無料ブログはココログ

リンク集

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

医療生協・デー ボランティア

All1 うわあぁ、すごい !!

足の裏って、こんなに体のいろんなところと直結してるんだ!!

ボランティアなのに、なぜ足裏かというと、

24日は医療生協のうたごえ、31日はデーサービスのボランティアに行って来た。

今月の歌は、前出とおなじく、 

「こいのぼり」、「ああ上野駅」、「花は咲く」 などの9曲。

医療生協では、歌の前に簡単はストレッチをする。 ある参加者から 足裏ストレッチを全員でおそわった。

足裏のマッサージや、足指を左右に引っ張ったり、伸ばしたりなどなど。L1

私の場合、足裏が固い。 それに、 「ドラマ腹話術」 では、舞台の上で ゆかたをきてはだしで寝る役。

はだしが時として、観客にふれることにもなる。 そこで、最近は足裏マッサージでおそわったとおりに、クリームをつけながらのマッサージ。

全身とこのように直結しているとなるとなおさら ぼけ老人にならないためにも マッサージに身が入る。

2013年5月29日 (水)

北海道・食感・雑感

Lrg_287138361 北海道はおいしかった。

小樽についての昼食は、 「さかなやの台所」 という店で、どんぶりを注文。

どんぶりには これとこれをのせて・・と注文する。

食事処は2階で、1階に いけすがあるからできる。150x150_square_139895281 201

札幌初日の夜は、 「さかなや七福神商店狸小路店」

札幌では、ここが一番良かった。

料理のバラエティが豊富で、自分で焼いてもよし、焼いてもらってもよし。

串焼き、揚げだし豆腐、トウモロコシ、いかの姿焼、お茶漬けなど なんでもござれ。

みんなおいしかったが、特に トウモロコシの新鮮な味わいには感動 !!H148000w1

北海道にきたら、 「ジンギスカン」 と言わM01065318_101411_2 れて 入った店が 「やまか」

ママのトークも楽しい店。

私は食べ付けないせいか、ジンギスカンはあまり趣味ではなかった。

最後の写真は 「すし 空海」

いつも がってん寿司などの安い寿司ばかり食べている私には

たまにこんなものもいいのかもしれない。

単品で頼むより、かようにセットを頼むのもリーズナブル。

4日目の昼は 札幌味噌ラーメン。

私には味噌の味が濃すぎて、うすめるために スープをもらった。

食べ物はたしかにうまい !! 新鮮!

観光地には、アジアからの人たちがとても多い。

台湾、中国、マレーシア、タイ。

私が聞いたのは、これだけだが、 観光バスの座席には 英語、中国語。ハングルの3ヶ国の 説明のためのヘッドホンがおいてあるのは、

さすが、観光立地、リッチ。

2013年5月28日 (火)

丸山動物園 他

Maruyamap51612 札幌、中心街から車で15分位のところに、広い公園がある (68.7ha)

桜の時期には多くの人でにぎわうそう。

こに市営の丸山動物園がある。

中は緑地も多く散策にもってこい。

動物園というと、224 おりの中にはいっている動物を見るのは可哀そう、とか動物虐待に近いとか、あるいは子どもが喜ぶところ・・

と、みる向きもあろうが、

どうして、

親に育児放棄された子を育て、自然界への復帰訓練をして、復帰可能なものは返し、復帰できなかったものは、そのまま動物園に残ったり、B_19_0511

希少動物の繁殖にとりくみ、かけがえのない命を次世代の地球へつないでいくという役割もある。

しかも、「ノアの方舟、地球号」 を ここにイメージすれば、 

地球環境や命の大切さをつたえてくれます。

ほっきょくくまの親子は人気者。ララと双子のこども。

一匹の子はブルーのポリタンクを一所懸命どこかにあげようとしていた。

動物園をあとにして、向かった先は、バスと地下鉄をのりついで、かの有名な1002369_3681_21_21

札幌大通り公園。

今年はライラックの開花はおそく、白はさいていても、ピンクの方はまだ・・という状態。

市内は京都のように碁盤の目のようにきれいに区画されているので、迷わない。245_22

目抜き通りに緑いっぱいの公園があるなんてうらやましい。ベンチや芝生で三々五々市民が憩っている。

 

2013年5月27日 (月)

支笏湖・洞爺湖. 有珠山

Kumaphot1_21_3 134 札幌15111 駅から一日バスツァーに乗りこむ。

三日目は支笏湖・洞爺湖・有珠山。

支笏・洞爺国立公園は約10万ha。

山すそは広大な森林でおおわれ、多様は動植物の宝庫になっている。

支笏湖にはビジターセンターがあり、周辺の鳥の鳴き声なども聴けるし、

湖底木のジオラマや水中の様子などもよくわかるような展示になっている。

植物は ニリンソウ・イソツツジ・ウコンウツギなどの開花を告げていた。

ヤマゲラ・アカゲラ・コゲラ・オオルリ・キビタキ などの鳥類も多様。

観光バスではなく、生態系保護協会などのイベントで来たいことろだ。 178_21 1551 1951

女性像があったり、女学生がいるところは洞爺湖。

旅の最後はロープウエィでのぼった

有珠山。

20世紀になって 4回噴火した山。163

1943年の有珠山の噴火で、畑が隆起し、2年余で隆起した山、昭和新山。

今でも水蒸気をふきあげている。↓

頂上近くには、こんな可憐な ルリソウが咲いていた。

帰路の中山峠では、まだこんなに雪が残っていた。

 

2013年5月26日 (日)

旭山動物園

0531 北海道二日目、札幌からバスに乗って かの有名な 旭山動物園へ。

→ アビシニア・モンキー (?)Sdsc_34141

ここは、動物の自然な生態が見られる 行動展示や混合展示 → 動物に自然界の緊張感を与えるために異種動物を同じケージにいれること → をして有名になった。

「旭山動物園物語」 という映画をみた人にはとりわけ感慨がある。

← オランウータンの赤ちゃん

 時間がうまく合えば、飼育員さんの 「もぐもぐタイム (えさをあげる時間) や、 0761

「なるほどタイム」 → 動物の生態についての説明タイム 、ワンポイントガイドが聴ける。0751

夜の動物園散策も魅力 (^_-)-☆

ネットによると、2004年には、日本一の入園者数を記録。

2006年度には300万人を超えたということだ。

上野動物園などと違って、地の利はよくない。

バスが乗用車でないととてもたどり072_21 着けないところなのに、この数字だから人気のほどがうかがえるだろう。

この日はとても熱い日で、シカもオオカミ、ライオン、ヒョウ などの動物はほとんどぐったりと昼寝を決め込んで、あまり活気あるところを見られず

残念。

オオカミ館には 手書きの北海道のオオカミの歴史が展示されていた。  0711

昔、オオカミは、北海道の森にシカなどを餌にして、人間とうまく共生していた。

しかし、内地人が押し寄せてきて、牧畜業などを始めると、 オオカミは害獣として殺処分。100年前位には完全にオオカミはいなくなった。

今、シカが害獣として扱われているが、シカを害獣にしたのはだれ? と いうのがこの展示の最後の言葉だった

動物園といえば、他の動物園の人がいっていたけど 「ノアの方舟」 のようなもの。120pxursus_maritimus_asahikawa_as_2

いろんな動物がみられるだけではなくて、今は世間的には絶滅した動物、種の保存を守っていかなければならない動物

などを保護し、飼育するという大事な使命もおびている動物園。120pxlesser_panda11

ここに来ると、仲間がいっぱいいる感がするから、私は種的には チンパンジーにぐっと近いのかも。

いいなぁ。動物園。

夜、一番下の写真。Sdsc_3296_21

札幌、すすきのから市電に乗って、 「もいわ山」 に ロープウェイで昇った。

札幌の夜景を見に来る人が続々と集まってくる。

高いビルがあまりないせいか、きれいだ \(^o^)/

2013年5月25日 (土)

北海道紀行・小樽

0011 北海道は まず、小樽。 一番上の写真。 「運河の街、小樽へ ようこそ」 という沢山のランプ ディスプレーが目を惹く。Blogdsc0079911

その013_22_2 下は運河博物館のトドの骨格。小樽の歴史が古代からわかる所。

、ニシ014_21 0201 009_21 ン漁や北前船 (展示 写真) などで栄えた時代の小樽が 郷愁をさそう。

この運河は1923年完成。

海上に停泊した船舶からの貨物の荷揚げに使われた。

しかし、戦後は物流の拠点としてはその役割を終えた。

無用の長物と化した運河は、市から1960年埋め立てが提案されたが、全国規模の保存運動がおこり、運河を整備。

かくして、1996年には、都市景観100選まで受賞するになった。

めでたし、めでたし \(^o^)/033 035

周辺には、運河館、文学館、ガラス細工などのみやげ物屋さん道路が ずらーっとあり、散策には事欠かない。

小樽はまた、文人も沢山排出。

文学館では石川啄木、小熊秀夫、小林多喜二、

石原慎太郎 などの文学作品を展示。

 北前船 → (運河館)

啄木で思いだした私の心境。

寺山修二の 「ふるさとの 訛りなくせし 友といて モカ珈琲は かくまで にがし」

この句は 石川啄木の 「ふるさとの 訛り なつかし 停車場の 人ごみのなかに そをききに行く」

から、連想したものだそうな。

啄木の碑を見て、 実はこの心境を思いだした次第。

寺山修二って別に何読んだというわけでもないけど、これが妙に心に残っている。

2013年5月22日 (水)

モコ曜日

P20070703_hp1_img1s11 「私というファンにとって素晴らしく沢山の新しいことをみつける事ができています!

あなたの今後がたのしみです。」

自慢話でごめんなさい。 これは、5月17日に来た このブログへのコメントです。

何故、こんなコメントをだしてきたかというと、友人から

(ごく普通の善良な市民)「あなたのつぶやき(ブログ)は政治的だから、モコモコとは切り離しなさい。」 と いわれたのです。ショックで、一時はブログを閉じることも考えました。

何が、政治的というのでしょうか?Untitled5thumbnail11

確かに私の場合、福島の事、原発、慰安婦問題もだしました。でも、原発に反対することが政治的だからといって封じるならと、世の権力のなすことすべて黙って受け入れなさい・・ともとれます。

憲法の話しをすれば、政治的というなら、人権を無視した慰安婦問題も政治的ということで、口封じをされます。

今日、NHKで 被ばくピアノが話題になっていました。小学3年の男子が「平和への願いを込めて弾きました。」 といっていました。Images81_2

これも背景は政治。

私は、何かを求めて表現していきたい。冒頭のブログへのおほめの言葉をいただいたりした方も含めて、共感してくださる方も大勢いる。

今後、モコモコとは切り離した形でブログはつづけていきたい・・とは思いますが、モコログではなしに新たな形になった時に、再びみなさまとお会いできると思います。Ca9cp6vhcau8uf3ocavnsh00carwdlsdca0

考えて見れば、友人のいうことも充分理解でき、 一個人としてのブログの方が自由に発言できるというのもこれまた一つの道理。

長い間ご愛顧ありがとうございました。

新たな気笛のベルがなるまで、しばし休息いたしまする。

2013年5月20日 (月)

マークスの山

Img_40549_9427426_111 今、この本を読んでいる。まだ半分弱位のところ。

アコでボランティアなどに行くようになってから、本はハウツウものか絵本しか触らないようにした。

映画も好きだけど、めったに行かなくなった。

しかし、この本。

最初山岳小説かと思った。 いや刑事もの? 文章の濃密さ、絵画をみるような言葉の深さにページを閉じるのが悔しい。

まだ、終わっていないので

感想は書けない (T_T)/~~~

2013年5月19日 (日)

ドラマ in 腹話術

Img_00021 この7月20日に私が所属する腹話術の会で

「ドラマ in 腹話術」 という公演をします。0011 0031

この間、2回も休んでしまったけど、けいこは着々と進んでいる。

今回は一人ひとりが腹話術の演技をするというのではなく、

全体で一つのストーリーの中に ある人は腹話術をとりいれ、ある人たちは人形を持たずに、

話をすすめていくという形式。

今日はその素けいこ。

私は腰を打って寝込んでいるオババ役。

7月20日。乞うご期待 \(^o^)/

2013年5月18日 (土)

むすび座・ ピノキオ

Pino1_convert_20130324190934s11 Img_0311web11 Img_0274web11_2  人形劇団・むすび座の 「ピノキオ」 を見た。

ストーリーは皆様、ご存じの 木の丸太んぼうからジェペットじいさんが作ったいたづら小僧・ピノキオの失敗と冒険のハートフル物語。

舞台はおおがかりなサーカステント小屋。

人形劇というと、糸あやつり形式か、けこみの前で動く棒使いや手使いの人形劇を想像される方もおるかもしれませんが、

ごらんのように文楽形式よろしく、一体を二人または三人で動かしたり、

華やかに繰り広げる ミュージカルチックな舞台劇そのままの雰囲気を造り出している。T02200293_08001067122152115591_21 Img_0252web11

歌はみんなうまいし、音楽もかっこいい。 踊り、パントマイム、大道芸よろしく 「輪回し」 の出現などなど。

おおがかりな人形劇舞台は大人もあきさせない一瞬の舞台を創造力豊かに演じてくれる。

私が特に気に入ったのは、

ピノキオがサーカスから逃げ出すところ。

わずか6m位の舞台の長さのなかで、

客席に向かって、ピノキオが逃げる。

 スローモーションのアクションの中で、逃げるピノキオ、追う 5人の人間たち。

その表情、動作はかなり完璧。

あんなマイムをやってみたい。

新しいアイディアいっぱいで新鮮な舞台だった。

2013年5月17日 (金)

デーボランティア

0071 今日のデーサービス・ボランティア。

日本舞踊2曲。

アコ伴奏 7曲。 こいのぼり、ああ 上野駅、 バラが咲いた、男はつらいよ など。

歌伴の最後に 「北国の春」 を歌いながら、下記のような体操をする。

これは、今後毎回取り入れようと思う。0081

「ああ 上野駅」 を歌ったら、利用者さんの一人が、シクシクと泣きだした。 何か思い出したのだそうな。

これは、福島の友人の想いでの曲でもあり、胸にせまるものがあったのだろう。 スタッフの人がしばらく慰めていた。

私のアコとみんなの歌が、何か心のしみるものを 落としたとしたら、こんな嬉しいことはない。

C0090398_123752801_31 ハーモニカ名人があとで、

「アコーディオン、うまくなったなぁ。この次はあんたの伴奏で歌いたいよ」 といってくれたのもうれしい。

で、次回 「長崎の鐘」 を 名人がソロで歌うことにあいなった。

今回、お初の緑色の背景幕。

いかが?

新緑の季節にふさわしく、緑色にとりかえました。

これで、背景幕は、黒、紺、緑と3色のものもちになった~~。

 

2013年5月16日 (木)

今日飯

0561 久しぶりの今日飯(きょうめし)

昼食には あさりのボンゴレスパゲッティ。

海苔をかけ過ぎて、かなり黒っぽい。 人参、えのき、わけぎたっぷり、

 あさりと赤トウガラシ、しょうがの味が うまい具合にミックスしておいしかった。

スープはベーコンと玉ねぎ。0521

昨日、千葉に住む姉からこんなにたんと新鮮野菜が送られてきた。

義兄の手作り。

近所にくばっても余りある。

夕食には

煮物にキヌサヤをたっぷり。0611

味噌汁にはつまみ菜たっぷり。

煮物の右にあるのは、キヌサヤとコーンのバター炒め。

おやつはブルーベリーのマフィン (煮物の上)

いまどき、メロンもメロメロおいしい。

あ、おさしみの左にあるのははんぺんのチーズはさみ。0501

昨日、何年振りかで、メロンパンを作ったけど、味はまあまあだったけど、

ごらんのようにかなり見た目がくずれている。

メロンパンとはとても呼べない。

来週、また挑戦するか・・・。

2013年5月15日 (水)

日本の赤面

859cd155d7324122dcf16345ebc5acb21 恥かしいですねぇ。

日本人として、赤面だけでなく怒り狂います。Ianhu_121_21

ご存じのように、大阪の橋下さん。

「従軍慰安婦制度は必要だった、

沖縄の米軍も性処理のために 米軍は風俗業を活用してほしい。」

戦後を振り返って10114965f15905ea8348fba43b056d011

「女も買えないやつが、人を殺せるか・・」 と言われた。」

と、回顧した人がいた。

「軍と売春はつきもの」 と、石原維新代表もいう。

ええっ、日本には売春制度がまだあるの?

と、私でさえ、一瞬この言葉にフリーズした。売春禁止法は1957年に成立したはずだ。

ああ、世界に 日本はまだ売春制度がある、と思われることだろう。Img03_0311_4

思えば、17年前、シカゴに留学した時に、ある女性から 「あなたは何番目の奥さん?」 と聞かれたことがある。

戦後、50年を経てなお、こう聞かれたのだ。

公党の党首が、しかも人権をまもるべき弁護士が、大阪府という大都市の首長が

米軍司令官に向かっての発言

慰安婦とは、外国へ進軍中における軍人の性処理の解決手段としての女性のこと。

このため、慰安婦は顔見知りであったり、肉親だったりでは具合が悪い。だから、

日本人以外の女性でなければ都合が悪い。したがって外国人の女性から選ばざるを得なかったのである。

当然、本人の同意など無視された。人権無視の典型例だ。 戦争と同じく。

  

2013年5月13日 (月)

マイ・ガーデン

048 053 050 003 002 056_2057_2 母の日にいただいたバラやあじさいが鉢やプランターを彩ります。

木香バラは終わったけど、とってかわったこれらの花たち。 

木香バラほどの領地の広がりはないけど、

花のソリストよろしく、敢然と優雅に鎮座しています。

ある説によれば、花の色効果は

●赤い花/血行を促進し、体に活力を与える。向上心・意欲・気力・勇気を与える。
●ピンクの花/心身の緊張をほぐす。肌を若返らせ、体内機能を活性化させる。

●青い花/精神や感情を落ち着かせ、理性と自制心を促す。

●紫の花/鎮静作用があり、イライラした気持ちを抑える。

などの作用があるともいわれます。

こんな効果を期待したい \(^o^)/

ゼラニウムの色合いは愛らしい、

あじさいは 「ブルーダンスパーティ」 という特別な名前がつけられて、ホンに パーティ真っ最中・・てな感じ。

耐寒マイナス5度 というから、地植えにしても大丈夫。

あじさいの下のバラは小学2年の孫が選んだ 母の日のバラ。

下から2枚目のバラは地植えなので、水もあげなかったにも関わらず、北側で良く育った。

もう随分切り花にて、中にかざった。052_3

その下は 「カルミア」 毎年見事にさいてくれるので、近所にお配りしている。

カルミアの左上のほうには 「コデマリ」 も参加。

今日は サクラソウを片付けて、木立ベゴニアを道路側に持って行った。054_2

ベゴニアには 紅い花が藤の花の赤ちゃんのようにたれさがっている。

カルミアの下は 「ロベリア」 。 可愛い小さな妖精がスカートをはいて、みんなでおしゃべりしている。

その下は ニセウメモトキ (?)

道路沿いにしっかり根をおろし、クリスマスのころには赤いかわいい実をつける。

2013年5月12日 (日)

智光山公園

047 我が家から車で20分位のところに 智光山公園がある。

総面積 538ヘクタール、東京ドーム約11個分の敷地にアカマツ、コナラ、クヌギ など 武蔵野の自然を生かして作られた大規模な都市公園。

← その小道013 046 033 030_3 029 027

中には、花菖蒲園、わんぱくの森 (子供向けのアスレチック広場、9種類の木製遊具があるが、 いくつかは今は危険 ということで 立ち入り禁止のところもあった・・・。) 031_2

自然生態観察園、桜並木、こども動物園、バラ園などがある。

この時期はバラが見事なので、ファミリーの散策を兼ねて、わんぱく広場などに立ち寄りながら 

バラ園近くの芝生に どっかりと腰を下ろした。

かわいい孫たちの写真をブログに載せるのはどうも・・(;一_一) とも おもうが、あんまりかわいいので 自慢したくなってしまう。

ブルーシート2枚分にお昼の弁当を広げ、子どもたちはお父さんとボール遊び。

広い芝生はこどもも大人も思い切り走りまわれる。

長男は2年前、ここで今、小学2年の孫とボール遊びをして、体力の限界を感じ、

それから 「ジム」 に週2回 通うようになったらしい。

ここのバラ園の写真はまだ楽しめる。

花菖蒲はまだ・・。

ここの管理は 「智光山パークマネジメントJV」 というところ。

しかし、入場料、駐車料無料なので、狭山市が全面的なバックアップをしているのだろう。

このようなところにこうした税金を使ってくれる市はありがたい。

ここで、高齢者のウォーキング人口が増えれば、 高齢者の健康にもいい影響を与えるともいえる。034_2

一番下の木の花は 多分 「ベニバナトチノキ」

これもまた美しく咲いていた。

2013年5月11日 (土)

医療生協うたごえ

125030929615116422912_500_361 医療生協のうたごえ。

① こいのぼり (いらかの波と・・) ② みかんの花咲く丘  ③ ああ 上野駅  ④ 男はつらいよ  ⑤ 高原列車は行く  ⑥ バラが咲いた  ⑦ 花は咲く

の7曲を伴奏。

 「こいのぼり」 も 「上野駅」 も 1番の歌詞は知っていた。 しかし 「、2番、3番 はなかなか歌わないので、良かった、」 と改めて感心している人たちが数人。20120801_makikuroudo_20300x2971

私は伊沢八郎さんではなく、歌い人知らずの歌手の 「ああ 上野駅」 がと~っても気に入っている。

「花は咲く」 は 歌詞が長いので、最後の数小節を先月は割愛した。

アコの先生に 「それでは歌う意味がない、 作詞家はどんな想いを込めて、この歌詞を作ったか、それは最後までうたわなければ、くみとれない・・・」 と コンコン と申し渡され、今月はゼ~~ンブ最後まで歌った。Imagescagxc1pa

 「ああ 上野駅」 は 友人が、50年近く前、東京に集団就職する友人を駅まで見送った思い出から、この歌をリクエスト。 

1964年のリリースで、当時爆発的にヒット。

集団就職が行われた時期は、高度経済成長期と重なり、中卒者は「金の卵」ともてはやさた。

しかし、それは採用側からの表現にすぎず、ブルーカラーとしての労働は厳しい030

北海道・東北からの集団就職者は、そのほとんどが上野駅で降り、雇い主に引き渡された。

↑ 「高原列車は行く」 の歌詞に出てくる 五色沼。

→ ファミリーの中で、5月は3人が誕生日を迎える。

夕食に9人集まってのにぎやかさはうれしい。

2013年5月10日 (金)

農娘 菅野 瑞穂さん

T02200124_08000450106504905571 こんな記事が大きく目に止まった。

福島県二本松市の中山間地、東和地区に住む菅野 瑞穂さん。

人と自然がつながる体験プログラムをとおして、福島の現実を知ってもらって、みんなと一緒に 「きぼうのたね」 をまきつづけたい。

O06400480125314981351( → 昨日の夕日、美しい福島の自然 )

そんな思いを抱いて、瑞穂さんは、今年3月 「きぼうのたねカンパニー」 を設立 (従業員はお母さん一人)O08000536125228602831

農作業のかたわら、地元での農業体験ツァーなどを企画。

民泊も引き受ける地域のネットワークともつながる。

 「不安じゃないといったらうそになる。 でも それを思うより、自分には何が出来るのかを考えた方が楽しい」 と ブログで震災後の福島を発信しつづける。

放射性物質を吸着するといわれるゼオライトを田に入れ、土中のセシウムを減らすことができると聞けば、いち早く挑戦。

← 5月2日の かぼちゃの植えつけ。

ホームページを見ると、各種ツァーが予定されている。

私もどこかで参加しよう \(^o^)/

2013年5月 9日 (木)

「宗谷岬」

 「うたごえ喫茶」 に行くと、毎度のことながら 「こんないい歌、全然しらな~~い」 というのばかり。いい歌を知って、デーサーヴィスや医療生協で一緒に歌いたい。 「憲法9条・五月晴れ」 と いう演歌ばりの歌も良かったが動画がないので、残念 (;一_一)。  この歌もさわやかで良かった (^_-)-☆

2013年5月 8日 (水)

絵本 「おじいさんとヤマガラ」

Uploadnewsimg_ep_201303031022201  絵本を読みました。

「おじいさんとヤマガラ」  3月11日のあとで

鳥の巣研究家の鈴木まもるさんの絵と文。

以下 絵本から

おじいさんは虫や鳥が大好きです。 

いつも冬の間に作った6ヶの巣箱を家のまわりにとりつけます。002 004_3

春になって、あたたかくなると その巣箱にヤマガラという鳥がやってきて 巣をつくり 卵を生むのです。

おじいさんは ヒナが元気に巣箱から 飛んでいくのを見るのが大好きなのです。

ところが、いつものように巣箱を6ヶつけたある日 大きな地震がおきました。

いくつか山を越えたところにある 原子力発電所が 津波でこわれたのです。

放射性物質が外にこぼれました。

おじいさんは 虫が食べる葉っぱにも 放射性物質がついたかもしれない、 その虫を親鳥はヒナに あげるけどヒナは大丈夫だろうか。

これは、おじいさんの目を通して、3月11日におきたこと、命の尊とさ・強さを やさしく子どもたちに語りかけます。

そして文末にこう結びます。

4097265075_20130423105203_op11 003 「生きている間は、少しずつでも 自分のできることをして、みんなで 一緒に 元気にくらしていこうと 思っています。」

その時から、やってくるヤマガラはとても少なく なったそうです。

人間の悲しみも大きいけど、

動物たちの悲しみもまた、

おじいさんの心配はみんなの心配・・・

切ないけど、切なさを何かに変えるエネルギーはどこに?

2013年5月 6日 (月)

松元ヒロソロ公演

Matsumotohiror224a1_2 楽しかった ヽ(´▽`)/ 面白かった o(*^▽^*)o でも、

 最後には   ジ~~~ンと・・。

マイムとトークによる時の政治家や話題を社会風刺を利かせたコントによるスタンダップ・コメディ

初めは早速昨日の野球場での表彰式の模様。

3番と55番(?)には大拍手。しかし、どうして96番が出てくるの?4911

昨年秋の総選挙の結果、今の政権党が圧勝。奥さんが怒って

「私、もう日本人やめる!」 といって家を出て行った。そして帰ってきたら ・・・ 金髪になっていた。

歴代総理大臣の物まねをずっとしてきているが、安部晋三首相にはちと苦労しているよう。副総理は顔といいしぐさといいとてもうまかった。

尖閣諸島問題にも言及。色々な考え方があるが、この紛争のきっかけを作った政治家の姿勢をおかしい・・と誘い、あれは大陸棚だから棚に上げとこう、という言い方にも一面納得。4931

最後には、自分を日本国憲法に見立て、「憲法クン」になりきる。

「法律は私たちを縛るものだけど、憲法は私たちが、時の権力をしばるものなのですよ、法律と同じに憲法を考えちゃいけません。」

憲法前文や九条条文を暗誦しつつ 「どうかもっと自分 (憲法) について、知って考えてほしい」 

「私はあなた、あなたは私なのです。私を生かすも殺すもあなた次第です。」 と訴える。

この時は 260人の観客はしんみり。胸にせまるものを多くの人がかかえ、万雷の拍手を送る。

最後のアンコールでは、喜怒哀楽こもごもの面を次次に付け替えていく、という素早いコントを身体一つで演じるという離れ業。

そして、なかなか離れなくなった仮面に苦労するが、やっと離れた仮面の下に現れたのは満面の笑顔。

表現することの面白さ、大切さ、感動を存分に味わった ひと時でした。

2013年5月 5日 (日)

松元ヒロ ソロライブ

Img_0002_2  元気がでます。

世の中、物騒な話ばかり。

中国とは友好な歴史をもたない。

国防軍は必要。

憲法96条は変えよう。

被災地は?

福島は?

沖縄は?

いま、忘れてはいけないものが 桜の花が散っていくように

どこかに流れていってはしないだろうか。

明日、松元ヒロさんのソロライブが入間である。

勉強家の彼のトークはなるほど、目からうろこ

の話しだけじゃない。

しあわせって黙っていてはだれもくれない・・

あなた自身が楽しんで勝ち取って・・

そんな楽しい話をしてくれる。 どうぞ沢山の人がきてくださいな。

2013年5月 4日 (土)

池袋いけいけ人形劇まつり

002 011_2 Sdscn3333 071 089 091 102 059 第26回になる「いけいけ人形劇フェスタ」

(準備段階はほとんど参加していないが・・(;一_一)) ともあれ出演参加。

第1回から数えて 2万人突破したよう。013 030

1階フロアでは、ネーネーズばりのサンシン弾きのうたごえが響き、どの階も工夫をこらした雰囲気作り。035

やはり、出演となると他の劇団はあまり見られない。

037 007今回、「劇団サラダボウル」 と たいそうな名前をつけて、かなり付け焼刃的演技で参加。

多数の友人から賞賛 (?) と助言をいただいた。

サラダボウルを今後続ける自信はあまりないが、ともあれ、人形劇のよさ、

影絵劇とちがって、生声がだせること、

これは、観客の声や反応をこちらのセリフにも対応できること。

参加型の劇がしやすいこと などもあり、出演者の他の二人は

「とても楽しむことが出来ました。」

と言ってくれたことがうれしい。

劇では、あねさがおならを出す音、引く音を

「ボンボカボーン」、「ス~~~~~ッ」 という音を事前に観客に 「音を出してね」 といっておいたので、

観客もいっぱい声をだしてくれた。

写真、「かえる」 から下の3枚は 「へっこきあねさ」 の3場面。

入間のドラマフェスタ同様、実行委員会形式で、しかも出演者からは会費をとらない。

そのため、しきいが低いので、多くのアマチュア劇団、若者も参加しやすい形になっている。

しかし、プロ劇団もある程度の参加がなければ、呼び水がないだろう。

今回、「杉の子劇団」という素晴らしい劇団も来ていた。

また、近隣の大学のサークルも複数参加し、若者パワーも毎度強くかんじられることはうれしい。062

デジタル化の時代、超アナログな人形劇は、「 オーストラリアではもう死語に近い」 という話をしていた人がいた。

こうした若者の参加は日本の人形劇もおばさんパワーだけではないぞ・・ということを示すいい機会だ。

「飯田」などを街おこしの一面もあり、行政がある程度の援助をしているが、このような文化活動の援助をする自治体はあまりない。

この為、このフェスタの運営もかなりシックハックの財政のようだ。

しかし、

今後もこの素敵なフェスタが存続することを心から願いたい。

(時間を写真の中にいれたまま・・しかもイギリス時間で・・。ごめんなし)

2013年5月 3日 (金)

いけいけ人形劇まつり

Ike_see_mimg261 「いけいけ」 は明日。

今日、部屋ので練習や各団体との打ち合わせをすませた。

サラダボウルは第1回が 12時30分、第2回目は 3時45分からの出演になる。

「杉の子財団」 の 「とべ ドードー」などは見逃せない。

「わたぐもさん」 の 「絵姿女房」 もぜひ見たい。

あと、友人の 「あさ鼓」のマリオネットも。

みなさま、おいでませ、池袋 豊島区民センターへ。

紫おだまき

010 013 むむ、紫のはずなのに、写真でみるとブルーにみえる。

ともあれ、近所の人にいただいた オダマキ

こんなに大きくなるって自慢の花に。007_2

もっこうバラは今までになく一番よく咲いてくれた。

近隣友人に分けている。

今はかなり多くの家に見られるので、黄色より、白の方が人気がある。 さて、うちはどちらでしょう?016

↓ アコを始めてから、「わすれな草」 をいう歌を知り、買い求めた。

プランターで元気よく大きくなっている。017

たつなみ草が今年は失敗。019_2

紫と白があるが、古い花柄などを切らなかったために、若苗が少ししか出てこなかった。」

来年はちゃんと可愛がってあげましょう。

木立ベゴニアは元気、元気。

3年前、2年前、1年前に作った鉢が2ヶずつすくすくと育っている。

そうですよね。突然ですが、憲法だって国民、私たちの手ですくすくと育てなければいけないのに、

権力が私たちをしばろうとしている。018

2013年5月 2日 (木)

劇団 サラダボウル

014 「いけいけ」 に向けて、我が家での練習も今日が最後。

気合が入る。

明日、明後日は池袋での練習と本番。

劇団 サラダボウルは 6月のデーサービスでの公演も本決まり。

この劇団を永続的なものにするかどうかはまだ決めていない。 アコサークルの落ちこぼれにならないようにアコもまじめに触らねばならぬし・・・。

写真は筑波山ろく男声合唱団の練習。 一段と進化してきた。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »