無料ブログはココログ

リンク集

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月30日 (水)

ノスタルじいさん

やなせたかしの 「ノスタルじいさん」、 彼自身が歌っているんです (^_-)-☆、 こんな楽しい「老い」もいいですねぇ。  彼の言葉 → 「 アンパンマンは世界最弱のヒーロー  ちょっと汚れたり 雨にぬれただけでも  ジャムおじさんに助けを求める  でもいざというときには 自分の顔をちぎってでも食べてもらう  そしてたたかいます  それは 私たちも同じ。」

2013年10月29日 (火)

陽だまりコンサート&うたごえ喫茶

Img_2
私が毎週勉強しているアコーディオンサークルで12月に

「陽だまりコンサート」 を開く。

ごらんのように、「うたごえ喫茶はアコーディオンとともに」

のサブタイトル。

アコーディオンを始めて、5年近くになる。

デーサービスや医療生協のみなさんのおかげで、なんとか今まで続けて来れた。

今は私の分身の一つ。

社会の風に乗るも、起こすもアコが友となっている。

今年の私のソロ曲は 「雨にぬれても」Imagescabob1ee

ギャング映画のテーマソングだけど、明るい、くったくがない、人生に負けることを良しとしない、ねばる・・

こんなところも好きになったのかな。それに、全体のテーマ曲は映画ミュージックだし。

ぜひ多くの方のご参加をお待ち申し上げまする。

2013年10月28日 (月)

渡されたバトン・ジェームス三木

映画はみていないけど、ジェームス三木の 「渡されたバトン」 を読んだ。 ぜひとも多くの人たちに読んでもらいたい。 埼玉県の図書館から借りで読んだもの。 多くの人が希望を出せば、地元の図書館も置くだろう。 こんなにも、しなやかにたおやかに命を大空いっぱいに包み込むように 「原発」 を考える人たちがいたなんて・・・。

2013年10月27日 (日)

まんとう祭り

1811今年、第35回になる「まんとう祭り」

ここのところ花火はなくすこしさみしい。

少ししか顔をだせなかったが、多くの人たちでにぎわったことは喜ばしい。Dsc_0596

震災復興支援もかかげてはいるが、どこまで浸透しているのかはチョット・・・。

ともあれ、市民団体や地元の結束もまた一つの目的。
このにぎわいからは、概ね良い方向といえると思う。

広場が町にはないかわりに公園をサブメイン会場にしているのも、札幌大通り公園をちょっぴりイメージしてよろし・・・。
 



Dsc_0593



1601

2013年10月26日 (土)

家族

017


025_2


今日は2ヶ月ぶりに家族全員集合。

4歳にもうじきなる孫の誕生日も。

おじさんからはブラレールのプレゼント。

おばさんからはかっこいい秋服

ジイジとバアバからは「ささやか実弾」

うちの嫁さんたちは美人でしっかりものが自慢\(^o^)/

ただただ可愛い孫たちも順調に成育し、感謝の言葉もない。

2013年10月25日 (金)

麒麟の翼

51crcdxi6pl_sl500_aa300_1東野圭吾の名につられて読んだ。彼の最新作を図書館で予約したら、なんと30番目。

来年中にまわってくるか??

さて、この本良かった。

東京、日本橋で中年男性が殺害された。被害者はカネセキ金属の製造本部長。Thumb13284410961_3

彼は腹部をさされたまま、8分間も歩き続け、日本橋の翼のあるキリン像の下で力尽きた。

事件の容疑者は車に轢かれて意識不明の重体。捜査がすすむにつれ、家族や被害者の働く会社の知られざる一面が明らかになってゆく。

昨年、映画化もされた。人間、死を目前に愛する者に伝えたいことは何か・・、涙腺もゆるむ。9da1e0f63b7025f6b3f020c5fbbfc05c1

興味深いのは、いわゆる今問題になっているブラック企業のはしりをいくような会社の実態。

容疑者はカネセキ金属で働いていた。 機械の流れを止めないために、部品を補充するさいも、近くの台に乗って動いているコンベアをまたいで補充するなどの裏ワザを奨励する工場。

インターロック(安全装置)を常に殺して操業する工場。 発覚すると、上は知らぬ・存ぜぬ。被害者の一任でやったこと。 下は被害者の命令に従っただけ・・と 「死人に口なし」 を決め込む。

「派遣」の人たちの実態、あこぎな会社の一面なども知ることがあって事件をより深みを持たせている。

2013年10月24日 (木)

医療生協のうたごえ

001今日は医療生協の小さな地区の健康祭り。

西共同の職員さんが5人も来ての健康チェックなど。

そのプログラムの一部でアコ伴による「うたごえ」

お茶席あり、ちょっとしたバザーあり、豚汁サービスあり、Images6


地域の絆と健康作りにこうした集まりはとても有意義だ。

私は「今月の歌」 7曲+「裸の大将」のバックミュージックとなった 「野に咲く花のように」 の8曲を演奏。

歌詞がいいですねぇ。

「野に咲く花のように 風にふかれて  野に咲く花のように 人をさわやかにして  そんな風に ぼくたちも  生きてゆけたら すばらしい・・・

野に咲く花のように 雨にうたれて  野に咲く花のように 人を和やかにして・・・」

で、思い出したのが 鹿島祥造という90歳になる詩人,墨彩家、翻訳家。

彼の、「求めない・受け入れる」 という言葉が、心に残る。 そんな風に生きることなのか? とも 思うが、「いや、そんな単元的なことでもないだろう・・・とも思うし・・」

もし、単純に 「受け入れる」 ことを私たちがするなら、どんなにか喜ぶ一握りの人もいることになるだろう。

2013年10月23日 (水)

デーサービス・ボランティア

Images7今月2ヶ所目になるデーサービス・ボランティア。

前回と同じプログラム。

アコ伴での歌は7曲。うち 「湯の街エレジー」 が最も苦しかったかな。008


前奏が難しいので、先生に 「ここはカットしたいです」というと、 「これはダメです、この歌を知っている人はこの前奏を聞いて、歌いだすのです・・」089

と言われ、一所懸命練習することに相成りました。110

腹話術は、前回より二人とも多少、バージョンアップ。

アンディーはクイズを取り入れ、私は川柳を取り入れ・・・。

↓ 「うそごろう」 のコント

ここでは、「原発安全神話」、「消費税増税は社会福祉に・・」 などのコメントをちらり」

↓ 「とのさまの試し切り」 のコント。
143持っているものはなにかというと、中に「あんこがたっぷり入った大きなまんじゅう」 のつもり。

みなさん、ほんとににこにこして見てくれていたので、ばかばかしいお話も救われた。

2013年10月21日 (月)

五色沼

Map1
今日は昨日の「おわび」


のような 快晴 \(^o^)/

まず五色沼散策。

森林浴に浸りながら、7色にかがやく湖沼群を散策できるのは、ここしかない。

写真は 毘沙門沼から始まって、赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、青沼、そして 桧原湖へと続く。Dsc_0459

桧原湖からは、煙たなびく会津磐梯山を仰ぐ。

湖の紅葉は平地より少し進んで見える。

Dsc_0461


Dsc_0469




Dsc_0481_2


Dsc_0477



Dsc_0504


Dsc_0496



浄土平・薬師岳

Dsc_0522

去年、来た時は、吾妻小富士には登らなかった。

今回は浄土平を歩いても、「花はなし・・」 の声で、木道歩きはやめ。

小富士に上る。

見た目よりはずっと楽に登れる。Dsc_0568

頂上の火口を一周するまでの気力もなく近辺をうろつくだけで下山。

それにしても、1707mの山を上った気分を味わわせてくれる、パノラマの展望。

眼下には 立派な 「おかま」

ガスがかなり立ち込め始めた浄土平をあとにし、薬師岳に向かう。Dsc_0579

ここはゴンドラに乗るので、一気に行ける。

途中の紅葉はもうすこし・・の気分はあるが、かなり進んできた。


この自然のグラデュエーション、カラリング \(^o^)/ 。

ななかまども色づき、新緑の若さにとはちがう7色以上の衣をまとった自然。 人間の出る幕などとてもない豊かな色合いに感謝 \(^o^)/
Dsc_0559


Dsc_0571福島営林署建立の木札があった。

曰く

「この上の空が本当の空です。」

今日は本当の空には出会えなかったかもしれないけど、もうひとつのお空の顔に出会えてこの満面の笑みをみてくなんしょ。


Dsc_0572

2013年10月20日 (日)

会津

Dsc_0420大雨の日曜日、福島の紅葉を訪ねるツァーに参加。Dsc_0431_2

新幹線は新白河で下り、会津下郷までバス。

← 下郷駅、 単線の会津鉄道に乗る。

まだ、紅葉はあまりないが、雨にけぶる鉄道の旅・(・・とまではいかないが)、ちょっぴり

味わう。

湯野上駅はごらんのように萱ぶき屋根の風流な駅。萱ぶき屋根の駅は全国でもここしかないとか。Dsc_0433_2

駅舎の隣、ホームにはなんと 「足湯」がついていた Σ( ̄ロ ̄lll)

ここからは、バスで 「大内宿」 へ。Dsc_0439_5




雪の大内宿を見ていたので、ここは2度目になるが、これだけの萱ぶき屋根の家を保存するのは、かなりの努力がいることだろう。




きっと持ち主もご多聞にもれず、高齢化しているだろうから、公的援助などはどうなっているのかな。
次なる、訪問地は鶴ヶ城。

あの八重の桜の鶴ヶ城は、戊辰戦争でボロボロになり、明治7年に取りこわされている。Dsc_0445_2

しかし、これだけの立派な城を地元の熱意でよくぞ復興させたものだ。

1965年再建というから、バブルも始まっていない。

アメリカの北爆開始あたりで、日本の景気がうわむいてきたころかもしれないが、それ以上に会津人の結束魂が城の建立を突き動かしたのか。Dsc_0453_2

この家紋は会津城主の家紋。

家系といっても、万世一系とはなかなかいかなかったのか。これだけの家系から城主を迎えているというのも、興味深い。

雨がひどく、散策も思うに任せず、この後、土津神社に行ったが、紅葉は今一つ。




2013年10月19日 (土)

モコモコ公演

019_2地元小学校4年の学年行事でのモコモコ公演。

最初はブラックシアター

① ひらひらひら  ② かえるのうた  ③ わにがわになる  ④ ドライボーン

かげえ025

① マーチングマーチ  ② げんこつやま  ③ すてきな3人組  ④ かわいそうなぞう  ⑤ 手影絵のワークショップ027_2

このスクリーンに写っているのは、子どもたちの手影絵。

はと、かに、犬 、フクロウの作り方を教えた。

今日は4年生なので、手遊びも一人ひとりが考えて答えられるようなものを選んだつもりだったが、幼稚園位の子も答えてくれて、優しすぎたかと反省。

また、お母さんからは、「わにがわになる」 が特に面白かった、ドライボーンも 今、骨の勉強をしているので、ちょうど良かった。「かわいそうなぞう」 は戦争の話なのでこれもタイムリー、」 とおほめの言葉。

 小さな反省も色々あったが、まずは成功、成功。

あした、明後日は 福島。 天気が回復するとよいけど・・・。

2013年10月18日 (金)

川柳

41ihnud3rkl_aa300_1

腹話術のネタに、とふと手にしたこの本。

いいですねぇ。

「ボランティア するもされるも 高齢者」

「立ち上がり 用事忘れて またすわる」

「カードふえ 暗証番号 裏に書き」

まったく、身に覚えのあることばかり (;一_一)

改めて、川柳とは何かを見た。

「うがち おかしみ 軽み」 が必要な定型詩 という。3youso11

「穿つ」 は穴を開けること。表面からは見えにくいものや、人が見落としているような事柄に目を向ける。

それを、明るみに取り出して見せたり、常識的な仮面を剥ぎ取る (価値の引き下げなど)

すこし意地の悪い視線だが、それが風刺や批評につながる。」

なるほど (^_-)-☆

私も二句

雑巾に 蔵金の夢 年金者

汚染水 毎日であう 湾と記事

2013年10月16日 (水)

デーサービス・ボランティア

今日は恒例のデーサービス・ボランティア014

まず、アコーディオンの伴奏で

① 赤とんぼ ② 旅愁 ③ 琵琶湖周航の歌 ④ 湯の街エレジー ⑤ ああ 人生に涙あり ⑥ 白い花の咲くころ ⑦ ボケない小唄  を歌う。

次に ← お初に登場になった アンディーの腹話術

さすが、インストラクターだけあってうまい。みなさん、よく笑っていた。018_3

私は 「カニさんご夫婦」

チャターズの教室でやった時はサンザンだったので、もう少し話を改良。

うけたかどうだか??060

次なる出し物はアンディーとの二人コント。

昔の笑い話をもとに台本を書いた。

← これは、「うそごろう」069_2

人をだますのが大好きな殿さまとうそつき名人の化かし合いを楽しく。

わかってくれるかどうか心配だったのだが、よく笑ってくれた。

 → これは 「殿さまの試し切り」

バカ殿様が新刀の試し切りをしたい・・というので、人間のかわりに、大きなまんじゅうを殿さまにさし出す。

中の❤マークは、まんなかがきれているのを目立たなくするため と 人間の心臓を意味する。

切られたまんじゅうは家老が、まんじゅう大好きな奥さまのために、持って帰る・・という話。

新鮮な企画、ということでスタッフにも受けがよかった。コント台本を書いたのは初めてだが、しばらく続けて見よう。

2013年10月14日 (月)

菱 千代子展

Dsc_0411学生時代の友人が個展を開いた。

彼女はいう。

「私の作品へよせて」

← 「安全神話」

Dsc_0417『ここ10年近く、自然の変容 をテーマに作品を描いてきた。

記録ではなく、言葉がとどかないものへの畏怖を表現したかったから。

阪神大震災後に描いた最初の作品は 「地中からの手紙」  →

以来、火山の噴火、凍る山、などDsc_0412 「動く山」 を連作。

その後 海のシリーズに写り、台風や津波、山を流すような 大水害をテーマに制作。Dsc_0418

しかし、2011・3・11以後地球規模で、未曾有の大水害、が現実化し、決定的ショックになった 福島の原子力発電所の爆発と放射能の拡散。

世界はまずまず騒々しく、危機感をはらんでうごいている。

ロバート・ブラウニングの詩のように

「時は春  日は朝  朝は7時  片丘に露みちて  あげひばり名乗りいて  かたつむり 枝にはい

神 空にしろしめす  すべて 世はこともなし」

こんなささやかな平和を

被災地の一日も早い、喪失からの再生、復興を祈るばかりです』


Dsc_0415ごらんのように、抽象と具象を巧みに融合させながら、言葉がとどかないものへ、ぐいぐいと

ときには、遠慮深げに ときには克服せんばかりにせまっていく。

これは 「花はどこへいった」 の M100のかなり大型。2m×1m位か?

かげえや花の背景に見えるラインは震災で流された家や道路の後を表す。

上から逆さの花はかってそこにいた人たちやあたたかい絆。

今は影になってよりそっている。Dsc_0416_3


鳩はずっと私たちをみているよ・・・といいたげに 羽ばたく。

2013年10月13日 (日)

人形劇団 ののはなさん

Dsc_0395


Cut1今日は友人宅で、

人形劇団ののはなさんの

スーパー人形劇と 「赤ずきんちゃん」 を見た。。Dsc_0397

人形のバラエティーがどんどん増えているような気がする。

ごらんのように、たった一枚のスーパーのレジ袋で 何種類の動物や人間を作ったことだろう。

かえる、ぞう、ぶた、おおかみ、魔女、想像の羽をどんどんふくらませていく ののはなさん。

大人も子供も次から次から生まれる動物に笑いこける。

この脳細胞の柔らかさはどこから来るのか。Dsc_0404
 

「あかずきんちゃん」 はずっと昔からの芝居だが、子どもたちは、結果はわかっていても 「あかずきんちゃんはここ、おおかみはあそこ!」 と、わくわく顔で舞台を見つめる。

舞台は移動式、外でもどこでも持って行ける可動式のシンプルは舞台だが、

話芸のたくみさで、最後まであきさせない。

14キロもある立派な舞台をリックサックを背負うようにして演ずる。

だから、逃げる場面も舞台そのものが動いて、子どもたちを興奮させる。Dsc_0407

終演後に、紙コップを使ってのワークショップ。

一つの紙コップを二つに分けただけで、口パク人形が簡単にできてしまうアイディア。

子どもたちも器用に作り、大人の子どもに負けず劣らず 夢中になって制作。

二つ作った人もいる。

最後はいつものティータイム、紙コップ人形を使っての腹話術との掛け合いで歌を歌う人、岩手弁で 「おおかみの大しくじり」 の笑い話をしたり。

今、子どもたちに絵本の世界をもっと届けたい・・と絵本店を開店しようとする人たちの情熱に耳をかたむけ、「桐生の布展」 で、布絵本を作って大賞をとったり 、相変わらず、一目も三目も置く人たちの話しに耳はダンボ。

ののはなさんとの再会を約して別れた。

23回忌

001今日は義父の23回忌のため、愛知県に赴く。

名古屋の駅を降りると、ごらんのように駅横ビルに 紗のような網にアイビーが市松模様を組んで、うつくしく迎えてくれた。004

お寺さんは市内でも500年続くという真宗大谷派の由緒ある寺。002 本堂のあちこちには、ごらんのように、仏様の教えや金子みすずの詩,善人の良き言葉などが並ぶ。

そして、住職さまは、東北大震災被災地には、お寺の組織的つながりを通じて、いち早く、 さまざまなボランティア活動を展開。

その活動ぶりは毎月のお寺通信にも報告されてくるが、本堂にも 大きな模造紙006_2が、被災地での喜び、哀しみを伝えていた。

若い住職は、読経のあとに、阿弥陀様の後光は何本と問う。

48本あるとな。

AKB48をもじり、阿弥陀様が皆様に願うこと、言葉は 48あります。

と、ユーモアたっぷりに凡人にわかりやすく伝えてくれる。 いっそう仏教に近づいた23回忌。






003

2013年10月10日 (木)

今日のうたごえ喫茶

昨年の文化祭でコーラスグループが歌っていた 新井 満さんのこの歌。 「千の風」もいいけど、こっちの方が実感がこもる。 今日のイチオシ 心に残った歌。

2013年10月 9日 (水)

海の放射能に立ち向かった日本人

A3699b6a19月28日にNHK E テレの 「海の放射能に立ち向かった日本人~ ビキニ事件と俊鶻丸~ } を見た。0928_011

これは10月5日午前0時45分、つまり金曜日・深夜に再放送される。ぜひ録画してでも見てほしい。

1954年3月1日、アメリカが太平洋ビキニ環礁で行った水爆実験で、第五福竜丸が被ばく。0928_021


← 被害は水産物にも及び、日本各地の港では放射性物質に汚染されたマグロが相次いで水揚げされた。

しかし、核実験を行ったアメリカは、放射性物質は海水で薄まるためすぐに無害になる、と主張。

このとき、日本独自に海の放射能汚染の実態を科学的に実証・解明しようという一大プロジェクトが始動。0928_031

ここでは、「国が動いたのだ!」 水産庁が呼びかけて、海洋や大気、放射線の分野で活躍する第一線の専門家が結集、

そして水爆実験から2か月後、顧問団が選んだ若き科学者22人を乗せた調査船・俊鶻丸がビキニの実験場に向けて出発。

2か月に渡る調査の結果、海の放射能汚染はそう簡単には薄まらないこと、放射性物質が食物連鎖を通じてマグロの体内に蓄積されることが世界で初めて明らかにした。

俊鶻丸「顧問団」の中心的な存在だった気象研究所の三宅泰雄さんは、その後も大気や海洋の放射能汚染の調査・研究を続ける。0928_051_2

彼はいう。「今までの放射能研究は、いかにうまく水爆実験を行うかだったが、俊鶻丸の研究は人類を水爆の危険から どう守るかという ヒューマニズムに立脚した研究です。」

原子力発電所が次々と作られていく中で、三宅さんをはじめとする科学者たちは、大きな原発事故にも対応できる環境放射能の横断的な研究体制を作るべきだと声を上げる。

ビキニ事件当時、日本の科学者たちが行った調査から、私たちは学びたい。俊鶻丸に乗り込んだ科学者の証言や、調査を記録した映像などありありと、「過去を見つめることは未来を見つめること」 が浮かび上がる。

2013年10月 8日 (火)

焼却灰

Brioche11Hai1
今日、嬉しかったこと。

新しくなったホームベーカリー。少し不安ながら、ブリオッシュブレッドを作った。

これまたおいしく出来たので、モコモコのみんなも家人を満足。

これからは色々なパンが気軽に作れる。 \(^o^)/

頭にきたこと。

桜田副大臣 ↓の言葉。

5日の千葉県野田市での会合で、東京電力福島第一原発事故で生じた放射性物質を含む焼却灰の処分をめぐり

「人の住めなくなった福島におけばいいのではないか」 との発言。

「え!、福島はこれから人が住めないの?」 それともPlc13100812060011n11_2

「今、福島に住んでいる人は 人ではないと??」 ← これは極端ですが・・。

毎日、毎日 福島第一原発のトラブルが報道される中、私たちはアンダーコントロールされていない状況を日々実感している。

焼却灰もスラグにすれば、有効利用が出来るが、線量が高いとなれば、スラグにしても活用は出来ないが、容量を圧縮することはできるだろう。 このさい経費は国が負担しても対処すべきだ。

2013年10月 6日 (日)

第12回腹話術の祭典 二日目

041プログラム ① 腹話術台本の創作術&著作権など。

著作権は微妙な問題で、無断で使うと後で、手痛い目にあうことがあるので 要注意。 これは モコモコ劇団にとっても同じ。

また自分の人形(ダミー)の履歴書を描くように示された。

それは、名前・通称、年齢、生年月日、その年の出来事、生まれた場所、 生い立ち、 両親はどんな人、 家族構成、 友たち・仲間 ライバル などなど多岐にわたる。051_2

049_2


ここまで、考えればこれだけども3分や5分の腹話術台本ができるというもの (^_-)-☆
プログラム ②

山本さんのワークショップ、 キャラクターボイス。人形の声の創作術 &その歴史。

腹話術は2000年の歴史を持つが、エンタテインメントとして、人形などと共に登場したのがは18世紀ころから。052

日本でもいましたねぇ。 「いたこ」とか「霊媒」 とか。どこも同じ考えらしい。先生のキャラクターボイスの作り方に惚れ惚れする。

③ ウエンディ・モーガンさんのワークショップ。061

観客の集中力アップのためのエトセトラ。

日本の腹話術は話芸に重きをおいているが、あちらでは、かなりビジュアル効果をねらう。066

078_2


私たちも、もっとその点を狙った方がよさそうだ。

プログラム④

これらオープンマイクに参加した腹話術師たち。

世の中の明るくするエンタテイナーとしてだけでなくセラピスト的な役割もになう。

技術的にも、人形は別人格のごとくに生き生きとしている。

見習わなければ・・・。

参加者の中には、昨年もそうだったが、「いけいけ祭り」 に来年参加を予定している人とも打ち合わせができ、実り多い大会だった。

2013年10月 5日 (土)

第12回世界腹話術の祭典 1日目

Wendyandmichelle11
ここ数年は国立女性教育会館で行われている 「世界腹話術の祭典」

5日、6日と参加。

5日の午前中は文化祭に向けてのハーモニカ練習のため、女性会館には午後1時少し前に到着。

午後からの参加となった。

午後1番のプログラム・分科会が4つあったが、私は「パフォーマンス準備Imagesca1rpba9」 の部会。

特に印象に残ったのは、「出囃子の重要さ」、

「出囃子は20秒位が適当。最初の5秒間は音で舞台に集中させる、 次の5秒間で舞台への期待感、最後の7・8秒間は、袖幕からセンターまで人形と一緒にあるき、人形の手や足がねじれていないか・・などを見る」

このように教わると、出囃子というものは劇人にとってとても重要なもの。110internationalshowgroup1


その後はウエンディ・モーガンさん ↑ のワークショップ。

「観客 (子ども)をいかに集中力をアップさせるか」

豊富な現場経験と心療獅としての経験から子どもの集中力を喚起し、持続させるには人形をどのように、取り出し、どのような行動が必要か 細やかで、子どもへの愛情あふれる講義が続いた。

↑ 今年は私は写真の中におさまっていないので、これは去年の写真だが、参加者はこんな感じ。

午後1番は 安藤理事の 「リップシンクロ、つまり 人間の声と人形の口の開け方を同時にする術」のワークショップに参加。040_3

文をシラブル(音節)に分けて口の開閉をしていく、 マ行などいいにい音韻についての口の中の構造等、改めて納得。

彼女は私と同期位に腹話術に参入したが、すでにインストラクターの資格もとり、地元で教師としても教えているそうな。

その向上沁や努力に心から敬服。

さらに ウエッディ・モーガンさんの「腹話術師はセラピスト」 などのレクチャーは続く。

その後はボランティアのオープンマイクやベテラン腹話術師のショータイム。

ウエンディさんは、さまざまな人形を使う。

↑ この女の子のオランウータンはアプリコットちゃん。一番良く使っていた。 

私たちが腹話術というと10分位がいいところと思うが、プロ腹話術師は 手を変え品をかえて ショータイムを演出している。

2013年10月 4日 (金)

ホームベーカリー

30453857818991 パンを作り始めてから、20年位になる。

最初はこねるだけの機械。15年位前に食パンができるようになるまでのホームベーカリーを買った。

食パンはほとんど作らず、第一発酵が終わった時点で取り出し、形成、第2発酵、焼成をして、アンパンなどを作って来た。

いよいよガタがきて、動かなくなったので、ティファールのホームベーカリーに買い替えた。Imagescacyq8he


あと、何年作れるかわからない。

年取り過ぎて、もうパンは作れなくなるかもしれないが、これはフランスパンも焼けるというので最初は半信半疑だった。Imagescawv1jtd

が、こんな形で、ホームベーカリーの中で焼くとあって、納得。

米粉パンも、残りご飯からもパンができるという。2合炊くとけっこう残る。 で、これで活用できたらよろしいな (^_-)-☆

この夏、冷蔵庫もダメになって買い替え、お風呂も段差が大きいので危ないからと取り換え、終活も最終段階に入り、もう生きているうちに大物は取り換える必要はないでしょう。

明日と明後日は腹話術の合宿。国立女性会館というところで、お泊まり。 メールの返事は出来ませぬ。

2013年10月 3日 (木)

石川啄木と杉村楚人冠

11063204461ふと手にしたこの本。

短歌にはまったくうとい私だが、杉村楚人冠 の名前に惹かれた。

と、いうのも先ごろ アコで伴奏した 「牧場の朝」 の歌は 彼が作ったということが、ここ数年前になってやっと判明したということがあったからだ。

で、どんな人物なのだろうという興味半分で読んだ。

「閉塞の時代とその親愛」 とのサブタイトル通り、啄木との交友をベースとして、閉塞の時代 

つまり絶対的な天皇制下の、自由、民権をうばわれながらも、歌に託し、あるいはぎりぎりのなかでの言葉に託した二人を見るのは混濁の中に、二筋の光明をみるよう。

175pxtakuboku_ishikawa1校正係として入社した啄木を 歌壇の選者として選んだのは、当時、一流の国際ジャーナリストであった楚人冠といわれる。

彼がいなかったら、啄木がここまで有名になったかどうか?

 啄木は「日本一の代用教員」を自負し、大凶作下に置かれた、最低辺の子どもたちの人権からほりおこし、自主、愛、自由 を 強調。

これは近代日本の教育思想の上でも、まぶしいほどの光を放つ と筆者はいう。

楚人冠の 「冬の時代」の筆さばきが面白い。

例えば、「非忠君非愛国主義」Photo_21

『まずは 忠君にあらず、愛国主義にあらず、と読める。
これを「忠君にあらずんば、愛国にあらざる主義」と読んでよし。

または、「忠君は愛国にあらざる主義」 と読んでもよし。

または、「忠君を非とし、愛国を非とする主義」 と解してもよし。』

なんとまあ 愉快なレトリック( 雄弁術とでも?)

大逆事件の幸徳秋水との交流もちらほら。 時代を振り返るのも今の時代を見つめる目を養えるかもしれん。

2013年10月 2日 (水)

私は99%

Images2消費税の8%が決まった。

多くの人が選んだ政権が決めたことだから、多くの人は文句も不満も言わない。

そういえば、オリバーストーン監督の映画、「ウォール街」 では、マイケル・ダグラス演じるカリスマ投資家がいっていた。201206160022527f81_2

「我々は1%、君たち99%はなにも所有しない・・」

アメリカの所得を見ると、1987年~2007年の20年間に、所得上位1%の家計所得は8割増加。

中位の家計所得の増加は1割程度。

低位の所得は停滞。

繁栄する1%と長期停滞をする99%。

日本も似たり寄ったり。統計でも、働く人の給料は15ヶ月連続で減り続けている。

勿論、私のパート給料も。

月トータルでは下がりっぱなし。

これでは、内需は上がらず、景気回復とはいきませんなぁ。 (;一_一)Imagescavnx3sl_2

八兆円の増税で、六兆円もの経済対策で大型公共事業などにばらまく。

社会福祉の為の増税というけど、友人で生活保護を受けている人がこの半年間で2度も引き下げられた・・といっていた。

以前は私は中流だと思っていた (^_-)-☆、しか~し、中流とは、国際レベルでいうと、年収2000万以下は下層。

下層とは思いたくないけど、国際レベルでいうとれっきとした下層 (^_-)-☆

下層の力をいかそう! 増税はいやと (^O^)/

2013年10月 1日 (火)

映画・プラトーン

先ごろ、NHKで放映されたオリバーストーン監督の 「もうひとつのアメリカ史」 。衝撃的でした。その動画がないので、監督の アカデミー賞受賞の映画 「プラトーン」 をアップ。 まだ見ていない方、レンタルや図書館でも借りられる。オリバーストーンの映画はどれもお勧め \(^o^)/

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »