってきました。

約 100会場、250ステージが行われ、観客総数3万5千人にもなる

 今年のテーマは、 「つながってく」

 もっと広く もっと深く もっと楽しく Wappen20081_2

 ここから、飯田が人形劇を始めて30年、 連続・継承・拡大 などをめざしていることがわかります。

 親から子へ、子から孫へ、 また、見る・演じる・支える人たちとのつながりを大事にしていく。

 これらのテーマは 「ドラマフェスタin 入間」 にとっても おおいにお手本となる テーマです。

2008年8月10日 (日)

飯田フェスタ 8月10日

Babshka011 いよいよ 最後の日

← 941 午前はドイツの「バブーシュカ・テアター」 、バーバラ・シェールが一人で演じるテーブル人形劇。 丁寧なつくりと微妙な間合いの演出は素晴らしいと思うが、

 ドイツ語がバーッとでてくるので、まったくわからず戸惑い気味。

 午後、かねてより見たかった → 「デフ・パペット・シアター」、じいちゃんのオルゴール

健常者と障害を持った人たちが共に作り上げている劇団です。 少し長かったけど、誰が障害者で誰が健常者かわからない演者の息の絶妙さに 拍手 !!

 8日間の飯田滞在。出演もしたことによって 今までとは全く違った経験も出来た 「飯田」 来年もまた・・・の思いを込めて 東京へ一路・・・。

2008年8月 9日 (土)

飯田フェスタ 8月9日

Grego131 今日は 「グレゴ」 の前座らしき 大道芸に3回、飯田市内3ヶ所でそっと上演。 

← グレゴ位になるには100年早い??。  ドラフェスに来てもらう確約をとれたのは良かった !!8892961

 → 今回のダントツが ガイア (フィンガー・マン) Kaigai21_2

言葉のない透明感あふれる詩の世界。 演者は、手と指だけで 四つの世界・空気、水、火、地球を旅する 「フィンガーマン」 を見事に演じきります。

 人間の手は、かくもうつくしきものだったのか・・と驚嘆させられます。20080809_1924521 20080808_1894131

 最後の夜は → 「シークレットシアター」での 「キャベツ村」 さんの糸あやつり。

← 「ミッドナイトシアター」 では、最初に「えだまつさん」 と 三線の平和ライブ (これも又 素晴らしい!! )、 舞丸、番台家謝謝 (写真は戸外のもの ↓) 、タカパーチによるお笑い等、等。

こんな楽しい 「ミッドナイトシアター」はめずらしい!!Dd1a6a95e6bf0fcf90443accdac61c2e1

2008年8月 8日 (金)

飯田フェスタ 8月8日

59651 10時から、腹話術劇団・Kenちゃんハウス、時代劇バージョン  なるものを観劇。

 腹話術とエンタテイメントをうまく組み合わせた演劇スタイル。

結構 おおがかりに手がこんだ腹話術をみせている。こんなスタイルもありなんだな~~と感心、感心!059

061 午後は一路 南信濃の山又山を3つ超えて、下栗地区を超えての旅芸人道中。

青空共和国チームとご一緒。062_2

← ごらんのように 公民館ホールが野外舞台にもなって、観客が大勢待っていて・・・。

 若者たちのスタッフがとても気持ちよく、子供たちもこのあと 「キッズ・フェスタ」 で参加。

約2000人のまちで、200人以上が 飯田フェスタの参加ワッペンを買ったとか。

 終演後は焼き肉パーティで歓迎してくれ、芸人冥利につきる一日でした。 道中、 「しか」 がいっぱい出るという道を通ったが、この日はしかが見れずに残念。

2008年8月 7日 (木)

飯田フェスタ 8月7日

49531 「ばんび」 の人形劇らしい人形劇。 ていねいにつくられて、シンプルに見える背景も意外や 複雑に転換していく。

つぎから次に舞台が変わるので、情景がイメージしやすい。人形の動きもていねい。

でも、何故か何か物足りない・・・。Chunichi11

午後は 「たいら じょう」 の人形操演のための 身体訓練術 のワークショップに参加。 →

 実演をまじえながらの、呼吸方、発声方、演じ分け方 など、2本の素手だけで シャンソンにうたわれている男女の情感を現したり、基礎をおそわりました。 途中、疲れていた体が 柔らかくなったのを感じたのも収穫 !035

 ← いよいよ 不安の公演

 拍心寺という本部からほど遠くない寺での上演。おかめさん ←とくんでの30分。私の受け持ちは10分

 玉すだれと「ひよこ売り」 の二つ。 本部に近いせいか人形劇人も多く、色々なご批評をたんといただ。 劇人はありがたい。それなりの目でみてくれるから、明日への反省になる。Taiken11

「飯田」 はありがたい所。夕食に立ち寄った ラーメン店で 須田輪太郎氏に遭遇 → (あのひょっこりひょうたん島の人形を作った人)310201_2

 ご高説のほんの一端を拝聴させていただいた。

 ← 夜のホテルでのおまけの人形劇。「だるま森さん」 も大サービス

2008年8月 6日 (水)

飯田フェスタ 8月6日

41441  「ひとみ座」 の代表、ふじかわかずとの一人芝居、「西遊記」

ベテランの一人芝居が増えてきてい。これもなかなかのもの。

 人形だけでなく音効、背景ともに 42431 厚みを感じる。

 → 「ののはなさん」. 二人の人柄がまずいい (^-^)

特に腹話術は絶妙。身近にあるだろうぬいぐるみ劇もまたお母さんが簡単にまねできるように工夫されている。

 幼児も楽しめるようにと、せりふをひかえて美術的な表現でHeiwa1 ・・との意図はわかったが、 それが成功したかどうかは??

 午後は 「おいなんよサロン」 で、なんと ののはなさんが私の為に犬のワークショップを開いてくれた。 思わず大声をはりあげ、そこらへんのお客さんをゲット。 5人での教室とあいなりました。

↑ 夜はえだまつこずえさんの平和ライブ  「死んだ女の子の歌」 「 飴買いゆうれい」

彼女の素晴らしい歌声と、この人形をつうじて平和を訴える 「えだまつさん」 のパフォーマンスに大感動 !! Takapaati21

→ タカパーチこと 「人間ミュージックボックス」 の楽しい楽しい演奏。

 「ぶんぶんぶん・はちが飛ぶ」 の歌を、ロック、沖縄民謡、ハワイアン、演歌調、シャンソン いろんなジャンルの音楽にのせて即興で演奏しきる人 heart04

 ここに書いてある歌ならなんでもすぐにリクエストに応じて演奏できるそう。 こんな楽しい 「フリンジシアター」 に参加出来たのも 「飯田」 ならでは \(^o^)/

 

2008年8月 5日 (火)

飯田フェスタ 8月5日

35371  「ひとみ座」の主、伊藤史郎さんの 一人芝居

① パンチ君おおあばれ ② 花咲かじいさん

イギリス伝統人形劇 「パンチ」 は死神までも倒し、300年の歴史を持つ 箱回し人形劇の花咲かじいさん

 「箱回し」の方は、写真にはでていないが、箱の横に太鼓があり、右足を動かすとたいこのばちが勝手に叩かれ、左足ではすずがなる。

 せりふまわしも絶妙でとても気にいった。真似したい!!36381_2

 → 「ゆめみトランク」 の 「トランクあけたら宝ぱこ」、「うたのすきなかえるくん」 

 ギターとバイオリンのバックミュージックであきさせない。  変哲もない三角定規やものさし、セロテープ台、はさみなどが 「みたて」 の世界を作っていく。 蝶になり、とんぽになり、かたつむりになり・・・。 「かえるくん」 も スムースな展開で良かった coldsweats01

401_2  午後は、「子供と人形劇に関するシンポジウム」 に出席。子供たちが人形劇を演じる意味がテーマ。 飯田市のすべての小中学校には 「けこみ」 があるという。_1_medium1

 羨ましい (@_@;) !   →

 夜は ← 人形一座ホケキョ影絵芝居・ 「耳なし芳一」 他

相変わらず バリ楽器は素敵だし、一粒だねの 「アンブレラ ウキ」 ちゃん。 2才になったかな? ミュージックでしっかりデビュー。 かわいかった~~(^-^)

ところが、かんじんの 「芳一 ばなし」。 語りはとてもいいのだけど、今回は人形にインパクトが弱い。 お経を書く前も書いたあとも同じ人形。 今までの迫力が感じられなかった。  

2008年8月 4日 (月)

飯田フェスタ 8月4日

29311_2  10時からは、人形劇団 「あっけらかん」 による 「だるまちゃんとてんぐちゃん」

 ストーリーはおなじみなものなので、無駄な動きやせりふもなく 人形は ← ごらんのように可愛く 軽快に見れた。

 午前の第2弾は人形劇団 「たたくファミリー」による 「子犬のポチとスーパードラゴン」 

    12時からかねて気になっていた 「わたぐも」 さんによる ひとり芝居 「ぶうたのおるすばん」

 ギター、手袋人形、かぶり物、はてはつりざおを使って 人形を前にたらし、おおかみの仮面をかぶって追いかける という スピーディで楽しく笑える人形劇。 楽しみました。Syugou1_2  

 ← プークによる 「エルマーのぼうけん」 

 次からつぎへと現れる等身大の動物たち、歌や踊りをたっぷりちりばめ、舞台は幻想的に躍動的に・・。

 完成されすぎたような舞台にしばしうっとり。Kaigai71

 → 夕方に 日本・韓国・台湾の人形劇フェスタ有効提携式典なるものに なんとなく参加

 黒田人形、韓国舞踊、そして台湾の 「布袋戯」 の妙技を 観劇。

 お陰で、沢 則之さんのチケットを買ってあったが疲れ果て、行けなかった。

2008年8月 3日 (日)

飯田フェスタ 8月3日

Kaigai51  朝9時新宿発のバスに乗って 午後2時30からの「ロシアのテンユ」 に間に合った。

← ピアノのライブにのって、 ユニークな発想とコミカルで創造力豊かな 影絵劇。 ガラス(?)の上に直接 マジックで書いたり、砂を使って 動きを表現したり、人間がスクリーンの後ろで走ったり・・・。24281

 夜は 人形劇団京芸による 「おさん茂衡門」 語り草。併演 「鯉のうらみ恋」

井原西鶴の世界を人形劇化。 「人は虚実のいれもの」 という西鶴の作品をとおして、人間の心の真実を垣間見ることが出来たら・・・という作品だが、なにかいま一つ物足りない。Buddyposter11

 さらに 夜のフリンジシアター。

泊まっているホテルのロビーで毎夜繰り広げられる オープンマイク的 アマ・プロ入り乱れての 人形劇フェスタ。

← ましゅ&kei はたびたび出演。楽しい地元の音楽劇団。 ハンドベル が格別素晴らしい。

他に、御神楽の獅子舞、 「ななな」のパントマイム、 つばめさんの人形劇人の歌 など 愉快なワッペンだけで見られる公演に参加。

2008年8月 2日 (土)

明日から10日まで「飯田」

Bk20080627112630824l11  明日、3日から10日まで 「飯田人形劇フェスタ」 に行ってくるので、ブログはしばし おやすみ。

 で、その前に 気になっていた本を読んで、「飯田」に 大道芸は何を持っていくかを、毎日あれこれ 心変わりしながら、ともかく、「玉すだれ」 と 「ひよこ売り」 は持ち、

 明日 旅立ちます。015

 気になる本は 「蟹工船」 、今ブームになっているそう。 80年前の出版なのに!! 

 今の格差社会と重ね合わせて、人間らしく生きることの 意味を 問いかけているから・・という。

 我が身に置き換えれば、 「エコ・エコ」 といっても まわりがこんなじゃ・・・と身をちぢめる ( ついでにハラもちぢまれば よろしいが・・)。 人間にはどんな時でも、手をつなげる人が いるという希望を与えてくれるからだろう。 小説として読んでも、情景描写がとても 細やかでいて力強い。

 おのがプアーなボキャブラリー と いたく向き合った小説でもありまして・・・。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »