無料ブログはココログ

リンク集

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

映画 「おくりびと」

4082841  チェロ奏者が失業して、納棺師になったところから舞台ははじまる。

 主人公は自分を見失いそうになりながらも、「おくりびと」、「おくられびと」 にだれしもがなることに気づき、匠のわざともいえるほどの技術と愛で仕事に生きがいをみいだしていく。

それはまた、自分自身の成長の過程でもあった。Img1_12187713841

最後のお別れには美しい思い出を残したい・・と思うのは人情。

それを担うのが納棺師。人生のユーモアとペーソスをちりばめて、「死」 は現実世界から、別の世界への 「門」 でしかない・・という051

胸にせまってくるいい映画だった。

 死を見つめるということは、生をみつめることでもあるんだ・・ということを教えてくれたような映画だった。041

Tsasano_photo1  山崎 務や笹野高史 (←)の演技がきらりといぶし銀のごとく光り、モックンは彼らに後押しされて光っていた感。

上記の二人をみていると年齢を重ねるということは、なんと世に重みをあたえているのだろう・・と思えてくる。

2008年10月29日 (水)

ひとつ山越して・・

Banana11  デーサービスの訪問日を一つ終えると、その月の 「ひとやま」 とひとつ越した気分になる。

 とはいうものの、腹話術での 「物売り」 は どっちつかずの恐れありとはいえ、前からやりたかった 「バナナのたたき売り」 ! 

 パートナーはゴリラのごんちゃん。 トラさんみたいにかっこよくやりたいのに・・bearing まだまだね。Images1

 「かたり」 は 「蜘蛛の糸」 

 任天堂のDS なるものを求めて、暗記を努力した。

ようやく、ここらあたりにきて  「腹話術」、「手遊び」、 「語り」 と そして、みんなと一緒に歌うときの伴奏が定着してきた (伴奏は私一人ではだめだけど・・・)

 真剣に見つめてくれる目・目は子供も大人も同じ。

2008年10月28日 (火)

モコモコ曜日

Images9 11月の初演、飯能の12施設公演を目前にして、メンバーのお子さんが交通事故にあった。

 まだ詳しいことはわからないが、自転車事故でしばらくモコモコには参加できなくなる模様。

 うちの息子たちもそれぞれバイクで事故を起こした。

二男はバイクがめちゃめちゃになるほどの事故だが、不思議とけがはかすり傷程度だったり、 バイクで出会い頭にぶつかって入院したりといろいろあった。Images10

社会に生きているからには、色々あるわい・・といっていられない。

 公演にむけて、急遽キャストの変更が求められ、新バーションでの練習となった。

 そこはさすがモコモコのメンバー。しばしの困難もみんなの協力でなんとかなりそうでホッ wobbly

2008年10月26日 (日)

万燈祭り

007 今年で30回目になる入間市の万燈祭り、華やかに行われました。

伝統的な祭りの山車と創作万燈山車がからみあってなかなかDashikamimachi1 いい市民フェスティバルの雰囲気があります。Dashiarakyu1

← 創作万燈の山車013

山車の上では、ひょっとこや獅子の踊りが続いて・・・。073

 →こどもひょっとこ」 はまた一段と可愛ゆく笑いを誘います。

↓ こどもひょっとこ

 064 市役所が音頭をとって、市をあげてのお祭りだからこれだけのことが出来るのだけど、それにしても市民パワーは元気・元気です。

 あたしゃ、金魚すくいに挑戦! おばさんパワーで追っかけまわしたけど逃げ足速く、たった一匹しかとれなかったsad

2008年10月24日 (金)

ハイチ共和国

Haiti_location1 金融危機、食糧高騰、ハリケーン被害などで

世界の最貧国 「ハイチ」 では・・・

国民の76%が一日2ドル未満、56%は1ドル未満でくらし、50%が栄養失調状態、 10746964_6267669521

ハイチでは、泥クッキー (→) さえここ半年で2倍になったが、これで飢えをしのぐ人が増えてきているという。 ( これは、粘土に水、塩、食用油脂などを混ぜてパンケーキのようにしたもの)

歴史上のなりたちや、国情不安などの要因もあるが、国際金融機関 (IMF) の支援の問題もあった。

IMFは、ハイチへの融資について、輸入米の関税を、35%から3%に引き下げることを条件にした。その結果、国内消費量の95%をカバーしていた米が、今では75%がアメリカからの輸入米。10746964_18096937891

ドミニカの砂糖きび畑で働く約65万人のハイチからの出稼ぎ人たちは、

年間30万トン以上の砂糖は、アメリカに送られて精製され、販売される際に会社は1トン当たり300ドルを手にする。
その1トンのために、労働者たちは10日間働き、20ドルを手にするだけ。

日本で、ローンの支払に追われる人も私にしても、83f086f0s1 とりあえずは外食や旅行をがまんしたりという生活になってきているが、彼らにとっては、命そのものにかかわる金融危機と大国の横暴にあえいでいる。

2008年10月23日 (木)

今日は何をやったかな?

510dax6n30l_sl500_aa240_1  「テロ特措法」 がたった2日間の審議で採決。

 審議もろくにしない党に手を貸す党利党略が丸見えの党。

 日本の給油活動がアフガンの人々を苦しめている・・・と、国際ボランティアセンター代表の谷山さんはいう。

さて、今日は 「まどからのおくりもの」 を孫に注文。五味太郎さんの夢のある仕掛け絵本だ。Ehon88071_2

 → 明日の読み聞かせのために、「おじいちゃんのごくらく・ごくらく」 という大型絵本を借り出し、

アル・ゴアの 「不都合な真実、書籍版」 を注文し、Images7

アコーディオンを 「いつ開けたかわからないほどブリ」 に開けたら、

ベローは ガタビシベロベロ と音をたてて やっとこさ開き、 音は狂っていた。

で、アコの先生に調律をお願いした。 

2008年10月22日 (水)

生態系保護協会の集まりから

Japanese_firefly1

 生態系保護協会の集まりで

「マルサスの人口論」 をそのまま受け入れるような話になり、驚いた。

 「マルサス」 といえば、

 物資の増大が人口の増大に追いつかない以上、過剰人口による貧困の増大は避けられない。Images6

これに対する方策として、疫病・戦争・飢饉などを過剰人口への自然による救済であるとし、社会から広く反発された。人間の不幸を宿命論的な自然法則の結果であるとしたのだ。(wikipedia より)

 したがって、現在の途上国や貧困国の食糧危機を救う方策はかえって人類全体を弱めるものであると生態系のある会員はいう。Ca4ri5tccafm8tr7cadn3ku6ca4akur2cab

アフガニスタンにしても、イギリスやロシアが占領する前は、豊かな果樹輸出国だったと聞く。

 人間の共存や平和なくして、自然との共存や共生はありえない。地球の豊かな生物多様性は保てない。

それにしても、お仲間からこんな話を聞いて、失望!

「年寄りも長生きしてほしくない・・」 という言葉まで聞いて。 

 現実には、加治丘陵 を整備したり、巣箱を作ったり、「鳥ビンゴ」 をやったり。自然との共存をはかろうという行動には敬意を表するのだが・・・。

2008年10月20日 (月)

好天に誘われて

081006_amerikagasiwa1 ← すこし、色づきはじめた 彩の森公園で

ハーモニカとヴァイオリンのおけいこ

ヴァイオリン を買ったんです。

ミニチュアですが、ユーモレスクや歓喜の歌などを自動演奏してくれる 素敵なヴァイオリンImg_hanamizumi1

→ はなみずきの実がこんなに可愛く色づいて。

 自動演奏とはいっても、観客にそれらしく見せるにはやはり、訓練が必要。 多少音符も覚えていないと、 弦の扱いがとっても不自然になる。

 夜は家に帰って、ゴリラのゴンちゃんに演奏させたら、けっこういける。 \(^o^)/

2008年10月19日 (日)

腹話術 オープンマイク

Images1 茶の花がそこはかとなく咲いています。

今日は腹話術の勉強会

 まだ出来ていないのに、写真撮影のつもりで持っていった人形でオープンマイクに参加。

 いわく、「シンクロがなっていない」 (せりふと人形の口があっていないこと)、 「腹話術の技術と物売りを同時にやるにはまだ無理がある。」 

 毎月一つの腹話術の台本を作ってセリフを覚えるには、ちょっと大変。 そこで、既成のつまみぐいになったりしてしまう。

でも、今努力しなければいけないことは 「シンクロ」

2008年10月18日 (土)

植物散歩

Pict17741 自然が好き・・といいながら、植物の名前はほとんど知らない。

 「名前を知ることから、自然への愛情がわきます」 と、いうある先生に教えられて、今日は 「加治丘陵」植物散歩。

↑ ヒイラギの花を初めて見た。いい香り。Images2

 → がんくび草

Caas4f2zcakivptpca8zo65ycaoj71z6c_2

← やまじのほととぎすImgp92331

 → おくもみじ

Images2_3 ← こうやぼうき

 花はほとんどない丘陵にみえたが、山野草は、地に根をおろして ひそやかながら堂々と咲いている。

 植物に詳しい人と一緒に歩くとただの山が宝の山に見えてくる。

市長選挙も終わり、明日からは静かな町に戻る。さて、市長さんはどなたに??

2008年10月14日 (火)

疲れた時

001  今月の私のバートナーはゴリラのゴンちゃん

 去年徳島の人形劇フェスタに行った時に求めたもの。

「バナナのたたき売り」 のパートナーとして使う。

見れば見るほど、かわいくて今日は疲れたので、なお余計にゴンちゃんの顔をみて癒される。

 

2008年10月13日 (月)

体育の日に

Images9 「たいいくの日」 とかけて 「鯛の日」 ととく。

その心は? 「たいいく」 → 「たいくう」 日。 だからタイの日。

「鯛の日」 というのはホント。Images1

鯛は食べられなかったけど、「たい」 は私の中に。

曰く 「ハーモニカが上手になりたい」、 「腹話術が上手になりたい」 、「英語がちゃんと話せるようになりたい」。  そら、「タイ」 はまだまだたくさん泳いでおりますわ。 

 明日のモコモコのために、栗ごはんを準備。31790277501

近辺では 「柿」 がますます色づき 、柿を知らない子供たちのために写真を持っていってあげることにしましょう。

 

2008年10月12日 (日)

プーク 「ラ・ブパ」

Et21  今日はプーク三昧。

← 「その後のET」。 この写真ではわかりにくいが、ひと昔前に使っていたようなブリキの大やかんを逆さにした 「やかん」 の おじいさん。

 胡椒入れや、ポットを擬人化して、ストーリーは現代の老人介護の問題と、シリアスだが、 ものがものだけに暗くならずに 笑いが絶えないドラマ。Osero1 Te1_3

← ・ →

「てぶくろのコメディ」

手袋といってもごらんのように、役者の手にコスチュームをつけると ユーモアとロマンとパロディ が生まれてくる。

 Canimaru1 Kanibaru_keiko1

↑ 素手での 鳥 

 → これは 「ライオン」 の形をスクリーンの裏からみせているところ

 サンサースの 「動物たちの謝肉祭」 のメロディにのせて、俳優たちの 「素手のアンサンブル」

人間の肢体の美しさ、ここに極まれり・・ といっていいほどの素敵な影絵 heart01

 いいものを見せてもらって 何が吸収できるか cloud(不透明という意味) sad

2008年10月11日 (土)

映画 「フラガール」

Topp21 2年前の映画をテレビで見た。

映画 「 フラガール」 。  最近あまり心に残る洋画をみていないせいか、 日本映画の方がずっと心に沁みるいい映画が多い。

 1960年代、福島県の炭鉱町に誕生した 「ハワイアンセンター」 にまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿をえがいている。Main1

 石炭から石油へと激動する時代をかけぬけた人々の現実、苦悩、そして立ち上がった娘たちの輝き。

 現実のきびしさに おしつぶされそうに何度もなりながらも、希望を見つめる人たちの姿はとてもさわやか。20060726003fl00003viewrsz150x1

 秀逸の作品だ。F0076379_191250671

2008年10月 9日 (木)

映画  「新・あつい壁」

0802121115441 入間市在住の中山監督のいい映画を見た。

タイトルは 「新・あつい壁」

若いジャーナリストがふとしたきっかけから、熊本県で50年前に起きた ハンセン病患者の冤罪事件をとおして 差別の厚い壁を追及してゆく。Shinatuikabe_1hps1

そして、ハンセン病ゆえに、ぼろ雑巾のように証拠もなく死刑にされた 一人の患者を知る。

 これは、らい病患者を隔離した昔の話ではなく、現代でも 最近起きた 「宿泊拒否事件」 と、ハンセン病棟入所者に送られてきたMo53381

数百を超える誹謗・中傷の手紙やメール、電話からその差別は根深く生きていることを 映画は指摘する。Shinatuikabe3yuukichitaiho_hps1

 弱者が弱者を打ち負かすことによって強者の側に立とうとする人たちのあさましさは、これも格差社会の故か・・・。

 ケーシー高峰や高橋長英が心に沁み入る演技をしていた。 

 ぜひ、多くの人にみてもらいたい映画だ。

気ぜわしない日常の中で・・。

37442112641  きんもくせい の香りがただよってきます。

どうしたことが、「くちなし」 まで咲いているので、におい入り乱れている 我が家。48707718531

ドラマフェスタや公演の過密スケジュールをまじかに控えて、気ぜわしない日々ですが、

「語りの名人」 から紹介してもらった2冊の本が 机の上で気持ちを和らげてくれます。Isbn4_87077_168_3t1

「末吉正子さん」 という人の書いた、「語り形式」 の本。

短かくて荒唐無稽な話ばかりなのに、奥が深い、 でも そんなこと考えずにちょっとした瞬間に楽しめる 話の連続。

 我が家にも 「金融不況」 のあおりはそこはかとなくしのびよってくる時代。 こんな話でホッとするのも一興。

 今度、孫を寝かせる時のためにもおぼえなきゃ bleah

2008年10月 7日 (火)

モコモコ曜日

037  ← 新作の録音風景 二回目。

プロの音楽家にきていただいて、生ピアノとエレキトーン、CD でのバックミュージックの挿入。

手前の柳行李(こうり) は中に豆を入れて、波の音を演出。

 今まで、プロの音楽家には何回となく協力はしてもらったが、全編通してせりふ、効果音、ミュージック、までを入れたものはなかったと思う。

 今年の新作は ぜひ 乞う ご期待!!

2008年10月 5日 (日)

第7回世界腹話術の祭典 

10月4日と5日、こんな名前のフェスタに参加。外国からの参加者はこの  ヴァル (下記アドレスで、彼女のパフォーマンスが垣間見える) とアメリカからの二人だけだったけど・・・。Gorouchan1_300x3991_2

http://jp.youtube.com/watch?v=Ui2sUkHhjcc

 初めての参加で、良かったのは → しろたにさんのワークショップ。 場数をふんだエンタテイナーならではの数々の細やかな アドバイスを肝に銘じた。

Img0041 ショーとしては、よろず劇場 「とんがらし」 のパフォーマンスは さすが、さすが。 リモコン操作の ← ポスト君を しゃべらす 技術には 多くの人が目を丸くして見ていた。Vent1  

子供の心をしっかりと読み取っている劇とワークショップに 知り合いの参加者の多くは 今回の一番の収穫・・・という。

 → 井沢道夫さんの 「知って得する音響テクニック」 のワークショップに参加。

腹話術にしろ、影絵劇にしろ、マイクの助けなしには出来ない。 機械音痴ではなく 「機械サボリ」 への私へのいい刺激になった。

 全体として得たこと。 

 観客の前では、馬鹿なことをするにも 周到な準備がなければ 共感は得られない!    人を楽しませるには、 相当な 「努力」 と 「訓練」 が必要!!

 沢山の収穫を得た。   

2008年10月 3日 (金)

私の好きな時間の一つ

20691064091 小学1・2年生を対象に時々、読み聞かせをしている。

教室で、机はサイドや後ろに置き半円形に子供たちが床に座って、キラキラした目を向けながら聞いてくれる。Images5_3

今日は 「泣いた赤おに」 

 A 3大の大きさの紙芝居に、子どもたちの表情が、うれしい時、びっくりした時、場面ごとに次々に変わる。

その表情を見るのも楽しい。

 さて、明日と明後日は 腹話術の合宿。

 私の腹話術が少しでも技術の向上がはかれますように。

2008年10月 2日 (木)

リンカーンのバンド

Images1  1858年、リンカーンは一本のハーモニカをポケットに入れて選挙戦を戦っていた。 彼は演説の前にハーモニカを吹いて 「これが私を応援してくれるバンドです」 と。

  (ハーモニカの教科書にでていた!)

 ハーモニカクラスの人が、市長選に出た。で、この話をした。音楽は 「いやし」 でもあり、「高揚」 でもあり、「共感」 さえも引き出すことができる。 「演説の前にやったら?」 と。

 彼の政策はうなづける。 後期高齢者医療制度の廃止や中学3年までの医療費を無料化する施策をうちだし、国にもはっきりものを言おう・・という。Images7

 「後期」 については、多くの自治体で 「廃止を求める決議」 をしている。  入間市は、外国の軍隊専門の病院をつくるにしても

「お国のいうことに反対なんかとんでもはっぷん」 という態度。

 前にも書いたけど、東京の日ノ出町は老人医療費を イオンの収入などから無料にした。

 Images3 国は思いやる相手がちがう。米軍への 「思いやり予算」 は7年で、1兆8171億円、削られた社会保障費は7年で 1兆6200億円。

 そんなで、今日はクラスメートの応援に一役。発声練習にもなったわい。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »