« 我が家うたごえ | トップページ | 腹話術台本 くまたん »

2016年8月20日 (土)

ボリショイサーカス

Yjimagett8siurhボリショイサーカス・所沢公演を見た。 いい年こいて、と思われたか、列にならんだ後ろに人から、「いいですね、余暇をこうやってすごせて・・」 と言われる。「はぁ」 とはいったものの、余暇ではなく、かねてよりみたかったからなのだが・・・。9e6201071
この冬、木下サーカスを立川で見た。あの余韻があったから、夢よ・再び、と思ったのかも。Yjimage2ldfvygc
ボリショイとは ロシア語で「大きい」という意味で、正式名称とは違うそう。ただ正式名称より、こちらの方が親近感があるので、 1958年に初来日して以来、ずっとこの名称を使っている。

猛獣を連れてきたときもあったが、最近はクマ以外は小動物のみのよう。 友人が木下サーカスは猛獣がいっぱいいたけど、こちらは小動物だけで、今一つだった、という情報は事前にあったが、 動物より人間の美しさもまた興味がある。Yjimage9lefgv86

ロシアの華やかな民族衣装に包まれたコケティシュな舞踊は、隣国への親近感をより高めさせてくれる。 あの朝の連続ドラマ 「ととねぃちゃん」 の花山編集長は ロシアの民族衣装が好きだったのか、似た感じの衣装をよく着ている。

、トランポリンをしながら、ビルのなかに吸い込まれていくビルトランポリン。 まるで地球には重力なんかないよう。 人間が10mはあろうかと思われるビルを行ったり来たりする。 空中ブランコもどれだけの訓練を積み重ねているのか? 0・01秒の誤差も許されない正確さで空中遊泳する。Yjimageqh7qa7fq
本物のくまの演技がすごい。 輪投げ、輪くぐり 平均台、自転車乗り、なにより立っての歩きがなんともかわいい。一瞬あれは本物ではなく ぬいぐるみかと思うほどの人間と息のあったコンビネーションで演技をする。 それは犬や猫も同じ。

気位の高いネコを訓練するのもまたプロかと感じ入る。Yjimagej6ee6geq
ともあれ、木下サーカスとちがった意味で異次元の夢世界で遊んだ2時間。002_3


楽しかった。 惜しむらくはオリンピックで体操選手の世界レベルをテレビで見続けた後だけに、サーカス団の演技が多少あれでは金にはなれない、と思ったこと。

↓ 1回1000円でこの役者犬と写真が撮れる。

003

« 我が家うたごえ | トップページ | 腹話術台本 くまたん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/64085661

この記事へのトラックバック一覧です: ボリショイサーカス:

« 我が家うたごえ | トップページ | 腹話術台本 くまたん »