無料ブログはココログ

リンク集

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

医療懇談会

Imagescaaxnqma1

医療生協の眼の講演会。

眼の構造。アレルゲンの話し、点眼薬の付け方、29041_31

何故、アレルギー症状が出るのか等の話しを聞く。

医療生協は予防医学を主に考えてくれるので、体のしくみや、その抗体をしっておくと あわてて医者にかけこまなくとも良い時も多い。

私が最近 よく涙が出るが、その症状にもかなりぴったりな回答を得られた。

つまり、老化の一種で、まぶたが下がり気味になる。

眼のよごれをとろうとする涙は通常、鼻の奥へ出ては流れていくが、眼の範囲がせまくなっているために、目じりからあふれて外に出てくる・・とか。

こんな学習会の前座にエンタテインメント。

フルート演奏、紙芝居 「はだしのげん」 そして、アコ伴奏による歌 「どこかではるが」、「ひなまつり」、「花笠道中」、「古城」、「津軽海峡冬景色」。

みなさん、元気な人たちなので 「みんなと歌うと、自分がとてもうまくなったような気がしてうれしかった・・」 などの声・声。  良かった \(^o^)/

学習とお楽しみの一石二鳥の日でした。

2013年2月27日 (水)

TPP交渉?

Img 食の安全がおびやかされます!!

米国産牛肉輸入緩和。

米国では、BSE検査は0.1%しかおこなわれていない。

米国では1頭ごとのトレーサビリティはない。

BSEを発生させないための飼料規制はとても甘い。

こんな米国基準の牛肉がドドドドッ と入ってきつつあります。

遺伝子組み換え食品もそう。

2月26日、火曜日NHKで朝、内橋克人さんがしみじみ強調していた。

NHKのラジオといえば、この人の声を聞くのが楽しみ。

どうか 降板しないで、いつまでも出演をお願いします。

ま、それはともかく 彼がいうには  「日本では遺伝子組み換え作物が原料の食品には、

その旨を表示することが日本農林規格で義務付けられている。

ところが、米国は表示は任意。今問題のTPPでは、こうしたちがいをどう調整していくのだろうか?

例えば、とうもろこし。 今では遺伝子組み換えのものは9割近くになっている。

薬品についても、米国ルールの統一が要求される。

食料をはじめ、何事にも過度な他国依存は禁物。」

2013年2月25日 (月)

今日のデー・ボランティア

040 今日もデー・ボランティアは盛りだくさん。

歌は前と同じ5曲。そして どじょうすくい、フルート、マジック、玉すだれ と続き、

今回は、本物の夫婦による「夫婦どじょうすくい」

← 前回よりは一人増えている。

私がこの踊りに入れなかったのは残念。Felista_000005610791 最初に、歌の伴奏をするので、どじょうすくいの衣装はつけられなかったから。

最後は又 アコ伴で 歌4曲、「早春賦」、「雪山賛歌」、「誰か故郷を想わざる」、「ああ、人生に涙あり」

今回、友人からリクエストのあった 「花笠道中」が入れられたことが良かった。

空さん、一緒に歌ってくれたかな?

さて、明日から 「下町の太陽」 を練習 \(^o^)/

2013年2月24日 (日)

「大往生したけりゃ医療とかかわるな」

41jmgg50sgl__sl500_aa300_2しみじみ、「死」 について考えさせられます。

疑問の目はふさがずに読み進めれば、 かなり納得するお勧め本です。

人は食べないから死ぬのではない、「死に時」がきたから食べないのだ。』

しかし、自然死で死ぬ人は少ない。家族ともども、医療の絶対神話から、離れられないから。では、どうやって自然死に近い形で死ぬか?
著者は「がん」を進める。

『がんは完全放置すれば痛まない』『「がん」で死ぬんじゃないよ。「がんの治療」で死ぬんだよ』
検査をして、「がん」が発見され、辛い治療を受け、治療を受けなければ、普通な日々が続いていたであろう日常生活も乱され、さらに多額のお金を使い、戦死する。そんな“生き方”ではなく、『がんをあの世からの“お迎えの使者”』として受け入れれば、苦しまずに死ぬことが出来る。20120428011

生殖をおえた命は、最後はもうあがく必要がない。静かに自然死を迎えることをすすめる、といった内容だが、「死」 に向き合えば、 「命」、「生」 が どんなに愛おしく大切なものか見えてくる、とも説く。

反面、生殖を終えた命はもう役をなさない・・ようにも受け取れる箇所もそこここに見え隠れするが、社会の質を前に推し進める機能についてはどうなのか。

生活の質向上についての努力は生殖を終えても最大努力の対象になるはずだ。

しかし、私はこの本を読んで、家族にやさしくなれたような気がする。 あなたも私も残り少ない命・・と思うとやさしくなれずにはいられないから。

2013年2月23日 (土)

蔵王・樹氷(?)

063 069 パックツァーに参加したので、昨日は 「薄皮まんじゅうのお店」、今日は 「喜多方ラーメン」 、そして 「ワイナリー」 と、

まるで買い物ツァー。 

ま、話しのタネにもなるし・・、安い旅行だし、と付き合う。

蔵王への道中はごらんのように、道の両サイドには2m近い雪が除雪車によって積み上げられている。

道路標識もごらんのように埋もれて・・。077

昨夏は蔵王の地蔵山まで、登ることが出来たが、今日は強風のため、ゴンドラは運休。

ロープウェイで途中のゲレンデまで登る。

082_2 094 103

気温はマイナス10・5度。

新雪をサクサクッ、フワッ と踏んで歩きのがこんなに気持ちのよいものとは思わなかった。

樹氷を期待したのだが、ごらんのように強風のためか、 「モンスター」 チックにはならずに、 

マッ白な雪の花を咲かせたような木々。

こんなところに雪を見たことのない人が来たら、「雪 って、こんなに美しいんだ、」 と感動するにちがいない。

なにもかも真っ白に包み込んで、この世のすべての汚れを消し去ってくれるといいのに、と思わずにはいられない。

さて、ここは おじさん・おばさんは、ちょっと雪見のツァー客。

その他は若者のスキーヤーやボード乗りがほとんど。

カラフルなボードと若者で活気にあふれるのも又嬉しい。

今年は低温で、雪は降るわ、溶けないわ、で地元は大変だとはいっていたが、スキー場はどこも満員。

私たちが、かえりがけにロープウェイで、ふもとに帰ろうとしたところ、なんと入口で、マイナス 10・5度のところで、50分も待たされた。

おかげで、集合時間に、15分遅れた。

こんな冷えたところで、長時間いて、体がどうにかならないかと思ったが、バスに乗ってから、ホッカイロで体中をあたためでどうにか落ち着きを取り戻した。

人間、なんとかなるもの。004_2

雪で苦しむ地域には申し訳ないけど、銀世界を楽しみました。

蛇足

雪国対策の為に、安くなった冬靴を購入。 役に立ったわ。

2013年2月22日 (金)

大内宿&エコナイト・ファンタジー

018 雪の福島、ちらり体験。

今回は雪の大内宿

高台からみると、萱ぶき屋根の雰囲気がない。

しかし、この会津の山間地に、宿場町の面影を残す。

今は、これらの民家はきのこなどの特産品や農産品販売、飲食店 になっているので、ぶらり散策もたのし。024

→ 軒下につりさげられてある 「しみ豆腐」 がおわかりだろうか。

おいしそうですねぇ。でも、この店はあいていませんでした。

ここは会津と奥州街道を結ぶ会津西街道の拠点として江戸時代に造られたという。

会津藩の参勤交代でも利用され、国の重要伝統的建造物群保存地区。

あの 「八重の桜」 の 藩主さまが通ったと思うと、また趣も026 違って見える。

夕方からは 裏磐梯雪まつり会場へ。

これは、福島の大学生たちと関西の大学生たちの交流の中から立ち上がったイベントという。

主催、裏磐梯雪まつり実行員会、裏磐梯観光協会。

2月21日~2月24日までのイベント。

バンダイくんというゆるキャラもバッチリイベント盛り上げ役。042_3

写真、若者二人 テレビ局だかラジオ局の取材 (このイベントの趣旨など)をうけているところ。

、このわかものたちを中心に「がんばろう 福島」 ということで、 3000個のライトを雪の中に立てて、訪れた人たちにキャンドルライトをつけてもらうという趣向。

私は9ヶ点けた \(^o^)/

おじさんやおばさんたちよりも、大学生の若者たちが多く、福島の若さを感じさせてくれる 良きイベントでした。047_3

このような雪のなかで点灯。 035_2 

2013年2月21日 (木)

映画 「ライフ・オブ・パイ」

Main_bg011 映画 「ライフ・オブ・パイ」 を見た。

「トラと過ごした227日間」 が副題。

インドで動物園を経営していた家族。

 経営が立ち行かなくなる事態になり、動物と共に一家でカナダへの移住を決意。

(動物は金に換えるため)

T00133121 T0013312a1 かし、船は嵐にあい、パイという少年と、トラ・しまうま・ハイエナ・オランウータンが助かり、小舟で漂流。

トラは他の動物を食料とし、パイもいつ襲われるかわからない緊張感がつづく。

海も空もありえないほどに美しく、パイが信ずる神の存在(それは、キリストでもあり、アッラーでもあり、ヴィシヌ神でもあり)  、超常的に現れれる。

脱出用の小舟に残された、ノート、そこには 「希望を捨てぬこと」 と、あり、さまざまなサバイバルグッズが積み込まれていた。

 漂流が長期になるにつれ、トラとパイの間に不思議な緊張感、トラに食べられないために 魚などのえさを採る、 トラは食料をくれる相手との信頼感がわずかながら芽生える。

こうして 「希望と緊張、友情」 が227日にもわたる漂流という極限的な状況のなかでも、人間はかくもしなやかで強い、と感じさせてくれる。

美しい映像にも惹きつけられる。 宗教の存在も一つの宗教にこだわることのない おおような神の存在をふつふつとさせてくれる。 おすすめ。

明日と明後日は福島。またね。

2013年2月20日 (水)

今日の 「デー」 ボランティア

005 今月の 「デー」 ボランティアはハーモニカ名人が所用で休み。

ボランティア訪問はやめよう・・といわれたが、私が何とかするからと、頑張って決行。008

初めに アコ伴奏で歌 5曲。

① どこかで春が ② ひなまつり011

③ 花笠道中(これは友人からのリクエスト)012

④ 古城  ⑤ 津軽海峡冬景色・・・これはアコの先生から、なかなかOKがでない。  楽譜とみんなが歌っている歌とはズレがあるけど、あなたは 楽譜ではなしに、一般的に歌われている歌い方で弾いている、 と言われ、 3週連続でみてもらった。

歌リードの人も楽譜とおりでは歌えない・・といっていたので、 もう勝手にやるしか・・・。

そして、 写真のように、 歌が終わると 「どじょうすくい 踊り」

「フルート演奏」、 「マジック」、 「玉すだれ」  と、友人を動員してなんとか楽しい場を作った。

最後はまた、アコの伴奏。

① 早春賦 ② 雪山賛歌 ③ 誰か故郷を想わざる。  ④  ああ、人生に涙あり  ⑤ ふるさと

実はこの10曲はきつかった。

「津軽・・」 も 「花笠・・」、「雪山賛歌」 なども初お目見え。

ハーモニカのパートナーに 一人でもやります・・と見栄を切った以上、 新曲もバッチリいれて・・と思ったのがうんのつき。

昨日は心配のあまり、ベッドに入っても全身が痛く、ほとんど寝ていない。

でも、ま 利用者さんたちが 握手や手を振って 「来月、待っていますから 来てくださいね」 とか、いわれると この体の痛みもなんのその。

2013年2月19日 (火)

つくば隕石

Insekibakugeki210pw108ph1 隕石は 「流れ星」の一種だから、地球に落ちることはまれではない・・らしい。

 17年前に つくば市にも大きなものが落ちたとの記録がある。

福島の友人は、昨日の私のブログへのコメントとして次のように返事をくれた。

20100501sansoken0251

「隕石落下も予想は不可能らしいし、万一、原子力発電所近くにと思うだけでも思考が止まってしまいます。
まだまだ、原発に苦しみ続ける福島、それでも日本は脱原発を宣言しない。
豊かに生きるよりも、人として穏やかに生きたいのに…
NO! 原発。」

こんな当たり前の思い、 「健康で文化的な生活」 を保障できない 力は、いったいどこからきているのだろう。

以下は 「つくば隕石」 に関する記事。 ( 写真はつくば隕石)

「つくば隕石1996年1月7日16時20分頃、茨城県つくば市牛久市に落下した隕石雨である。Clm071b1

南西の方向から大気圏に突入した隕石は火球となって関東から東北の広い範囲で目撃され、茨城県谷和原村10kmの上空で大音響とともに爆発し、破片が牛久市、茎崎町土浦市の広範囲に落下した。この際の爆発音もまた、関東一円で聞くことができた。

20数個の隕石が回収され、最大の隕石は177.5gで回収された破片の総重量は約800g。」

なんと、原発は 地震・津波の被害だけでなく、 隕石の被害も想定しなければならないかも。

以下 「たんぽぽ舎」 から、送られてきた 今回の隕石に関する記事

お時間と興味のある方はどうぞ読ましゃんせ。

 「2月15日にロシア、ウラル地方に落下した隕石は、最も近い町の名前が「チェ

リャビンスク」と聞いたとたんに、背筋が凍り付いた人もいたであろう。

ソ連時代に核兵器開発の拠点だった「秘密都市チェリャビンスク65」と「プル

トニウム生産施設マヤーク核施設」は、核実験場とともに、旧ソ連の大規模放射

能汚染現場になった施設だからだ。

 東西冷戦時代に、米国と競った核兵器開発競争で発生した大量の放射性廃棄物

が、チェリャビンスクの近郊テチャ川に捨て続けられた。また、核兵器の開発の

ためにプルトニウム生産が行われ、それが1990年まで続いた。

 1957年9月29日、この原子力施設で爆発事故が発生した。当時5基の原子炉と

再処理施設を有していたマヤーク施設で、高レベル廃液を貯蔵していたタンクの

冷却装置が故障し、崩壊熱で高温になった廃液タンクが爆発した。

 爆発規模はTNT火薬に換算して70トンほどで、およそ1000メートル上空まで

放射性廃棄物を巻き上げ、北東方向に幅約9km、長さ約105kmの帯状で汚染

地域を形成、約1万人が避難した。これら避難者は1週間の間に平均520ミリシー

ベルト、最高720ミリシーベルトを被曝した。レベル6の事故とされた。チェル

ノブイリ原発事故までは史上最悪の事故だった。

○隕石が落下したのは、この地域である。ここには再処理工場から出た放射性廃

棄物貯蔵施設があり、BN600と建設中のBN800高速増殖炉がある。

 隕石は空中でいくつかに分かれ、大半は大気圏で燃え尽きたとみられるが、近

くの湖などにも落下した破片があり、全部が燃え尽きたわけではないようだ。

 幸い、地上落下ではなかったが、発生した衝撃波で少なくても4474棟の建物に

被害が出ている。1158人が負傷し、中には隕石にあたり重傷を負った人もいるよ

うだ。幸い、まだ死者は確認されていない。]

2013年2月18日 (月)

劇団 ユニットラビッツ

Img1 福島県郡山市で活動する 「劇団 ユニットラビッツ」 を紹介する記事が目にとまった。

日本劇作家協会主催の演劇大会に初出場し、「奥羽行進曲」 を上演したという。

東京電力福島第一原発事故で、避難区域に指定された場所にのこされた3匹の犬が主人公。

「声をあげよう。 同じことを起こさせないために・・。」

そんな思いをこめて活動しているという。Img_21

物語は、犬たちのコミカルなセリフの中に、 「お手」 をする相手が突然いなくなったさみしさや

「おれたちが人間の縄張りを取り戻して、一緒に住めるまちにしよう」 

そして、3匹は 「行くぞ! 敵はシーベルト! これはおれたちだけのたたかいじゃない! 」 と、決意し、立ち上がる。Imagesca5ngmvw1

3匹の決意は出演者たちの心の叫びをそのまま具現化したもの・・・との評。

また、さきごろ、相馬高校の演劇部の生徒の舞台もテレビで見た。

修学旅行に行っても、「どこの県?」 と聞かれ、「福島」 と いうと、一瞬相手は固まる、という話や、

適齢期になった時に、「私たちは福島出身ということで、結婚できないのではないか・・」 などの高校生たちの不安がだされていた。

 阿達太良山を愛する私としては、せめて、気持ちだけでも福島を見つめていきたい。

今、大きな話題になっている 隕石の落下。

これが、もし 原子力発電所付近に落ちたら、一体どんな事態になったのだろう・・・。

多くの人が一瞬でも想像したかもしれない。     原発はイラネ・・・。

2013年2月17日 (日)

ドラマチック腹話術

011 午後は腹話術の勉強会。

腹話術の発表会・・というと、普通は一人ひとりが人形と一緒に、会話をし、話し終えると、また次の人が出てきて・・というパターンが多いが。

今年の腹話術は待望の 「ドラマチック腹話術」

つまり、一つの物語に、全員が参加しながら、腹話術も全員が取り入れながらドラマを演じていくというもの。

013 まだ、台本は完全に出来ていないが、出来ているところから 読み合わせ。

私は口の悪い後期高齢者で、転んでねこんでいるお婆。

口の悪い役ということで、私の本性を発揮できるとあってすごく楽しみ。

先生には、私の人形は 「オオカミ」 にしてはどうでしょう・・と提案した。 ふとんのなかに 「あんか」 としてかくしていて、ときどき見舞いに来た人などに オオカミが現れ脅かすなんて、キャー 最高 m9(^Д^)プギャー。

前回から、台湾から来た日本でお笑い芸人になりたいという好青年も参加。 クラスが若々しくなった。

市・自然観察会。

52aae73bs1 午前は毎月定例の市・自然観察会。

今日は 「鳥の部」に参加。 不老川沿いでの観察

かなりの数を見ることが出来たが、覚えられる程度の数を掲載。

ただし、写真は私のカメラでは特定できない。講師の「プロミナー」 で、私が確認できたものを、ネット写真を拝借して、私の記憶にとどめるために載せる。

3873__9451 上から ① セグロセキレイ 

② しめE1d8dd1a1

③ カワラヒワのオス(左)、メス(右) 、プロミナーで見た時は、オスは鮮やかななグリーンと黄色で、とにかく美しかった。Img_576508_14932198_01

④ つぐみ、 これは山野ではきれいな声で鳴いているのに、人里では、声をつぐんでしまうので、 「つぐみ」 と名付けられたという。

⑤ タヒバリ

鳥の名前はこの位にして・・・、

講師曰く

どこにでもみられるヒヨドリは入間市に今、一年中いるし、冬は夏に比べ、5倍はいる。

1970年ごろから市内でも繁殖するようになった。それ以前は冬鳥だった。

最近は北海道でも冬にみられるようになった。

セグロセキレイ、キセキレイたちが1970年ごろまでは、この地域では多く生息していたが、今はハクセキレイが圧倒している。

これらは、日本の温暖化と関係があると考えられる。

講師は5・60メートル先にいる鳥をすばやく見つけ、プロミナーに入れてくれる。20120205082700ac61

私が普通に歩いていたら、絶対に見つけられない。

鳥観察というと、鳴き声だけではなく、脚元もみよう。 地面には鳥の羽が落ちていることもある。

羽から、どんな鳥がそこにいたかわかる。現に、今日も ジョウビタキの羽やその他特定できない羽をいくつか見つけた。

鳥を見たら、 「木化け」 といって、「木」 になったように動いてはいけない。動くと鳥は警戒してすぐにいなくなってしまう。

これらは、歩き始めてから、1時間余の間に見た。

不老川といえば、哀しいほど、小さく家庭排水も交る川だけど、こんなに可愛い素敵な鳥たちがたくましく集っていると思うと、我が町への愛着もがぜん湧いてくる。

勉強になったことも多多。

2013年2月15日 (金)

010 中学1年生を前にしての 「ういろう売り」 

今年度の 「語り」 は今日で最後。

今日は心してやったつもりだったが、最後の方でせりふがあやしくなった。

100%出来た・・と思ったことはなかなかない。

いつも、なにかしら反省がでてくる。

今日はすこし、余裕があったので、子どもたちに 

「わからなかった言葉があったら言って・・」 と 終わってから質問。

017_2 018 021 手があがり、 「小田原のちんこうってなんですか?」 との質問。

そ、そんな言葉あったかなぁ・・とまよいつつ、ごめんね、今ちょっとわからないの、 と答えた。

しか~~し、後で、考えたら、これは

「小田原の頂透香(とうちんこう と読む) の事だったぁ」 と思いだした。

あ~あ、子どもの質問にすぐに答えられなかった私は修行がまだまだ足りない・・と反省することしきり       (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

寒い日が続いていても、植物はしっかり春を感じている。

鉢の梅は満開。

プランターに植えた 「さくらそう」 は7鉢もあるが、どこもかしこもつぼみはふっくら、あわい 紫色の花と共に 

「こんにちは、もうすぐお会いしますね」 とばかりに、すっくと立ち上がっている。

私のひざ痛も5回、ヒアルロン酸注射を打ち、ここらで打ち止め。

だんだん、春に向かって良くなっている感はする。

注射が良かったのか、それともスーパー銭湯での毎週の泡マッサージが良かったのか、

それとも治りかけてくる時期だったのか、春に向かって めでたい。

2013年2月14日 (木)

私のバレンタインデー

021_2  チョコレートが苦手な家人には、なんとも手軽な感謝デー。

製菓会社の陰謀にはのるまい・・・と思いつつも

❤型のホットケーキと

オレンジ寒天(白い小さい ♡ は牛乳寒天、寒天好きだから ) を、進呈。

近所の一人暮らしのおばさんにもハート型ホットケーキを3枚お持たせ。024

中学校でボランティアさんへの感謝デーとして、学校給食をご相伴。

真ん中にチョコのカップケーキがある。(おいしかった \(^o^)/)

袋に入っているのは 「ラーメン」、これを右のどんぶりに入れて、中華風旨煮として 食べる。

麺は四分の1ほど入れて食べたが、このスープは具だくさんで意外とおいしい。

バランスは大変よろし・・。

↓ 吹奏楽部からの感謝のしるしとしての演奏。026_2

タイトルは聞き忘れたが、力強くさわやかな演奏に拍手!!

私には、義理チョコも友チョコも自己チョコも必要ない。

最近は感謝デーの傾向にかたむいているのもいい。こうして、 私の 「感謝し、される日は良き日とあいなりました。」

2013年2月13日 (水)

「聞く力」

41s7oymi3kl_sx302_cr00300470_1  昨年のミリオンセラーということで、どんなもんか?

私のコミュニケーション力の不足も何とかできないものかとも思って読んでみた 「聞く力」

前半は 「週刊文春」のインタビュアーとしての20数年にわたる体験談。

後半あたりから、 「なるほど・・」と思うことがチラリホラリ。

ある高名なカウンセラーに、「どんなアドバイスをなさるのですか?」 と、彼女が質問したところ、 「アドバイスはしません。 聞くだけです。」

と、答えたという。

これには、なるほど (^v^)と うなづいた。 自分の話しを聞いてほしくない人はいない・・だろう。

真摯に自分の話しをきいてくれる人には、多くの人は心を開き、自分を顧みる時を持つこともできるにちがいない。Agw1

言語的分析も面白かった。 日本語で 「これはおいしい」 という場合。英語は 「主語・述語の後に 「おいしくない」 だと、すぐに not が来る。

しかし、日本語は 「おいし・・」 まで言って、まわりの様子をうかがったり、もし上司が大変おいしそうだったら、自分はおいしくない・・と思っても 「おいしい・・」 と言える、など。

日本人は相手の目を見て話さない、ということも言う。これは、古い武家社会からくる日本文化の名残ともいえる。世界では、日本とエチオピアだけらしい。

一歩離れた人との会話を紡いでいくには、とても良い教材になるが、今一つ物足りなさは何なのだろう? それともハウツーものはこの軽さでいいのか (^_-)-☆

2013年2月11日 (月)

ドラマフェスタin入間 二日目

002_2 007 二日目のドラマフェスタの参加団体は14団体。

← 東野高校、昨日は、中学校の総合文化部、市内女子大の有志参加など、学生参加も定例化している。

↓ 親子劇場。014

↓ 入間太鼓の子ども太鼓。023 

↓ 女性・男性合わせての心臓にドキドキひびく太鼓の音。

その音は不思議、鼓動と呼応するから体まで躍動するよう。

↓ 演劇集団 「円」の影絵035_2

「しあわせの王子」と 「ねずみのよめいり」

紙芝居のセットが舞台においてあるので、最初 紙芝居でも前座にやるのかと思った。

あにはからん、あの紙芝居のセットの中で このような影絵劇を演じたのだ。 

テーマがあまりにも、ポピュラーだったのと、ステージが小さいのに、少々がっかり。 しかし、よく見るとその繊細さに驚く。

写真は撮れなかったが、手影絵劇がとても良かった。034Performance_img_1s1 2012081

劇団 「鳥獣戯画」 の 抱腹絶倒喜劇 「3人でシェイクスピア」 を観た。

ちょうど、10年前、入間にこの劇団が来たばかりの時にも、観たが 「なんて面白い劇なんだろう、演劇ってこうやって人を楽しませながら、人間を見ていければいいなぁ」 と 思った。

この10年間、とびとびではあってもずっとロングランを続けている息のなが~~い舞台。 036_2

シェイクスピアの全作品を3人で1時間半で演じるというとてつもないテーマに挑戦した作品。3人のパワーにはどんな俳優も脱帽するに違いない。

市民ミュージカルの入場者は1100.どらちゃんバッチは450位、のべで3400から3500人の観客動員。

これは、入間の万灯祭りにつぐ動員数か \(^o^)/

→ 中高年も頑張る 「玉すだれ会」

2013年2月10日 (日)

ドラマフェスタin入間 一日目

004 006 第17回ドラマフェスタin入間の初日。

数年ぶりで参加した娘は 「フェスティバル」らしくなってきたね。」 とのたまわった。

オープニングは、ホワイエでの参加団体紹介。

← は バルーンアートの人たち。

彼らのおかげで、会場は珍しい風船アートがいっぱい。

モコモコは  ブラックシアター・影絵と続く。

会場は90名以上の参加。

出足があまりよくなかったのが、続々と集まり、超満員状態。019_2

↑ おみこしのあとに続く女の子は、「お柳さん」 と呼ばれる 五穀豊穣を祈願する おかざり を持っている。

おわかりだろうか? 024

ワークショップには、うちの孫たち全員参加。

親も楽しんで作っていた。021

2013年2月 9日 (土)

ドラマフェスタ前日準備

002 003 005 第17回ドラマフェスタの準備が万端整いました。

← モコモコの部屋の入り口

バルーンアートの人があちこちを飾るために色々なところにバルーンを準備していました。

楽しい一日をどうぞ、みなさま 第17回ドラマフェスタin入間にお越しください。

2013年2月 8日 (金)

包括センター・歌う会

003_3  地域の高齢者を対象に、「包括センター」 なるものがあって、さまざまな健康教室やイベント、また問題相談にあたっているところが市内にある。

そこの一つから 今月は「歌を歌いたいので来てほしい」 と我がアコーディオン教室が呼ばれた。004

講師演奏2曲 を はさんで 14曲。

この中には手話つきの歌3曲。

みなさん、大きな声でよく歌ってくださいました。

「素晴らしかった!」、「楽しかった!」、「又、来てください」 の声、声に私たちも大満足のひととき。

地域の絆つくり、歌うことによる健康作りに多少なりとも貢献出来たのはうれしい。005_4

終了後のみなさんとのふれあいお茶タイム、そして、アコメンバーとのおいしい昼食。

食事時は7月のコンサートには映画ミュージックをメインにはどうかとの話に花が咲く。

ソフィア・ローレンの 「ひまわり」がいい、「サウンド・オブ・ミュージック」のサントラばんはどう? などなど。  良き日でした o(*^▽^*)o

2013年2月 7日 (木)

隣人

Photo1_011 隣人のお通夜に行った。

私より6歳上。

息子とその子との3人暮らし。、時には息子の店の手伝い、孫育て・家事、一切こなすおばさんだった。

救急車で運ばれて、一週間もしないうちに息を引き取った。018

直接は肺炎。しかし、心臓病、糖尿病、高血圧の症状があった。

彼女は医者嫌いで生前はめったに医者に行かなかったという。

思わず、この 「大往生したけりゃ医療とかかわるな」 という本を思いだし 本屋さんに注文した。

遺された家族にとっては、たとえようもない哀しみ、孫はまだ小学3年生。本人はさぞ心のこりだったろう.

Images2_5

どうして、彼女は医者と関わらない人生を選んだのだろう?

私はといえば、今日はひざ注射・4回目。 「ひざもそうだけど、脚の筋肉が痙攣する」 と、訴えると 早速腰のレントゲンと、骨密度チェック。

結果、血流を良くする薬、骨粗鬆の薬を処方された。

「子魚をよくたべてるんですけど・・」、ドクター曰く 「それは利きません。 今は、いい薬がでていますから。」

てなわけで写真のように、めったに薬を飲まない私が薬をもらった。 食品からカルシウムが摂れないのに、薬だったら体内の骨になるのだろうか。

この本を読みたい・・ ( ̄Д ̄;;

2013年2月 6日 (水)

「どんぐりと山猫」

Images6 友人が「どんぐりと山猫」の絵本、さしえは福島市出身の安斉重夫さんの彫刻・制作、をプレゼントしてくれた。

ストーリーは御存じ、宮澤賢治。

その不思議なストーリー。

山猫から人間の僕にハガキが来た。

裁判に参加してほしいという。たづね、尋ねて行った先には、「どんぐり」 たちがつまらないことでけんかをしていた。018

「僕」は、「お説教」 で聞いた話を思い出し、裁判で争われた 「けんか」 をぴたり と止めることが出来た。

山猫は親分口調で、僕をとりこもうとしたが、僕は、はねかえした。

ここでも、賢治は、競争・選別社会への痛烈な批判者ですね。

そして、注目はこの挿絵の人形や背景。016_4

すべて鉄で創ったもの。

鉄というと、3000年にもわたって人類の進歩を支えてきた。

レールや鉄橋、鉄骨、電子レンジ、流し台等々。

丈夫で耐久性があって、産業製品しか多くは頭にうかばない。

それが、この安斉さんという彫刻家によって、見事に文化の域にもその役割をはたせる、という主張にこうべをたれずにはいられない。017_2

ほうれんそうやレバーなどにも含まれ、鉄分がなくなると貧血症状にもなる 鉄。

鉄像などもたまに見かけるが、こんなにも 「鉄」が愛おしく思えたことはない。

2013年2月 4日 (月)

「今日までそして明日から」

もう40年も前の歌だけど、ふと知ったこの歌。 余命長からぬ私にとって、「今日まで・・」に思いをはせ、「明日」 を胸ににじませて・・。 なんか、じ~~んときますね。

2013年2月 3日 (日)

音楽人形劇

059   今日は腹話術の勉強会の日。

腹話術師といえば、定番の腹話術だけでなく、マジックをやる人あり駒を回す人あり・・。

私は人形劇。 と、いっても一人芝居では普通の人形劇はなかなか出来ない。

そこで、幼児対象に考えたのが音楽人形劇。

072  ↑ 「お花がわらった」。これは9本の花が踊るのだが、横から撮った為、6本にしか見えなくて残念。

→ 「筑波山ろく男声合唱団」 のバックミュージックでのカエルのダンス。

「いけいけ」で、上演するにはまだ大分改良の余地がある。074

← ぬいぐるみを改造したこんな腹話術もエンタテインメントの一つとして、参考になる。

私の 「人形劇」 は腹話術でいう 「パペタリー」の部類には今のところ入らない。068_2

パペタリーとしてどう編み出すかは今後の課題。

今日は節分。世の中が 「豆まき」で動き出すころになると、我が家にも、そんな時代があった・・と愛おしく思いだす。

それは、化石時代ほどの前だったか・・。 今日は 「大豆ご飯」 と 「大豆入りひじき」 の大豆をいっぱい食べた。 とても 年の数はたべきれませ~~ん 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

2013年2月 2日 (土)

「舟を編む」

Funewoamu1 ボキャブラリーの貧困さに日ごろ、何とかしたいと思っている身として、選んだ本がこれ。

これは、「言葉は力強く奥深いものだから、あんた、勉強しなさいよ、」 と背中をど~~んと押すような本だ。

ストーリーは 「大渡海」という辞書を作る物語。

言葉を大海原にたとえ、そこを航海するための舟が 「辞書」 だという。

そして、その編集者たちの長く困難だけど、言葉への愛と、人間への愛にささえられて、完成させる 最後は思わず拍手。

以下

記憶に残った言葉を本書から引用

「① 「言葉のもつ力は、傷つけるためではなく、だれかを守り、だれかとつながりあうための力。」Imagesca1zolde

それを意識した時、周囲の人の気持ちや考えを注意深くくみとろうとするようになる。」

② 記憶とは、あいまいなまま眠っていたものを言語化する。

③ 死者とつながり、まだ生まれこぬ者たちとつながるために人は言葉をうみだした。

④ 最後に、言葉を生み出す心は権力とは無縁で自由なもの。 言葉は民族のアイデンティティでもある。」

 こんなにさわやかで意味深い本に出会えてよかった \(^o^)/

2013年2月 1日 (金)

ショック (;一_一)

1146726157156139821 2・3日前にNHKで 「あの人のここが気になる」 というトーク番組があった。

急な来客で、あわててはいたズボンなどが、客の目の前でずり落ちてしまった話などが紹介されていた。

まさか、自分が ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ !

今日は中学1年生のクラスで 「ういろう売り」 の語りをする日。

子どもたちは私がクラスに入ったころから、もう話しを聞く体制。

私は衣装をつけたり、げたを履いたり、「ういろう売り」のノボリをたてたり・・と準備に忙しい。

そんなで、あわててはいた衣装。ウエストで留めるのを忘れ、語りはじめるやいなや、ズボンがストンと落ちた。019

クラスの子、40人近く、先生は3人、他に保護者1名の前で、 ストン!

それから、勿論 何事もなかったかのように、語り始めたが、せりふが初めは出てきたが、途中出て来ない。

幸い後半はでてきたものの、中ごろのセリフはかなり忘却のかなた。

帰宅後は やけ食い。 干し柿にパイまんじゅう、みかん、お茶をがぶ飲み。 もう10年以上やっている 「語り」なのに、せりふを忘れるなんて・・・ (´Д⊂グスン

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »