« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

ボランティア

定例となった デーサービス訪問。

私の出し物は 「白波5人男」 の口上と、紙芝居、そして手話の歌。 今日は口上の中にある 小気味のいい 「かけ言葉」 も 5点ほど 模造紙に書いて説明。

 「5人勢ぞろいの場」 での、菊の介の口上は 腹話術の声だと、他の声と違う声を出せるので、腹話術を多少勉強しておいて良かった smile

Images1

 これで [口上] はかなりしっかり覚えることができたので、今後はもっと 味を出すことに気をいれることが出来そう。

 「紙芝居」 は多少のせりふの言い回しは気にせず、なるべく 観客と目を合わせるようにして、読むことは極力おさえるようにした。

 Images4 「紙芝居」 の大家、右手さんの 「読み」 を聞いた学習の成果か・・・。

 「手話歌」 への反応はイマイチ。 しかし、「四季の歌」 のように知っている歌については、手は出さずとも歌ってくれる。 ムム、これは続けるべきか、他を考えるべきか annoy

2009年4月27日 (月)

塩舟観音

026  新作の台本のめどもつき、天気も上上、さそわれるままに 「塩舟観音様」 のつつじを見に。033_2

→ ごらんのように富士山もくっきりと浮かび上がる青空。031_2

クリックすると大きくなるからもっときれいに見える。

「五大尊」 のつつじに比べれば、庭園風(人工的)だけど、やはり、見事 coldsweats01

 外出嫌いの私には気持のいい運動散歩になりました。040

帰りは 「つつじや」 で、おいしいどら焼きを買い、ご満悦。

午後は いつも行くデーサービスで他のグループのボランティアが来ているので、様子見 見学。

そうかぁ、私も頑張らなければ飽きられるよぅ shock

2009年4月26日 (日)

入間市 お燈篭まつり

26_012  入間市愛宕神社のおとうろう祭り。 人出もけっこうある。

 山車の上で笛や太鼓をたたいたりしているのはほとんどが26_005_3 若者か子供・・というのもうれしい。

なんでも、戦後若者たちを非行に走らせないため・・・ということで始まったそうな。

しかし、山車は戦前からあった由緒あるものもあるとか。

しかし、出店はこれまたほどんどがご他聞にもれず、テキヤさん達というのがちょっと残念 (;一_一)26_027

縁日のおかげで、← このような「トラ」 を買った。手にとると、「奥さん、500円でどうお? いい敷物だよ」 という。

「300円だったら買うわ」 、「はい、じゃ 300円で、お手を拝借 パン! 」 

わたしゃ、クリエイターにはなかなかなれないけど、リメイクはけっこう得意。 このトラ君の口を開くようにして、胴に綿を詰めりゃ、立派な腹話術人形ができるわい ( ^)o(^ ) とにんまり・・・。26_003

 祭り会場のすぐ近くでこんな看板を発見!!

2009年4月25日 (土)

映画 「グラントリノ」

332286_100x100_0031 今日、封切りになった クリント・イーストウッド監督・主演の 「グラン・トリノ」 を見た。

彼の全作品中最高の興行収入 1億1千万ドルを全米であげたとか。41opk6ofatl_sl160_1

主人公でもある彼は、かって朝鮮戦争に従事し、その後は50年間フォード社に勤めた頑固者。

ふとしたことから、隣家の少年 タオとの交流に心を開いてゆく。

アメリカに暮らすChn11_rpt5276_0424_main1 少数民族を温かなまなざしで見つめ、78歳になる彼自身が、「人生のしめくくりかた」 を 体現したような映画ともいえるのか。

 西田敏行に 「クリント・イーストウッドという神が創造した 私にとって最高・最愛の作品(涙)」 とまでいわしめている。Chn11_rpt5276_0424_sub1_gtd06560r1

「人生の締めくくり方」 ねぇ。 私にはまだ少し早いかもしれないけど、 「夢介」 のわたしゃ、かすみを追っかけて終るかも shock

 ともあれ、すごい映画だった ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

2009年4月24日 (金)

ボランティア

006 腹話術の台本がままならない時のボランティア訪問はもっぱらどこかの 「口上」 をあてにする。

← 今日は 「白波5人男」。 これは、「浜松屋での弁天小僧の口上」007

 → カツラはどうかしら?  delicious  「日本駄ェ門」 の口上の衣装009

← 5人衆勢ぞろいの場の 「弁天小僧」 の口上は  「黒子」 をつけて腹話術でやったけど、黒子はこうやってみると eye 012_2 変かも ?

 → 今日の紙芝居は字をあまり読まないで出来た ( ̄ー ̄)ニヤリ016

「手話もどき歌は歌ってもくれながらスムースに出来たぁ

「ういろう売り」 に加えて、 「白波5人男」 の口上も私の持ちネタになった記念日 bleah

2009年4月22日 (水)

アオサギ

Aosagi_071_2  最近、我が家の金魚や鯉が23匹いたのに・・・前々から時々少なくなってはいたのだが・・・、3匹になってしまった犯人はアオサギということが判明した。

 天気が良いので、玄関のドアを開け放しにしていたら、アオサギが池のふちに止まっていた。

 突然だったので、驚いて声をあげたら勿論逃げて行った。

その30分後位、又 アオサギがふちに止まっていた。08d7fb996c135f5a1_2  あの長い脚と嘴でねらわれたのでは、鯉もたまらん happy02

半月ほど前に10匹ほどにしたのに、又数匹やられた。

川からは5・6キロは離れている小さい小さい池なのに鳥の情報網はすごい w(゚o゚)w

   しじゅうからが営巣していることは書いたが、虫らしきものをついばんで、巣の中に入る様をたまに見る。

お父さんは虫(チュウ)をチューしながらい母さんにあげてるんだな kissmark 

2009年4月20日 (月)

高尾山

All_course1  入間市から30キロ位のところにある 「高尾山」に半世紀ぶりに上ってきた。

← 今日は赤線の1号路歩き。

さすが、古くからの名刹があるだけに、杉やヒノキだけでなく 広葉樹も適度に013 保存されて いい森林浴が出来た。

「薬王院」では、えらいお坊さんが山伏の先導で、「おつとめ」 に行く途中を眺めることが出来、007

約600mの高尾山でも、普段運動していない私にはけっこう汗もの。

← 天狗伝説は山の守り神のシンボルともいうべきか。Top_donna1_2

→ たこ杉といって500年以上の年輪をかさねているらしい

↓ これは寺を守る四天皇の一人の説明書き

001 002 日本人が山や自然を愛し、守ってきたかの歴史もわかるような気がした 高尾山。

こんな豊かな自然を オリンピックが来るから・・といって削ってほしくない。

2009年4月19日 (日)

チャターズ 10周年

003  今日は東京チャターズ10周年・腹話術の会の発表会

← 廊下で直前練習

私は 「お茂さんと一緒に私の自己紹介」006

今回は親子を舞台にのせてのワークショップ

私の発表がうまくいったかって?

005 「私の腹話術とかけて、ブレーキペダルと 説く」

その心は・・・「操作が甘かった」 bleah

← 230人位の参加

2009年4月17日 (金)

「12人の怒れる男たち」

Geijutsu21  東京芸術座の 「12人の怒れる男たち」を見た。

 ちょうど裁判員制度がはじまりつつあるときだけに、タイムリーな話題だ。

ストーリーは映画のそれとほとんど同じだが、生舞台だけに自分もその同室にいる気分になるから不思議。Dc1001031

犯罪を犯したという少年に対し、圧倒的有罪意見の中で、「合理的な疑い」 はないのか? を提起する陪審員が一人いた。

 40数年前のストーリーにも関わらず、「民主主義とは?」 、「差別とは?」 そして、「命を大事にするために・・」 

Geijutsu11 「闘論」 の一言ひとことが 「命の重み」 となって見る者の胸にせまってくる。

 いいなぁ 「芝居って・・」

 どんどんメッセージが伝わってくるよ good

[

2009年4月16日 (木)

「春でもないのに」 

Performance_img_2s1  劇団 鳥獣戯画の 「春でもないのに」 を見た。

ストーリーは、あるサラリーマン、流されるままに生活を送っていたが、郷里の高校時代の友人がガンで余命1ヶ月との知らせ。

封印していた、フォークへの思いと友人を励ます熱い思いが重なって・・・。

Performance_img_1s1 次々と懐かしいフォークソング時代の曲が流れだし、サラリーマンの悲哀をおりまぜ、

歌とダンスと友情・家族愛が楽しく溶け合って、笑いの涙か悲しみの涙か003_2 わからないほど、

舞台にひきつけられて魅入ってしまった。

エンタテイメント性でいうとここ数年の戯画作品を見た中では一番かも。

観客を楽しませる心意気はさすがプロ・・。このタイトルの 「春」 は青春時代をいっているのであろうが、

 「夢 や 理想 があれば、人生いつまでも 青春だよ 」 と言いえている。

2009年4月14日 (火)

 「教会」 での上演

001 今日は狭山市の 「教会」 でのモコモコ上演。

賛美歌を歌って (私はただ聞くだけ)、世界の3大ベストセラーともなる 聖書を 聖書じゃなかった斉唱。

 思えば、高校のころ 壮大な聖書物語に感動しつつ 

「十戒」、「ベン・ハー」、「クオ・ヴァディス」 などの映画をドキドキしながら見たものだった。4_97612_3

 牧師さんが語る聖書の話を 「イエース、イエース」 とうなづきつつ拝聴し、 モコモコの上演、そして毎度提供してくださる心のこもった昼食をいただいて、最後は 「玉すだれ」 までやってのお開き。

2009年4月13日 (月)

しじゅうから と・・・。

015_2  「しじゅうから」 が我が家の巣箱に出入りしているのを目にする。

← もくれんと山吹の間、椿の右側に巣箱がある。

 4年ほど前に巣を作った時は、かわいい雛の声がよく聞こえた。

今回も声は聞こえるが、まだ赤ちゃんの声ではない。とにかく、我が家で しじゅうから を飼っているようでうれしい lovely

 思えば私が 「生態系保護協会Sijyuukara1 に入って 「自然」を意識するようになったのも

「しじゅうから」 だった。

シジュウカラさん、これからは毎年巣を用意するから来てね。

2009年4月12日 (日)

「無法者」 と 「アウトロー」

Img42bb1959zik3zj1  なぜ 「白波5人男」 に惹かれるか?

それは、日本語で 「無法者」 というと、非道・乱暴者の感があるが、英語の 「アウトロー」 というと、日本の義賊の意味合いもかなり注入された感を持つ。

 日本駄ェ門のせりふに 「盗みはすれども、非道はせず、人に情けを掛川から金谷へかけて・・・」 など、無法者というより、「アウトロー」 の方がにあう気がする。

小気味よく簡潔な日本語と、かけ言葉で端的に自己のキャラクターをいいあてている。060

正義か無法か など、今の欺瞞的な世の中を見るにつけ溜息ばかり。

定額給付金だってただの税金の戻しじゃない。そして2年後の消費税10%が待っている。 

せめて腹話術の楽しいワークショップに参加して、遊び言葉と人形操作の腕をみがき、058 ベターな世の中のために出来ることを模索することを猛作動(もーさくどう)したや flair

← 来週の腹話術発表会にむけて猛特訓中 ↑

2009年4月11日 (土)

「船乗りクプクプの冒険」

Img_081 劇団 俳協による 「船乗りクプクプの冒険」 を見た。

「生の舞台を通して、次の世代を担う子供たちに、現実の嵐に立ち向かう知恵と、勇気と、愛情を! 」 とテーマに演劇活動を続けている、という劇団だ。

少年タローはお父さんから、本をプレゼントされる、書いてあったのは3ページのみで、あとはタローが本の中に入って、冒険の海に出発 !!Img_091

 劇団の目指すところがしっかりと一本通っているのはもとよりだが、

音楽や言葉の楽しさ、S31 とりわけ衣装が際立って楽しい。

かもめ、怠け者の国のポリス、海の精、ひとくい人種たち、

 児童演劇でこんなにも衣装にこだわって場面転換の環境づくりをていねいに作っているのは素晴らしい good

4_009  楽しさと共に、 「文化ってなんだったんだ?」 とハッとさせられる部分もあり、ダジャレの連続も、日本語の楽しさを思いおこしてくれる。

2009年4月10日 (金)

抽象画と紙芝居

Images2  抽象画と紙芝居なんて相対する抽象と具象の世界だが、なぜか連チャンでワークショップに参加 eye

4_010 抽象画展覧会を見に行ったら、500円でワークショップをやってくれるとのこと。

→ 私の描いたものを先生が見せてくれている。

先生曰く、「心のおもむくままに、具象からはいっていいのですから」 。 そういわれても、バナナはバナナの形しか思い浮かばない私はとまどったが、先生は心をゆったり 解放してくれるように導いてくれた。で、なんとか・・・・。4_014_2

 抽象画のほんのほんの一端がわかりかけたような気持ちになった。

← 続けて、紙芝居のワークショップに参加。

11人が次々と自分の作った紙芝居や作家ものを演じるというもの。

手作りとは案外いいものだし、私でもやれそうな気がしてきたのは収穫。

なかでも、「ときわ ひろみさん」 の「むかし浦島」 はユーモラスでタイムリー、右手 和子さんの 「くじらのしま」 の読みは秀逸というほかない。

2009年4月 9日 (木)

花盛り

A50bf67df9c10e961 ← 遅咲きのモクレンがやっと咲き、002

→ みつばつつじも満開

デイジー、しゃくやく、花にらも。 猫のひたいほどのスペースも華いっぱいで今年は満足 bleah

 さて、木曜日はまだ仕事も始らずちょっとのんびり。008

→ 昔とったきねづかの 「どじょうすくい」 の練習場を尋ねて、 ひと汗かいて8d0acd32759050ba1

← 今月のデーサービス訪問のために 「白波5人男」 のせりふを練習したり、手作りかつらのデザインを考えたり

 どんなコケティシュな 「かつら」 になるかみんなに見せたや (・∀・)ニヤニヤ

2009年4月 6日 (月)

花見三昧

012 昨日は 「腹話術の会」で、練習後、近くの川土手で 「おいしいものいっぱい」 のお花見会

← 今日は今日とて 青梅・梅岩寺の見事な 「しだれ桜」を観桜011

花を愛で、花に近づきたい気持ちからの 日本人の「お花見会」 

これは、根底に 「八百万の神様」 への崇拝心があるからではないかしら?019

「そめいよしの」 ばかりの桜に比べ、自然なたたづまいもまた絶景かな lovely

絶景かな lovely

それにしても、戦後64年にもなるというのに、今年もあらたに原爆症に認定された人が数百人。 半世紀以上すぎてなお、戦後を重く引きずっている人達がいるとは驚きです。

2009年4月 4日 (土)

世は満開の花日和というに・・・。

007 ← 歩いて1・2分のところにある近所の公園も満開 happy01

003_3

世の中、北朝鮮のミサイルが発射されたとか、されなかったとか?

もし、発射されていないのに、迎撃命令が出されてPAC3で 日本がミサイルを発射していたら・・・先制攻撃 Σ(゚д゚lll)アブナッ ! !!

 014 国連安保理決議では、「外交努力を強化し、緊張を悪化させるおそれのあるいかなる行動も さしひかえる」 と明記しているのに・・。

← ともあれ、庶民は政府に踊らさせることなく、平和に 「お花見」 を楽しんでおりました。o(*^▽^*)o

 「モコモコかげえ」 の今後の方向を模索している私たち。

 「角笛」 さんと連絡がとれ、相談相手になってくれそうな予感 smile

2009年4月 1日 (水)

お花見と昼食会

I0326b21  今日はモコモコ曜日。激動だった今年度の最終曜日は 「お疲れさん会」。

 ← 300本の桜があるという150x150_4333221 五分咲きの稲荷山公園で、お花見を兼ねてのお散歩会。

おしゃべりだけでは終わらないモコモコ は、「花愛で後」 は、ボールを借りてのボール遊びと手話練習。

 ⇒ お昼は 「豆腐坊」 でのコース料理。 こんなに高い料理を会の負担で食べたのは、モコモコ始まって以来。150x150_4333231

← 普段たべているお豆腐と、違いがくっきりわかるおいしさ bleah

お土産にごま豆腐、枝豆豆腐などをもらってご満悦!

でも、駐車には苦労した happy02

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »