無料ブログはココログ

リンク集

« 川越水上公園 | トップページ | ノコギリソウ »

2016年8月16日 (火)

第64回平和美術展

Yjimage1実は私は見に行ったわけではない。しかし、新聞で私の親友、Hさんが 平和美術展についての文を載せているのをみてうれしくなり、勝手に紹介。

彼女とは学校時代からの友人、結婚して偶然同じ市に越してきたのを機に女子会を結成。以来月に1回くらい、お茶のみ、美術館めぐり、緑の散策などを重ねている。

ともあれ、平和美術展。 彼女の寄稿文によれば・・・。E71

≪ 全国から国内外合わせて約500点が参加。  今年の特徴として、女性の参加が半数以上を占め、新しい広がりと息吹を感じさせる。今回、私は反核、反原発を強烈に印象付けた二つの作品に目を奪われた。 Tokiwahirosi1_2


E61長崎への原爆投下の瞬間を、想像力を駆使して表現した 「悪魔の華」 と、 いまだ収束しないチェルノブイリ事故の恐怖を表現した 「石棺とコウノトリ」  →

この二つの問題はからみあい、21世紀に生きる私たちに重くのしかかってきている。

しかし、身近なな子どもたちや友人の姿、何気ない草花や風景を描いたものも平和美術展の主流。 これらには作者の 「これぞ我が平和」 の心情があふれていて、人生への深い愛情が伝わってくる。62e09a03d4addd8e9446f0b73813c3b61

平和美術展は出品者、鑑賞者が一体となって、考え、楽しめる展覧会。 また、様々なジャンルが共存し、目を楽しませる。 油彩、水彩はもとより、日本画、彫塑、工芸、版画、漫画、書、写真、生け花 等が出品。≫

へぇえ、けっこう ノホホンとした雰囲気と、とっぽい面も併せ持つ彼女がこんな文を書いているんだ、と思うとニンマリ。 行けそうな方、ぜひ行ってください。

写真は生け花コーナー、漫画コーナー、最後は今年の作品ではないが、「国際森林年」

« 川越水上公園 | トップページ | ノコギリソウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/64068631

この記事へのトラックバック一覧です: 第64回平和美術展:

« 川越水上公園 | トップページ | ノコギリソウ »