無料ブログはココログ

リンク集

« アユミ訪問 | トップページ | 人生いろいろ »

2016年7月 1日 (金)

ワクワク憲法塾

007テレビ、ラジオでの選挙広報はそれほど多くはない。 何を基準に選挙に投票したらいいのか。 弁護士で法学館憲法研究所所長、 NHKのラジオでも 「仕事塾のすすめ」などの出ていた 伊藤 真さんが 誰に投票すればいいか戸惑っている人にいくつかのヒントを書いている。004

≪投票するうえで重要なことは、 ① 想像力を働かせること。

候補者が言っていること、またその人がが属する政党が、これまで何をし、これからどうしたいのか。 それを自分の生活に引き寄せて、具体的に考えること。006
戦争の悲惨さに想像力を働かせることは、特に今回は重要。 憲法改正は、参議院で改憲に賛成する党が三分の二の議席をとれば、発議が可能。 改憲されてしまえば、ますます戦争への道が開かれることになる。  国を守ることは必要不可欠なこと。 けど、戦争は最後の手段。003_2

② 選挙区に立候補した人の主張を選挙広報などで観よう。 アベノミクスの是非を問う、などといいながら、選挙に勝てば 「改憲について信任を得られた」 といいだす。

安保法制、原発再稼働、貧困と格差、重視する論点は自分で決めましょう。004

重要なのは、選挙に行き、棄権はしないこと。  めんどくさい、どこに入れても・・・という行動は、結局自分に不利益をもたらす。003
この国をどんな国にしたいのか、それは、自分のことを自分で決めること、すなわち(選挙は) 「自己決定」の場面。≫

近所の人たちが話し合っていた。 「なんの情報もないし、選挙といったって、だれにいれていいのかわかない、まして18歳や19歳のこたちなんかねぇ」

今日マイガーデン。 ハイビスカス、ユリ、木咲きベゴニア10鉢、ブルーダンス(アジサイ)、アガパンサス、るりまつり

« アユミ訪問 | トップページ | 人生いろいろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/63854483

この記事へのトラックバック一覧です: ワクワク憲法塾:

« アユミ訪問 | トップページ | 人生いろいろ »