« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

映画 「大鹿村騒動記」

Ca3c6b7ocayt08lecah2rthncaqq4kgwcal 映画 「大鹿村騒動記」 を見た。

お勧め delicious ! ほろりとしながらも楽しい。みんながそれぞれの悩みを持ちながらも、村歌舞伎で一つになっていく。339117_0021

長野県大鹿村に300年伝わる 村歌舞伎。

その準備に忙しい鹿料理店主 善(原田芳雄) を中心にして ベテラン俳優陣 339117_0011 岸辺一徳、三国錬太郎、石橋蓮司 などがおりなす

てんやわんやの騒動。 リニアモーターカーの乗り入れ、性同一障害、そして 三国演じるシベリア捕虜の思い出などで、現代がぶつかる問題もちらりとはさみこみ339117_0061

こんなあったかい地域がそこここにあったらどんなに日本は素敵な国だろうと思えてくる。110622_oosika1

2011年7月30日 (土)

県知事選挙

080902_011  明日は県知事選挙。誰かに投票しなきゃ。

やっぱり、「原発問題」をどう考えているかを比べたい。

現職は 「電力の3割は原発という事実がある。他のエネルギーがどれだけ可能か論議を・・。」

Article011 もう一人は 

「原発は廃止すべき。目標期限を定め、段階的・計画的に自然エネルギーへの転換を進めていくことで、 原発ゼロをめざす。

自然エネルギー分野を成長産業として発展させることが重要。」

と、いう。

上の図からは、太陽光から 42兆キロcal,風力・波力から880億キロcal, 地熱から 77億キロcal などの数字がよみとれる。Tib2ub0000001fk21

これらがどれほどのエネルギーになるかはわからんが、

日本は自然エネルギー導入の目標値はたったの1・63%。

せっかく素晴らしい環境と技術があるのに、日本の自然エネルギー事情はこのままでは大きな後れをとる。

石油価格の高騰が続いているというのに angry

未だに終息の方向が見えない 「原発」 、まだしがみつくような人に投票はしたくない。

2011年7月29日 (金)

ボランティア

今月5回も出張ったアコボランティア

今日は毎月のおなじみさんだったので、ちょっぴり気が楽。009

アコ伴は5曲。ミスタッチも気づかれない程度。 曲名をいうたびに 「あ~~」 と嬉しそうな声が聞こえてきた。

やはり知っている歌をみんなで歌うのは楽しそう。

腹話術は 「お茂さん」 、「チューリップ」 はキスの事、「ヒヤシンス」 は頭を冷やしなさい・・という意味じゃ などというとあちこちからの笑い声。

 ハーモニカでは、 「だれか故郷を想わざる」、ひばりの 「みだれ髪」 など圧倒的に名人技がさえる。

いつかこんな曲もやってみたい lovely

さて、今日で7月のアコ伴も終わり。来月にむけて始動する時 run

2011年7月28日 (木)

「ミツバチの羽音と地球の回転」 を見た。瀬戸内海にうかぶ小さな島 祝島とスウェーデンでエネルギーの自立に取り組む人々のドキュメンタリー物語。

あの3・11以前に作られた映画だけど、今だからこそ強烈に私たちに何が出来るかをつきつけてくる

2011年7月27日 (水)

被災地支援

037_2 この間、家族で会った時はそんなことを言っていなかった次男夫婦。

今日、家に来て初めて知った。 こんな被災地支援を会社ぐるみでやっていたんだ (*^ー゚)bグッジョブ!!

以下、彼のブログから・・・。

http://www.lavaguejewelry.com/p16.html


≪ 震災復興プロジェクト


「被災地の子供たちを笑顔にしたい。」

東日本大震災から4か月。私たちラヴァーグスクールでも何かできることはあるはず!何 かしたい!
そんな想いからはじまり、被災地で手作りアクセサリー教室を開こう。という企画が持ち上がりました。
準備をすること1か月。たくさんの方たちのサポート、ご協力をいただき、無事に現地の子供たちと楽しくアクセサリー作りを行うことができました。
今回向かったのは、宮城県気仙沼市立小泉小学校。
まだまだ地震と津波のつめあとが残る場所で、子供たちはとにかく明るい!
笑顔と元気をたくさんふりまいてくれて、私たちもいっぱいパワーをもらいました。

宮城県気仙沼市立小泉小学校のみなさんありがとう。

長男も次男も具体的に支援している。 さて、私は???

 

2011年7月26日 (火)

パン

032 火曜日は時々、パンを作る。

モコモコにはおひるごはんのたしに、

一個につき40グラムの種でつくると、19ヶ出来る。

 その時の気分や下心で、どこかへ持っていく。

今日はモコモコ7ヶ、お向かいの家に9ヶ、家に3ヶ

お向かいの家には、8月の旅行時に 「犬」 を4日間、預かってもらうためだ。勿論謝礼はするが \(;゚∇゚)/ 

2011年7月25日 (月)

デーサービス訪問

Ca22awr3caz0x42xca3u434mcajbefl5cau 今日は毎月訪れる 「デー」 訪問日。

毎月行くということは、何か落ち着く。友達に会いにいくような感じになる。

「夏の思い出」、「あざみの歌」Images11 、「ソーラン節」

「ああ人生に涙あり」、「ふるさと」

もう定番になった歌なので、少し安心。 その後は手話ソングで 「大きな歌」

腹話術は 「チューリップ・ヒヤシンス」 というタイトルで おしげさんと一緒に。

帰り際には、「今度いつ来てくれるのだろうと、毎日思っていたの」 、 「楽しかったわ、また来てね」

Ca18legqcaay1ryfcawgs2h4cajci6pkc_2 職員さんからは、「腹話術のおしげさんの話、私の母親が言っていたことと同じことだったので、とてもなつかしかったです、又 お願いします。」

こんなふうに言われちゃ、来月、8月で旅行に2回も行くけど、張り切って来なくちゃね ヽ(*≧ε≦*)φ lovely lovely

2011年7月24日 (日)

影絵劇団 「角笛」 観賞

Dsc_00541 今年も 「角笛」 のかげえを観賞。

モコモコからは一人都合が悪く 7人の参加。12

最初は 「龍とびわ」

盲目の琵琶法師は琵琶のお礼に龍から目を開けてもらった。しかし、大洪水を告げられ、命はないといわれながらも、村人たちから大事な収穫の稲を守ったという信州に伝わる話。

話は3・11のあの震災を思い起こす。89ce82cc82dd1_2

2部は歌のお兄さんやお姉さんといっしょに、春・夏・秋・冬の歌や、クックちゃんといっしょにお散歩の歌。↓1606e019d9cc56722d522a69ea3c3b4d1_2

ごらんのように「かげえ」は、人形劇より、ファンタジックな光のマジックで、幻想的な世界へ一瞬にして私たちをいざなう。Images1_2

第3部は 「ぞうの鼻はなぜ長い」

なんでも知りたがり屋の子象さんが冒険の旅にでて、行きついた先に・・・・。

毎回、私たちはプロのいい作品を見て、ため息をつく。

機材が違う、人間が、歴史が・・と。  それに いい機材を買ってもあと何年できるだろうか・・とまZou26oumu1_2 で。

そんな話をあわただしく客席でしながらも、舞台裏に行き、湖の水の輝きや、ぞうの構造などを教えてもらいに行った。

やっぱり見るべきものは見て良かった。 スクリーンを買わなきゃ、エフェクトマシーンも欲しい・・などの話と共に、

後継者を育てるためにも、市報に会員募集のお知らせをだそう・・ということになり、とっても前向きになれた一日でした。 角笛さん、本当にありがとう !!! lovely lovely

2011年7月23日 (土)

夏祭り

013  今日は地域の夏祭り

盆踊り隊の自称隊長とあっては頑張ればならん時。

ともあれ012 5時すぎには沢山に地域の子どもたちが来た。

子供会のかき氷の店やら、くじ引きつきおもちゃの店、焼きそば、おにぎり、ビール、清涼飲料水など、自治会役員の運営なので、値段はもうけなし。015 

最初はカラオケ、次にハワイアンダンス、023

今年は太鼓の伴奏つきで華やかにむかえた盆踊り。032

50人近い人たちが輪の中に入って 炭坑節、東京音頭、入間音頭、八木節を踊った。

「絆歌」 というものがあるが、私はこれらの踊りを「絆音頭」 と呼んで、参加を呼び掛けた。

地域の交流に夏祭りはいい機会だ。今回、隣町では、「盆踊りはうるさい」 という043 苦情があったとかで、4時に踊りが終わった人たちが、こちらの盆踊りにかけつけてくれた。

年に1回の夏祭りにこのような苦情をいう地域の自己主張は困ったもの。

そういえば、近所の中学校では、「朝練習」 の声がうるさいという地域の苦情から、 大会の1週間前以外は朝練習は取りやめたとか。

そばの小学校でも、桜の木から虫が来るという苦情で、桜の木を伐採したとか、あげればきりがない 「エゴ」 としかいいようがない苦情。 心あるものよ! こんな 「エゴ」 に立ち向かおう \(*`∧´)/ 

2011年7月22日 (金)

音楽の時間

Images9_3  以前に住んでいた隣町からの依頼で、

夏祭りの前夜祭に 「音楽の時間」 を設けたいので、出演を依頼された。盆踊りをして、手打ちそばを食べて その後の地域交流の時間を音楽の時間にしてアコを・・と。

30分!! ためらったが、歌い手さんが「やろう!」 ということで、OK。Images7

子供向けに ① しあわせなら手をたたこう  ② 手のひらを太陽に  民謡  ① 金比羅ふねふね  ② ソーラン節  歌謡曲  ① ああ、人生に涙あり(水戸黄門の主題歌)  ② 学生時代  最後に

Img_403503_17935471_11 つなぎ歌として ① 上を向いて歩こう  ② ふるさと

これでぴったり 30分。

風邪がなおりきらず、ストレスいっぱいだったが、なんとか無事に。

歌い手さんにはとてもいい経験になったと感謝され、私は? というと デーサービス以外の場所でやることと、続けて8曲も演奏Ca2jwmf6ca7u7gizca3i2p8vcan7gnq3ca3

は生まれて初めての経験だったのでこれはこれでいい経験になったか。

これを聞いていた人からの依頼申し込みもあったから、まあ なんとか聴かせられたのかも。

2011年7月21日 (木)

作詞・作曲 さだまさし。 福島の友人から教えてもらったこの歌。  さだまさしさんはいう、 「人の為に歌い、生きる、表現してこそ自分。 フォークソングの原点は応援歌。人々の生活の体温を歌いたい 」  私も 「かげえ」 やアコで表現出来たらいいなぁ。

2011年7月20日 (水)

高熱

Top1_2  今日はこんな立派な特別養護老人ホームへのボランティア。

メンバーは初めての結成。モコモコ有志による 「MOCO2」 と銘打っためんめん。

観客は70人位か。

プログラムはMap1_2  アコ伴で「しあわせなら手をたたこう」、「瀬戸の花嫁」、4人のメンバーで 「玉すだれ」、そして 「炭坑節」、「東京音頭」= 座ったまま手だけで踊ってもらう状態、 私の 「腹話術」、 アコ伴で 「ああ人生に涙あり」、 「上を向いて歩こう」、「ふるさと」

このプログラムは全体としては失敗。

歌は事前に1回のみの練習だし、楽譜をみてるわけではないので、メンバーは 前奏、間奏がよくつかめず、私が声をあげても届かず 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

「歌はよくみんな歌っていた」 とはいうものの、「つまらなかった」 との声も。

やはり、モコモコは 「かげえ」 で出張るべし ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

この失意のせいか、風邪ぎみが続いていたこともあり、夕方から9度1分の熱が出て、夜11時ごろになってやっと8度3分。 精神面のダメージは体にも来るのね。

2011年7月18日 (月)

対アメリカ戦

http://tabetainjya.com/archives/sports/w_1/

アメリカ戦のハイライトが4つの動画で見られる。

もともと子どものサッカーの先生にお礼がしたくて、始まったモコモコ。

サッカーに感謝 lovely coldsweats01Images2

それにしてもサッカー女子の裾野は2万5千。アメリカは数百万だそうな。こんな

裾野人口によくぞ ┗(^o^)┛パチ┗(^o^)┛パチ┗(^o^)┛パチ

2011年7月17日 (日)

真正家族集合

Sarusuberi1 → さるすべりがあちこちできれいに咲いている。

今日は正月に集まれなかったからということで、東京の兄夫婦の家に

私、姉夫婦、私の長男夫婦、次男夫婦と子、娘夫婦と子、13人集合。

ぼけの始まりらしい。カメラは持っていたのに、撮るのをすっかり忘れた。

長男は、2拍3日で、宮城の被災地へ。被災した大型プレハブのようなハウスの取り壊しを手伝ってきたこと、津波が来るというので、多くの人が車で逃げようとしたが、高地への道はImages4 一本。

渋滞しているところに、津波がおそいかかり多くの人が命を失った。

赤十字への義捐金はあるのに、末端にはほとんど届かず、組合が借金をしてなんとか復興への足がかりをつくろう・・としていることなどが、生々しく話され一堂、シュン と同時に政治への怒りも。

姉からは、「あんた、そのぼさぼさの髪は何よ!」といわれ、「盆踊りが終わるまでは、切れないからしょうがない」 、「このかぼちゃ固い」、「この子、あんたにそっくり」 などの会話もかまびすしく飛び交い、親族交流を深めた一日でした。

2011年7月16日 (土)

「うから はらから」

514st1ceggl_sl300_1 アコーディオンがうまくいかなくて、しょぼくれていた時 ふと ラジオから聞こえてきた 阿川 佐和子さんの声。

 「人間、いつも夢や目標をもってばかりいられない、目標が持てないときだってある。

ありのままに生きていればいいんだよ・・ということをいいたかった」

そんな言葉を聞いて 飛び付いた本がこれ。

「うから はらから」 、「うから」 とは家族、「はらから」 とは友人の事。

多彩な登場人物が、各章ごとに主人公になり、多彩な言葉が紡ぎだす 「拡大家族」 のラブコメディ。Images3

とりたてて 大きなストーリーもなく、都会人、地に生きる人、外国人、そして山形弁、広島弁、大阪弁、幅広い年代が登場するいわゆる 都市小説だが 一人ひとりはやっぱり懸命に生きている。

なにかホッとする話。

→ 冬を越して、やっと毎日咲くようになったハイビスカス。 花言葉は 「あなたを信じます」、 「新しい美」、 ン? 「新しい恋」 なんていうのもあったな。 ま、関係ないけど。

2011年7月15日 (金)

盆踊り練習最後の日

031  今日は17人が参加。

今年はこうやって練習に参加してくる人が固定化してきたが、

来年からはどうしたらいいのだろう?

地域の絆作りに 盆踊りはいいチャンスだと思うが、今のところ組織的な裏付けはない。

2011年7月13日 (水)

小学校4年学年行事

001  今日は 「モコモコ」 の小学校4年の学年行事。

猛暑日、午後3時半からの体育館公演

かげえのために、窓という窓はすべて閉じられ・・、といきたかったが、多少の風をいれないことには、全員熱中症でアウト !! なんてことにならないよう

涙をのんで、1階の窓はカーテンは閉めたが 窓は開放。 Cajzazb1ca03d1f7caw2zouccayultenca1 ゆえに真っ暗にはならず本来の暗さにはイマイチ。

かげえは 「マーチ」、「げんこつやまのたぬきさん」、「ブランコブランコ」、

ブラックシアターは 「ひらひらひら」、「かえるのうた」、「ドライボーン」

終演後、子どもから 「あの骨の踊りはどうやって動かしているの?」 と聞かれたり、「骨踊り」 が一番面白かった」 と言われたりと・・・

搬入、組み立て、上演、搬出 の約3時間 吹き出る汗との格闘だったが、こんな子どもたちとの会話で報われた思い (v^ー゜)ヤッタネ!!

「どうか助けて・・」 への友人のコメント

Images1 → 二本松市には、高村智恵子記念館があり、その藤棚

二本松に住む友人(主婦) から、先の「どうか・・・」 へのコメントをいただいた。

≪ 実はこの考え方は珍しいことではないんです。
口に出して言うか言わないか、どのくらいの強さで感じているいるかは違いがあるけれど、
福島県民の、特に中通りに暮らす多くの人は感じているんです。88c092b949292b994f2978892n11
 かく言う私もジンワリと感じています。
ただ、私たちの周りにある発がん物質は放射能だけではないということ、
子どもの成長期に家族バラバラになるリスク、
現実にはほかに行き場がない(生活できない)ことなど諸々を考え合わせ、、
ここで、少しでも被曝量を減らす工夫をしながら暮らす選択をしているわけです。
ただ、いつもアンテナは張ってガソリン満タンだし、
意見や選択の違いで、感情の行き違いだけは起こしたくない、と考えています。≫

↑ この市には白鳥の飛来するこんなに美しい川がある。2856_2_2007082723072411

彼女のコメント、科学的だし、 ぶつけるべき怒りの先を見据えていますよね。

それにしても、「ガソリンはいつも満タン」 とは、その場にいる人でなければ出来ない危機的状況を背負わされている。

安全神話をうのみにしてきた私たちの責任も、あるけど、いまだに 自然エネルギーへの転換をはかろうとしない人たちもいるこの国のあやうさを考える。

福島には果樹園がいっぱい  ↑

2011年7月11日 (月)

親子劇場の例会で 「ロバの音楽座」 なるものを見た。 すごい !! 見たこともないような古奏楽器のオンパレード、そしてこれらの楽器は森から生まれ、森のさえずりから生まれた音楽。 武満 徹が長野の森に越した時、「自分の音楽より 小鳥たちの音楽の方がよっぽどいい」 といったとか。そういわしめたような森の楽しい音楽をお聞きあれ。

2011年7月10日 (日)

「どうか 子どもだけでも助けて」

Map_fukushimai_nakadori1 今日の毎日新聞、「みんなの広場」 に載った記事。

福島、二本松市(中通り) に友人(主婦) がいるだけに、とても看過できない。 曰く

≪ どうか子どもだけでも助けて 

私が住む福島県中通り地方は、本当に見捨てられたと思います。Tizu01naka2551 東北道や新幹線など東北の幹線があるので避難地域にできないと国会議員がいっていました。

狭い日本のどこに54基もの原発のゴミを捨てるのですか。10万年単位で放射能は出続けるんです。原爆を経験した日本が原発に安易にたよったこと自体おろかだったのです。

どうか子どもだけでも助けてください。専門家は心配することの方がストレスになり 体に悪いと言いますが、みな気が狂いそうです。人の命より 金、雇用ですか。7de094261ac514661b70c1c78bab03d907d

土も空気も人も動植物も汚されて、それでも原発にしがみつきますか。

 国も東京電力も県すらも消極的な対応しかとらず、地元自治体が動くしかないのが現状です。

その上、自主避難では何の保障もなく、お金のない親はどうすればいいのでしょうか。

健康調査もバッジ式線量計も福島県民をモルモットとしかあつかっていない証拠です。

残念な国、日本です。≫

私たちは彼女らにどう向き合えばいいかわかりません。(u_u。)

ボランティア

 今日は暑かった。

しかし、初めてのところの老人ホーム への訪問。

最初は私のアコ伴奏で、 「夏の思い出」、「015 金比羅ふねふね」、「瀬戸の花嫁」、そして、 「ああ、人生に涙あり」

つぎは日本舞踊014  、「みだれ髪」、「奥飛騨慕情」039_2

そして 又 カニクンとカエルクン。最後はやっぱり ハーモニカ名人のハーモニカ050_2 で締めて よかったなぁ ┗(^o^)┛パチ ┗(^o^)┛パチ

こんな、暑い日は家でグタッ~としているより、デーサービス訪問がよろし・・。 good

 60人もの入所者さんが、とてもいい\(^o^)/ 顔で歌ったくれたので、行き甲斐冥利につきる。

2011年7月 8日 (金)

今日・・・。

029 「かっぱのすりばち」 を中学校で語る。

もう3年目になるが、偶然福島県の民話であることに、子どもたちにも 福島の美しさや苦境を何万分の一かでも話せることがうれしい。018

→ 冬の間、外に置きっぱなしにした 「るりまつり」。 でも今は、元気いっぱい。 咲き誇っている。020

← 「カラー」 も毎年、春の花が終わった後にも命をつないでいる。

008 → 先週は10人だったけど、今日の練習には21人の参加。

「盆踊り」 の効能を考えた。

① 楽しい  ② 地域のコミュニケl-ションアップ   

③ 運動不足の解消  ④ 大衆芸能文化の継承

「炭坑」 の絵が世界記憶遺産にもなったように、「炭坑節」 も 「八木節」 も 残したい伝統芸能と言えるんじゃないか \(^o^)/

2011年7月 7日 (木)

シニア行動隊

NHKのラジオからふと聞いた 「シニア行動隊」

 「稲むらの火」 にも似て・・・、 国会の空転や九電のメール問題に比べて 一筋の明るい火を見ます。

2011年7月 6日 (水)

にほんごの話

41ow87gqe5l_sl500_aa300_1  ブログを書いていると、こんな表現ではなく、もっと適切な何か・・があるはず と思うことは度々。

ちょうど福島の詩人 和合さんと谷川俊太郎さんという興味深い取り合わせの本があったので、乱読。

気になったところ

① 詩のワークショップ( 子ども対象) で、宇宙を見て 「きらきら」 とか 「ダイヤモンドのよう」 のような紋切り型が多い。 しかし、「ビスケットのように 星がちらばっている。」 、 「宇宙はなぞのたね」 などと書く感性がいい。

② 「オノマトペ」 → 原始的なもので、 言語が人間の脳に入る以前の言葉だから    直接人間の体に訴えるものがある。

例えば、「春の小川」 の歌にある 「サラサラ」。サラサラ だけではなく 色々な流れ方を千差万別に聴きとって005 も良い。 新しく作れる言葉ともいえる。 オノマトペは 音まね言葉だからその音を自分はこのように聞いた・・・ということで世の中に通用する。

日本語は世界の他の言語に比べて ダントツに 「オノマトペ」 が多いというのは、どんな意味をもつのだろう?Σ( ゜Д゜)ハッ!

  ひまわりが 土壌改良地で活躍しているとか。↑ 「エライ bleah !」 の一声をかけて、植えた「ひまわり」

2011年7月 4日 (月)

長寿遺伝子をスイッチ・オン

長生きしたいとは思わないけど、ピンピン・コロリにはあこがれる。

誰でもが持っているという長寿遺伝子があるらしい。しかし、その遺伝子が動き出すには

① 飢餓状態とまではいかなくとも 腹 7分目

② 適度な日常的な運動 (今日は、盆踊り練習の参加者が少ないので、参加してくださいという紙を配ったので、適度な運動をした bleah )

③ 心はいつもときめいていること。 これは私は大丈夫。いつもドキドキ・ワクワク・オロオロ。 人形劇やアコをやっていて 良かった o(*^▽^*)o !

2011年7月 3日 (日)

第18回青梅ふれあい音楽祭

006 青梅で今年18回目を迎える音楽祭

地域の音楽好きの仲間がこうして音楽祭を開催することは、豊かなコミュニティーを創る上でも素敵だし、演者にとっても はりあいのある発表の場になる。

↑ 透明感も圧倒感も併せ持ついつもながら 堂々とした 「七味とうがらし」 のメンバー004

→  SMA のビリーバンバンさながらの 「また君に恋してる」008

← 親父バンド・リズミック ファイル014_2

→ 創作太鼓グループ 「武天」

この「音」 も 「ふり」  もすべてメンバーの創作というから驚くし、なによりその素晴らしい音色に聴きほれる。020_2

← 自立支援塾 「くリード 青梅」

障害者も健常者も一所懸命になって共に歌う姿に、だれしも感動を覚えない人はいないと思う。Oume3_3

→ サークル・アコ、 「ヴァイア・コン・ディオス」、「ばらのタンゴ」、「学生時代」、等を演奏。

ここに写真を載せるのが恥ずかしいほど うつむいている人がいる。023

← 歌声サークル 「青梅麦笛」

このサークルも好き。 なんというか 地について、心によりそう歌声は聴く者に沁み入ってくるのです。

全部で10団体の参加だけど、裏方の関係をあって写真をとれないサークルもあった。ごめんなさい m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

2011年7月 2日 (土)

つながり食堂 ②

002  「つながり食堂」 

さすが、店内は 「居抜き」 とはいえ 新しい。009 中には

「開店にあたって」 という口上のようなものが、ラミネート紙につつまれて、各テーブルにおいてある。

曰く 「埼玉にきてから、所沢、入間、狭山のみなさんはじめ沢山の埼玉県のみなさんに応援をいただきました。

一つ一つふえたつながり、大切なつながりを忘れないように、又 皆さんとのつながりをふやしていけるように この食堂の名前を 「つながり食堂」 としました」 とある。001

← 「こはく チャーシュウ」 、「味噌たまチャーシュウ」

コハクはとってもさっぱり、スキッとした味、味噌は深みとコクがあってこちらもいい (*^ー゚)bグッジョブ!!

チャーシュウは食べ応えがある lovely005

→ オープン・キッチンだから 安心感が持てる。003

← 値段はこんな。 読めるかな。

 ラーメンのことがよくわからん私が味について、とやかくはいえんけど いい味だしている・・・。007

カウンター・4席、テーブル4人掛け、3卓、他にお座敷 6人分がある。011

← 目玉は 「味玉チャーシュー」、 「特製 全部のせ」

013

→ なんと、店主以外は全員 「ボランティア」

すごい w(゚o゚)w

途中で知人も入ってきて、「うわさを聞いて来たのよ。」

ほんと、おいしいし、アットホームな雰囲気だし、good good うんと応援したい。 ご近所のみなさま、ぜひおいでませ。 

2011年7月 1日 (金)

盆踊り班 班長

014 私も好きねぇ、

今年も又、「地域の絆を求めて・・」 とかなんとかお誘いの言葉を書いて、盆踊り練習を立ち上げた。

「炭坑節」、「東京音頭」、「入間音頭」 そして、昨年とはちがって、日本手ぬぐいを 沢山メンバーから寄付をあおぎ 「八木節」 を 取り入れた。

8月23日が本番、先週は主メンバーの練習、今週から 010 3回の練習が始まった。

 盆踊りの会場近くに こんなきれいな 「ねむの花」 が咲いている。005

← 農民連から届いた とうもろこし、一寸固いけどおいしかった。

トマトはトマト農家からいただいたもの。

新鮮な野菜が食べられる幸せ lovely  (・∀・)イイ!

雨が降り時が流れて  詩・曲・小椋 圭

若い時、好きだった。福島の友人が思い出させてくれた歌。 落ち着く。心が静かになる。そして、福島の子どもの尿から セシウムが・・・というニュースを聞くと・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »