« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

加治丘陵自然散策

Dsc_0357今日は市主宰の加治丘陵の自然散策会

植物、鳥・昆虫の3斑に分かれる。私は植物班。

市に残る貴重な緑地帯、加治丘陵。いつまでもこの地を残してほしい。

← 希少種という ハイチコササ。ふみつけてもわからないような歩道沿いにある。Dsc_0360

ここは社寺林をベースにしているらしく、大きなモミノキやヒノキ、スギなども多い。、モミノキ、ヒノキの赤ちゃんを沢山見る。 →Dsc_0364

今日は花は少なかったが、カシワバハグマはとても沢山見ることが出来た。 Dsc_0368


その下は、ヤブランだが昨日アップしたように我が家にもいつの間にか進出。

きっと鳥君がフンと共に運んできたのだろう。

ところで、人家に近い処ではクズが圧巻している。クズは線路沿いなどでもとてもやっかいに繁殖。

それと、我が家にも10年位前にたった一つ山から拾ってきたフジが切っても切っても 大きくなり手を焼いている。

他の木に絡みつき、その木を枯らしてしまうからだ。

で、先生がいうには クズとフジを合わせて 葛藤(かっとう) という言葉が出来た・・という嘘のようなホントのはなし \(^o^)/Dsc_0369


↓ アキノタムラソウ 、タは多い、ムラは紫、ソウは草という意味。

つまり、紫が多い秋の草ということ。Dsc_0375

木の名前はなかなか覚えられないので、アップできないが ひとつだけ。

みずみずしく立つ木の名前は 「ユズリハ」

常緑樹だが、若い葉に代わってどんどん年老いた葉は落葉していく。だから ユズリハ。

シイノキ、サカヒ、ヒサカキなども沢山生えている。

ところで、同行の77歳という人はここのトラスト管理ボランティアの一人だが、松の説明にあたって面白い話をしてくれた。

アカマツの根はショウコン油といって、むかしゼロ戦戦闘機の燃料にも使った。

そのさい、戦闘員たちはほとんどみなヒロボンを打った。 戦闘に行って帰りの燃料も持たずにいくのだから、帰れるはずがない。 ヒロボンを打たずにはいられなかったそうだ。

「チクショウ、チクショウ、バカヤロウ」 とまわりに叫びながら乗って行ったそうだ。

又一つ。

これは今の話しだが、このさわやかな緑地にもっと人が入るようにするために、この写真に下にあるような道をコンクリートの歩道にする計画が着々と進められているという。Dsc_0374_3

「何故、こんなところを無駄な税金を使ってコンクリート」にするのでしょう?」

と先生に問うと 市の計画です、みなさんで声をあげて反対してください、とのこと。

市財政のひっ迫状況を常々きいている私たちにとって、こんな無駄使いはほんにバカバカしいことです o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!




2013年9月28日 (土)

今日マイガーデン

Dsc_0337

Dsc_0340_3ねこの額もないような庭だけど、雨水や野菜を洗った水のおかげで、鉢花はいつも元気。

いまでも、毎日のように4・5ヶの花をつけているハイビスカス、9月末というのに、5月の母の日にいただいた、紫陽花系の鉢が花をつけている。Dsc_0351


つい昨日、その出現に気付いた「ヤブラン」 のような植物 ↓Dsc_0343

下左は アメジストセージ。

春に小さな鉢苗を植えたのが、今は1m以上になって、花を3・4本つけた。

マンリョウの右下、

我が家の歩道側をずっとかざってくれている キダチベゴニア。

先日の台風で鉢が倒れ、いっぱり枝が折れたので、また鉢に入れ大事に育てている。

今、鉢がいくつあることやら。

家人に通行のじゃまだといわれようと、捨てられない悩みも膨らむ。

一番下は高く高くそびえる キク芋の花。

外来種でやっかいな品種だけど、友人にいただいた芋苗、 「煮るとおいしく食べられる」 と いわれたけど、食べられず、そのまま鉢に移し、今は2m位ありそう。Dsc_0355_2

メードーセージはキダチベゴニアの下。Dsc_0353_2

セージの下、なんと今度の正月は マンリョウの花がかざれそうじゃわい。

センリョウは 鳥さんが今までもいっぱいタネをはこんできてくれたので、何本もあるが、マンリョウははじめて \(^o^)/


Dsc_0342


Dsc_0346


Dsc_0349








2013年9月27日 (金)

医療生協のうたごえ

1116_a1今月、最後のボランティアとなる医療生協のうたごえ。

今月の 「虫の声」、「赤城の子守唄」などの7曲の最後に フォスターの 「おおスザンナ」 を加える。

8曲歌った後に、一人の人が、「若い時、この歌でよくダンスをしたもの・・」というお茶を飲みながら、語り始めた。

「戦争中、中国の天津にいた。戦後は死ぬ思いをして、家族と一緒に長崎にやっとこたどりついた。Suigin09072111

天津では 『ピーヤ』と地元では言っていた、慰安婦たちがいる慰安所が家のすぐそばにあり、兵隊がいつも列を作ってならんでいた。」

まあ、こんな話から戦中の話し、今の危うい世の中の話しなどになり、ひとしきり盛り上がる。

この間、各人の血圧チェック。 私は下が94、上が125で正常の範囲。 

伴奏で心配だったところは、すこしチック症気味のところもあったが、 「うまくなったね」 との言葉もいただいて、ホッ (v^ー゜)ヤッタネ!!

 みなさんの気持ちに応えられるように、もっと練習をしなくちゃι(´Д`υ)アセアセ 

2013年9月26日 (木)

森林公園

30020130920kashiwabahaguma20hensyuu

近くの公民館主催の植物散歩で滑川町、うちからバスで50分位のところにある 「国営武蔵丘陵森林公園」に行った。

広さを聞くと、304ha、東京ドームの60倍という。入間市の面積が44.74平方キロ。1haは3030坪。 コリャ広いですね。

← カシワバハグマ

植物や木の名前を40種位聞いたが、とても覚えられない。

Dsc_0300→ ヤマトリカブト

Dsc_0318↓ さまざまのカラーのコリウスたち

  ↓ キバナアキギリ

30020130920kibanaakigiri20hensyuu21


P_0521
↓公園内にはあちこちに沼がある。

Dsc_0296_2

↓ 右下 ラクウショウ

落羽松 と書く。

黒っぽい、大きな実を沢山つける。

葉が鳥の花のような形をしている松科の植物だから、このような名前がついた。Dsc_0298_2





  その右下  クサギの花

どうしてこんな名前がつくのかと思うほど可愛らしい花3e8e650f5f3963b8f0a9f4dd429435fd1


右下、赤い実をつけているのは 「梶の木」300201306920nanbangiseru20hensyuu20





021_2


その左下は ナンバンギセル

以上、あっているでしょうか?

カエデさん?006_2




空さん、

お言葉に甘えてアップしてみました。

どれがどれだか?

ナンバンギセルからわかりませ~~ん。

下から2枚目の写真は違うところにあったけど上とおなじ キバナアキギリ?
008_2


013_2



2013年9月25日 (水)

デーボランティア

今日、デーサービスで伴奏した7曲のうちの1曲がこの 「星の界(よ)」。この讃美歌らしからぬというべきか、いや、これぞ讃美歌 というべきかはわからぬが、この地球号のなかで、ゆったりと、しかしあなたの知恵と力で大空にはばたきましょう・・・と歌っておりますなぁ。 クリスチャンでなくとも、心に止め置きたい歌です。

2013年9月23日 (月)

琉球パラダイス

51033050_11市内に大きめの倉庫を改造して、音楽堂的に使っている人がいる。

キャパは100人位は入る。

そこで、仲元公正 という三線の大家一家の歌・踊りを見にいった。

ご存じのように、沖縄にはその昔、「舞奉行」 というシステムがあったほど、歌舞音曲には力を入れていた。

さまざまな理由からすたれていたものが、第二次大戦後、大きく復活。File_20060303t1537264841

その独特の音色と明るく力強い踊りには、島国的なオリジナリティーと大陸的おおらかさを感じさせる。

今回、仲元さんという流派を見たのだが、写真撮影禁止で、写真がまったくとれない。

で、ネットから近いものをアップ。Imagesca71a2mgwo

次々と繰り出される鮮やかな衣装は、本土の古典舞踊衣装とは一線を画する。

演目は

「加奈よ」、「鳩間節」、「踊りくはてぃさ」、「浜千鳥」、「前の浜」、等 約2時間。

休憩時には、三線のお弟子さんたちが7人、「芭蕉布」、「あさとやゆんた」 等の弾き語り をしてくれた。

エキゾチックさを感じさせながらも、日本の古典舞踊とも深いつながりを示し、沖縄庶民の細やかな情感を感じた一日だった。

2013年9月22日 (日)

まんじゅしゃげ・巾着田

Dsc_0262_3今日は日曜日なので、混雑を予想。

朝、7時半に家を出たら30分で巾着田に着いた。

昨年までは100万本とのうたい文句だったが、今年調べ直したら、なんと 500万本のマンジュシャゲ。

1965年ごろ、巾着田を日高町が取得。Dsc_0263

1990年ごろやぶや竹林、あしにおおわれた現地を整理したところ、9月ごろいっせいにマンジュシャゲが咲きそろい、多くの人々の関心を呼ぶようになった。

高麗川の蛇行により、長い年月をかけて巾着の姿の内側の耕地が形成。Dsc_0281

河川の増水等で、上流から流れてきたものの中に混じっていた球根が漂着し、根づいたとか。

花茎の中にリコリンという毒があり、触れた場合皮膚炎を起こす可能性がある。Dsc_0280

ともあれ、ごらんのように紅のじゅうたんを敷き詰めたようなその美しさは目を奪う。高麗川のせせらぎを聞きながら、樹林地の中の散策は太陽が燦々と照る日であっても、涼しげに赤と緑、そしてたまに白の佳人たちが出迎えてくれる。

2時間半の間、写真の講習をかねての写真撮影後は隣り合わせのコスモス畑へ。

早咲きものは先の台風のしなだれていたが、まだまだこれからの若者たちがあと10日は開花を待ってね、と言わんばかりに整列していた。Dsc_0272

近くには、日和田山を眺め、元気なら 高麗神社や聖天院といった由緒ある神社仏閣を訪れたいところだが、足をかばってこことはサヨナラ。

帰りはいつも寄る 「青田や」さんで天ぷらそば。 11時20分ごろ着いたというのに、駐車場は1台を残すのみ。Dsc_0270


 

「ラッキー」 と思ったが、ご飯ものは売り切れ。すごい人気だ。

お土産は 「クリ、黒バラの耳かき、小鳥の鳴き声がする木製おもちゃ、靴べら,」 など、地元業者の売店がいっぱい出ている。



Dsc_0267_2


Dsc_0264
Dsc_0268


Dsc_0269











2013年9月21日 (土)

助動詞

Kankochi1201309131f1福島県会津下郷からのシイタケが放射線出荷基準をオーバーしたということで、出荷自粛となった。

下郷といえば、あの原発から104キロも離れている。

この冬 雪深い大内宿」 にも行った。

会津のなかでものどかな中山間地にある。

毎年いく喜多方も会津地方。

線量は、0.05ベクレルとうち(0.08ベクレル) より低い。

それが、出荷停止 \(*`∧´)/ とはなんと悔しい。

日本語を考えた。

「アンダーコントロールされている」 、「されている」 とは、過去の出来事の継続の助動詞 をいう。

猪瀬さんのいう願望や決意だとしたら

形容詞型だったら 「アンダーコントロールしたい」

決意、意思、勧誘の助動詞だったら 「ブロックしよう」 であって、絶対に 「ブロックしている」 ではない。

今日の毎日新聞によると、 視察のさいかの有名人は 完全防護服を着て 「0.3平方キロはどこか?」 と

東電幹部に尋ねたとか。

私も見たことないけど、私と同じレベル位?

日本語を正しく使ってほしい (*`ε´*)ノ

2013年9月20日 (金)

デーサービスで

011今日はデーサービスでのボランティア。

最近、チック症がひどくなってきたので、午前中とても不安だった。

親しい友人に「不安」をぶつけようと電話したら、本人はいなかったが、旦那様が電話口で出て、古くからの顔なじみの人でもあったので、愚痴を聞いてくれた。

「とにかく乗り越えるしかない、アコの心配はアコで・・」 という助言に心は次第に晴れマークがピカピカ (^O^)/

014おかげで

① 虫の声  ② 星の世界  ③ 浜辺の歌  ④ 三池炭坑節  ⑤ 赤城の子守唄  ⑥ 365歩のマーチ  ⑦ ボケない小唄  をまあまあ無事に伴奏することが出来た。

今月は日本舞踊の人も参加  上 「またきみに恋してる  右 女の祭りImages2

ハーモニカ名人はカーペンターズの 「トップ・オブ・ザ・ワールド」 などを演奏。

カラオケでは 「暁に祈る」 という軍歌を歌っていた。

「赤城の子守唄」 は、いつか腹話術の人が、人形の赤ちゃんを抱えながら歌って、腹話術をしていたのが印象的でやってみたかった。

いつもの事だけど、会場に行くと、元気な人は寄ってきてくれて 「また来てくれたのね、うれしい」 といってくれ、帰る時は ほとんどの人が 「またね」 と手を振ってくれる。

「アコで乗り越えなきゃね (^_-)-☆」

2013年9月19日 (木)

仲秋の満月

Dsc_0244中秋の名月。中秋の満月を見るのはこの8年後になるとか。

ありがたい満月です。友人からすすきをいただいて、月見団子をお供え。

実はこれは、真空パックの鏡モチを使いあぐねて正月よりずっととってあったもの。

レンジで柔らかくし、砂糖をいれて丸い小さな団子にしたもの。

こんなとき、月をみて宇宙の中の小さなプラネット、地球という船に乗り合わせた私たちを考えたい。
Dsc_0248_4Dsc_0245_6


同じ地球号にのっているのに、戦争で苦しんでいる人たち、小さな「仮設住宅」に住んで、故郷に帰るあてもなく、苦しむ人たち。

オリバーストーン監督がいう。 「真実の歴史を知ることは文明をつなぐ細い糸です。」 

真実を知ることが、不実な世の中を転換すると彼はいう。





2013年9月18日 (水)

野に咲く花のように

来月、デーサービスと医療生協のうたごえでこの歌を伴奏しようと思っている。やっぱり歌はいいですねぇ。この歌のように生きてみたい・・とも思うし、今月の歌、「赤城の子守唄」にもなんとなく慰められるし・・・。

2013年9月17日 (火)

とんぼと録音と・・・。

Dsc_0228朝、庭に出ると、こんな可愛いトンボ

アキアカネにしては大きい!

1m位に近づいても動かない。おかげで写真をパチリ。

秋が飛んできた。

今日はモコモコの仮録音の日。Dsc_0238_2

グランドピアノ、キーボード2台、とそろえたがまだまだ本録音にはかなり遠い。

「へっこきあねさ」 かなり面白くなってきましたよ。

夕食は じゃがいもの 「ガレット」

まずまずの出来 (^_-)-☆

 しかし、夜のアコーディオンDsc_0224_2

自分でもはっきりと意識するほどチック症がひどかった (T_T)/~~~

もっと練習を積めば、こんなに緊張しないのだろうか。

2013年9月16日 (月)

詩集

Img_0002_2今度の台風被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

でも、さっきネットでちょっと嬉しいニュースを目にした。

渦巻く大阪・淀川、そこに落ちた小学生4年の男児、それに気づいた中国人留学生がとっさに飛び込み、350mも下流に流されているところを助け上げた。

常人にできることではござんせん。41d7aj1gkl_aa160_1_2

もしこういうところを見かけたら川にとびこむことは、とても危険なので、大声で誰かを呼ぶように・・とネットでは注意しているが・・。

幸い、我が家の被害は、鉢植えがいくつか倒れた程度。

さて、Img_0002_3人生も最終版にはいり、チック症がひどくなってきたり、ひところおさまっていたジンマシンがまたゾロ神出鬼没だったり

そんな弱気になってきた私は、詩集に目が行く。
銀の鈴社発行 「たなごごろ」 という 手のひらサイズの本。 腹話術の先生から紹介された。

  「我」

『今まで歩んだ道に   後悔の足跡はついていますか   喜びの足跡はついていますか   足跡のついたその道こそ   今まで歩んだ人生道です   これから歩む道にも   必ず思い出の足跡は   残されていきます   自分しか歩めない人生道   刻まれてゆく   一歩一歩の重みを大切に』

八木重吉詩集から

 「果物」

『秋になると   果物はなにもかも忘れてしまって   うっとりと実ってゆくらしい』

何もかも忘れて実った果物、うらやましい ・・・。赤の本は村上みちこさんという方の自伝。数奇な運命の中に自分の存在を確かめていく 私と同い年の人。その純粋さにコウベをたれる。

2013年9月15日 (日)

腹話術 オープンマイク

002_2人を楽しい気持ちになってもらうということは簡単な訓練ではなかなか思うようにいかない。

私はこの2週間、腹話術の台本を考え、練習を重ねてきたが 教室に行って演じるととてもさまにならない。

カニの夫婦を持っていき、3人(?)で 歌のしりとりを恥ずかしげもなく披露。

歌が早すぎて聞きとれなかったらしく 「しりとりとしての整合性がない・・」 と言われ、ケチョン。003_2


その点、彼らは身近な話題といい、操作技術、錯覚の技術( リップ・シンクロというが),もとてもうまい。

長年の努力をそこに感じることが出来る。

10月のデーボランティアに向けての修練は続く、続く・・・・。

2013年9月14日 (土)

加治丘陵、きのこ狩り

Kajikyuryo_top1_2Dsc_0160今日は、生態系保護協会のメンバーと一緒に市内の加治丘陵での 「きのこ狩り」

きのこが豊かに生える山はL生態系も豊かといわれる。

しかし、近年きのこもその数を減らし続けている。

加治丘陵は
Dsc_0162関東平野と山地との境にある丘陵。

標高の一番高い処は、入間市、青梅市、飯能市にまたがり、203mほど。

開発がすすみ、近年100haもの樹林地がなくなった。

市は「さとやま計画」を策定。

現在は86haが地主からの買い上げなどで、公有地化している。

中心市街地に隣接しながら、豊かな自然が保たれている加治丘陵。

今もこれからも大事にしていきたい私たちの大事な財産。

さて、ごらんのように 「きのこ」 は2時間近くの散策でかなり見てとれた。Dsc_0166

ホウキタケ、ハラタケ、ホコリタケ、カラカサタケ、ツルタケ、タマゴタケ→ これだけは唯一食べられるキノコとして、昼食のペペロンチーノうどんの具材に入れられた。

写真のまっかなきのこ(白いものがかぶさっている)、そのわきに裏側にしたものを載せているのが タマゴタケ。

こんな強烈な色なのに? と思うでしょうが、今日の収穫の唯一の可食きのこ。Dsc_0191

ペペロンチーノ風味うどんには、しいたけ、マッシュルーム、エリンギなどをたっぷり入れた焼うどん。

これも秋の味覚 (^_-)-☆

本当は一つ一つ、これはなんのキノコと名前を載せたいのだが、同定はきびしくお許し荒れ。Dsc_0219_2

杖をつきながら、ひざ痛をもものとせず、王道のみを歩き、自らはやぶに分け入ってきのこを探さず。 人が発見すると のこのこと呼ばれて、写真のみを撮った私でしたが久しぶりの森林浴。 清々しいキノコ狩りでした。



Dsc_0172


Dsc_0173











Dsc_0209_2


Dsc_0206



Dsc_0196



Dsc_0195



Dsc_0190



Dsc_0186



Dsc_0183



Dsc_0177



Dsc_0181

2013年9月13日 (金)

今日飯

Dsc_0138_2せっかくバジルの鉢植えを買ったのだから、バジルが元気なうちにと今日はバジル料理。

マルゲリータピザにしたかっが、モッツァレラチーズが手に入らなかったので、ミートソースにバジル。

ピザ生地は朝8時過ぎにセット。 12時半ごろやっと第二発酵を終え、1時ごろ昼食にありつく。Dsc_0156_3

市販の生地より、ずっとおいしく満足。 バジルは焼き過ぎね。

夕食は鶏胸肉とトマトのチーズはさみ焼。これはバジルを焼かずにアツアツのチーズに乗せるだけ。

こちらはバジルの香りいっぱいにひろがり、やっとバジルにありついた思い。

2013年9月12日 (木)

0.3平方キロメートルの湾内

628750p1なるほど、こうなっているんだ (^_-)-☆

2013年9月10日 (火)

フェアプレー

22


東京オリンピックが決まりました。

前回のオリンピックで、東京のインフラは大きく変わった。

そして、草の根でも、ママさんバレーや歩け歩け運動。

スポーツが苦手な私でも、開会式や閉会式の一体感や高揚感、そして、選手たちの真摯な鍛錬された試合をみるのも清々しい。

スポーツといえば、誰がなんといってもフェアープレーの精神。

はたして、今回我が国はフェアプレーの精神でプレゼンテーションにのぞんだのか?

各国から懸念された 「汚染水問題」

首相は 「状況はコントロールされている。」、「港湾内の0・3キロ平方キロの範囲内で完全にブロックされている。」Lrg_157351471_2

と発言し、各国委員を安心させた。 ある意味では再びの 「安全神話」 を拡散。

港湾内は拡散防止のためのシルトフェンス(水中カーテン) が設置されているが、海の上側だけ。 海の下側までふさいているわけではない。 それに、港湾口は外に開いている。

東電でさえ、シルトフェンスの効果について、 「海水の行き来がゼロになるかというと、そうは思っていない」 と 話している。Lrg_157351921_2


にも、関わらず、「コントロール発言」 は フェアプレーの精神に反する。 

しかし、一国の首相がこう発言した以上は、彼の言葉通りに実行をしてほしい。

写真は相馬松川浦漁港。

試験操業の中止で漁に出られない。

料理は2009年にこの漁港を訪づれた人が宿屋で食べた食事。

2013年9月 8日 (日)

映画 「ひまわり」

映画 「ひまわり」 を観た。 1959年6月、沖縄宮森小学校に米軍ジェット機が墜落炎上。 学童11名、住民6名が死亡。 基地あるかぎり沖縄の苦しみは終わらない。 実話をもとに沖縄だけでなく、日本全体がかかえる基地・外交問題などに大きな疑問を投げかけるドラマ。 ラストシーンはスクリーンいっぱい広がるヒマワリ畑。「願う明日があるならけっしてあきらめないで、背中をおすだれかがいることを信じて、」 と、ひまわりは かたりかけてくるようです、と監督はいう。 こんなに涙した映画はめずらしい。 ぜひ多くの人がみてほしい。

2013年9月 7日 (土)

映画 「風立ちぬ」

D68c563d1_2映画 「風立ちぬ」 を観た。

宮崎監督の引退映画になりそうなので、あまり気乗りはしなかったが見に出かけた。

いつものことだが、映像は絵に描いたように・・ということばそのままに美しい。01_3
日本の技術者のひたむきな探究心や向上沁はビンビン伝わる。

飛行機好きにはたまらない映画だろう。

しかしなぁ、戦争がきれいすぎる。 もっとシビアーに描けというのではなく、ゼロ戦設計者の悲しみが伝わらない。

彼は、これに乗って自由に空をはばたく事を望んだはずだ。

今まで、ジブリ作品をそれほど見ているわけではないが、「風の谷のナウシカ」、「となりのトトロ」、「天空の城ラピュタ」 などに比べると 最後なのに 印象は薄い。Title1


この3つや 「もののけ姫」、「千と千尋・・」 にしても、心にストンと落ちるあったかいなにかがあった。 

とは、いえジブリ作品には現代をみつめる視点がある。Img_1498912_61595181_01


なんといっても、我が近隣の狭山丘陵保全のために三億円も寄付している。( あねさんも金に目がくらんだか・・という声が聞こえそう )ここで「となりのトトロ」 の構想をねったという。Ys0472ejr71_2

東京に近距離でありながら、広大な丘陵地を保全するに彼の貢献は大きい。

「魔女の宅急便」 や 「借りくらしのアリエッティ」 「コクリコ坂から」 も 私の好きな作品。 長編アニメ映画の意識を変えた彼の功績は偉大。

2013年9月 6日 (金)

作務衣

001今日は和裁の先生に来ていただいての 和裁教室。

と、いうとおおげさだが、実は 「作務衣」 の講習。

この秋、ドラマフェスタなどで上演する衣装のために 私のもっている着物を3枚 作務衣にするため。20130907_0009


まず模造紙に型紙をとり、着物は全部ほどく。

宿題は、上着の型紙を見本をみながら自分でつくること。

(先生でさえズボンの型紙をつくるのに、2時間近くかかったのに・・・)

ほどいた着物を丁寧にアイロンをかけておくこと。

着ない着物が作務衣として、有効活用できるのもうれしいが、けっこう手間がかかる。

2013年9月 5日 (木)

バジル

090416sweet_basil1猛暑も一段落か・・という時期になってきたので、バジルの鉢植えを買った。

料理にはまだ使い慣れていないが、つかってみよう。

数年前に買ったらしいスイートバジルのタネもあったので、これはプランターに植えた。

もう8年位前になるがタスマニアで買ったクリスマスベルのタネも見つけたので、「えい、ダメモトだぁ」 とばかりにブランター植え.。Kurisumasuberuzu1

冬にはビニールシートをかけるから、なんとか冬超えをしてほしい。

さて、身近にアスリートというと友人のだんなさんが東京マラソンに数回出たとか、同じ影絵をやっている夢屋さんの代表の人は ご夫婦ともに、ホノルルマラソンに毎年でている。 

こんな人の話しを聞くと、ただただ憧憬の念で耳をダンボにする。

五輪招致運動も華々しく、招致賛成も増えているらしい。それはそれで良いのだけど、今日の五輪理事長の話しには疑問が残る。

東京招致委員会が4日、海外メディアの質問に答える形で行われた回答。

「福島は東京から250キロ離れており、危険性は東京にはない。」・・・毎日新聞9月5日朝刊より。

えっ、 と、いうことは福島には 「危険性」 があるということを世界に公言したということ?

美しい福島の地を彼は見たことがないのだ!

2013年9月 4日 (水)

劇団 「ユニットラビッツ」

Img前にも一度このブログで紹介したことがあった。

今回、毎日新聞全国版8月30日に、福島県 郡山市で活動する劇団 「ユニットラビッツ」 が 載った。

「全村避難の村に取り残された犬3匹が 『 主人はどうした 』 とぼやきながらも、防護服を着た一団 シーベルトに立ち向かう

「奥羽行進曲」、

第五福竜丸の被ばくを描いた米国の画家ベン・シャーン と、原発近辺に潜入する酒造りの3兄弟が 時空をこえて ゴジラに出会う

「ラッキーアイランド」__1


他県で開かれた演劇祭に、これをもっていったら、「福島発なのに 悲壮感がない」 と 言われたという。

代表はいう。

「福島だから、悲惨であってほしいと人は思いがちだが、それでは 施しはもらえても共感はしてもらえない。Img11

そんな役割は演じたくない。」

私も演劇人のはしくれとして、この言葉に共感する。

先ごろ、国際演劇集会に参加した人・演劇学者が、「私たちは まだ 「フクシマ」 を直接描く作品をそれほどもちえていない」 と いっていたが、この劇団の活動は劇人にとって 「フクシマ」 を描く先導役になりそうな気がする。

来年2月には東京公演を予定しているとか。ぜひ見に行きたい。

2013年9月 3日 (火)

竜巻発生状況

Img_2竜巻発生のメカニズムに興味を持った。Supercell1

南の東京湾から暖かい風が流れて、関東北部の涼しい場所でぶつかった。 その境界で竜巻が発生。

関東の上空約6000mには、氷点下6度の寒気があり、地上との寒暖差が大きかったため、積乱雲が急速に発展した・・・とな。

アメリカはよく聞く。郊外では避難場所としての地下室を持つ家も多い。 近年、日本でも増えてきているのは何故?

2013年9月 2日 (月)

今日

016s1
今日は埼玉県、千葉県で起きた 竜巻らしきものの被害の大きさにびっくり。

入間のあたりをとおって、北に向かった風がこんなに大きくなった・・と聞いて二度びっくり。

自然界に生きている以上、なにが起きても不思議ではないかもしれない。

これが、人災となれば別だが。

ともあれ、今日はお世話になっている方たちに、マドレーヌを17ヶ 焼き、

昼、夜とも野菜たっぷりの食事で、なにが起きようとも動じぬ体つくりに励む。004_2

カメラを新しくしたので、慣れないせいか マドレーヌや昼食の写真が行方不明。

当分はこんなことが続きそう。

2013年9月 1日 (日)

腹話術 オープンマイク

017腹話術の勉強を始めて5年位。021_2

まじめな生徒ではないので、よく休む。

 普段の勉強もほとんどしないが、最近つくづく 続けてきてよかったと思う。

それは、腹話術という自分表現が他者との良いコミュニケーションになり、

うまく波長が合えば、つまり私の技術が他者の心をうごかすことが出来れば、お互いの楽しさ、喜びが生まれる。005

まだまだそこにいくには程遠いが、「デーボランティア」 でも、喜ばれている。009_2

来年の 「ドラマフェスタ」 には、仲間や先輩たちと共に「腹話術の部屋」 も いただいた。

10月には、教室の仲間とともに、二人芝居も予定。

アコーディオンと共に、腹話術やコント表現など、技術磨きの課題は大きい。

写真は、この猛暑に咲いた あじさい(ブルーダンス)と、しゅうかいどう。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »