« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

フェスタの補足 ②

035  フェスタの最中は町中のあちこちで、朝の10時から夜10時すぎまで、無数の大道芸が行われている。

 マリオネットを使う人も多い。046  → 広場で、シャベルカーに乗ってダンスをしているダンサー。047

← マリオネット小劇場を後ろから見たところ。052

→ 前から見たところ。Photo 057

077   

← テレビ人間、かぶっている人の顔がそのまま表情になって出てくるが、写真にも切り替える。083 086

機械仕掛けの龍。上に人間が乗って広場を駆け回る。

アレー、とてもとても記録しきれない (;一_一)

064

←このマリオネットの操作棒に注目 !!

なんと複雑な仕掛け棒をあやつっていることか。059

観客参加型のパントマイミスト

2009年9月29日 (火)

フランス ちょっぴり 聞きかじり

0731 フランス、ドゴール空港からシャルルビルまでは約3時間。

その間にちょっぴり聞いた話。

フランスの食糧自給率は現在122%。Images11 日本の国土の1・5倍の面積に農耕地は約20倍の広さを持つ。

事実、空港から、シャルビルまでの間、ほとんど、このような地ばかりで住宅地はランスという途中の町があるだけで あとは農地。

 空港に近い道路の地下は食糧貯蔵庫となっており、フランス全国民の3年分の食糧が常時ためこんである。 3年たつと入れ替えで古いものは輸出にまわす。

なんと、同じ資本主義国なのに 教育費、医療費無料。Cag2todfcaaky710caneeay7calt6hdicaa

 教育はとてもきびしく、幼稚園から落第があるそうな。 大学も卒業できるのは30%程度というから日本の学生のようにうかうかしていられない。

 税金は高いけど、福祉が充実しているし、大企業には30%の法人税などがあるので、国民はそんなに文句をいわない。

 企業にこれだけの税があっても、ちゃんとグローバルな競争率を確保している。

このグラフは サミット 6ヶ国の公共事業を足した額よりも日本の公共事業の方が多いことを示している。(フランス 表 左から4番目 482USドル、 日本 3279USドル)

2009年9月28日 (月)

シャルビルメジェールフェスタ補足

http://cie.youplaboum.free.fr  ①Jonny2020sybil201kl1  沢山の新鮮な刺激を受けて シャルルビルメジェール市を後に・・・。  有料公演が150位ある中で 私が見た 有料のものは25ステージ。

 大道芸は数知れず。

 フランス語劇は消化不良だったけど、一つの劇場にたどりつくのに、2・3 回は道を聞く。 その親切が嬉しくて、ききとれないくせに 又聞く。

有料公演にしても、大道芸にしても 彼らは 音楽を最大限重視していることが 痛いほど伝わってくる。

大道芸のほとんどはスピーカーをガンガンかけてお客を呼び込む。

「有料」の方はライブが多いから、それもまた楽しい。

観客を喜ばせる 迫力も またすさまじい。  今後に生かせるかどうか せっかく大枚はたいて行ったのだから、身につけなきゃ \(;゚∇゚)/

少し 紹介。 ① は29日の処で紹介した 「龍」 のグループのホームページ

 ② は旦那が長いこと日本にいたというイギリス人の素敵なパフォーマーのページ(写真上の人)

 ③ は手作りで マリオネットを作っている人の すんばらしい 人形たちのページ

 ④ はなんと、シカゴ、「レッド・ムーン・シアター」 の今回上演したものが動画で4分見られる。  この劇団からは記念に オリジナル座布団をもらってきてしまった good

下の写真は バーでのライブとプルチネラ( 楽しい移動劇場)。 キーボードミュージっクに聞き惚れた。 lovely

www.miaowproductions.com  ②

delannoynadine@yahoo.fr      ③

http://www.youtube.com/watch?v=CGjCEXw0lrc&feature=player_embedded ④

103

2009年9月27日 (日)

シャルビル 9月27日

Photo 最終日に最高に素敵な韓国の劇団の人形劇を見られて幸せ (v^ー゜)ヤッタネ!!

 ストーリーは山奥深くに母と共にすむ きこり が、シカをたすけたことから 天女のお嫁さんをゲット することになったことから 物語が深く展開していく。Images1

 人形、マスク、歌、ダンス、装置ともに、細密に計算されつくした 繊細な たおやかさと力強さを持っている。Photo

 何回みてもあきることがない劇団だと思う。

 やはり、アジアに共通する琴線が揺り動かされたのかもしれない。

最後の最後のステージだというのにわからなくてガッカリ。↓

ライブのギターは素敵だったけど、ちいさなステージの中での 「語り」

家族の選択、生きること、育つことの喜びを語る・・・ということだが・・・・。音楽だけは 楽しんだ。Images1_2

 「あなたの番」 というタイトル。  

2009年9月26日 (土)

シャルビル 9月26日

004 ←  午前は チリーの劇団の 「ユビュ王」 、王の父と彼の妻は万人共通の悪役。力を渇望し、望みどおりの体制のために虐殺もいとわない。

 この写真では人形はわかりにくい。 しかし、チリーの近代史と重ね合わせたような圧政に反抗する姿は 納得。

 人形操作、歌、音楽、背景ともに素晴らしい !158 161

午後はアメリカ人二人によるなんとも楽しい 

「オセロとロメオとジュリエット」

 シェイクスピア劇をこんなに楽しく解釈していいのか・・と思うほどわらいころげるような 人形劇 !! 

 ジュリエットがナイフで自殺しようとすると、 「あら、死ねない、やっぱり、このナイフは中国製だからだわ・・」 

なんて \(^o^)/Cakvxvwrcah4axttcau89bd9cauf7qrhcau

 ← 夜は「即興絵画」 ともいうべきか。

ハープのバックミュージックは素晴らしかったが、画家がいて、机に何やら描くと それがスクリーンに映るしくみ。

 幼年時代の子供について語ったらしい。 しかし、言葉がわからんこっちは ただ キャンパスの上に点、線 などを描き、色を塗りこんげいく 、という方法だけではよくわからん。

 ハープのライブは信じられんほど 素晴らしい smile003_2

今日、最後のステージ → 写真下の茶色いものの中に女の子が息づいている。

 「気体の中にこんなに沢山、血があるなんて 思わなかった、 私は命を揺さぶられた女の子」

 てな、ことで、この茶色いものは短冊のようなもの。形のない 命があり、内側、外側ともに人間の本質がある・・・ということを いいたいらしい。

 ああ、むずかし (T_T)/~~~ 、 でも、フランス語のわかるドイツ人も 「この舞台は オーフル !! 」 といっていたから 私だけじゃなかったかも。

2009年9月25日 (金)

シャルビル 9月25日

Images11_2 午前は学校の教室で 語り 「私のコレクション」

外国人には、「語り」 のみでは理解しにくい。 枯れ葉のコレクションと、風の方向を見つけたり、病気の雲を助けたり・・と方向はなんとなくわかるが・・・。Cau6r05rcaib4bd1ca2yberbca7oe32rc_2

 午後は怪奇的。

イギリスの劇団の 「地下道」

 「荒涼とした不毛の地に地下道があり、自分をウサギと思う男が皮膚病のウサギたちと住んでいた。 答えられていない問題の答えを求めて 私たちを 暗い未来へと導く・・・」

Ca8myfqicanmq7zucaiwf7igcaby81duca9 英語だったので、多少はわかるが、セックスに関する言葉も多く 暗すぎ~~!!

 Cailq61bcax7q86fcar182n5cavo317ocau 夜は ↓ 「付箋紙」 劇場

消費とゴミで成り立つ社会を皮肉っぽく表す・・・とはいいながら、

私には人生の喜怒哀楽を紙と 手の見事な動きで表わしている・・とだけしか見えてこなかった。

→ 何故か ドキッとする手の形Images9

それにしても、なんともきれいな美女二人が 紙の枠 の両サイドに立ち、こんな簡単は付箋紙で ここまで 表現できるのかと感心した。

舞台はただ、紙を区切っただけのようなものだが、音楽やライトの設備はそれはしっかりしたもの。

2009年9月24日 (木)

シャルビルメジェール 9月24日

Images1 ← シェイクスピアに扮したこの役者

この髪は実は白い布に洗濯バサミをつけただけ。その洗濯バサミをひとつずつ取り出しながら、

シェイクスピア作品を次々と演じていくというユニークな移動舞台。

Images3 次に見た作品はオランダのダンスカンパニーの 「中傷」 という不思議なタイトル。

これが 26作品中ベスト3に入る素晴らしいステージ。最初の1枚以外は全部この写真。(気に入った写真がないのは残念だけど (-。-)y-゜゜゜Ca0v62hccaz31yfgca1q1b4dcadacqg7c_2

男性二人のダンサーの踊りがしなやかで、コミカル。それでいてきびきびしている。

この二人の間にいる緑のモンスターは、二人の間のねたみ、にくしみ、競争心を表現しているらしい。そのモンスターと戦う・・・というのがストーリーの根幹。

ハイヒールの足がでているが、モンスターにつかまえられてしまったという表現?Images7_2

とにかくダンスが素敵で、人形操作もたくみ。これぞ世界の現代人形劇 !! といえるのかしら

(そんなに 「世界」 をみているわけではないけど・・・)Images4

2009年9月23日 (水)

シャルビル 9月23日

106_2  ドイツ劇団の 「土と棒と石」

左の男の人が四角に固められた土をあちこちに動かしているだけのように思えて、 「土と空気を演じ、命の循環を表す」    といわれても よくわからんかった。

ただ、音楽はどこでもそうだが、本当に素晴らしい。108_2

近くの公園で 出会った人形師たちは素晴らしかったlovely

 ← この龍は水を飲み、おしっこをする。113_3

→ この幌馬車やカウボーイの人形の巧みさには拍手喝采。 「マリーとトニー」 というフランスのマリオネット師。Images10_2 Carkb7zuca201bnlca6fa57wca0gtokzcac

この二つのステージは

シカゴからきた 「レッド・ムーン・シアター」

いかにもアメリカらしい弱くなったボクサーが可愛い女の子の励ましで悪漢をやっつけるというストーリーは単純だが、4人の 語り、歌、音楽、操作(まるでダンスのよう) が素晴らしい !!Ca5w1pfpca58447ccasskwsqca8gdedkcap

 最後のステージはチェコの有名な人形劇団、 「スペイブルとハーべニック 劇団」 

 舞台の写真がなくて残念 。゜゜(´□`。)°゜。 これはもうどこからみても完成された人形劇。 舞台背景の見事さや人形操作の繊細な動き。 文句のつけようがないが、ひとつだけ。

 舞台転換の多さが少々気になった。

2009年9月22日 (火)

シャルルビルメジェール 9月22日

068  ← 総重量20キロもの動く舞台をひっさげて登場。

ジャトバ劇団の 「ベネディクトの冒険」 。フランス語がわからんでも、ストーリーは事前にわかっていたし、大変楽しめた。

 ブラジルの田舎を訪れたベネディクト、農場主との恋が始まる。

 他愛もない話の連続ではあるが、えてしてこの手の舞台はほとんど失敗なく楽しい。Images1_3

 夜はアクセリーカンパニーの 「眠れる森の美女」 →

Images5 バックにはスクリーがあるが、机の上にならんでいるのは、フォークやナイフ、そしてフランスパン。

 レストランに案内されたよう。

 机の前には小さなライトがおいてあるので、写真の美女が 四角い紙と 両サイドにフォークを立てるとお城になったり、 牢獄になったりImages4

 フランスパンを鼻にあて、髪をもじゃもじゃにすると 老婆役になったりと 英語・フランス語取り混ぜて話したので、多少はわかった。

 これも 「見立ての世界」 の一種か。080

 ← 市庁舎の窓も舞台になっている。

 おばあさんが、窓際の花に水をやり、小鳥と話し、奥の息子となにかをわめきあい・・・・。 

2009年9月21日 (月)

シャルビル 9月21日

Images2_3  「追跡」 というタイトル

これは、詩的なスリラー、記者と女カメラマンが人形を使い

影絵、オブジェ、ライブのビデオ、コンテンポラリーミュージックで構成・・・

新しい創造を追及、 とはいってもわかりにくい。左の写真は生きている人間の中に 他人格が入っていく・・・ということを意味しているらしい。Images1_2

Images3

この日の有料公演は1作品。こういうときは大道芸を楽しむ。

Akazukin1 ちょうど、日本人の「まるさん」 という京都の一人劇団が広場近くの公園でポップ紙芝居を始めた。

 フェスタ本部の許可はとっていないが、ゲリラ的にやるという。

 ↑ 写真をたのまれたので、その時の写真は私にはなかったが、このような感じ。 「一寸法師」 の ポップ紙芝居を英語で子供たちに話しかけた。

フランス語での要約を書いた紙を事前に配り、英語の分かる人に多少、子供向けに説明をしてもらった。  こんな大道芸も気骨がないとなかなかできない。090

 とても楽しい紙芝居だったが、フランスの子供たちは真剣に見てくれたが、はたしてどの程度楽しんでくれたか・・・(^-^;

→ 腹話術師の トゥーン マス 

 自分とそっくりの人形といつも一緒。

2009年9月20日 (日)

シャルビル 9月20日

Caaxxdmrcaeeeobpca1nzxlrcalggsodcad  市内からシャトルバスで20分ほどのところにある ノーザンビルという立派な 劇場での公演。 シャルビルよりさらに田舎町が見られて良かった。

シェイクスピアの 「オセロとイアーゴ」

ほとんど二人の語りなのでわからなかったが、「デスデモーナ」がスカーフ人形で、スカーフを イアーゴの肩にかけ、踊るところだけが

「あんな人形劇も面白いな~~」 と思った程度。

夜は 台湾とフランス・リヨンの劇団のコラボの 「おもちゃ箱」 、4メートル四方の正方形の箱に人間がはいったり、出たりしながらの舞台。台湾伝統の人形劇とフランス・マリオネットの共演や人間メロドラマ、ライブミュージっク

この大きな箱がぐるぐるまわるさまは壮観 !!Images2_2 Images1

2009年9月19日 (土)

9月19日 シャルビル 店のショーウインドウ

015 003 フランス、ベルギー国境にちかいシャルビルメジェールで行われる 世界最大規模の人形劇。

町中あげて、店は人形を飾り立てます。

→ 上の白い紙は不動産屋の広告

  005 → これは、丸いのはチーズ、白っぽいものはサツマイモのような形をしたソーセージ。

 おいしかったけど、密輸はしなかった・・。

 ↓ 010 ジーンズのお店で生地が写真の箱に入ると、ジーパンになってでてくる ショーウインドーを見つけた。

007 012

013_2

シャルビル 9月19日

00003538540_w_230_h_2301 200991521424558451 今日は10時から、キャパは100人位の会場。

韓国の若い人形師。キムさんの大型紙芝居 

その流暢なフランス語と ポップアートの見事さに 見とれた。(聴きほれたのではない !)Kefar_nahum411

← 全然わからなかった ベルギー、「モス・ボンテ」の

カハール・ナムIndex1

← スペインの人形劇団によるドクター・フランケンシュタイン。人形とオブジェ、DVD、はだかの人間、「魂、人間の欲望、動物の衝動とともに物が住む世界を想像する」 という。Images11

なんて、むずかしい ! これは人形劇といっても一種 どろどろしたポリシーを表現したというべきか・・・・。

2009年9月18日 (金)

シャルビルメジェール 世界人形劇フェスタ 初日

Rimbaud1 シャルビル初日はまずは散歩。

← 「中原中也」 にも影響を与えたといわれる アルチュール・ランボー 博物館を見学。

Img_032321 午後は シャルビルの中心にあるデュカール広場の真ん中あたりに陣取った可愛いキャラバン車の中での人形劇 → Img_033121

← このような状態での場所だから 観客は8人が限度。可愛い扇風機もあり、演者は本当に熱演。

 王様やプリンセス、龍も出てくる楽しそうな話 goodWagon1

→ 夕方は 「トーフ・ボーフシアター」

ロビンフッドの話だから、フランス語がわからんでも結構楽しめる。Craftsmen1_2 

このような荷車の中に小道具や 人形のすべてを入れての中庭での上演。

 観客にロビンフッド役をさせたり・・とサービス精神たっぷり。

2009年9月17日 (木)

シャルビル  9月17日

Images1 いよいよ、今日がフランス行き。

生活の場所が変わるだけだからと、安易にスーツケースを用意したのがいけなかった。

肝心の腕時計がプチ引っ越しのさい、しまい場所をわすれ、朝になって大慌て。古い携帯を急きょフランス時間に合わせ、出発。

で、西武線にのって、所沢についたら 人身事故で 電車は動かない。あわてて、西武新宿線に乗り換え、ほっとしたのもつかの間、Images8 久米川で気分が悪くなって降車。

でも、次の電車で日暮里まで行ったら工事中とやらで、京成の乗り場さがしにうろうろ。

 パスネットが成田までは足りないことに気づき、駅員さんにチャージ場所を聞くと、担当していた窓口を閉じ、親切にその場所まで案内してくれ、改札口までついてきてくれた。Cadogj7ncax20bjbca0ol4hbca2n7p7zcal

よほど、悲壮な顔をしていたのでしょう (;一_一)

ああ、なんと あちらは (カードを)そこにおいてください・・、といいたかったのでしょう。

あたしゃ、自分の手を改札口のパスネットカードをおくところにかざしてしまった。

あわてた駅員さん、「手じゃなくてカードです !」 

 その時は必死だったから恥ずかしさもあまりなく、はっとしてパスネットをノセタ(ノ∀`) アチャー

 無事に成田に着き、ともあれ出発しました happy02

2009年9月14日 (月)

フランス行き

Cahbf4h3cam21591cajzefzncaqmf8ggcaw こんなような感じのスーツケースにバタバタと詰め込んで、火曜日は時間が忙しいからと、今日コンビニではや空港へ荷物を送った。

 前に、フランスに行った時は フランス語サークルを作って勉強したりしたが、今回はまったくその気も起らず、

年のせいか、はたまた アコを頑張っているからかなどと言い訳を作って,

フランス語の勉強はおろか、出演劇団の事前勉強すら怠っている。 何故かなぁ 、やはり年のせいか (´・ω・`)ショボーンImages

 ところで、今日の中学校の 「かたり」 は椅子にすわらせるのではなく、 机を黒板の方におし、クラス後方にスペースを作って、子どもたちを床に座らせた。

 こちらの方が子供たち全体を常にゆっくり見わたすことが出来、子どもと目と目で会話をしながら 語った気分でとても良かった。

 明後日の夕方にはフランス bleah

 外国の人形劇だけとはいわず文化も含めて いっぱい何かを吸収しなければ scissors

 せっかくのチャンス、もうこれが最後の海外旅行になるかもしれないから、あちらにいる間は全身を耳と目にしましょう ( ´_ゝ`)ノボンジュール♪ と、いう挨拶を振りまきながら。

2009年9月13日 (日)

防衛本能

Images2 ファミリーが二人、同時期に増える気配があるので、ピアノは友人にプレゼント。

大きめの学習机もリサイクルセンターに持っていった。

 私の部屋もファミリーが来て、布団を二人分敷いた時に快適なようにと、机を壁際においた。すると、イスは、部屋にだれかはいってきても すぐには気づかない位置になってしまった。

 なぜか部屋にいてもかすかな不安が背中をよぎる。自分の部屋にいるのに、危険信号がただよう。

 Images1 ああ、これが防衛本能だ・・と改めて気づく。

話変わって、ソマリアに自衛隊を派遣するのも日本の船を守るため・・という。

 けれど、国民の約半数が、内戦や干ばつで飢餓状態に陥っている、というニュースをたびたび耳にし、

国連機関も世界にソマリアへの食糧支援を求めている。

↑ ソマリアの死んだ人たち ( どうして死んだかはわからないが)  新政府に期待したい。 日本が世界から求められていることを。 

2009年9月11日 (金)

ほくろの除去

Canzv8chcawagr23cam9nylicazu6nkvc_2   3年くらい前からほほにポツンとほくろが出来た。

旅行に行くこともあり、気になって いたので除去を決意。

保険がきいたので費用はそれほど高くない。 当日はなんと30分位の間、血圧を測る人、看護婦さん二人、先生と 4人もの人がついていた。

Images6 こんな小さなほくろに、なんと大げさな・・とは思ったがありがたいといえばありがたい。

 こんなとき、アメリカのように保険のない国だったら、小さなほくろ除去に 何万とられただろう。

 オバマさんも大変だ。保険制度を導入するかしないかで、国を2分するほどの世論がわいているとか。

 新学期を迎えた子供たちに演説をするにしても、演説をめぐって共和党支持者などの一部が 「都合のよい思想を吹き込もうとしている」 などと非難。 社会主義イデオロギーを流布しようとしている  との流言まだ飛んだだとか。

 新政権になって、変革を望んだ私たち。 ぞろ、保守の流言にまどわされず、国を作るのは私たち   と、 かっこよくいいたいもの shock

2009年9月 7日 (月)

久しぶりの 「語り」

Images1  久しぶりの中学での 「語り 初め」 は 「かわいそうなぞう」

 上野動物園で死ななければらなかった3頭のぞうたちの悲しい話。

 この本のちょっと気になった箇所

「いつもあばれんぼうでいうことをきかない ジョンから殺すことになった・・・」 とか

 アメリカの飛行機が一方的に日本にやってきた・・・というような雰囲気を感じさせるところがあるが、なんだか違和感。

 しかし、全体Images2 としてはとてもよく悲惨な戦争の一端を描写しているので、子どもたちにもわかりやすく伝えることが出来た。 ついでに私の体験も披露。

 読み聞かせの別の友人は、今年の広島での原爆記念式典での 子供代表の式辞

 「広島 平和への誓い」 という素晴らしい「誓いの言葉」を読んだという。

 中学生にこんな時間を与えてくれた学校に感謝 (._.)アリガト

2009年9月 6日 (日)

アコにアコガレ

Images7  今年の1月から、古い古いアコーディオンを引っ張り出し、何とかならないものかと 教室に行き出した。

 しかし、あまりにも重たいのと、演奏の大変さに とてもついていけず、3月には 先生に 「今月でやめます」 と電話。

 ところが、その数日後、友人の作った 「かっぱのすりばち」 の歌を見て、Images4 この歌を友人と一緒に歌いたい・・・と変心。

デーサービスでもいつか弾きたい・・・と念じつつ60の手習いと おっちら、えっちらと始めた。

 古いけど、11月には こんな小さなコンサートで 「青い山脈」 をソロでやる予定。

 軸足の一つを アコに 置きたい・・と思ったのもつかの間、 10月から中国語の子供を見ることに。

 3年後の国際人形劇フェスタは北京。ちょうどいい機会bleah。 英語圏の子と中国語圏の子、まとめて面倒みられるのも 私の勉強になり、何とラッキー ( ̄ー ̄)ニヤリ 

2009年9月 2日 (水)

第14回ドラマフェスタに

2lpnxbhfto0l1ixx0503ks3kskxl011 ← 昨年、大好評だった ドラマフェスタの招待作品 「グレゴ」

 今年も財政きびしいけど、出演してもらうことに決定 lovely

 グレゴは人柄も良し、大道芸人としてもユニークなパフォーマンスも非常に独創的。

出演団体もまだ、最終ではないが、ほぼ出そろった。

 しかし、協賛金、チケット収入、缶バッチなどの昨年以上の売り上げを見込まないと 赤字になってしまう。

ドラフェスはこれからが また大きく動く。Ca9y9pnucad5mfaxcafmbjilcag25wikcax

多くの知人、友人の協力を心から伏してお願いしまする。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »