無料ブログはココログ

リンク集

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月29日 (金)

映画 「天使と悪魔」

Mv_011  「天使と悪魔」 を見た。

トム・ハンクスも好きだし、ユアン・マクレガーも好感持てるから、原作も読んでいないし、「ダ・ヴィンチ・コード」 も読んでいないので332388_0021  ミーハー的に見て来た。

 かなり、アクションムービーではあるけど、ローマ・カトリック 400年の歴史の一端を垣間見えるのも一興。

 中世ヨーロッパで、ガリレオの地動説をはじめ、科学者を宗教が弾圧したのはよく知られている。

 その科学者たちの残党が復讐をはかる・・・というのがストーリーだが、ヴァチカンの8つの寺院や名所などをめぐり、T00070261

 強烈な爆発物を手に入れた 「残党」 たちとの謎解き、緊張感、臨場感は 2時間半の長さにもあきさせない。

 宗教と科学についても どう考えていったらいいのかを 考えさせられる。T0007026a1_2

2009年5月28日 (木)

ガイ氏劇場のワークショップ

002  たった3回だったけど、多くを学んだ人形劇を作って、上演までのワークショップ。

 上演の日はセリフを頭にいれながらも、アドリブで間違ったところをカバーしたり、腕が丸見えになっていたりと 

冷や汗の本番。003

→ あ、これは 本番じゃないから頭が出ている(オオカミは誰?)008

← このオオカミの腕が丸出し(;一_一)

019 ← ともあれ、最後は ガイ氏劇団代表者による

 幽玄な 「きつねの舞」

溜息がでるほどの心が乗り移ったような演技 ( ^)o(^ ) !

2009年5月25日 (月)

今日も素敵な出会いが・・ (^-^)

002  中学校で 「読み聞かせ」 を始めることに・・。

日頃、読書に親しまない私をなんとかせねば・・と思っていたやさきの 「ボランティア募集 !」 に渡りに船。

 不純な動機で申し訳なかったが、これを機に良書に巡り合いたい。

 校長先生や教頭先生による 「開かれた学校」 への思い 教育への情熱も熱く001 を感じた。

 アメリカの学校もかなり開放的でボランティアが多くはいっているらしい・・。

 日本もそうなりつつあるか・・との感。

さて、記念すべき最初を何にするか ( ̄○ ̄;)!

 「かっぱのすりばち」 の素話 をやろう ! (・∀・)イイ!

2009年5月24日 (日)

自宅喫茶兼画廊

010 ← ちょっと高かったサボテン系にきれいな花が咲いたeye

今日は画家の友人が個展を始めたというので、市内の 「桑田画廊」 というところに行った。

 自宅2階を改造して、テーブルは二つだけ、隣室はアクセサリーの展示室。しかし屋根の上に出来た中庭の景色や眺望はよし・・なかなか瀟洒な雰囲気。Ca3ow2gjca66hrv5cakvf540caqt0w9vcay

 裏が裏山になって緑たっぷり、うらやまし・・・ ( ^)o(^ )

 → 今、プランターで 「ゆきのした」 がきれいに咲いている。

 ひと月ほど前にも、市内の自宅を改造した 喫茶兼渡辺画廊 に行ったし、

 友人の一人もいつかはやりたいということで、改造はすませ、すでに自宅で音楽会・講習会をもう20年もつづけてきている。

 地域でこのような存在は、文化の種をそよがすひとつにもになっている。

  

2009年5月23日 (土)

ホルンハーモニカと10穴ハーモニカを楽しむ会

107321   「ハーモニカを楽しむ会」 に参加。003

ホルンハーモニカの演奏がメインだったが多彩なゲストもあって、音楽のシャワーをあびてきたよう。

→ 演台のまわりはきれいな花々。

カメラを持っていくのを忘れたので、ネットからとったテン ホールズハーモニカ(穴が10ヶしかない) 名人の写真だけになってしまった (;一_一)

107331

 きれいな音楽はやはり人の心をきれいにします。

あ、別に私が汚い下心をもっていたから・・・というわけじゃないけど・・ bleah

 こんな心を揺さぶるような音楽をいつかは奏でたいもんです ハイ flair

2009年5月22日 (金)

居酒屋でチャット

P010631906_2381  お酒がほとんど飲めない分、歓送迎会などというと少し気持ちが重くなる。

しか~し、今日は別 happy02

第13回ドラマフェスタの重要スタッフが3人もP001094330_2381 転勤になったり、1年 休憩 ということになり サンキュウパーティの開催にあいなった。

場所も良かったし、料理もおいしいし その上値段はリーズナブル。

まわりの喧噪で自分たちの会話があまり聞こえない・・という先入観があったが、入間市駅前の 「千年の宴」 は 個室になっており グループごとにゆっくり会話を楽しめる。P001071547_2381

別れゆくスタッフから、発達障害の子たちに 「ドラマ」 が何らかの形で関われないか・・とか

親の精神的・経済的貧困が子供たちに与える影響 新型インフルエンザへの過剰報道は真に大事なことから めくらまししているのではないか・・・などが いろいろ出たり、

普段の実行委では出ない 勝手なチャットだけど キラリと光るものがあったり 今日の居酒屋は楽しかった smile 

2009年5月21日 (木)

絵本 「てぶくろ」 の オオカミを制作

Imaget011 ← 絵本 「てぶくろ」 に登場する動物たちを 「ガイ氏人形劇場」 のワークショップ でつくっている。来週はこの動物で人形劇の実践。

私は勿論、「おおかみ」 を制作。かえる、うさぎ、、いのしし,など、次からつぎに動物たちが手袋に入いるなんて ありえないお話だけど、

 自分はちょっとだけ我慢して 場所をゆずってあげる動物たちのやさしさ などが可愛くえがかれ、手袋もそれにつれて進化して・・・Tebukuro11_3

いい絵本です。でも、最後は犬に脅されて、森にちりじりばらばらに逃げていく。

ハッピーエンドではないところは、作者は何をいいたかったのか?Tebukuro21

ともあれ、今日は ドラマフェスタの実行委員会もあった。

市報で新実行委員を募集したけど、応募がない (;一_一)

あなたのほんの少しの我慢と協力が欲しい \(^o^)/ と叫ぶ私coldsweats01

2009年5月20日 (水)

「NHKラジオ深夜便」 を聞いて

Images3 朝の4じごろ、出版社・童話屋の田中和雄さんが話していた。

出版社をするにあたって、何のためにするのか・・を二つあげていた。

① 環境問題・・ アマゾンの不法伐採で荒れた土地に木の苗を購入し、木を植える活動等を出版の活動の一部として続けている。

② 平和な世の中であってほしい・・・「あたらしい憲法のはなし」の 復刻版を2001年に発行など。Images2

彼 曰く、数年前、植樹祭で 「はっぱのフレディ」 のミュージカルがあるということで、招待された。 

そのおり、皇后陛下から、 「童話屋さんですね、うちの家族は毎年、5月3日には <新しい憲法のはなし> で、憲法について勉強しています」 と、話しかけられたエピソードを紹介していた。

「新しい憲法のはなし」 は1947年、文部省が、発行されたばかりの憲法を、中学1年社会科の教科書として 採用。

朝鮮戦争の始まった 1952年には早くも姿を消した。

ラジオのいい話を聞きました。Owl21   

青梅市 麦笛サークルさんとの交流

Reikai021 青梅で活躍する 歌声サークル 「麦笛」 さんとの交流。

結成46年とは恐れ入谷の鬼子母神 !

「千の風になって」 や 「ほたる」 の素敵な歌声に聞き惚れた (* ̄ー ̄*)」

 「音楽を愛する9条の会」 としても活躍中とか・・ coldsweats01

2009年5月17日 (日)

「愛のある政治を !」

C61e55706b7957921  「愛のある政治を !」 なんていい言葉なんでしょう fuji

強調していましたね。党首さんが。 ところで、新型インフルエンザ w(゚o゚)w

 マスクは今日はどこも売り切れ、わずかに一つ500円、600円もするものが少し売れ残っていただけ。2009051700000022jijpsocithum0001

色々一所懸命やっているのはわかるけど、問題はやっぱりありそう ( ̄○ ̄;)!

 長年にわたって、検疫官の数を減らし、地域の医療に責任を負うはずの保健所も大幅に統廃合。

 入間保健所もなくなった \(*`∧´)/

Acd0711240834002p11 病原体の漏出を防ぐことが出来る 「陰圧病床」 があった国立病院 、南横浜病院などは近年 赤字ということで閉鎖になったりと

 長年、政府の 医療・福祉けずり政策がここにきておおあわてになるべくしてなっているような気が・・・。

 ぜひ、「愛のある安心して生活できる国」 をめざしていただきたいものです。 ハイ heart04

2009年5月16日 (土)

「にんぎょひめ」

Fly_p_090613_ningyo_m_pm_img_21  世田谷パブリックシアターによる 「にんぎょひめ」 を観劇。 ストーリーはあのアンデルセン童話がベース。

 イタリア人の脚本・演出により、日本の俳優陣とのコラボで生まれた かなりユニークな作品。

 生の歌・音楽、ダンスを取り混ぜ、幻想的でシンプルな舞台の中に 豊かな想像力をかきたてられる。Pht_ningyo08syuto_51014

→ 舞台は上方にある白い布が波の上をあらわし、舞台上は水の上になったり、お城になったり・・。 013

エテこうが時々司会者の合間を縫って、笑い・喜び・悲しみを表すように出てくる。

不思議なナレーターが演者の心を探り当てるように音楽を奏でる。

 舞台劇の一つの試みを見た思い sun

2009年5月15日 (金)

バラ展 2009

Ohkuma_021 ガーデニングを一所懸命にやりたい、自分の庭をどうアレンジしたら・・という方には参考になる。Yamada_021

 バラの展示だけでないのがいい。

 でも、日本の庭がこのように西洋風にコーディネートされてしまうのもこわい shock

 自然をこわした上での人工・・という風はどうしてもある。003

とは、いえ ハンギングバスケットなどはため息がでるほど カラーコーディネートといい、植物の特性をしりつくしたようなアレンジは素晴らしい lovely001 006

人工的なものへの反感もちょっぴりあって、 丁寧にみなかったけど、とにかく人出はすごい。bud

ガーディニング人気のすさまじさを思う ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

( クリックして大きくするともっときれいに見られる。) 

2009年5月14日 (木)

「ガイ氏人形劇場」 ワークショップ

002  「ガイ氏人形劇団」 のワークショップに参加。 さすが、あの 「ごんぎつね」 で 魅せた劇団だけに内容が深い scissors

← 手とピンポン玉一つでどんな感情表現もできてしまう (゚0゚)010

「あめふり母さん」 。モコモコもいつかはぜひやってみたい作品016  ↑

018 ← 甲羅をつけて、頭にちょいとサックのようなものをつけただけで 「カメ」021 022 033

→ リリアン式 ハワイ人形ダンス

可愛くて見とれていました。 面白いことに、上と右の写真を見ると、左の2体は腰みのがよく揺れている。 これは、若手とベテランの操作の違いをみせられた感 bleah036

← 体の動きをていねいに指導042

 → 「タイトル」 の出し方 も動きのあるもので。046

→ 「ガイ氏」 とっておきの 「ガイちゃん」

目も口も手も思いのままに動く 「しかけ人形」 体で奔放に動くさまは どこにでも子供たちの大人気 smile

 人形はシンプルでも、訓練によっていかようにも豊かな表現が出来る・・ということを学んだ一日 \(;゚∇゚)/

2009年5月12日 (火)

モコモコ曜日

004 ← アジサイがもうきれいに プランターで咲いてる。

今日のモコモコはプークの「花の好きな牛」、夢屋さんの影絵劇、そして 新作のプランで盛り上がった。

 「花の好きな牛」 を見た人の感想・・・「あの時、いろんな意味で疲れていたけど、あの劇を見て 心がいやされた。明日からがんばろう・・という気持ちになれた。」 010

 もう一人の人は 「内容的にも感動。人形も大きいので圧倒され意外性もあり、楽しかった。」

 ( → バラもきれいに咲いてます)

 夢屋さんを観劇して、人形は、もっとなめらかな動きをしたほうがいいので、夢屋さんのような人形を考えたい。

 006_3 舞台背景の複雑で変化のある背景は調光器があるからだろう。けど、モコモコは今は取り入れることが出来ないので当面はこのままでやっていく。

 スクリーンは夢屋さんがどのように駆使しているかをケンケンがくがく。

で、私たちは? 引き続きの研究課題に despair

今年の新作は音楽モードのブラックシアター。こちらもケンケンガクガク

2009年5月10日 (日)

影絵劇団 「夢屋さん」 

Kinoko_thumb_11  今日は千葉の影絵劇団 「夢屋さん」 が福生まできてくれたので、勇んで観劇に。

演目は ← 「きのこ」

Utanoehonn21 → 「歌の絵本」

この映像からもわかるように

光源を5台、調光器を使い複雑に背景の色を組み合わせる技術はさすが happy02 !

人形の制作法もモコモコがやっているのよりもずっと自然体でコケティシュな動きが出来る。004

 今日のモコモコ参加者は 「ライト関係の人」 、「今年の代表者」 と行ったので、これらから、私たちが吸収できる部分を一人じゃなしに 話し合うことが出来る。

 千葉から往復6時間もかけてボランティアできてもらって

本当にありがたかった。 夢屋さん、何のお礼もせずに ごめんなさい そして ありがとうございました。

2009年5月 6日 (水)

黒の劇場と 「はなのすきなうし」

Papa1  プークの ボードビル と 「はなのすきなうし」 を見てきた。

← これは 「パパとおどろうよ」。 「白鳥」、「アラモの歌」   「パラソルのファンタジー」 、「風」 など また、「黒の劇場」 も とてもインパクトのある作品。

 ボードビルにしても、「黒の劇場」 にしても、モコモコでもある程度 取り入れている作品だが、その音楽性や操作技術は比べぶべくもない。  

Pukbk1_2 帰りの電車の中で、あのような作品をつくりたい・・という話でもりあがった。

← 旧作品の 「黒の劇場」 

「はなのすきなうし」  ↓

はなやかだけど、思索的な作品。 スペインに花の好きな牛がいた。闘牛ごっこより、花が好きなのに、ある日 「はち」 に刺されて 大暴れしたところを 闘牛場の牛探し人に見つけられ・・・。

 人形への力のいれようはさすが プーク。 闘牛士もユニーク。 母親はフェスディナンド (主人公) に 「あんたはあんたのままでいいのよ」 と いうあたり、何を作者は私たちに伝えたかったか (-。-)y-゜゜゜。Hanausi1  

しかも、この原作本が出版されたころは スペイン内乱の時代だった !! 

 私自身はもっと唐突な原作本の解釈をひそかに期待したが、 原作本に忠実に、そして楽しく子供にも理解しやすくなっている。

 今の時代 多くの人に見てもらいたい作品。

2009年5月 4日 (月)

憲法記念日

Bookimage1  「憲法記念日」 に あたって・・・

 小学校高学年から読める本を思い出す。

← それは、 「戦争のつくりかた」 。あの 池田香代子さん等が主宰する グループ、「りぼん・ぷろじぇくと」 の出版。 曰く・・・

 「わたしたちの国は、60年ちかく前に 戦争しない と きめました。

 だからあなたは、戦争のために なにかをしたことはありません。

 わたしたちの国を守るだけだった自衛隊が、武器をもってよその国にでかけるようになります。

世界の平和を守るため」 と、いってPko1_2

と、いう冒頭の話から

  戦争は急におこるわけじゃない。 毎日のつみかさねで戦争はできていく。

 「人のいのちが世の中で 一番たいせつだと今まで、おそわってきたのは まちがいになりました。

 一番、大切なのは 国になったのです。」

Images4_3  そ、そんなことありえな~~い crying と、いってみたところで、

 自衛隊法、PKO協力法、テロ特措法、武力攻撃事態対処法、米軍行動円滑法  等などによって もうあの いつか来た道へ・・。

 着々とすすんでいる世の中 shock

「かっぱのすりばち」 行 三日目

095_2   3日目、「自然の家」 からほど遠くないところにある広葉樹の素晴らしい自然が残る 遊歩道・約1時間半コースを散策。

途中、091 しまへびの愛の行動を垣間見てしまった。⇒

なんと仲のよいこと!!093

広葉樹の森はは小鳥の鳴き声、山菜までもがそこかしこにあふれるよう。

103

→ まるで、菊池 寛 の 「恩讐のかなたに」 にでてきそうな トンネルがあったり・・・

展望台では、那須甲子高原が一望に (写真下 右) ↓

国土に70%の緑地があるというが、その大半は人工林。このような自然林をいかした遊歩道は貴重中の貴重。Sakura21 最後の極めつけは (←) 南湖公園を案内していただき、

「語りで、心に栄養・教養、体に健康をたっぷりといただいた098_2 素敵な旅だった。

この3日間の会や旅を計画してくれた人は、101 ↓ こんな T シャツを着た「自然の家」の所長さん。

佐藤さん、廣田さん、そしてトヨばあちゃん、本当に本当にありがとうございました。

デーサービスだけでなく中学校でも 「騙り」 ができるようにがんばるわ (^-^)

 この騙りじゃないわね。勿論、「語り!!」

2009年5月 3日 (日)

かっぱのすりばち 行 二日目

052 塙町から那須高原近くを走る 国道289号線を上って、那須甲子温泉近くにある 国立青少年自然の家へ。

← 一日、わずか3時間しかあいていない地元のそばの店。そばがきがおいしかった coldsweats01054

→ 山桜がきれいな西郷村060

白河の関跡公園。空堀が今も大きく残るが  うっそう とした森になっている。 昔は本土と奥州を区分する重要な地だった。

 可愛い2輪草があちこちに咲き乱れていた。↓

Images2 064_2

↑ 10世紀ごろ、能因法師が白河の関で詠んだ有名な歌が刻まれた石碑があったり、日本史を思い起こすチャンスとなった。 (クリックするとよく読める)069

 次は幕末の 「戊辰戦争」 や 「白虎隊」 でも有名になった復元白河城の天守閣。 →075

← 中には  直江兼続のレプリカ甲冑も。写真は製作者。078

→ 城といえば、どこにでもある床面と壁の側 面にある 敵に対する 「石落とし」 の窓、石も鉄砲も活躍する。083

←  夕方は 「自然の家」 で、キャンプファイアーを囲んでの 「トヨばあちゃん」 の語り。 

「かっぱのすりばち」 に涙を流した人もいたという。087_2

→ 夜は豪華な夕食を囲みながら、笑いのうずにもなる トヨさんの 「かたり三昧」 。

現在 85歳になる トヨさんは 37歳頃まではほとんど無口だったが、そのころから文献や 地元の「ばっぱ」 (ばあちゃん)から 猛勉強をはじめ、100話はゆうにこえる 「かたりべ」 になったという。

昔ばなしは人々が、人々の喜怒哀楽を簡潔に ある時は残酷に ある時はユーモアたっぷりに 人間として残したいことを伝えている。 そんな話を私も持ちたい sign03

2009年5月 2日 (土)

「かっぱのすりばち」 旅行

013 「語り」 を勉強したい・・という気持ちと、友人が再話・出版した絵本 「かっぱのすりばち」 のルーツを訪ねる旅の初日。

← 右端 原作者の佐藤さん、そのおおもとになった 「トヨばあちゃん」 (中央)等のお出迎えを受けて、 水郡線の 「塙駅」 に到着。015

→ お昼は地元ボランティアの方たちによるおいしい昼食をいただき、 約200名参加の 「絵本の読み聞かせ会」 に参加。038

これは、地元 片貝川に由来する河童伝説を創作絵本にしたものが 「語り部、原作者、再話者、挿絵画家の多くの努力の結晶で、図書館協会選定図書になったのを、記念した集会を兼ねる。040_2

いわゆる 「かたりべ」 という人にこんなに密着したのは初めて。 「トヨさん」 の語りは方言で話すので、わかりにくい点もいくつか出てくるが、素朴でいて深みのある味わいがある。 なにより、心がこもっている。

 集会後、その原点となった 「片貝川」 と 「かっぱのすりばち」 見学。  その入口 →043

← 清冽な片貝川 、この自然風景を守るために、地元グループがボランティアで清掃や遊歩道の管理などをしている。047

→ 中央 やや左下よりに岩のなかにぽっかりと穴があいているのが分かるかや?  これが絵本でいう 「すりばち」 になった穴。

この話は、ある有力者の息子が川底に足をとられて、不帰の人になったことを、地元の人間はかっぱの子のせいにし、殺してしまう。 その後、ここに疫病がはやり、かっぱの母親の観音様のおつげで、 疫病をなおす妙薬を たのみに行く・・・と、いうストーリー。

挿絵といえない位の絵がまた、素晴らしい ! 昔話は何を現代に伝えようとしているのか、このあとだんだん わかってくる。 

2009年5月 1日 (金)

明日から 湯岐温泉

20031205094616_dsc000311_2 ← 友人が 「再話」した 絵本 「かっぱのすりばち」 のルーツを訪ねて、 福島県の湯岐温泉に行く。

 旅行などなかなかしない私には楽しみ \(^o^)/08d7fb996c135f5a1

 今日もまた、 「あおさぎクン」がうちの池で狩りをしていた。

 あみと 「よしず」 をかけていたのを、「よしず」 をはねのけて、池の中に入り込んでいた。 敵もさるもの。 だんだん かしこくなってきたわい∑ヾ( ̄0 ̄;ノImages3

 「しじゅうから」 のひなが生まれたよう。 ひなの可愛い声が聞こえる goodhappy01 !

→ 豚インフルエンザ、どんなに水際作戦をやろうと、 米軍関係者はどうなるんだろう? 基地の町は大丈夫なのかしら?  と、思っていたら、案の定。

 横田基地に入国した赤ちゃんから A型インフルエンザが出たとか。 基地の国の悲哀はいつまで 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。   

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »