無料ブログはココログ

リンク集

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

市自然観察会

023 029 027_2市の自然観察会に参加。

先生に言われて、写真を撮るのだが、「同定」 となると、自信がなくなる。

写真に名前を入れられないからだ。

仕方なく、見た花の名前と ネットで確認して、これが これ と同定する。

間違っていたら指摘してくだされ。

↑コスミレ

→ タチツボスミレ

高倉公民館を出発して、森坂の方向へ 「大樹の里」 を右に見て、林の中へはいっていく。

今日は 「植物の部」 に参加。

散策地はごらんのように、入間に残る貴重な緑地帯。左下の黒い部分は小川が流れている。

← アズマイチゲ

028 016所用で半分の時間しか参加出来ず、メインになる 「かたくり」 が見られなくて残念 (;一_一)

毎回の先生のトークと名前を知る楽しさに時を忘れるほど。

30近い名前がでてくるが、とても覚えられない。

せめて、ここにあげた4種類だけでも覚えるとしよう。

月一回の散策。 腹話術の会と多くが重なり、なかなか参加ができないが、来年度も重ならない限りはぜひ続けていきたい。

名前を覚えることが、せめて自然への敬意をほんのちょっぴり表わすことになるはずだから。

← 春、一番に咲く花、ということで、セントウソウ と名付けられている。

アメリカちゃん

今朝、NHKラジオ なぎらけんいちの 「あのころのフォークが聞きたい」 で 岡林信康のこの歌を紹介していた。楽しい (^v^)面白い \(^o^)/ 

2013年3月30日 (土)

「生きる力」 なかにし礼

Cau1books_978406218118112011092116191064737d261f8928c0e2a_3 Cdr00004284461 なかにし 礼の 「生きる力」 という本を読んだ。

彼は作詞家、戯曲家、バラエティーのコメンテーターとしても知られ、

菅原洋一の 「知りたくないの」、「今日でお別れ」、北原ミレイの 「石狩挽歌」、 ザ・タイガース の 「花の首飾り」 などの ヒットメーカーでもある。

昨年春、食道がんを宣告された。

ステージとしては初期ではない。

「手術」で、「切る・打つ・たたく」 での除去しか方法がないと言われ、可能な限りの選択肢を探す。

超一流と言われた医者の門戸をたたいても同じだった選択肢に、疑いの目を向ける。

それは、彼が幼いころ、満州で育ち、「無敵の関東軍70万」 が日本国民を守る、と言いながら、ソ連軍の侵攻が明らかになると、

少年兵を前線に追いやり、自らはさっさと逃げた・・という現実を目の当たりにしたおかげで、「おかみ のいうことにはまず疑いの目を向ける」 という習性からきたものだ。

この間、彼は治療方法を探ると共に、、「カフカ」 、「カミュ」、「井上ひさし」 などの文豪小説を読みあさった。

「がん」 という不条理にとらわれた人間がどう生きるかを心で追い求めた。

最後に 「陽子線治療」 という最新治療法を自ら見つけ出し、 がんは消えた・・・.。  命が惜しい・・ではなく、「不条理に死にたくない」 という信念の強さから。

彼の場合は豊かな財力の裏付けがあったからと予測できるが、一般庶民はここまで出来るかどうか?

しかし、パワー( この場合は専門家) に対しても、疑問を持ち、自らの方向を自ら勝ち取っていく強さに敬意を表したい。

 

2013年3月28日 (木)

「吉田照美のそこだいじなとこ」

文化放送 「吉田照美のそこだいじなとこ」 を朝、時々聞いていた。毎週木曜日はアーサービナードさんなので、忘れずに聞くようにしていた。6年続いたこの番組は朝から夕方に移動。 「政府の政策にのっとり・・・」 の横並びのメディアのなかでも、反骨、脱原発を基本的にはつらぬくこの番組を楽しんだ。 夕方だと聞きそびれるかなあ。 昨日、この歌を紹介していた。 面白い \(^o^)/                            さて、これから孫の処へ行き、子守。 土曜日夜に帰ってくる。

2013年3月27日 (水)

デー・ボランティア

032 036 今日はデー・ボランティアの日

プログラムは アコ伴での歌が30分。

今月の歌として、 「さくら」、「花」、「下町の太陽」 など 8曲。

最後には アコ伴しながら皆さんは 「北国の春」 の歌とこの振り付けで軽い体操。

日本舞踊 2曲。041 049

ごらんのように、観客の中には、踊る方のふりつけに合わせて、手拍子をとったり、てぶりをしたり・・・。

また、もう一方の訪問苑からこちらで再会した方もいて、お互いに 「良かった、良かった」 の対面。

私たちが仕事を終えて、立っていると 「すわんなさいよ」といって 手を握ってはなさなかったり・・。

来るたびに、こんなに喜んでもらえて 「来たかいがあった」

と 毎回しみじみ。

歌にしろ、音楽にしろ、心をふるわせるもの・・。

力をもっと磨いて、心をもっと通わせ合いたいと思う。 

2013年3月26日 (火)

こどものわたのしいわ

002 となりの市の公民館主催行事

「こどものわたのしいわ」 というタイトルで、

未就園児とそのおかあさんを対象に005_2

モコモコの上演。

1時間半という長めの時間だったが、

あの手この手のだしもので、なんとか帰りには 「楽しかったです。」、「子どもも喜んでいました」 の言葉をもらえて ホッ \(^o^)/。 012_3

ブラックシアター、かげえの他に 各種手遊び、 手話もどきで 「おなかのへる歌」、 かげえ遊び・・・これは、手で きつね、犬、はと、かになどを作って 映し出す 。

他に、メンバーが 白鳥、ふくろう、どびん、おちゃわんなどを手影絵で披露。

しかし、2・3歳児に1時間半のパフォーマンスは やはり長かった。

道中はどこも桜満開!!

この公民館の館庭にも、ぐるりと桜の木。

モコモコ上演場所からも 桜・桜の 窓。

青空に桜色は、世の中の汚れを薄めるがごとくにさえ 思われます。

2013年3月25日 (月)

津軽のふるさと

60年前に映画化された 「りんご園の少女」 の挿入歌 。 友人からのリクエストがあり、知った曲だが、「ふるさと」 を 切なくも美しく歌い上げる。 歌詞もいいが、ひばりさんの情感は心を揺さぶる。この動画では、他に比べて明るく歌っている。  4月はデー訪問がないので、5月にはデーサービスなどで歌いあげましょう。 

2013年3月24日 (日)

福島の県民集会

0323031 福島市で脱原発の県民集会が開かれましたねぇ。

私は参加はしなかったけど、心の手はつないでいたい (^O^)/

2年たっても復興にむけての兆しは鈍い。0323021 0323041

以下、ネットよりの転載

「会場の収容能力(3000人)をはるかに上回る7000人の参加者で、脱原発に向けた意思を確認しあう場となりました。

 事故の後遺症に苦しむ福島県民をうち捨てて顧みない東電への怒りは事故2年を経て弱まるどころか強まる一方。

「私たちが作ったこの国を、私たちは変えることができる」

という県森林組合の鈴木さんの発言には勇気づけられると同時に、福島県民のこの決意にすべての市民が応えなければならないと感じました。

 福島県民への賠償どころか原発再稼働・改憲に進みそうなこの国が、本当に私たちの手の届かない遠くに行ってしまう前に、0323011

私たちにはまだまだやるべきことがある。

福島に住んでいると、先の見えない苦しさから心が折れそうになりますが、

福島県民にも脱原発への強い決意を持っている人たちがいる。そのことが確認できた有意義な集会となりました。」

最後には、昨夏にお会いした 武藤るい子さんが 「バラバラにされない、尊厳をうばわれない、つないだ手をはなさない」 との訴え。

2013年3月23日 (土)

チャレンジ!腹話術

021 今日は東京チャターズの 「チャレンジ!腹話術、 春のスペッシャルイベント 」

サブタイトルに 「からを破って 強い自分を育てよう」

のタイトルでの講習会とワークショップの日。

045_2 まず、チャターズのメンバーが音楽腹話術を2本。

ここで、私は 「お花が笑った」 で、人形の歌(実際はCD) に合わせて、「お花が笑った」の歌を花の人形で  パフォーマンス。 続いて 「アンパンマンの歌」で腹話術人形の歌。 ここで、私はながれ星の役

先生の腹話術の話しは小さなお子さんでもわかりやすく解説。

そして、犬小屋つき可愛い靴下でつくる犬の人形作り。036

これは、下ごしらえが大半できているので、このような子どもたちでも楽しく作ることが出来た。

上の写真  左端の女の子が持っている人形を除いて、全部この子たちがワークショップで作ったもの。

← 彼女の持っているのは モップ人形

モップにビニール皮の顔をのせ、口は輪ゴムになっている髪飾りを使ったのも。

下にこのように布でおおえば、口から釣り糸で口を上下させても自然な動きに見える。

と、人形作りのヒントと腹話術の基本を学んだ日。

午後はドラマチック腹話術の舞台けいこ。

私は舞台の上で寝ている時間が多く、ラクダ~~。

2013年3月22日 (金)

医療生協のうたごえ

006 今日は隣の市に出張って

中新井自治会館でのうたごえ。

今月の歌はデーボランティアとほぼ同じ8曲。

それに、「花は咲く」 を選抜の行進曲になったこともあり付け加える。

今月3回目になる演奏なので、とりあえずはまあまあ。001_2

途中、「キーを下げて・・」 との要望。 

教室では、「ミュゼット」という少し高めのキーだが、普段の伴奏は 「マスター」という低・高一体の音で弾く。

008 それを 今回は 「ミュゼット」 でやっていたのだ。 本人は演奏に精いっぱいで気がつかないで、みなさんには申し訳ないことをしたと 反省 

それでも終了後は、

「アコーディオンの音色ってすてきねぇ」

「とっても楽しかったわ、また来月もお待ちしています。」

と次々に声をかけられ、ご満悦   (v^ー゜)ヤッタネ!!

帰宅後、稲荷山公園の桜を見に行く。

まだ5分咲き。

日本人は花といえば、桜。桜が満開にならないと、 春まっさかり・・という気にならないから不思議。

2013年3月20日 (水)

デーボランティア

Imagescavbcvpz 今日のデーボランティアはカメラを忘れたので、借り物の写真。

最初に歌 8曲。

「さくら」、「花」、「高校3年生」、「下町の太陽」、「北国の春」 など。

どうも、今日のアコ伴はイマイチ。

一度、同じものを伴奏すると、2度目は気が緩む悪いくせ。

いまだになおらない \(;゚∇゚)/

続いて 日本舞踊 「祝い船」、「隅田川慕情」1209970106498161060351

締めは ハーモニカ名人。

ハーモニカ名人からは、来月より、隔月のデー訪問にしたいとの申し出。

毎月の演奏参加でアコーディオンに少し慣れてきた私。 今後どうするか職員と相談。

時間を短縮しても来てほしいとの言葉に、安堵と不安と。

2013年3月18日 (月)

布の絵本+たかはし べん コンサート

友人宅 (入間市内) で、 「たかはし べん コンサート」 を開く。4月29日(月) 午後1時半より。 彼については、この動画をみていただけば、よくお分かりになると思う。子どもや親の気持ちによりそい、命、人権、平和を歌う。 興味のある方はぜひご一報ください。 大人1000円、子ども500円。 安い \(^o^)/

2013年3月17日 (日)

ドラマチック腹話術

Img_0001_2 腹話術の会で、今年7月に公演する会としての台本が出来た。

腹話術というと、一人ひとりが人形をもっての掛け合いが一般的だが、今回は

創立14周年にして、初めて 全員のメンバーで一つのドラマを展開するという ちょっとめずらしい 「ドラマチック腹話術」

「楽しく歳をかさねましょう」 と、いう変人、奇人の多い、東久留米村を舞台にした人情芝居。050

乞う! ご期待。

台本の読み合わせが午後あり、午前中はこの土曜日におこなう子供向け腹話術の会の練習。

私はここで「お花がわらった」 役。057_2

こうしてみると、真ん中にあるはずのバラちゃんが見えない・・。早速改善しなくちゃ。

午後はいつものようにオープンマイクだが、 

来月からこの時間は、舞台稽古中心になる。

わたしゃ、ひざをくじいてオオカミと一緒に寝込んでいるババの役\(^o^)/

2013年3月16日 (土)

NHK 福島の今を知っていますか

Images4 NHK 「福島の今を知っていますか」を見た。

こんな小学校低学年とおぼしき子どもが避難先では、 「福島軍団」 といわれ、

「わたし、元気な子が生めるかな・・」とまで言う 原発事故。Images5_2

15万人の半数以上が10回以上の転居を繰り返し、 故郷に帰ることが出来ないで、避難をつづけている。

そこからの人々の苦悩だけでなく、希望のあかりを見つけ出し、立ち上がろうとする人々は、何を見つけ出したのか、に少しは救われる思いがする。48643508921

しかし、NHKはここまでなんだろうな。

福島、相馬市に在住。 福島第一原発の建設当初から、その危険性、問題点を指摘し、警告を続けてきた詩人・ジャーナリスト。

若松丈太郎さんはこの本で書く。

「原発事故を 「核」 の災害と呼び、避難している人々を 「核災棄民」 と断じている。

原発がメルトダウンしただけではない。 町そのものがメルトダウンした。

私たちは どこへ消えたらいいのか? 

原子力基本法には、「我が国の安全保障に資する」とあり、これこそが、多くの国が手をひいたにもかかわらず、日本が核燃料再処理にこだわっている理由 」

という。

歌手の加藤登紀子さんは言葉を寄せている。

「これは福島の慟哭の書であり、その歴史的証言となるでしょう。」

彼女のCDも付録にあり、哀しみをさそう。

2013年3月15日 (金)

いけいけ人形劇まつり

Imgとしま未来文化財団と 「豊島区民センター」 を会場に、

家族そろって楽しめる人形劇のおまつりとして、

30年の歴史をもつ 「池袋いけいけ人形劇まつり」 が開催される。

現在では、都内唯一のオープン参加形式のフェスタとして定着。

 わたしは かげえグループ・モコモコのメンバーをさそって

劇団 「サラダボウル」を立ち上げ、「いけいけ」 に参加。Img_2

決して、「モコモコ」 と仲たがいしようなどという気持ちはさらさらなく、たまたま ずっと以前に作った 人形があったから それをお蔵入りするのは もったいない・・という根性からの参加なのです。

毎週、我が家に集まって 鋭意練習中。 音楽劇 「おはながわらった」、「 筑波山ろく男声合唱団」、そして 「へっこきあねさ」 を上演予定。

人形はあっても、小道具・背景などはがんばりどころ。

ご用とお急ぎでない方はぜひ 5月4日、豊島区民センターへお越しくだされ \(^o^)/

劇団「サラダボウル」 は3階の小さな部屋です。

2013年3月14日 (木)

「ああ 上野駅」

久しぶりに 「うたごえ喫茶」 に参加。 この歌は友人がリクエストしてくれたので、今 鋭意練習中。 みんなと一緒に歌った。 1960年前後、日本が高度経済成長期にはいるころ、集団就職してきた若者の心情を歌ったもの。 悲哀もあるけど、ひたむきな純情さを思いださせてくれる lovely

2013年3月13日 (水)

市議選

Single28_r1 入間市では市議選の真っ最中。 毎日、選挙カーが何台となく、町中を走り回っている。

連呼だけ、自分の名前だけをいう候補者も多い。

市議選というと、どぶ板選挙だから、しょうがない・・とはいいたくない。

今日、選挙公報が来た。8911a5b7b17052cfea79e51ec899ecf41_2

私は、特養老人ホームの増設、リフォーム助成制度の復活、公共工事は市内業者優先、

などの具体的な政策をかかげている人たちが、いいと思うと同時に

「原発ゼロ」 をかかげている人たちを支持する。

今日、国会で 維新の会西田衆院議員が 

「セシウム137は無害。ただちに強制避難地域の解除を・・・」

といったようだ。

内部被ばくについて

チェルノブイリ事故のあと、医大で亡くなった患者の解剖結果によると、

心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム137による被ばくは 「低線量でも危険」

との結論をだしている。

こんな国会議員がいると思うと恐ろしい。

こんな国会議員を出さないためにも、

 どぶ板議員でも、はっきり 「原発ノー、自然エネルギーへの転換」 を いう政治家が必要だ。

2013年3月11日 (月)

I love you & I need youふくしま

震災関連のプログラムをあれこれ見つめ続けた。 この2年、私の中でなにが変わったか、 問い続けなければならない2年だった。 2年目の今日、やっぱり この歌で 「福島」 と心をつながりたい・・ lovely lovely lovely

2013年3月 9日 (土)

医療生協うたごえ

20120908_011_2 今日は落合恵子さん、大江健三郎さんなどの著名人が呼びかけた 原発反対集会が開かれた。

落合さんは、「毎日を原発反対デー」にしよう・・とよびかけている。

私も心情的には大賛成。しかし、日々の色々にまぎれている。

医療生協のうたごえの会に参加。1d0277d085ac06910c147af521495e081_3

ここに参加すると、歌の伴奏だけでなく ストレッチや脳トレなどもするので、運動不足をちょっぴり解消。

歌は 「さくら さくら」 「花・・滝廉太郎」 、「四季の歌」、 「 この広い野原いっぱい」、

「下町の太陽」、「高校3年生」、「北国の春」、「しあわせの歌」・・これは手話チックに。

終了後、リクエストを聞いた。

70代半ばとおぼしき人は、「私はアヴァ が好き。気持ちがくさくさすする時はいつもこれを聴いているの。」

へぇ~~、なんて モダン\(^o^)/

私なんて、名前を聞いたことがあるくらいで、聞いたことなんて勿論ない。

220pxloreley1_2 その後、「サイモンとガーファンクルが好き。」

ローレライ、おまつりマンボ、花はどこへ行った

などが出て・・。

今後のうれしい大変な課題。

ちなみに今月の 医療生協の新聞・ 「けんこうと平和」 の表紙は

「原発はいますぐゼロに!」

こんな仲間がもっともっとふえるといいなぁ。

2013年3月 8日 (金)

第17回ドラマフェスタin入間打ち上げ

Mainimg1 第17回ドラマフェスタin入間の打ち上げ・反省会があった。

今年は2日間でのべ 3400人

。市民ミュージカルという1本柱、もう1本は演劇・人形劇・影絵・ワークショップ、たいこ、玉すだれなど

多彩な文化の2本の柱で大きく構成される市民手作りのお祭り。 

参加した団体や個人の感想。

「お客さんと一体になって楽しむことができた。」、 「フェスタが始まる前から、お客さんがワクワク楽しみにしている様子が伝わって来た。地元で定着してきていることを実感した。」

ミュージカルではLogo2 「せりふが多い役は初めてだったので、うれしかったです。次の時は主役をやりたいです。」、

「他の学校の子と仲良くできて良かった! 意外と目立つ役でむずかしかったけど嬉しかった」

子ども(中学生以下 40人、アマチュア大人 4人、プロ(鳥獣戯画) 16人(?) などの構成で 堂々の楽しいミュージカル 「ふたりのロッテ」

これらを支えた 実行委員の皆様、本当に御苦労さまでした。 しばし、ごゆるりとしてくださいませ。

2013年3月 6日 (水)

平地林を守りたい。

201006141 「オオタカの森トラスト」が資金を募集している。

所沢市の 「おおたかの森トラスト」では、「北中・水野の森」 地域内にある平地林2640㎡の購入資金2220万円の購入資金を呼びかけている。

2月に平地林の地権者が売却を望んでいることがわかったという。

我が家の近所でも、平地林はどんどん売却され、家やアパートの林立へと消えていく。Kibitaki080303_2s1

❤、 昔は薪など、エネルギーとして使われてきたが、今は使われなくなり、平地林を維持する必要が地権者はなくなってきている。

❤ 平地林はCO2を吸収するなど温暖化防止に一役買う。

❤ 保水力はアスファルトの1000倍もあるといわれ、土砂流出の防備に役立つ。

❤ 生物多様性を守り、環境教育にも良い教材。

❤ 私たちにとっても、森林浴やKitairi1 セラピー効果がある。

など、いいことづくめのようだが、地権者となると税金問題などそうは問屋がおろさない。

ここは武蔵野の風景が今にのこされており、コナラ・エゴノキなど、又 キビタキ・ヤマガラなども生育している貴重な市街地に残された緑のベルト地帯。

行政にも進言しているが、間に合わないという。

私も些少だが募金した。

資金を受け付けている。

郵便振替 00150-1-769628 おおたかの森トラスト。 問い合わせ 090-3521-7747   みなさま、お願いしま~~す。

2013年3月 5日 (火)

モコ曜日

Img_469033_8843482_02 火曜日はモコモコの練習日。

3月26日公演予定。幼児対象だが、1時間半の時間が要望されている。

いつもの影絵とブラックシアターの他に何をするか検討。Beework_tekagee1

今、多くの家には障子はない。若いおかあさんたちには、手で作る 「見立ての世界」 というものにふれる機会は少なくなっている。

 影絵をみせるだけでなく、両手で簡単につくれる てかげえ を お母さんや子どもたちといっしょに 20分位 遊ぼう・・ということにした。

かに、ちょうちょ、きつね、などは簡単につくれる。写真のような、少し、工夫がいるものでも 若いお母さんたちなら、すぐにマスターしてくれそうだ。

想像力と創造力を醸成するいい機会だA0de4e34cb55f0f4706f66270c0b0ed71

火曜日はアコ曜日でもある。

今ほど、アコーディオンを始めて良かったと思ったことはない。

遠く離れた友人から、リクエストをもらった。

手始めに、旅笠道中、花笠道中。

今月は 「下町の太陽」そして、 「高校3年生」

来月は 「ああ、上野駅」

その次は 「明治一代女」Img_1047004_44628986_01

「高校3年生」 は、数日前にいただいたリクエストだが、以前にやったことがあるので、今週の演奏にまにあう。

その他は楽譜さがしから始めたが、友人たちの歌への想いいれを聞くたびに練習にも、通常とちがう身が入る。

共にうたうことが出来なくとも、遠い空の下で、歌ったよ、という声も帰ってくる。

心が通うこのうえなく嬉しい時だ。

空さん、やまさん、夢子さん 演奏頑張るよ \(^o^)/

2013年3月 3日 (日)

第10回健康福祉センターまつり

030 「いきいき ふれあい!」 をメインテーマに今年も健康福祉センターまつりが開かれた。

「健康」;針きゅう・マッサージなど 、 「福祉」; 手話、点訳、朗読体験など  「子育て・子育ち」; 親子で遊べるゲームやかげえ (モコモコ)、ベビー・マッサージ などなど

また、ふれあい広場では、特設ステージ中学校吹奏楽部、子どもダンス、お茶パラ、入間音頭指導( 私も参加) などの楽しいイベント。

022 医師会による成人検診部門には、健康相談、骨密度測定、薬の相談、痛みの相談など 丁寧な相談を受けてくれるお医者さんたちの面々。↓023

歯科医師会による 「お口の相談」・・・私はここで、昨年、歯の矯正のために、近所で診断してくれた歯医者さんの値段が適正かどうかを相談して、妥当な値段 ということを聞いて安心した。

その他、盲導犬ふれあい体験。アイマスク体験など

多彩で予防医療にとっても有意義なフェスタ。

行政もなかなかおつなことをやるわな、というフェスタ。013

↓ 母子愛育会のによるおもちゃ作り。

缶のタブレットをつなげて、緑のひも状のものを通し、アオムシクンつくりには、モコモコメンバーもプレゼントにと二人挑戦。

015 モコモコの部屋入り口はかわいくかざりました。

下の写真はブラックシアターが終わって、影絵に移る合間。

手遊びをはじめようとしているところ。

公演があるので、なかなか全体をみることが出来ず残念でしたが、機織り体験などもやってみたかったなぁ。

2013年3月 2日 (土)

市健康福祉センターまつり

Ssupa11 明日、3月3日、市内健康福祉センター祭りが開催されます。

この写真→ は昨年、私が撮ったもの。

市内の50を超える団体が協力して健康の増進・地域福祉の増進をめざしておこなうお祭り。

モコモコは明日の上演のために今日、舞台セッティング。Matsuri911

おいしいものいっぱい、健康にいい、楽しさいっぱいの健康福祉センターまつりにぜひおいでませ。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »