無料ブログはココログ

リンク集

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

日常生活のありがたさ

 Img
家に帰ってきて 二日たった。なんとありがたい平穏な日常生活。普通にごはんを作り、洗い物をし、スズムシの鳴き声をききながらPCに向かう。

しかし、あの 「仮設」 にいた人たちの声は耳から離れない。

 「もとの普通の生活がしたい。野菜を作り、孫の声、牛の声を聞き・・・」

← 「原発告訴団の訴え」の本を読んだ。

○ 、1時間あたり、0.04マイクロシーベルトまでし てほしい。

○ そこになるまで、Ⅰヶ月あたり5万5千円の金額を保障せよ。

などなどはもっともな道理。

さきごろ、東京新聞にのった文芸評論家のコラム。

たとえが面白い。 さすが、言葉の魔術師。みならいたい。

 壊れたトイレ   斎藤 美奈子
 
 先日、水洗トイレにトイレットペーパーの芯を流すという失態をやらかした。あっと思ったときは後の祭り。20分
ほど格闘するも、異物がつかえて水が流れない。94471_2

次の手を思案しつつ思い出したのが「原発はトイレのないマンション」という言葉。

 「トイレはない」は実感に欠ける。怖いのは壊れたり破損。

汚水は床にたまり、トイレの外に浸出し、このままだと家中の床はおろか玄関から外に出て隣家にも影響しかねぬ状況だ。
 それなのにこの家の家主は「うちで五輪を開こうぜ」などとはしゃいでいる。私には壊れたトイレを放置して、友人をパーティーに招こうとしているように見える。まともな友人なら「順番が違う」と思うだろう。

 汚染水漏れは「五輪に直接関係ない」と語った猪瀬直樹東京都知事。

 同じく「影響ない」と述べた菅義偉官房長官このセンスが事態を悪化させる。

「お手上げなんだ。助けてほしい」と首相は他国に頭を下げるべきなのだ。

官邸のトイレにトイペの芯を流しに行きたい。  

2013年8月28日 (水)

南相馬市三日目

046三日目は朝から仮設住宅訪問。

写真は昨日の見学時に撮った。

← 小高駅近くの線路。 さびて、草に埋もれている。050

↓ 海岸近くには、まだあの日に流されたままの船や車がそのまま放置されている。

電源立地促進対策交付金で、立てられたという請戸小学校。

校舎はごらんのようにズタズタ。

しかし、あの有名な 「大川小学校」 とちがって、教職員の判断で、地震後 すぐに全校生徒が一斉に2キロ位はなれた高台に避難した。 だから、一人の被災者も出さずに助かったとのこと。

途中、低学年の生徒は歩けない・・と泣きだす者もいたが、高学年の生徒が手を引いたり、おぶったりした・・というのを近隣の人が見たという。

大川小学校の場合、校長の携帯につながらなかったので、40分も校庭で待機したとか・・・ (T_T)/~~~。104

この日, 神戸から来たというヒッチハイクの若者二人。

大学生と自営手伝いという。

5日間かかって、南相馬に辿り着き、昨夜は 「道の駅」 ベンチで 寒さにふるえながら寝たという。108

さっそくセンターで朝食。そして、ボランティアに合流。

昨日は午後4時間位あったので、13軒の訪問だったが、今日は9時過ぎから、12時半までだったので、わずか6軒の訪問、

一軒あたり、平均30分になる。

小高から越してきた人が多く、家はこわれていないのに、線量が高く、昼間しか帰れない・・という人も多い。

○ 「もうちょっと前までは、家に帰りたくて、家を直せば・・・」 と思っていたけど、ねずみ や さる、いのししに家のまわりや中もやられ、かびでぶよぶよ。102

もう帰る気もしなくなってきた。早く東電からの住宅保障がほしい。」

○ 「今までは、自分の家で食べる野菜は全部 うちで作っていた。 畑からとってそのまま食べるので、ほんとにおいしい。 109_2

けど、今はスーパーで2・3日もたった野菜をナン百円もだして買わなきゃなんない。

どうして、こんな生活なのか・・。」

○ 四畳半が二つだけなので、息がつまる。どっちかが昼間は 外にでるようにしているが、どこにいったものか・・。」103_4

○ 「月に一回、 『 なじょしてる?』 などの地域新聞を配ってくれる市会議員もいるが、あとはまったく政治家は来ない。 忘れられそうだ。132_2

○ 「なんで、こんな理不尽な2重生活をしなければならないのか。 帰れる見通しがあればまだいいのだが・・・。」146


そんな中でも、私たちを快く受け入れてくださる方がいて、「仮設」の中でお茶することが出来た。136_2

四畳半二間のせまさはあるが、その人は一人暮らしなので、壁の周囲に手作りの可愛いタべストリーやバッグをかざっていたり152

サフィニア、デイジーなど、ものの見事に咲かせている方などもいて、気丈に明るく、前向きに生きていこう・・という姿勢もまた一面強く感じられた。

○ 「原発がなかったら、こんな生活をしなくてもよかったのに・・。でもみなさんにこうやって助けてもらって、もし 私が反対の立場だったら こんなことできないと思う」

と、いう方。その方かたこんな可愛い貝の根付けや土鈴をいただいた。

みなさんの声を聞いてもわかったように、何故、何故? ホームスイートホームをほうりだして、 こんなところに来なければならないのか・・

という理不尽さに悔しさがにじみでてくる訪問だった。

こんな声をなるべく沢山の人につたえていきたいと思う。

さて、帰り際、かの若者二人はあと3日間で神戸に帰らなければならないという。

で、上里インターまで、という約束で我らの車に同乗。

かの地に着いた時は、夜9時過ぎ。

これから神戸まで行く車を見つけるのは無理やろ・・ということで、我が家で、一宿二飯を提供。

いい出会いになった。

2013年8月27日 (火)

被災地

017午前中は被災地の現状を見に行く。

← こわれたままの堤防。

↓こわれたまま、かたむいたままの家。

一見、立派そうにみえるのに、津波で 高い処にかけてあるものだけが残った家、

松本家031_3


海岸沿いから 「小高の街に入る。

普通の商店街なのに、シャッターが下りたり、街に人影はまったくない。

わづかに一軒、理髪店が 「開店しました」 という看板と共に開いていた。026_2

お客はほとんど、見込めないが、「気合で開けている」 とのこと。

小高駅前の自転車置き場。027_2

あの震災の日の翌日の自転車がそのままの形でおきざりにされている。

小高から一切、家具、自転車も含めて 線量が高いということで、他所へは持ち込めないとのこと。

さて、午後

いよいよ仮設住宅の訪問。

沢山の人から受けたお米を2キロずつ、配りながら

「どちらからいらしたのですか、改善してほしいことはないですか・・」などの言葉をかけながらの訪問。

切なくて書き切れないが・・・。

○ 「震災以降、孫とは一度も会っていない。会いたい。」

○ 「東電からの生活保障は、もう切れた。

この上、この 「仮設」 をでなければならにとしたら、年寄りは首くくるしかない。023_3

○ 「電気代が高くなるので、エアコンはほとんどつけない。」

一日に何度も、しつこいくらい流された、『 エアコンをつけて、適度な温度でおすごしくだい」 との猛暑日がくりかえされたにもかかわらず・・である。

○ 「家の下が他所より、少し低くなっている。住宅の下に水がたまって、かべや屋根がしめって、かびがはえる。早くなんとかしてほしい。」

 高齢者の入居者が多い中で、若いお母さんがいた。

○ 「子どもの遊び場、小さくともいいから公園のようなものが欲しい。

仮設前の道は車も通り、危ないし、あそんでいると大人に叱られる。058_2

幼稚園の子どもは、私にしかなつかなくなった。059_2

幼稚園児、中学生、高校生がいるが、親子四人で ひきこもり状態。」。 

このお母さんは、震災直前に離婚し、親元に子ども3人と身を寄せたが、実家は半壊。親と離れて、仮設にくるしかなかった。063_3

 しかし、「周りは高齢者がほとんどなので、話し相手もいない。」 とのせつな訴え。041_4





063_2

↓ コンクリートの塀もたおれたまま。























2013年8月26日 (月)

南相馬市・ボランティアセンター

014所沢を朝、6時に出発P10002051


福島西インターから一路西へ向かう。

途中、飯館村を通過。

いかにも、以前は「田んぼ」と思しき所がずっとずっと続く。

しかし、そこは草は刈られているところもあったが、ほとんどは草ぼうぼうの荒れ地。001_2

すすきや月見草、イネ科の植物でおおわれている。

途中、廃校になった飯館村の飯館小学校に立ち寄る。

きれいな校舎なのに、こどものいない廃校。

何故? どうして? のくやしさがにじむ。011_2

南相馬の「道の駅」で昼食後、ボランティアセンターに行く。 我が市の婦人団体のカンパで、水1リットル入りケース、確か 60ケース買えたとか。これらは幼稚園や保育園に寄付。

そして、米の寄付は、2キロ入り小袋にして、 173袋作って、明日からの仮設訪問に備える。

センターには、埼玉、京都、愛媛からのボランティアが集まっていた。

スカーフをしている人は愛媛、今治市から来た人。

2013年8月25日 (日)

日曜美術館・藤城清冶

007_3


日曜美術館の藤城清冶さんを観た。

いつもながら、ため息のでる美しさ。

かげえにちょっぴり、たづさわっている人間として息をこらしてみせてもらった。

この番組をみていないメンバーにも彼の言葉を伝えたい。009_2

写真は上は 「風の又三郎」、宮澤賢治の世界のなかでも、ひときわ表現がむづかしかった・・との事。

→ 原発で避難を強いられた双葉町の鮮魚場跡地。 手前の岩に、 

「世界が全体幸福にならなければ、個人の幸福はありえない」 との言葉を 彼はきざんだ。032

周辺は すすきの里になっていたが、以前は人が行きかう町だった。036

しかし、その地の川にもサケが遡上してきていた。

自然の力強さと未来への希望をそこに表わしている。

彼はいう。

「この世で一番

美しいものは、光と影だと思う。

ただ美しいというだけではない。魂をゆするような、人間の心の奥深いところに通じるものがある。029

影は静かに止まって、神秘的で、人にそっとささやいてくれているような気がする。

目に見えるものだけでなく、奥にある本物をえがいてこそ、美しいといえる。

本物の美しさは、奥にかくれていて、すぐには見えない。

時間をかけてこそみえてくるものがある。

← 津波で800mも陸に打ち上げられた船。

原爆ドームを見て・・、015_2

「ただ美しい、可愛らしい、メルヘンの世界を描くだけでなく、残したい、描きのこさなければならない・・と思うようになった。


原爆ドームの上にはメルヘンの世界の妖精、空には無数の折鶴が飛ぶ。

平和への希望を表したかった・・という。017_2

桜島

そして、

「陸前高田の一本松」

松には何人もの子どもたちが遊んでいる。

陸前高田の明るい未来をそこに見ている。021

さて、私はあしたから二泊三日で 南相馬市。

「浜通り」 へいくのは初めて。




024_2


026

2013年8月24日 (土)

銃口 下巻

Imagescadw31hzいい本に出会えて、ほんとに良かった。

皆様にもぜひ お勧め。

銃口 下巻。 一気に読める。

ある日、突然 治安維持法違反者として検挙された主人公・竜太。北海道つづり方教育連盟の集会が共産主義の集まりとみなされたからだ。

7ヶ月の拘留の後、結婚を目前にしながらの召集令状。 Pjuko21_2

満州に送られる。幸い前線に立つことはなかったが、日本軍の人間への残虐な扱いに戦慄する。 まっすぐな心の竜太は 「大御心は、すべての臣民は、我が赤子である、」 という言葉に反する・・と思いながらも ただ黙過する。

戦争とは、かくも人間の良識をマヒさせるものか。 もっとも相手 (一般人であろうと軍人であろうと)、を消滅させることが 正義と みなされるのだから・・。Img_987488_29010691_01

これは、有史以後、どこの紛争地でも、現在でさえ通用しているところに、またおののく。

竜太には、思いやりのある上官に、各部署でめぐりあう。こんなに偶然に軍隊の中にいい上官がいるのか・・と思うほどではあるが、軍隊のなかにもこのような人がいたのも現実だろう。

ソ連参戦後、本隊と離れ離れれになった小隊20人は曹長を先頭に逃避行を続ける。 ある時、曹長は 武器をすてろ、丸腰になれという。 逃避行の最中なのに、武器をすてることに納得できない隊員たちは、離れ、竜太と曹長の二人だけになる。Img_987488_29010691_91

そして、抗日軍団に囲まれるが、丸腰だとわかると 攻撃せずにとらえられる。 ここがまた、ドラマだが、 軍団の隊長は 昔 竜太のお父さんが つらい苦役から助けた 朝鮮人だった。

かくして、彼の懸命の努力で、竜太は日本にもどり、戦争とはなんだったのか、人間とはなんなのか、平和とは・・を自分に問いかけ、子どもたちとも共に考えたいとの想いを込めて、教職に復帰する・・という壮大なストーリー。

あっちが、武力でやってくるから、こっちも対抗せねば・・というのが、今の日本の大半の意識か? 示唆に富んだ本だ。

2013年8月23日 (金)

すずむし

006_28月8日の 「うたごえ喫茶」 の時に、「すずむしが多くなって困るので、だれか欲しい人・・・」

という人がいたので、ゲット。

まだ、鳴きませんよ, と、言われて いただいたが ここ4日位前からなんとも可愛らしい ほんに 鈴をころがすような声が夕方ころから聞こえてくる。001_2

鈴虫ってこんなにかわいいなきごえだったのか・・と 都会育ちの私はあらためて感じ入っている。

15匹位はいっているらしい。 大きい箱に移したから鳴き始めたか、成長したから鳴き始めたか ??Imagescawn61yy

ともかく 毎晩可愛い、涼やかな音色、ほら、あの 「神楽鈴」 を やさ~~しく 一振りしたような音色で、 「鳴いてる、鳴いてる・・」 と喜んでいる。

2013年8月22日 (木)

ボランティア

Ph_sen_rojin1今日は、デーサービスとグループホーム訪問。

プログラムは

数日前の訪問と同じく、

① へびクンを使った腹話術

② 馬頭琴の演奏

③ アコ伴奏での歌 、山の音楽家、夏の思い出、荒城の月、瀬戸の花嫁、明治一代女、など7曲。Img_936447_32496469_01

今日はとりわけ、反応がよく

腹話術もよく笑ってくれたし、歌も大きな声で歌ってくれた。

曜日により、元気な利用者さんが多かったからなのか。

腹話術は前回よりは多少のっていたのかもしれないし (^_-)-☆

訪問するたびに、手をしっかり握って 「楽しかった、また来てくださいね、まっていますよ。」 と必ず言ってくれる人たちがいる。

その言葉を信じて、 来月も頑張りましょう \(^o^)/

2013年8月21日 (水)

明日に向かって撃て

空さん 「雨にぬれても」 は、実在の銀行強盗の話しをベースにした西部劇映画。 働くこともなく、楽して金持ちになることだけを夢見る二人の最後は悲しい・・。 でも、この挿入歌はいいなぁ。

2013年8月20日 (火)

雨にぬれても

毎年、アコーディオン教室で行う 「陽だまりコンサート」。みなさんと一緒に歌う曲が17曲。 

私のソロ演奏もやっと決定。「雨に濡れても」。 今年は全体的に 映画音楽ムード。で、私もそれに乗った。 アウトローの歌だけど、こんなアウトローにはなりませぬが、やっぱり私もアウトロー?

2013年8月19日 (月)

8月デーボランティア

今日のボランティアのプログラム ① 私の腹話術。

007_2昨日、腹話術クラスでみんなにみてもらった へび を使ったもの。 昨日は、女子だったが、先生のアドバイスで、低い声の持ち主にしたので、男の子のヘビに。022_2

久しぶりの腹話術は気持ちがいい.

 アコーディオンだけだと、言いたいこともあまりいえんし・・・。031_3

このへびくん、飛んだり、跳ねたりしてね。

そして、次のプログラムは モンゴルの楽器 「馬頭琴」

所沢の友人に来ていただいた。

馬頭琴の生演奏を聴くのはたぶん、私は初めて。

以外と大きい。 哀愁を帯びた音色は時に、へげしく。 草原を疾駆する竣


馬のごとく ( このタイトルは 天馬 という)。 「荒城の月」、 「ふるさと」 を 演奏するときは そのふくよかな音色とものがなしさにうっとり。51h1piok67l_sl500_aa300_1_4


③ アコの伴奏での歌

「山の音楽家」、 「夏の思い出」、 「荒城の月」 ( つい先日 会津の鶴ヶ城 をみてきたので、説明にも力がこもった。) 

「瀬戸の花嫁」、「明治一代女」、「原爆許すまじ」 (8月ですからね。) 、「ボケない小唄」 の 7曲。

こんな感じで、次回のボランティアもいくなぁ。




2013年8月18日 (日)

腹話術オープンマイク

085腹話術の勉強会。

← こんな楽しい腹話術。 お面を箱の中にいれ、後ろで口が開けたり、目に懐中電灯のあかりを入れたりしながらの 会話 ( 面の主はお盆にかえってきたおじいちゃん、という設定。

写真は091フランス帰りのおばあちゃんと娘。 →

093_2

「歌」 で、切り抜ける人。 ←

私は明日のボランティアのために 「ヘビ子さん」

↓ 人形師につくってもらった一点もの人形で、ツッコミ鋭いおじいちゃんとの会話。088

写真下 右 「がまの油売り」 で、大きな刀で腕をきっているところ。087

今日は人形のキャラクターをいかにして作るかの講義。

キャラクターが固まれば、台本描きも書きやすくなる。

終了後は10月のおんぼろ寺の 「バジブベボお化け」、「うそつき名人」 の台本検討。











2013年8月17日 (土)

孫に絵本

350_ehon_894421小学校2年ともなると、夏休みに読書感想文を書くことになるそうな。

で、2年の孫に、「魔女のシュークリーム」 と、「ふしぎなポジャビのき」 をプレゼント。

「魔女・・・」 のほうは、

ダイスケはシュークリームが大好き。ある日、公園に行ったとき クロネコとカラスがダイスケのもとにあらわれた。 「百倍の大きさのシュークリームをたべてもらいたい・・」 という。1411_3


ひきょうな魔女によって どうぶつたちの 「いのち」が大きなシュークリームの 中にかくされてしまったのだ。97848758635951_3

112ページもあるこの本。2年の孫は我が家にいる間、お父さんと私に 読み語り をせがみ、じっと最後まで かたずをのんで聞いていた。

「ふしぎなボジャビのき」

アフリカの昔話。  おなかがペコペコの動物たちは、マンゴーのような甘い匂いを放つ木の実をみつけた。

でも、根もとにまきついたヘビは、木の名前をあてないと どかないという。

動物たちは次々にライオンに名前を聞きに行くが、みな帰り道にわすれてしまう。

この独創的で、ユニークなカラリング。 アフリカの大地と空がこんな色彩の絵本を生み出すのか・・・。

「はしるってなに?」

ふるさとってなに? ひとりって?

 震災以降、地震、津波、原発の三重苦に見舞われた福島から詩を発信しつづける詩人、和合亮一さんの絵本。350_ehon_43611_2

「いいか  はしるということは  いつも  ひとり」

「たとえ とうさんといっしょでも みんなといっしょでも はしっているのはじぶん」

「ただ ひとりなんだ だから ひとりで はしりなさい」

走ることの意味を見つめる。

3歳の孫には 水の楽しさをつたえるために、 「たろうめいじんのたからもの」










2013年8月15日 (木)

盆休み

011 Agatumakyou0911212051 飯能の入間川にかかる岩根橋を境に上流が吾妻峡、下流が飯能河原、 吾妻峡は奇岩もそこここにあり、渓谷美がある。

我が家からわずか40分位いったところに川遊びもバーベキュウもできる渓谷美豊かな吾妻峡。

ここ数年来、真夏には 家族で 川遊びに出かける。11人となるとさすが、大所帯。

幼児にはもってこいの川遊びのメッカ。

渓谷なので、前に後ろに杉木立、広葉樹林を見ながらの 水遊びは 子連れアウトドアーには とっても気楽。

→ この飛び石の橋は 「ドレミファ橋」 と呼ぶそうな。

駐車料金を600円払えば、自由に この近辺のどこにでも陣取り、バーベキュウも楽しめる。

野菜、肉類を準備し、主食は私が作った、お稲荷さん、海苔巻(牛肉、レタス入り)、そして、冷凍の焼きおにぎり。026_2

焼きおにぎりは焼くとさらに美味。

ババはほんのちょっぴり、水に浸かっただけで、あとは空に浮かぶ木の葉は数えるまったりタイム。 017

次男は週末は仕事なので、11人、全員集合は正月も含めて 年に2回位。貴重な集合日になる。022

1歳2ヶ月の子は歩き始め、階段もドンドン登ったり、下りたり (手助けを要求しながら・・)

孫はホンにみるたび、会うたびに成長を実感。036_3 037

小学二年の子は 「魔女のシュークリーム」 という、物語本を、読み聞かせながらも しっかり聞き分ける。

読書感想文にするとか?

3歳の子は 「であえてよかった」 という 恐竜シリーズの字数もわりと多い本が気に入り、2回も 読み聞かせを要求。

「本を読んで・・」 という孫たちに、ババは目を細める。 (体も細まればいいのだけど・・・」

夜は恒例になった夜の花火。

マンション住まいの今の子どもたちはなかなか花火が出来なさそう。

花火禁止の公園も多いと聞くが、近所の小さい公園は 9時ごろまでは安心してできる。

2013年8月14日 (水)

映画 「少年H」

C_title21 映画 「少年H」 を見た。

妹尾河童の自伝的小説の映画化。

第二次世界大戦をまたに、戦前戦後の20年間を生き抜いた ある家族の愛と真実の物語・・と謳う。Main_large1

昭和初期、神戸、洋服の仕立て屋を営み、リベラルな考えを持ち、家族をあたたかく見守る父親。

大きな愛で家族・隣人を包む母親。

そんな二人のもとで、好奇心旺盛に育つ H こと はじめ。C_img_0021_2

やがて、戦争がはじまり、軍事統制もきびしさを増し、自由な発言もできない時代になっていった。

物語は少年の目線で語られているので、そんなには暗くならない

しかし、昭和20年、3月17日B29の大編隊が神戸上空に現れる。 「H」 は 編隊が現れ、焼夷弾を落とした時、 「きれいだなぁ、まるで 花火のようや」 と、しばし 空を見つめる。Sub10_large1

このときの映像は確かに、きれいに見える (不謹慎だが) 満天に大きなダイヤモンドのような星がちりばめられたような 焼夷弾。

それが、地上に落ちた時とうなるのか、 「H」 はSub01_large1_2 しるよしもなく、しばし空を見つめる。

そして、大惨禍になる大火事。 神戸の2割以上が消失したという。  火事の映像はCGを使っているのだろうが、とてもリアルで 主人公の家族が助かるのかどうか、ドキドキしてしまう。

火事の場面はあの有名な「風と共に去りぬ」 のアトランタの場面を思い出すほど迫力がある。

普段の暮らしから、世相が描かれ、市井の人々の日常生活を知らず知らずうちに戦時体制にくみこんでいく様子が今の世相ににているようで、なんとも空恐ろしい。  

戦後、家族は自分自身の考えで足を踏み出していくことを誓う。

2013年8月12日 (月)

猛暑日

001_2 さるすべりが今、どこもきれい。

うちも小さいけどこんな。004

↓ 今まで、サクラソウはプランターで、花が咲いた後、しっかり芽をだしてくれていたが、「ワスレナグサ」 (多分?)がこんなにしっかりと、芽を、プランターなのに 出してくれたので驚いている。006

ルリマツリはもう5月ごろからずっとずっと咲き続けていてくれる。007_2

ハイビスカスは近所の人も驚くほど、毎日3ヶから5ヶの花が咲く。011 014 

長野、塩尻に行った人から立派なすいかをいただいた。

福島の桃をおすそ分けした人だ。

あんまりおいしかったので・・ということでくれた。

この暑さで心おきなくスイカが食べられるのはうれしい。

ごらんのように 「スイカアイス」 にしたりして。

なつかしい冷凍みかんも我が家では健在。

下旬のボランティアに向けて、アコ練習を始める。

「明治一代女」を 始めたが、音符の高低が激しく、歌う人も苦労していた。

これは色っぽく歌わないと雰囲気が出ないしね。061

アコを始めて、4年半過ぎたけど、

「原爆許すまじ」 も初めて伴奏する。

昨日、テレビ朝日の 「原発と原爆」 という「ザ・スクープ」 のドキュメンタリーを見た。

歌にも力がこもる。

「原発と原爆は表裏一体」 と いっていたっけ。

http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/

2013年8月11日 (日)

長崎を想う

http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/appeal/   

私も右クリックした・・・。

2013年8月10日 (土)

清里高原・吐竜の滝

026 4825_011 猛暑から逃れるように行った先が 清里高原。

中央高速で、途中30分休憩して2時間半。

まずは吐竜の滝。036

山梨県、北杜市 川俣川渓谷沿いにある滝の中でも一番美しいとされる滝。

落差 10m、岩間から絹糸のように流れ落ちる神秘さから 吐竜の滝 となづけられた。

34度Cの下界から来ると、ここは 27度位。

涼しい!

じっと座って滝をみていると、自然の偉大な恩恵を感じる。

美しい山があり、山が水を保存し、下界に豊かな水の恵みを力強く与えてくれる。

山の神様、水の神様、岩の神様も すべてありがとう と言わずにいられない気持ちにしてくれる 滝。

まわりはごらんのように原生林のよう。054

一見、リンドウのような花が写っているけど、ヤマハッカかなぁ。

カエデさん、名前教えて・・。

岩と木だけのところに一輪、ホワッと咲いていた花、小さな妖精のよう。

昼食はいかにも老舗という感じの お蕎麦屋さんで 「天ぷらそば」

そばの本場だけあってやはり そばがおいしい。

次に向かったのは 絵本ミュージアム。

島田ゆか原画展、パムとケロの原画展示。

エロール・ル・カインも展示されていた。060

ミュージアムというから、もう少し絵本が沢山あるのか・・と思っていたら、 作家の原画展が主のようなところ。063_2

しかし、ドリンクつきなので よしとするか・・。

最後に 北杜市明野サンフラワーフェス2013に行った。

60万本のヒマワリが植わっており、迷路にもなっている。

しかし、私はこの猛暑、炎天下のなかにヒマワリ畑に入ることはとても出来なかった。

069 068 日傘をさしていてさえ、じりじりと日焼けを感じる暑さ。

手前の黒っぽいところはこれから咲くヒマワリ畑。070

ヒマワリは上からながめるだけにして、屋台がいっぱい出ていたので、「焼きトウモロコシ」 を買う。

若いお兄ちゃんが 「うちの畑でとったんです。」 と

この暑さの中、一所懸命焼いてくれた。

おいしかった (^v^)。

2013年8月 9日 (金)

長崎の日 

こんなサイトをみつけてしまった Σ( ゜Д゜)ハッ!  オリバーストーン監督が、 「米国が原爆を投下した理由は、ソ連をけん制するため。 原爆を落とさなくとも 戦争は終わっていた」 といっていたなぁ。

2013年8月 8日 (木)

八月のうたごえ喫茶

梅原司平さんの名曲 「折り鶴」 などを力いっぱい 歌った。 毎年のことだけど、広島平和宣言には、こどもの声が特に心に残る。 「自分の好きな事を通じて、平和にために出来ることをやっていきたい・・」。  どれだけ多くの大人がこう思ったろう?

2013年8月 7日 (水)

福島県産 桃

Pbdcfafmbdpfpbdcfajjpbedbdidedhd1  8月1日に家に届いたという 桃。 あいにく、1日から留守。6日夜遅くに帰宅したので、今日初めて食べた。

 友人から贈られてきた022 福島県・国見町の 「あかつき」 という品種。

同県産もも といえば、放射能被害を心配する声が一時強まった。

風評被害に苦しみ、果樹栽培をやめた農家もあった。

勿論、今はすべて基準値以下。

 贈っていただいた 桃

1週間たったが、今だ それはそれは美味。じっぱりと口の中を転げる 大地と果樹のおりなした甘味を どっぱり味わったなし。

「食べて応援」 というけど、食当たり、あせも、便秘、美肌、がん予防、などに効果的という桃。

食べて心身のあなたの健康を めざしてなし。\(^o^)/

2013年8月 6日 (火)

喜多方シアター 四日目

Sub011 Main1 ① 人形劇といえば、「ひとみ座」 は、押しも押されもせぬ劇団。

「ずっこけ時間漂流記」を観劇。

ひょんなことから、タイムマシンに乗って 江戸時代にタイムスリップした仲良し3人組。

発明家の 「平賀源内」 に拾われ、発明を助けようとするが・・・。

時の権力が発明は 「自主の芽」 を育むことになるから、御法度

と、弾圧を加える。

どの時代も 時の権力が考えることは同じね。

さて、3人組には何ができたか・・。

随所に若者のエレキギターやトロンボーンなどの生演奏によるバックミュージック。 

歴史の勉強にもなるようなドキュメンタリータッチもちりばめ、新たな人形劇を試みる。140

↓ ② 広島からはるばるやってきた安芸楽団・ 安芸楽団コンサート。

琴,篠笛、太鼓は和楽器だが、ドラムス、シンセサイザー、等を取り混ぜた 楽団。

日本の歌を大きくアレンジして歌と演奏で盛り上げる。

演奏は良かったが、たまに歌より伴奏が大きくて 歌詞がほとんど聞こえなくなる所は 難。Tirashi_as1_2 Kashira_201307270925301_2 Tirashi_as1_3

しかし、ユニークな新鮮さが面白い。

③ 当初、喜多方は8月5日までの予定だったが、 前進座の芝居があるというので、友人にも無理いって、一日延期したほどの芝居。

新見南吉没後100年記念と銘打った

「花木村月夜奇妙」

一日伸ばした甲斐はあったものの、Ohana1_2

帰りの時間が気になり、午後3時30分までの芝居を 3時10分までしかみられなかったのは口惜しい。

だが、2時からたっぷり、前進座の心意気にひたることが出来た。

 花の木村はほっこりと美しい村。 どの家にもカギなどなく、どろぼうなどはいったことがない。 そこへ、どろぼうの親分とごらんのように、元 錠前屋、元大工、元角兵衛獅子などの新米どろぼうがやってくる・・・・。

6人の中堅・若手俳優の競演は見ごたえ十分。

各地でも上演の予定がある。歌舞伎の新たなジャンルも開拓する前進座を応援したい。

2013年8月 5日 (月)

喜多方シアター 三日目

127 ① 日本サロンコンサート協会による 「おもちゃのシンフォニー 、0歳から3歳児のための初めてのオーケストラ」 を聴く。

「ラ・パロマ」 という曲の時131 、舞台に上がって、楽器と演奏者を真近にみながら、きいてほしい・・というときに撮影。

初めてのオーケストラ とはいえ、「ラ・パロマ」、「ザ・エンタテイナー」、「おもちゃのシンフォニー」、「金と銀」、「天国と地獄」、「ハンガリアン舞曲」 など演奏は本格派クラシック。20080224_4313531

前日に引き続き、心と体もゆったり、豊かな気持ちになれた音楽会。134 136

② ひと組 メンバー、 永田ひとし、あねさん、玉ちゃんと呼ばれる3人組による 「ほんわかシアター」

こちらは 「ひと組」 によって 幼児対象に作られた作品。

大型仕掛け絵本、さまざまな楽器を駆使しながら幼児がよく知っている歌をクイズを取り混ぜながら 「ありそうでなかった音楽会。」 

やっぱり、さすが、「ひと組」。 よく計算された舞台。

③ 次に向かった先は

松本律子 マリンバコンサート・・・佐々木あすかと共に。1265784668_photo1_2

マリンバだけでなく、たいこ、シンバルなども一人でこなしながらの熱演。 たいこを取り入れると また、新鮮な 曲を生みだす。  後半はごらんのようにマリンバを演奏しながら、切り絵作家、佐々木さんが 切り絵の実演。 20分あまりのうちに 写真の つぼみもあるハスの花が誕生。

④ 最後は 社会風刺集団 お笑いの 「ザ・ニュースペーパー」 

この写真とはちがうが・・、安倍首相、志位書記長、菅官房長官、小沢一郎 などなど時の話題の人たちになって、政策を笑い飛ばす。 座席の後ろの人は最初から最後まで、ケタケタ・アハアハ と大きな声で笑いっぱなし。

 とにかくメークには脱帽。さすが瓜二つクンになって登場。言葉の持つ深みをよく研究している。

長床と鶴ヶ城

092 093 099 喜多方駅から車で15分位いったところに

新宮熊野神社がある。午前中、観光に足を運ぶ。

ここの拝殿 「長床」 として有名。

国指定重要文化財だ。

ごらんのように、壮大なしめ縄がまず目をうばう。

ここ、新宮熊野神社は、源頼義・義家親子が、天喜3年(1055年)、陸奥征伐に行く際、

武運を祈って、紀州熊野から要請し、創建したのが始まりとされる。

造営1089年、現在に至るとされ、その後数々の変遷を経て、

1614年、大地震が起こり、本殿を残すのみになったが、時の権力者が旧材を用い、一回り小さく長床( 拝殿) を再建。

長床は、長大な規模と木太い柱の配列が特徴。

四方は吹き抜け、内部に林立する太い柱は円柱 44本。

いかにも古風で平安朝の荘厳な趣を今に伝えている。110 112

宝物殿には、国、県、市指定の文化財が数多くある。

平安時代の絵巻物、

獅子にのった 「木造文殊菩薩騎獅像」

鎌倉時代初期の作品。

等など。Img_1510912_62469142_11_2

その後、会津若松に友人の車で向かい、

時の城となった鶴ヶ城を見学。1314年の建立。

戊辰戦争で、よれよれになった鶴ヶ城。

土井晩翠の 「荒城の月」 はその時の鶴ヶ城を詠んだ・・との歌碑が城内にある。

(青葉城と鶴ヶ城を詠んだ・・との説もある。)

好天にめぐまれ、赤瓦のお城は立派。駐車場から、城入口までは、延々と歩く。

どなたかが、城見取り図を書いたのを借りたが、ごらんのように攻め入るには堅固。

戊辰戦争時、5000人がここに立てこもって40日間防戦したという。

あの西田俊之演じる 「頼母」 が兵糧を城外から 注入し続けたとか。Aizuwakamatutyo1

明治7年石垣だけを残して、城は取り壊されたが、多くの人の寄付で昭和40年、鶴ヶ城は復元。

2013年8月 4日 (日)

喜多方シアター 二日目

067 069 二日目、「むすび座」 も上演しているので、そちらも魅力だったが、

一人芝居の 「ひつじのカンパニー」 に入る。

「サクラ」 というネコの冒険物語。

一人人形芝居はここまでできる・・と思えるほど、バラエティ豊かでユニークな人形や動線、月日の表現、、ドラマ性確かな芝居は圧倒的。076

次に向かったのは 大和川酒造・北方風土館。↓と下右

1790年創業、飯豊山の蒸留水を仕込み水として銘酒 「弥右衛門酒」などをうみだしてきた。

展示館、資料館など 9:00~16:00 まで無料で見学できる。

② 077_3 まるで、江戸時代にタイムスリップしたかのようなここでのコンサート

「ルロット・オーケストラ

クラシックの玄関コンサート フライパンとの共演」

081 089 今回、このコンサートに出会えたのが、喜多方に来て大きな収穫だった。

第1・2ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、クラリネット、ピアノ、フルート などの小編成ながら フル編成のオーケストラ。

道化師のギャロップ、皇帝円舞曲、 クスコスポスト、剣の舞、 などのクラシックの他に

線と千尋、カエルの歌などの演奏。Rakugo2183x1321 1036_011

そして、ごらんのように ドレミファの音階が打音でちょうどその音色を出すようなフライパンをそろえて の 共演。

この時は、聴衆もちょっぴり参加。

クラシックをこんなに身近に楽しく聞けたのは秀逸。素晴らしかった ┗(^o^)┛パチ┗(^o^)┛パチ┗(^o^)┛パチ

③ 次は喜多方寄席

毎年、本格落語がここで聞ける。

柳泉一二三、柳泉正楽、などの真打ち、

← 紙切りでは、私は 「蔵の街喜多方」 を切ってもらいその紙をいただいた。

大神楽曲芸では 「鏡味仙三郎 社中」 、この人たちも毎年来ているので、みているが、日本の曲芸の楽しさを実感する。822673139thumbnail1

④ 今日の最後は 「杉田二郎コンサート」

ご存じ 「戦争を知らない子どもたち」、「アナク・ 息子よ」 などは しみじみとした年輪を感じながら聴いた。

「戦争を知らない子どもたち」 は今だからこそ ずっとずっと歌いついていってほしい歌だ。

2013年8月 3日 (土)

喜多方21世紀シアター 一日目

023 033_2 8月2日の夜に喜多方に入るとちょうど町内の祭り。

喜多方は 「蔵の街」としても知られ、4100もの 座敷蔵、みそ蔵、醤油蔵 などがある。

大通りは碁盤の目のように、きれいに整備されて、とても美しい街。

しかし、人の気配は普段はとても少ないまちにも関わらず、この祭りには14台の山車。

そして、どこにこんな人だちがいたのか・・と思えるほどの大人、こどもたちの笛、たいこ、おどり方の列、列。」Imagescav4ellr_2

一夜明けて、8月3日からは 第14回 喜多方発 21世紀シアターの開幕。

蔵のまち、喜多方のアート・フェスティバルだ。

 幼児、小学、中高、大人、全般対象などの作品、77作品( 含む 水族館展示) が なんと 4000円ですべて 見られる \(^o^)/

これは 超格安!!

例えば、前進座の1作品などは、最低でも4000円。

このフェスタは今年で3年目の参加になる。Imagescafbiqn5_3

まずは ①、にんぎょうげきだん あっけらかんの 「だるまちゃんとてんぐちゃん」

038_3   てんぐちゃんとおとうさんとのかけあいがスピーディで、親子愛にあふれていてとってもあたたかい作品。

② 風の子 東北の一人劇。↓

一人でどこまで、幼児を1時間惹きつけられ続けるか、いつもそれを私は勉強したいと思って みている。

さすが、歌、楽器、パフォーマンス、人形をとりまぜてのベテラン!042

045③ ↓ 「山の音楽舎」   「泣いた赤おに」

これは良かった \(^o^)/

歌もうまい、バックミュージックもぴったり。背景もそれなりに工夫され、せまいところなので、一所懸命さに少し圧倒されるが、

全員の意気がぴったりとあい、冗漫さに陥ることなく 、楽しい構成に 子どもたちも大いに喜んだにちがいない。051

④ 夕方になって 福島の民謡も歌うというキャッチフレーズに連れられてやってきたのが 「葵と楓」 ↓

「昭和の歌と福島にまつわる民謡」

中学2年のお姉さんと中学1年の妹の姉妹デュエット。

浅草・下町を活動舞台にしているという。

お姉さんはけっこうプロ意識軒昂。

頑張ってね !

④ ホケキョ 影絵芝居

影絵をやっているだけあって、必ず ホケキョ さんの芝居は見る。

今年は アンブレラ・ウキチャンと共に、 まだ見習いながらも トーマス・ロック クンが加わってにぎやかになったかげえ劇団。Dscf0088hokekyos1_2 055

さて、本日の最後は

ひと組

時代横丁の

「わやだがや」

相変わらず、話芸と奇想天外なパフォーマンスで観客を笑いに湧かせる。

「ひと組」 は飯田でも、喜多方でも私は必ず見ている。

一人の友人は 「あまり笑いすぎて 頭がいたくなったほど・・」、 もう一人は 「笑って、笑って、 心が解放された気分」 と 。

 

2013年8月 2日 (金)

希望のたねカンパニー ③

Fxcam_13695318109721 ← HISツァーで、菅野さんの田んぼで田植え体験をしている参加者( ネットから写真拝借)

菅野さんの詩

「持続可能な社会をつくる共生の時代へ」 のパンフより

田んぼのトンボ

「 稲の葉と葉の間にはくもが糸をはるImg_2090300x2001

タガメがいる  カマキリがいる  カエルが足元でとびはねる

田んぼは小さな生命の世界

暑い夏に里山に上り  自由に空を飛ぶ

稲穂が黄金色になるころ  とんぼはつがいで  ふるさとにかえってくる

穂波に小川に  産卵する  田んぼから飛んだので  とんぼというのだ 」

アメリカ型の大農経営からすれば、ロマンチストのあがきに聞こえるかもしれない。O08000535124479348481

が、日本の多様性豊かな自然はこうした一次産業によって守られてきた。

また、菅野さんはいう

単一作物による大規模化は土をこわし、人間もおいだしてしまう。

腐植による多様な微生物のいる生きた土に多様な作物をつくることで、生物も多様になり、そこで人々が働く農村にこそ、 豊かに暮らすコミュニティーが広がる。

自給野菜に含まれる放射性物質の検査結果をみて、兼業農家のお年寄りが言った。

『放射能は目に見えない。 だから 農産物と土壌を測定して科学的に 「見える化」 することが大切。 正しい情報を消費者に伝えていくことが信頼につながる。

農家の自給の延長に、消費者に台所があるから、農薬や化学肥料は使えない。』

みなさん、 泣けるじゃありませんか。 ねぎ1本、トマト1ヶ、米 1粒作るにも 88回の汗をかく努力をしているのに、このうえ放射能。 

愛国をいうなら わたしゃ 「福島」 を応援する (  ̄^ ̄)ゞラジャ

二本松・東和農業ボランティア二日目

009 013 二日目は朝9時過ぎから 12時ごろまで、ひたすら ねぎ畑の草取り。

山間地の為、まわりには人の気配なし。友人を誘っての二人作業なので、気持ちもはかどる。

うぐいす、かっこう、その他色々な鳥の鳴き声を共にし、休み休みしながら草との格闘。

ねぎ一本作るにも、どれだけの汗と努力がかかっているか、多くの人に知ってもらいたいと真剣に思った。

先の菅野さんはいう。

「農業での大規模化は、お年寄りと子どもたちを 田畑から追い出し、化学肥料と農薬に依存した農業にしてしまった。

春の山菜、夏の野菜、秋のきのこにくだもの、冬の干し大根、つけもの、納豆などP1110258300x2251_2

地域ごとに旬の日本型食生活があって長寿国になった日本である。

輸入農産物と化学物質によって、人間も家畜も免疫力が低下してしまった」

帰りがけ、ここの大きな大きなトマトと私たちがとってインゲンをいただいた。

トマトはホテルでかぶりついた。

こんなおいしいトマトは私の長い長い長~~い人生の中で食べたことが あろ~~か?!! と思うほどの甘味、 甘露。

あくまでもトマトとしての香りとしゃっきり した歯ごたえを見せつつ、ふくよかな大地の香り。

あたしゃ、トマトクイーンを丸かじりしちゃった・・ \(^o^)/と叫びたくなった。 瑞穂ちゃん、おみやげをありがとう。 又おじゃまするからね。

2013年8月 1日 (木)

希望の種カンパニー ①

P1110227300x2251 高齢のおばちゃん二人、おっとり刀で「福島の農を何か応援したい・・・」

ただ、ただそんな気持ちで、二本松にある 「ゆうきの里・ 東和」 にある菅野瑞穂さんの家を訪ねた。006

中山間地にある 「ゆうの里」 は水田2・5ha、 野菜・雑穀 2ha、雨よけトマト14アールにもち、おこわなどの加工の複合経営に取り組んでいる。

地域資源循環センターの堆肥をベースに、ぼかし肥料、ミネラル豊富なミネグリーン等を使って、土を作っている。

一日目午後1時半ごろ到着。

お茶をいただいてから、さっそくインゲンの収穫作業。

→ このネットをはってあるところがインゲン畑 (1列しか写していないが )、5列以上あった。

終えると可愛いポットにブロッコリーとキャベツのタネまき。007

そして、ビニールハウス内の草取り。

畑そばにある谷間のユリ。 名前はウバユリかオオウバユリ (カエデさん、ありがとうございます。)

ここの農娘のおとうさん

菅野正寿さん(福島県有機農業ネットワーク代表) はいう。

「農家、住民と日本有機農業学会による調査を続けていく中で、

粘土質と有機質の高い土壌ほど 放射能セシウムが土壌に 固体化され、 農産物への移行が低減されることがわかってきた。002

つまり、有機農業による土づくりが復興への光だ・・。」

私なんぞはまだ、よくわからんが こうやって必死に日本農業を守っていこうとしている人たちの億分の一のお手伝いでもできる幸せをかみしめつつ

農家民宿に5時ごろ到着。 きれいなお風呂・トイレ・おいしい食事いうことなし。 二本松東和に住む人々のつながり等を民宿のおかみさんから伺いつつ箸を動かした。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »