無料ブログはココログ

リンク集

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

協賛金集め

1431  ドラマフェスタでは、今年度特別協賛金10万円、一口協賛金10万円を集めないと、赤字になる恐れがでてきている。

で、午前中は協賛金のお願いの 「たねまき」 。どこも、「うちの一存では返事をしかねるので、本部と相談してから・・」 という返事

← サイオスの中にあるスタディオ 「アリス」や (今の時期、写真屋さんは、七、五、三 で大忙し。)Mono0883981_pho011

 他に写真屋さん2件まわった。 (写真屋さんはドラフェスの赤いちらしにのせると宣伝効果抜群だから 「 ここから特別協賛金をもらえないだろうか」 と、ふんだのだ。Zyousinogaki19042711

  → 「トイザラス」

 ← 「上新電機」Calcowj7ca8j6an7cafpzq65cahs528gcap

「めがねのパリーミキ」 などにも、「お願い」 の 「たね」 をまいてきた。

 思わぬ収穫だったのは、我が家の近くの 「みずき接骨医院」 。昨年、もっと近所の接骨医院がけんもほろろだったのに比べ、とても協力的な態度。金額の結果は出なかったが、 「ゆめのたね」 は 「まめ」 に蒔くべきだと思った。smile

2009年10月30日 (金)

デーサービス訪問

002

今日の腹話術 「海外旅行こぼれ話」 は 4回目の公演にもなるため、工夫を重ねたせいか、ほめられた \(^o^)/

新型インフルエンザ蔓延のおかげで、ボランティア訪問者は3人までということで、001

日本舞踊の人 (この写真では着物をぬいだ後)、ハーモニカ、私。 私は腹話術に語り 「宝の原」

 今まで、「語り」 は 絵本からが多かったが、今回は 「末吉正子さん」 の本からとった。

絵本よりもこちらの方が、シンプルで 参加感も得られるようなものも多く しばらくはデーサービスでは 末吉さんの語りにしようと思う。

2009年10月29日 (木)

娘が緊急入院

Ca4kvheccaj6lcmacahxmiwbca2zn3xsca5 26日の夜、婿さんから電話があり、娘が出血したので入院すると電話があった。(12月5日が予定日)

 10月24日、25日と片道2時間もかかる我が家に来て、万燈祭りなどに行ったのがいけなかったらしい。

 でも、落ち着いた今、「死ぬほど退屈」 とかで、兄さんたちが、本やらパソコンやらを差し入れしている。Images5

 なんと、今は便利な世の中。パソコンでインターネットは見られるし、携帯もメールなら入院していてもいいそうな。 これじゃ、退屈しないわな。

 なにかの調査で、「あの世に一番 持っていきたいものは?」 の問いに 「パソコン」 が一番だったそうな。

2009年10月28日 (水)

小学校公演

010 市内小学校の1年学年行事にモコモコが呼ばれた。

← この写真はなんと、担任の先生たち 4人。

学級委員さんたちの粘り強い努力で、新型インフルエンザによる開催危機も跳ね返し、

先生方006 をもこの写真のように巻き込み・・・「ブラックシアターで先生たちによる毎日かあさんに扮して、「あっちっちのフライバン」 を演じさせてしまった。

 子供たちは大喜び。先生方も 「演じて 楽しかった!!」 といってくださったので、若いお母さんたちのパワーに感心しき012 りの今日のモコモコ公演。

 今日のモコモコは「マーチングマーチ」、「とんでったバナナ」、「ジャックと豆の木」、そしてブラックシアター二つ。

一人の子に感想を聞くと、 影絵は「バナナ」が面白かった。 「ドライボーン」 のどくろはちょっぴり怖かった・・・と。

 「ジャックと豆の木」 は改修後・初演だったり、一人欠けていたりで少し緊張したが大過なく無事終了。 まづは ( ̄ー ̄)ニヤリ

2009年10月27日 (火)

映画 「ココ・アヴァン・シャネル」

090330_cocochanel_main1  映画 「ココ・シャネル」 を見た。

伝説のフランスファッションデザイナー 「ココ・シャネル」 の若き日を描いた 伝記ストーリー。Gallery_img051

 孤児として育ちながら、後に ファッションを通して女性たちの解放をうたい 世界的デザイナーとしての名声を得た彼女。

 乗馬服の合理的ないでたちに、漁師たちのシャツ等に 注目し、コルセットで締め付けた窮屈な女性の衣装を着やすく動きやすいものに 変える。Avan11

男性と対等になるよう努力し、過去の価値観をひっくり返す努力や工夫は それは見事 Σ( ゜Д゜)ハッ!

 日常の価値観から 絶えず 何を変革することが必要かを求め続けた彼女。

 伝記というものは学ぶべきことが多いものです ハイ catface

2009年10月25日 (日)

入間市万燈祭り

Photo  娘夫婦、二男の嫁さん、孫が遊びに来た。1ヶ月に1・2回のペースである。

 横浜と埼玉と離れていても、この位の間隔できてくれるのはうれしい限り。Image31_2

第31回にもなる 万燈祭りに一緒に行った。

行政がしっかりとかかわっていることもあり、資金集めにも苦労しているらしいが、市民の中にかなり定着してきた。

今年は新型インフルエンザの影響で開催が懸念されたが、なんとか天気ももって良かった。Photo_3  

かなりの市民グループが屋台やバザーの品物をところせましとならべ、孫も消費者団体の 「わたあめ」 の列にならび あまりおめにかかれない味を楽しんでいた。

 私はといえば、恒例の図書館からの放出本を今年は5冊もゲット。

 そして、毎年買うのが、つきたてのあんころモチや黄粉モチ、からみモチ。

この日ならではの楽しみ。 私の所属する婦人団体のクレープ販売も早々に完売。良かった \(^o^)/

2009年10月22日 (木)

ボランティア

002 午前中の仕事が終わって、今日はあわただしく デーサービスに駆け付けた。

 今日も日本舞踊のお師匠さんクラスが二人かけつけてくれたので、華やかになった。

 私は 腹話術 「海外旅行こぼれ話」 と 語り 「宝の原」

004 職員さんが 市報に紹介されている人です・・と紹介すると 「ほおっー」 という タメイキのようなものが聞こえ、恥ずかしいような ちょっぴり 誇らしいような ・・・。

 → ハーモニカ名人 にあっては、私のアコーディオンもいつかは・・と思いつつも、その決意は萎えてしまいそう。

2009年10月21日 (水)

山下 仲君

200909241035081  私の友人の息子さん 山下 仲君 (←) が9月6日から 行方不明になっている。

 20歳、東京学芸大学3年生。

 家族はどんなに心配していることだろう?

 我が家も家族に 「ヒビ」 が入ったことがあったが、今は結果オーライで さざ波程度で 平和に生きている。

 こんな素敵な彼を見つけたら、ご連絡ください (;一_一)Images2

 映画好きの私は 映画 「イントゥ ザ ワイルド」 を 思いだしてしまった。

 優秀な大学を卒業し、ハーバード大学の法科課程に進学する予定だった若者が、 現代文明に疑問をいだき、 アラスカの地で生活するという ストーリー。Images3

それにしても、家族は 生きていてくれれば、何かの音信があれば・・との 思いで日々をすごしているだろう。

 胸が痛む。

 このブログにも2回登場。 「ひとり芝居」 を上演した 「山下 洋子さん」 の 愛息子だ。 

2009年10月20日 (火)

市内幼稚園でのモコモコ公演

003 今朝は市内幼稚園での 「お誕生会」 にモコモコが招待された。

 今月生まれの園児のお母さんたちが、次々に生まれたときの様子を話すと、園児たちはとても気恥ずかしそうにしていたという。

 004 今日は音楽ものを2本、短いドラマを1本やっただけだったせいもあってか、なんと園児から 「アンコール」 の声がかかった。

 26年間 「かげえ」 を上演してきて、はじめていただいた 「アンコール」

 嬉しかったですね ( ^ω^)おっおっおっ

ケーキとお土産のクッキーをいただき、午後はまた、いつものように来週の公演のための練習。そして、公民館祭りのためのワークショップの準備。

 8時10分に集合しても、終わるのはいつもどおり。モコモコはとっても 真面目です。

2009年10月19日 (月)

中学校での「かたり」

Cad97qedca0as29vcausprqpcaooute5cau  最近、「語り」 が少しなれてきたせいか 終わった後の充実感がとても心地よい。

今日は中学1年生への 「かわいそうなぞう」

3クラスあるので、3回同じことをする。

若い、ひたむきな眼差しに見つめられる心地よさはやったものでなければ 味わえないかもしれない。

ここでの 「語り」 は、私の体験を語ることができるのも強みだ。

2009年10月16日 (金)

映画 「私の中のあなた」

20090723_wna_main1 久しぶりに映画を見に行った。

「わたしのなかのあなた」  →

白血病の長女をめぐる家族のドラマ。 家族は助け合って20090723_wna_sub11 長女を救いたいと思う。 その先頭にたっているのは、母親。

長女は2歳で発病したが、ハイティーンまでいきてこられたのは、11歳の妹がいたから。

 妹は長女のドナーとして、遺伝子操作で生まれた。20090723_wna_sub21

妹は誕生直後から、白血球、骨髄などを姉に提供し続けてきた。

さらにまた、腎臓移植手術をしてほしい・・と両親に頼まれる。 しかし、突然 妹が移植手術はしない、健康な人生を送りたいといいだし、両親を訴えた。

 感動的な家族愛の映画 私だったらここまでは出来ない・・・。*((艸д・。`*)゜*。  weep  weep

ちょっと のんびり

Waterfall なにか、久しぶりにのんびりした感じ (* ̄ー ̄*)

 午前中は仕事。夕方は「英検」 を受けるから・・ということで、私は監督役をつとめたけど・・。

 こんな普通の生活が貴重に思える一日。

 夜はフランスで買ってきた人形がちょっと気に入らないので、肩に綿をつめたり、マント風のものを作ったり・・・。

2009年10月11日 (日)

腹話術祭典 3日目

Images3 3日目のプログラムも豊富。

9時~10時まではオープンマイク 

← 10時~11時半 「特別な状況におけるパフォーマンス Q & A 」

末永久志、ウエンディ・モーガン、ランデル・マッギー などの素敵な人たちの 「腹話術シンポジウム」

、パペットセラピー学会理事の末永さん、ランデrル も 人形を使うことによる 「心の開き方、あけ方」を ユニークな方法で教えてくれた。Images4

→ ウエンディ・モーガンはイギリスの心療療法士で腹話術師。 歯科医師からどうしたら子供を怖がらせないで、診療を始められるかなどの質問に、心にくいばかりの パフォーマンスをしてくれたし、前夜のウエルカムパーティでも私の質問に丁寧に答えてくれていた。

午後はファミリーショー。これは写真は裏方に徹していたためになし。2877737256_9bfdac448c1

でも、ランデル・マギーやウェンディ・モーガンの上演を舞台袖からは眺めることが出来た。

 ランデルと彼のダミー、グロークは同じキャラクターでこの30年変わっていない。そして、そのお互いへの信頼ぶりはうらやましいほど人間的。 彼のように 人形との関係を築きたいもの。

午後は海外から来たプロ腹話術師たちによる上演と講演。

Buddybigmountainandwind_small1

→ アメリカン・インディアンの血筋を持つ 「ビッグ・マウンティン」 。インディアンの部落でもたびたび上演し、感動を与えているそうな。

写真右・・・ イヴォンヌ・カーター。ラスベガスでアメリカ腹話術のシンポル的存在のヴァレンタインさんと 腹話術結婚をして全米に放映されたそうな。Carup3gicalwj3lpcam47x22cayr2kkvc_2 Eyvonnecartercolor_small11 写真左・・・ドン・ブライアン(カナダ)

彼の講演 「上達への道=劇作法と演出法。そして、「人形操作術と声のテクニック」

 記録がとれなかったのは残念 (;一_一)。 人形を主人公に。 歌が下手でも、人形が歌えば、笑いになる。 いったん舞台に立てば、それは自分の世界、自分がすべてと思えばいい。 観客からはエネルギーをもらえる、そのエネルギーをまた観客にかえしていくこと。 小さなノートを持ち歩いて、笑いをつかみ取ろう、「おち」 は 「おち」 で考えよう・・・ など、 とても有意義な話が聞けた。

 海外から10もの腹話術師が参加した大会は今までにもないという。 いままでおしえてもらったことのないようなこと、「目を見開く」 と、いうことも タン とあった大きな収穫を得たフェスタでした。

2009年10月10日 (土)

腹話術の祭典 2日目

005_2  朝は9時40分から、アメリカの人形劇フェスタで知り合った マックギーさんのワークショップ。

 「50秒に1回、笑いがとれるような演技をしてほしい。人形のグロークはどんな子にもあてはまる性格をもっている。

曰く、生意気、シャイ、大人びてはいるが甘えん坊。しかし、私は善良な大人。 二つのキャラクターがぶつかり合ったり、勘違い などからコメディーが生まれる。

 キャラクターを決めよう !!011

→ つづいて、社会派腹話術師でもあり、腹話術のささいな動きもすべて楽しくおしえてくれる 「しろたに まもる」 さんのワークショップ。

 表情、目線、間の取り方、客席との関係、抱き方、座り方発生などのテクニックだけではなく、自分の性格、人格までも高める ようにとのアドバイス。

そして、人を喜ばせ、元気づける話芸だけでなく、なにか社会性を持つ内容に・・・などなどの講義に 感服。012

← 北海道のプロ。白毛 満さん。

013→ 今年のやってきました、「よろず劇場 とんがらし」 

演目は 「まいごのおまわりさん」

017 50分の舞台をすべて一人で整え、マジック、腹話術、演技、歌、いうことなしの楽しさいっぱいの舞台。

 はりきりすぎて汗いっぱい。 案外、もう少しせりふをすくなくしても良かったかも。0011

2時40分からは 「福 大介先生の「リップコントロール術」 舞台係りの準備、お茶係り等 で聞けなかったのが残念 (´・ω・`)ショボーン

続いて、 アマチュアの 「オープンマイク」 、セミプロはだしのみなさんの衣装に関心、感心、歓心、(寒心?)

023 17:30 からは海外ゲスト、世界の腹話術師に聞くプロの必要条件等々」030

→ そして、 「福 小介」 さんによる スケートと腹話術の見事なコラボ。031

← 「しろたに まもる」 さんの演技。

やっぱり プロはプロたるゆえんがある・・と感心しきり。032

ぴっころECCO の鹿庭さんのさすがといえばさすがの演技。033

→ 日本腹話術の草分け的存在、 川上先生の息子の「川上 じゅん」 さん。吉本興業にも所属し、腹話術を旨とするエンタテイナーらしい エンタテイナー。 リモートコントロール等も使った芸のこまかさが楽しい。

 このあとが 「ウエルカムパーティ」 。長いけど充実した一日でした。

 

2009年10月 9日 (金)

第8回世界腹話術の祭典 ①

Img_map1  2泊3日、上記の祭典に参加。

← 場所は新宿からバスで15分位のところにある 「国立オリンピック記念青少年総合センター」。D25e813c92bcb01e1

→ その宿泊棟

一日5000人からが利用するとあって、その広さといったら大したもの。 都心にこれだけの緑の地も貴重。

002  初日は色々な受け入れ準備と「東京チャターズ」 の発表会

海外からの参加者 10人も参加してのにぎやかな発表・交流会。003_2

 → いつも独創的でユニークな腹話術をする人

 カメの コウラ 手、足などは絵、しかし、首を入れることによって  よりリアルな口、首の動き。

 私も発表・・・。ところが、やるつもりではなかったので突然の出演。 幸いストーリーだけは考えていたので、何とか (;一_一)。

 日本語がわからないながらも 外人プロ腹話術師からの適確なコメントを タンといただいて 納得!と共に ι(´Д`υ)アセアセ の時間だった。

ここの宿泊は一人部屋か4人部屋が基本のよう。若い人たちの合宿が沢山行われていた。

近所づきあい

Images7_2   お向かいの奥さんが、駅に子供を送りに行ったが、その子供がカギをもっていってしまったので、家に入れない。

「帰ってくるまでいさせて・・」 と朝の10時頃、トイプードル(←) と一緒に我が家へ到来。

 私は出ていたが、旦那が応対。

昼食はハムエッグやサンドイッチの材料を用意してあげ、旦那は外食。

私が夕方、帰宅すると 「夕飯の支度を手伝う」 という。

「チンジャオロース」 を作ってもらい、私はサイドデッシュ、サラダ、味噌汁。 3人分なので普段使わないデッシュウオッシャー で後片付けは ラクラク。 私は アコ教室へ。

 台所をきれいにし、夜9時ごろ帰宅したそうな。 こんな楽しい近所づきあいもいいな。

2009年10月 6日 (火)

飯能、加治公民館

021  昨年、飯能の幼稚園で公演した縁で、地域のお母さんから公民館行事として 「モコモコ」 を呼んでほしいとの うれしい 依頼。

 2・3歳児中心のかわいい子供たちばかり →

 で、音楽ものとブラックシアターの上演

上演中に、020 「あ、ぶたさん、 ぞうさん!」 などのうれしい反応に、こちらもにこにこしながらの上演。

 飯能だから 「反応がいいのは当然!」 と、だれかがうそぶく。

 今回の反省点は、本番音楽のあとに、何秒かすると また、別の 音楽 がはいっていたりするので それを 消さなければ・・・ということ。

 一ステージ終わって、ホッとしていると 別の音楽がながれてしまった。

 まだまだ 「青すぎる?」 

2009年10月 3日 (土)

スノーフレーク

006  ゲイル・ラジョイさんの 「スノーフレーク」 が入間市民会館に来た。

アメリカで実在したホームレスの 「スノーフレーク」 という人がモデルにした人形と彼の温かな無言劇がテーマ。

 10年前にも見たが、そのたおやかな動きが一段と極まったような感もある。

 逆にいえば、当時のきびきび感は少し失われたような気もするが、素敵なパントマイムの舞台。

 こんな舞台がつくれたらいいなぁ \(;゚∇゚)/

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »