« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

紅白歌合戦で

おせち作りなどで、「紅白」 は少ししか聞けなかった。前評判が大きかった 「ヨイトマケの歌」。 金髪・毛皮のマリーなどのイメージがあまりにも強かった 三輪明宏。 小さきものに寄り添った 77歳の歌手。 大きな 拍手を贈りたい。 

2012年12月30日 (日)

大掃除

020 例年のごとく、長男夫婦が雨にもかかわらず、大掃除にきてくれた。

毎日見ている我が家は、少々きたなくなっても、普通になってしまうと美しさ、清潔さに鈍感になる。

加齢によるひざ痛、腰痛などあればなおのこと。

023 八百万の神様は、たいしたものです。

1年に1回、私が行くのだから、きれいにきよめてくださいよ、てなことおっしゃるものだから、重い腰を上げて カーテンやシーツの洗濯やらも含めて、ゴシゴシする。

すると、長男は毎年同じことをいう。 「普段から掃除をしておけば、こんなに汚れないのに・・」

私は応える、「これでも、気をつけているんだけど・・」 と小さく答える。

来年はもっと大きな声でいわれ、私はもっと小さな声で答えるにちがいない。

ともあれ、こうして、息子夫婦と昼食、夕食をともにしながら、あれこれ言い合う生活もまた楽し。

2012年12月29日 (土)

「絶望した」 いうまい

41_3 12月21日になるが、毎日新聞 特集ワイド 澤地久恵さんの記事。 

今年をふりかえって、この人の言葉を心に残したいと思った。

 「今年、反原発のうねりが大きく盛り上がったが、選挙では原発推進勢力が大きく伸びた。

  こんな結果になったからといって いつまでもがっかりしていられない。 私は 何があっても 絶望した とはいいたくない。

希望はある。この国の市民社会は  自分で考え、自分の意見をもち、自分で動こう という人たちが 官邸前に向かった。

世の中を変えるのは大きな力を持つ人たちじゃない。同じ気持ちを持った小さな人間たち。」

2012年12月28日 (金)

福好再見

011 近くに 「つながり食堂」 という相馬市から避難してきた若夫婦が開店したラーメンやさんがある。

たまに食べに行く。

おいしい (^v^)

つゆはこはくの醤油ラーメン。チャーシューがでかい \(^o^)/

3枚入ってこの厚さ。

昨日は爆弾ハンバーグ、今日はラーメンと年末ならではの二日つづけての外食になってしまった。014 020

私のひざ痛のせいでもあるのだが。

ラーメン屋さんに 「福好再見」 と 張り紙がしてあって、 「福島大好き、また来てね プロジェクト」 なる人たちの活動が張り出されていた。

若者のこうした活動を応援したい。

帰り道の公園。

子どもたちがこの時期ならではの遊びに興じていた。

落ち葉の山を雪合戦ならぬ落ち葉合戦をしていたのだ。

こうして 自然と遊べる時間は貴重でもあり、被ばくの影響がかなりすくない地域だからの特権といえる。

2012年12月27日 (木)

シャコバサボテン&シクラメン

002_2 027 004 枯らしてしまうことの多い 鉢花だが、我が家のシャコバサボテンはどうしたことか

もう5年位安泰である。

ちょうど、この時期に満開をむかえ、正月にファミリーの11人をあたたかく華麗にむかえてくれる。

多肉質系なので、外においてもあまり水やりはせず、11月の末に家に入れる位の世話しかしていない。

しかし、シクラメンは毎年いただくにもかかわらず つゆのころには枯らす。いつだったか、3年持ったことがあったが、それも3年で終わり。

シクラメンの花ことばは 「内気・恥じらい・ 言葉に出来ない」 などが一般的。

反して、シャコバは 冒険心、つむじまがり などが挙げられている。

どうも、宿主の性格を表す花が長持ちしているような気がする (;一_一)

さて、今日は、1月の腹話術で使う大蛇作り。

インパクトのあるものをと、3m大のものを作成中。

みんな驚いてくれるかな (^v^)

2012年12月26日 (水)

クリスマス・プレゼント

Ehon_871681 今更ですが、記憶に残すために記録。

孫たちへのクリスマス・プレゼントはいつも本。

← 小学1年生には アーサー・ビナードさん訳の 「プレゼント」

ある日、お父さんの部屋の棚に自分へのプレゼントらしい箱を見つけた。

何がはいっているのだろう、想像は限りなく広がる。そして、ついに?!

アーサーさんが選びそうな、人々への深い愛情をここからも感じられる。文化放送からアーサーさんの声が聞こえなくなったら、とてもさみしい。

51kg0e59zyl_sl500_aa300_1_2  3歳の子へ →

ターシャ・チューダーのさしえによる 「クリスマスのまえのばん」。

「サンタさんやトナカイさんはほんとにいるんだよ。クリスマスのために大忙しでいろんな準備をして、

みんなのところに順番にくるの。来年もまた会おうね。」

夢が限りなく広がる21ehm1m27dl_sx100_1_2 。ターシャ・チューダーの子どもたちへの細やかな愛情がすみずみに感じられる絵本。

彼女の庭は今、どうなっているだろう。息子さんが管理してくれているだろうか?

← 7ヶ月の孫に。

あの 「11匹のねこ」をかいた 馬場のぼるさんの愉快な絵本。

ごらんのように、しりとり形式に動物が現れ、最後は 「クリスマス」 で終わるユーモアいっぱい。

、今年の5月5日、子どもの日は原発ゼロを迎えることが出来た。

しかし、来年の5月5日は? 大飯は再開。30年ゼロも見直しの声。

福島の子どもたちへの最高のプレゼントはきれいな空気のもと、外で思い切り遊べること。 誰がはばんでいるのだろう。

 

2012年12月25日 (火)

学童クラブでのモコモコ公演

001 006_2 012 昨日、デーサービス訪問の予定が、 「インフルエンザ まん延のため中止にしてください」 との電話が サラダボウルに入った。

今日はモコモコが隣の市の 学童クラブ訪問。 「インフルは大丈夫かいな?」 と心配していたら、子どもたちは元気・元気。

なんの心配もなく上演。

左右の壁際にはごらんのように、クリスマスの雰囲気つくり。

ブラックシアターの3本。かげえは「四季」、「マーチ」、「げんこつやま」、冬らしく 「モチモチの木」

ドラマの中に歌が入って、知ってる歌だと 大声で合わせて歌ってくれる。

反応の良さにこちらも力が入る。

「クリスマスらしい雰囲気がほしい・・」とのスタッフのよびかけに応じて、 急きょ 

「ジングルベル」 という影絵を作成。 メンバーが 「ジングルベル」 を歌いながらのかげえの上演。

勿論子どもたちも大唱和。

歌にまぎれて、せっかくの新作もすこしかげが薄れた感が・・ (;一022 _一)

最後の30分間はかげえワークショップ。

A4大の大きさの黒紙を子どもたちに渡し、自由な発想で スクリーンに映し出すものをつくってもらった。

ごらんのように、人形、ゆきだるま、長くつ、クリスマスツリーなどさまざまなものを30分間の中で作り、017_2

ジングルベルの曲に合わせて、スクリーンの中で踊ってもらった。

最後はスクリーン幕から出てもらうのに、大声で何度もお願いして、

「赤鼻のトナカイ」を手遊びつきでみんなで歌って終わり。

2012年12月24日 (月)

クリスマスイブ ②

やおよろずの神様を信じている私は、キリストさまも大事な神様。 で、イブは自分への最高のプレゼント。 大田拓美さんの アコも影絵も と ぜいたくなひととき。 この動画は今日のものではないが、ただの写真を掲載するより、ネットからコピーした動画をのせる方が、体験を共有できる。

クリスマスイブ ①

昨年に引き続いて、「伊藤ちかこ」さんのライブ。 かぶりつきで、午後6時半から8時半までの2時間。 ずっと演奏しっぱなし。  「パリ祭」、「パリのおじょうさん」、「河は流れる」、「すみれの花咲くころ」、「夢みる思い」、「聖しこの夜」 などなど。 アコーディオンの音色に魅了された2時間。 伴奏だけでなく、こんな曲もやりたい意欲が彼女の心を開放させる調べに 胸にモクモク・・・の素敵なイブだった。 カフェ・マルディさん、ディナーもおいしかったです。

2012年12月23日 (日)

聴いて 歌って クリスマス

004 市内の音楽家たちによる 小さなコンサートに参加。

参加者は100人に満たない程度だけど、アーティストは半端じゃない一流ぞろい。

← 華やかなドレスに身をつつむソリストは 大城みほさん。 アコーディオンは若手新進気鋭の 大田智美さん。

7ヶ国の原語で歌うという大城さん。

3大アヴェ・マリア (シューヴェルト、グノー など)、アメイジング・グレイス、オーホーリーナイト など、シルクヴォイスのうたごえで観客を魅了。

大城さんの日本語の歌も聴きたかったなぁ。005

大田智美さんは 「主よ人の望みの喜びよ」 

その重厚な演奏はさすがドイツ仕込み。

後半は中山先生の伴奏で 「みんなで歌いましょう」

ロシア民謡とクリスマスソングをメインにしながらも、

「北風小僧の勘太郎」 や 復興支援ソング の 「花は咲く」C20303017b1 などの楽しい歌も。

この歌の練習を始めたら、7・5調の歌詞で覚えやすい・歌いやすい だけでない。

人の哀しみに寄り添い、明日を信じて 共にあゆんでいこう、 新しい あしたの為に、 の叫びがしみじみと伝わってくる。

デーサービスでの歌は無理かもしれないが、医療生協のうたごえなら出来る。

ガーベラは、ピンクが 「昔の思い出に誘ってくれる花。 童心にかえり、素直な自分に戻れる。」 

赤のガーベラは 「行動力を高め、 新しいことに一歩をふみだす勇気をもたらす」 

との意味があるとのこと。 素敵なコンサートに感謝 \(^o^)/

よっしゃ、 来年は この歌をどこへでももっていこう ┗(^o^)┛パーン┗(^o^)┛パーン

2012年12月22日 (土)

キュリー・キュリー

S64331 青年劇場の キュリー・キュリー を見た。

ご存じ、あのラジウム・放射能を発見したキュリー夫妻の物語だ。

← 舞台になる研究室。Kyuri1_2

夫妻の出会いから、ウラン・ラジウムを発見するまでの青春時代の葛藤を喜劇タッチで描くが、そこはさすが

 この研究に取り組むすさまじい意欲はどこからくるのか、 脳細胞をビンビンたたかれるような言葉が ポンポンと飛び出してくる。Dsc_82552thumbnail21_3

キュリー夫人は結婚前、生活のため科学の小さな研究をビジネスに使おうとしていた。

しかし、同僚の後に夫になる人の科学への純粋な探究心にふれ、彼女もまた、一つのことをとことん探究する喜びを感じるようになる。

ウランを発見したとき、それが いかに人類にとって重要な発見であるか、有益なものになるかを予見した。

家庭をかえりみないとの 「そしり」 をものともせず、研究に埋没できたのは、夫の助けだけでなく

新しいものを発見する喜び、誰もやったことのないことをする喜び、それは人類にとっての幸福をもたらすだけでなく、

自分の探求心、追及心をみたしてくれる自分自身の大いなる喜び。67561

 真実ははっきりしたものではない。 もやもやとした不純物のような物の中に、真理はある・・とキュリー夫人は叫ぶ。 なんとも味のあるセリフではないですか。

主役のキュリー夫人の演技もさすが だったけど、進行役になった二女のマリー・キュリー役の ピアノ弾きとしての パントマイム。 ピアノがないのに、いかにもそこにあるようなマイムにも 大拍手 !!

2012年12月21日 (金)

ういろう売り

Uirou1 背中に 大きな箱は持たなかったけど、

こんなかっこうして 今日は 中学校で 「ういろう売り」・・・薬の 「ういろう」 を大道で売るための口上を披露。

これを語り始めてから 10年はたつ。 一字一句覚えているので、中学生の前では、思わず踊りながらいかにも、大道芸人らしくやった。

子どもたちは 「クスクス」 笑いの連続。

300年も前にほぼ確立されたという 2代目 市川団十郎の 歌舞伎薬売りの口上。

Bc8cc53992d5400513cd8ccd8ad08b451単語の意味はわからないものが色々でてくるだろうが、日本語の面白さ、楽しさ、歯切れの良さなどを感じ取ってもらいたい・・と生徒には断って 語り始めた。

朝のひととき、生徒たちは十分楽しんでくれた。 先生からは 「これから 団十郎をやるので、身近になって良かったです」 との言葉。  写真右は 「ういろう」 という薬屋の本店 ( 江戸末期)

2012年12月20日 (木)

アーサービナードさん

毎週木曜日朝 7時、文化放送、「吉田照美 ソコダイジナトコ」 にアーサー・ビナードさんが出ている。 聞き忘れも多いが、「本当は日本人かしら?」 と思うほど、日本を案じ、日本の将来を思ってくれる。 それが、来年の3月でこの番組が打ち切られる。  残念で ならない。 権力の手がはいったのか? これは今年の6月講演。  阿部首相(?) は山口出身。 上関も危ない (@_@;)

映画 「人生の特等席}

Header1 いいですね、映画って。

気持ちに余裕がでてきたので、今日は映画「人生の特等席」

クリント・イーストウッド演じる バリバリの野球のスカウトマン。

しかし、最近高齢がすすみ、視力も格段に衰えてきた。

契約期限まじかの視察。 ここで、いいスカウトができなければおしまい。Pictures1

疎遠だった娘が スカウトマンの親友の依頼でこの視察旅行にかけつける。

人生最後に近い男の意地はかくあらんともいうべきものと、娘との過去の葛藤をふりかえり、絆をとりもどしていく ハートウォーミング映画。

ほっとするけど、

最後はこんなにうまくハッピーエンディングになるかな・・との疑問をぶつけてはいけない 。

そこはやっぱ ドラマよ、と割り切ろう。

こんな映画が好きなのは、クリントイーストウッドもいいけど、ハートフルな気持ちをストンと落としてくれるから。

2012年12月19日 (水)

クリスマス会

017_2  018 今日は市内の母子愛育会に招かれての 「クリスマス会」

ハーモニカの人が20分。

私が前半の20分。

後半の20分を受け持っImg_00041 Img_00051_2 た。

前半は、人形の踊り。 「花」 は帽子に2本つけ、両手に2本ずつ持って6本で 「お花が笑った」。 カエルの人形は デュークエイセスの 「筑波山ろく男声合唱団」 をバックミュージックに カエルコーラス。022

途中、カエルたちは舞台を飛び出し、子どもたちと頬ずり。025_2

この前半は何にするか、当初 「へっこき姐さ」 を計画。練習を始めたが、間に合わない・・と断念。

急きょ、「お花」 踊りと 「カエルコーラス」になった。

対象は 2・3歳児。 モコモコでは、数知れず 2・3歳を対象にしていても、「ピン芸人」としては 初めて。

子どもたちの笑顔が見られたが、なんとも反省の多い人形ダンスだった。

中盤の ハーモニカ名人の演奏。なつかしい音色に若いお母さん (子どもはひざにだっこ) たちも聴き入る。

大人には聴かせても、子どもたちはちょっと飽きぎみ。028_2

終わるや否や、「手遊び」 で気分転換。

「子どもが、ちょっと飽きぎみなので」と 思わずいってしまったら、 「そんなにはっきりいわなくとも・・・」 と名人。

ともあれ、最後は 「大きなくりの木」、「キラキラ星」、「ぞうさん」、「もりのくまさん」、「あわてんぼうのサンタクロース」、「赤鼻のトナカイ」、「ジングルベル」 を 歌って 「楽しかった !!」 の声を お土産にいっぱい いただきました。

2012年12月17日 (月)

「花は咲く」

D0183368_23047881_2 今日から、NHKで毎日のように放送されている 「花は咲く」 の復興支援ソングの練習をしようと思っている。

歌詞を見ると、長い !

第一、これは 「デーサービス」で歌うには難しい。

しかし、やはり楽器をいじるものとしてやらなければならないような気がする。Sdsc_2214

もう4・5年になる シャコバサボテン →  ↓

うちの「水」がよかったのか、二鉢とも見事に咲こうとしている。

そんな、花とはうらはらな今度の選挙結果。Sdsc_2217

福島の友人は、ブログにこんなコメントを載せていた。

「今度の選挙結果、何とも言い難いですが、僕は、なぜ震災の翌年の今頃に総選挙をやらなければならないか分かりません。

被災地は、いまだに総選挙どころではないのですよ。

すべての政治家の権力闘争は被災地の犠牲の上で繰り広げられています。

結果、電力-原発-財界-政治家ラインの利権が思惑通りの結果を獲得したみたいですね。

阿部自民党総裁の言う「美しい日本」をさらに汚すのは阿部総裁自身だという事に気づいた時は、もう日本は終わりですね。」

 ほんと、もう 「終わり」 だけど、「終わり」 にしないために何ができるか さぐりたい。

2012年12月16日 (日)

チャターズ・年末おたのしみ会

005 009 今日は福話術の勉強会。

午前中は地域の人たちを招いてのデモンストレーションや講座。

午後はチャターズメンバーによる パフォーマンス。023_2

ごらんのように、午前中から来ていたお子さんたち、あきもせで、ずっとお父さんと一緒に見ていてくれた。

「混迷の世に、ぬくもりのある笑いを届けたい」 と、始めた腹話術。 私ももうじき満5年をむかえる。

中堅になってきた。

上質のわらい、癒しのわらい、ぬくもりのある笑い はどこから来るのだろう。 混迷の老いの頭の中で、新たな年にむかって 挑戦はつづけなければならない。 021 017 012

2012年12月14日 (金)

笑顔に会いたくて・・。

Img554649761 ボランティアに行くと、まず職員さんが出迎えてくれる。

この職員さん達が、ほっとしたような、「いつもありがとうございます。」 と心からいってくれる笑顔に まず 「来て良かった」 を思う。

スタッフの多忙な時間を和らげる役割もわたしたちは果たしていると感じる時だ。

今日のボランティアに 「背景幕」を忘れた。

すぐさま、スタッフが駆け寄ってきてくれて、「パーテーション」 があるので、これを二つ合わせれば何とかなるのではないかとImagescapi7pa3  提案してくれた。

幸い、クリスマスの時によく使うような 飾り「モール」をある程度 持ってきたので、それを飾りにして なんとか体裁をつくろう。033

歌は 「浦島太郎」 (リクエスト曲)、「トロイカ」、「かあさんの歌」、「川の流れのように」、「雪の降る街を」、 「喜びも悲しみも幾歳月」、 「赤鼻のトナカイ」、 「ジングルベル」 の8曲。

これで、30分超過。

← ホワイトボード ( マジック用) のサンタのセリフはおかげで セリフ三分の一はカット。

いつもながら、この場所に参加して となりの部屋のグループホームに帰る人たちを見送る時、 かたい握手をかわしてくれる人たちの感謝の気持ちに

こちらも感激。

今年もここでのボランティを無事終えることが出来た (^_-)-☆

2012年12月13日 (木)

異国の丘

今日は 「うたごえ」 に参加。 その中で印象的だった歌がこの歌。 祖国に手をとりあって帰ろう・・というところが泣ける。 日本は66年間、憲法9条のおかげで、戦死もなし、人も殺していない。「外国の脅威」 を てこ に果てしない軍拡競争にまきこまれることのないようにしたい。 この選挙はその瀬戸際かもしれない。

2012年12月12日 (水)

愛犬の死

0291

432421_13554102781_2 ← これは5年前の写真。

愛犬のチェルが星の世界に。満17歳。

葬儀屋さんに、「この種の犬は12・3歳ですが、大往生ですね。」005

と、いわれた。

17年間、孫たちからジジ・ババ・は 「チェルのジジ・ばば」と 呼ばれ、チェルは我が家と一体だった。

愛することと、愛されること、そして人生の最後はかくあらんと身をもっておしえてくれた犬生だった。

→ 右は1歳ごろ、その下は今年の3月。一番下は今年の9月、ドクターに 「あと1週間位で危ないですね」と言われた時。

孫たちには、人間以外の生物との共生を教えてくれ、子どもたちは、特に娘は青春の葛藤の日々を犬をだきしめることによって、平静を取り戻してきた。005

老人夫婦になった家庭では、子どもへの愛と同様 チェルにそそぎ、3人家族として10年以上過ごしてきた。

家人のどちらかがいなくとも、チェルがいれば、だれかがいる空気を感じてきた。

私としては、人生の最初から最後までを初めて体験したような錯覚を彼に感じさせてもらった。  ありがとう  安らかに。

2012年12月 8日 (土)

入間市自然観察会

P1080028_onidokoro_all1 Hana_19051 126027818814616318314_034_320_20091 今日は好天に恵まれ、自然観察会。

冬は鳥の観察が一番いい時、と思いながらも、あまりにも植物の名前を知らないので 植物の部に入る。

今日も名前だけではなく、地域の名前、その歴史も含めて 楽しく学ぶことができた 。D071216ogi1

例えば、← 鬼野老  こう書いて 「鬼どころ」 と読む。

「所沢」 はこの鬼どころが川にそっていっぱいあったので、 「所沢」 と名付けられた。

これが長じて 「むかご」 になるかどうかは先生に聞きそびれた。

「高句麗」、「志木市」 などは7・8世紀のころ、高麗人が住み着いたので この名前になった.。

飯能は 「ハンナーラ」から。志木は 「新羅」 がつまった。← これ、本当かな? 先生は冗談をまじめにいうので、油断ならない。

→ これは 「吉兆草」。霞川の河原にきれいに咲いていた。

めったに咲かないから、咲くのを見た人は良いことがあるということで、吉兆草となずけられたらしい。吉祥草とも書く。

この近辺は 「カラムシ」 が多い。昔、「租庸調」 のころ、布を上納していた。

布を調達するところ・・として 調布。

麻布は麻が出来たところ。荻窪はオギの群生するくぼ地。

荻原はオギの草原があったところ。

多摩もまた、麻が沢山とれたところ・・という歴史的な経緯がある。

まあ、こんなふうに植物を見ていけば、名前を覚えるのに覚えやすい。

しかし、今日だって、覚えられたのはこの4つだけ。

↑  アカガシワ  

今日参加して、 「オギ」と「ススキ」 のちがいが分かった。

 ↑ オギ。

オギは野毛があり、一見ふさふさとして白っぽい。

旅芸人してます。

09a8d062e52e4a5bf3eb4e36eea2a3d6095  昨日の地震、怖かったです。

1階にいたのを、ヒーターを消して 2階ベッドルームに行った。ベットの部屋に家具はあるけど、家具が倒れたにしても ベットが支えになるから。それに1階は・・・。

幸い、事なきをえて、「原発」も 「どこそこの原発 異常ありません」 をテレビやラジオは 繰り返し流していた。

しかし、原発作業員はすべて避難し、異常はそんなにすぐに 「ありません!」 と断言できるのだろうか?Img_971571_20427810_01_2

福島4号機は 震度5で、メルトダウンを懸念する声もあった。 

ともあれ、

今日は医療生協の 「歌う会」 の今年最後の日。

「トロイカ」、「川の流れのように」、「かあさんの歌」、「喜びも悲しみの幾歳月」、「雪の降る街を」、「あわてん坊のサンタクロース」、「赤鼻のトナカイ」、「ジングルベル」 そしてBell1_4

ソロで 「コンドルは飛んでいく」 

歌はまあまあだったけど、「コンドル」 はだめだった。

来週の火曜日にアコクラスで演奏するとしたら、もっともっと練習をしなければ  \(*`∧´)/

アコの先輩はソロ曲を1100回以上練習したとか・・・。

2012年12月 7日 (金)

森の絵本

Imagescaoyiajb 001_2 私自身も含めて、多くの子どもたちが自然とふれあうことの少なさへの反省を込めて

今日は 長田 弘著、新井良二画の 「森の絵本」の語りを中学1年の子どもたちへの語り。

残念なことに、一時間目前の学級会の時間を使ってするので、子どもたちに感想を聞く間はない。

で、なるべくゆっくり ゆっくり 言葉をかみしめるようにして 森の豊かさ、自然のかがやき を伝えたいと思った。

今日で、1組、2組、3組ともにこの本を語って来た。

小学生にも語って聞かせたい本だ。

大切なものはなにか?

大事なものは何か?

子どもの心にストンを落ちる何かを伝えられたらうれしいo(*^▽^*)o 

2012年12月 6日 (木)

冬支度は終わったけど・・・。

Imagesca1u94ox タイヤをスタッドレスに変えて、植木屋さんに庭をきれいにしてもらって、ヒーターはもうとっくに出して・・・

霜に弱い植木は取り入れて、

冬支度は終わったけど、Imagescasv1nei_2

選挙は引っかかる。

今日、医療生協の新聞の中に入っていた 「ちらし」 がデッカイ!

「12・16 政治を変える」  との大見出し。

○ 原発即ゼロ  子どもの未来を守れ。

○ 国の責任で 東日本大震災被災者の支  援を格段につよめること。

○ 消費税増税中止

○ 窓口負担・利用者負担の軽減

Img_4956300x2251_2 ○ 憲法を生かした国つくり

○ TPPへの参加はしない。

など、など 

私たちは、これらの要求を実現できる党、候補者を選択します 」

との ちらし。

今まで、こんなに選挙に関したチラシはなかったような気がする。

それだけ、今度の選挙は大事なのかもしれない。

字の大きさに圧倒され、事の大事さを今更ながら身にしみている私 Σ( ̄ロ ̄lll)

2012年12月 4日 (火)

新所沢保育園で。

010 今日はモコモコの上演日。

保育園なので、赤ちゃんから就学前の子供たち 110人位。先生たちが なんと17人もいるのにはびっくり。厚い保育体制を感じます。

赤ちゃんたちは影絵とブラックシアターが終わるとお疲れか 三々五々部屋を去ったが、

4・5歳児は元気・元気。014

プログラムは

ブラックシアター、3本、かげえ:マーチングマーチ、げんこつやまのたぬきさん、四季、すてきな3人組。

「3人組」の時は静かだったが、それ以外は 歌を一緒に歌ったり、「ウオーッ、ウワーッ」 という歓声の連続。

合間に 手遊びで前に出る018 時に、子どもたちの興奮を抑えるのに、苦労するほど。

影絵のあとは、ごらんのように、「これなぁに?」、「お弁当つくり」 そして 歌

「大きなくりのき」、「ピクニック」、「赤鼻のトナカイ」、「しあわせなら手をたたこう」 で興奮は最高潮 \(;゚∇゚)/。 子どもたちに笑顔と楽しさを届けられたことに、いつもながら充実感いっぱいの日でした。

2012年12月 2日 (日)

今日は腹話術の勉強

ごらんのようにアメリカの映像なので、言葉の意味はよくわからない。しかし、腹話術を勉強するものとして、人形が言葉を発する時の口や体の動き、 全身や目の動作 すべて学習したい動きだ。 人形が本当に生きているような錯覚を起こさせて初めて、「笑い」 もわいてくる。  あ~~あ、まだ程遠いが・・・。

2012年12月 1日 (土)

宇都宮けんじさん

Mphoto20121125t22_03_413thumbnail21 選挙がたけなわ。

東京都知事選も気になる。実家は東京だし、なにより日本の首都だから。

宇都宮けんじさん、 どんな人?。 

弁護士として30年近く多重債務問題、貧困問題に取り組んきたことをいかし 人にやさしい東京をつくる・・という。

その政策は?

「 ① 東京都がまず脱原発をすすめることが重要で、福島原発と柏崎刈羽原発は廃炉にする。

東京は、福島で発電された電力の最大消費地であるとともに、東京都は東京電力の主要な株主。

だから、福島第一原発事故の被害者を救済する責任がある

② 石原都政で貧困と格差が広がっていているため 福祉の充実をはかる。  (何が ぜいたくかといえば まず 福祉 ・・・という石原発言)

③ 、石原T02200241_05960654123067505321都政において、日の丸君が代強制で教師に大量処分がおこなわれるなど 教育現場が萎縮し自由な討論がおこなえない、

 過剰な学力競争で子どもたちの中にストレスがたまり

、いじめ・不登校・校内暴力の原因になっている問題の改善、教育の再建をはかる。

④ 憲法の生きる東京。

石原さんの尖閣諸島購入発言を機に、偏狭なナショナリズムが台頭。

憲法の基本原則を守ります。」

いいですね。宇都宮さん。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »