無料ブログはココログ

リンク集

« 孫が遊びに来ました。 | トップページ | チャターズ勉強会の日 »

2008年8月15日 (金)

幻燈と新内とおはなしの会に行く

プークでの恒例、8月15日を考える会Puk_nobara31_2

→ 「小川未明」 1923年の作品・「野ばら」 にプークが1952年、幻燈化したもの。

とてもシンプルなものだが、プークベテランの弁士の活弁で、いきいきと戦争のむなしさがしみ込んでくる作品。6971

 「世界が100人のむらだったら」 の作者、池田香代子さんの話。

 もとは「9・11」 以降、アフガンで平和活動をしている人たちに経済的援助をしたい・・ということから、この本がうみだされたという。

 統計学的うらずけは 勿論だが、昔話の世界的土台があったので、あのやさしい語り口が生まれてきたらしいOkamoto1

 最後は 新内 → 岡本宮之助

 → 実際は 紋付袴をちゃんと着ていた。

「新内」 をこんなにじっくり聞いたのは初めて。おもに「吉原」 を根城に発達したが、 貧しい階級の中で、守り育てられたという。

 朗々たる声量で、反戦をうたいあげる 「岡本文弥師匠」 が作ったという 「西部戦線異状なし」  戦前にこんな反骨芸能人がいたんだなぁと驚く。 

« 孫が遊びに来ました。 | トップページ | チャターズ勉強会の日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/42178118

この記事へのトラックバック一覧です: 幻燈と新内とおはなしの会に行く:

« 孫が遊びに来ました。 | トップページ | チャターズ勉強会の日 »