無料ブログはココログ

リンク集

« 歌声喫茶 & もろもろ | トップページ | 消費税増税 (-_-)/~~~ピシー!ピシー! »

2010年6月20日 (日)

島筒英夫ピアノコンサート

Imagephoto0041 盲目のハートフルピアニスト・島筒さんのコンサートを聴いた。

← 場所は駅前の武蔵ホール。アットホームな感じのいいキャパは130席のホール。002

プログラムは、一部ショパンの「英雄」、「革命」 などの勇壮なクラシック、

シェーンベルク、 ジョン・ケイジ などの実験前衛音楽家の普段聞いたこともない不思議な音楽。

そして、二部は廣田弘子さん作詞のソウルフルな詩に音楽をつけて歌う 「2重奏」 という 「弾き語り」 等盛りだくさん。003

← ピアノは世界3大ピアノの一つと言われる 「べヒシュタイン」 。普通のピアノの内臓とは かなり違う感じ。

ともあれ、内容 !!

「英雄」 や 「革命」 ! 音楽オンチの私でも その勇壮で荘厳、感情の起伏がこもる音色に圧倒される。

「シェーンペルク」 はドレミなどの調性を脱し、無調音楽なるものという。 確かに 不思議な旋律だが面白い  (-。-)y-゜゜゜ 

「ジョン・ケイジ」 は傑作! 奏者が 「4分30秒の曲ですが、私が 1分30秒に編曲しました。」 というので、構えて待っていたら、 なにもしないでじっとしている。 つまり、沈黙の中で、聴衆が出す音がその作品の一部 と いうことらしい。

 楽しい実験音楽だ。Imagephoto0051

2部は 弾き語り。 あまんきみこさんの童話 「かげおくり」を 素材にした 静かに 反戦への思いをこめた 歌。

廣田さんの詩は子供や家族、そして私たちの住む地球への愛にあふれた詩 。 

 心豊かな語りと歌、ピアノを細胞の隅々にまで シュワーッとしみこませたような2時間半の演奏会だった。

« 歌声喫茶 & もろもろ | トップページ | 消費税増税 (-_-)/~~~ピシー!ピシー! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/48679440

この記事へのトラックバック一覧です: 島筒英夫ピアノコンサート:

« 歌声喫茶 & もろもろ | トップページ | 消費税増税 (-_-)/~~~ピシー!ピシー! »