« 白い想い出 | トップページ | 終活 »

2016年9月 4日 (日)

チャターズ勉強会

Img_20160905_0001_2今日はイベントの報告が多多。

先生たち4人が熊本支援に行った。 あの益城町のスポーツセンターには まだそこで避難生活をしている方々、その近隣地域の家々はあの日、4月に発生した震度7による倒壊時のままの家がほとんど。 そんな中でも知り合いのつてで、保育園、スーパーの店先など4ゖ所でのパフォーマンス。熊本震災ボランティアに行った同じクラスのメンバーとも遭遇。 意味深く気概満載の経験であったことが報告された。  えらい!!002

毎月のように訪問する障害者施設への訪問の報告や参加者打ち合わせ、また、先生たちが主宰する腹話術会のお知らせ ← 会員が参加する芸能発表会、先生が参加する演劇交流会への参加のおさそいなどなど。003
それぞれが、私たちのパフォーマンスにとって勉強にはなるし参加すれば楽しい。 仲間が活躍しているのを聞くのもうれしい。 だが・・、

私としては、澤屋逸太郎先生の 「腹話術指導ガイド」にあるような演題をもうすこし突っ込んで講義する時間がほしかった。

ともあれ、オープンマイクには今日は二人の参加。私は「アル・カポネ」、評価曰く 「なぜアルカポネが登場したのか説明がない、何を言いたいのかわからない、悲しい、苦しかったことでみんなをしゅんとさせたいのか、楽しませる笑いがない、」 などなど。

そうか、わかりました。これから一所懸命台本をかきなおします。

二人目。 靴箱の絵に本物の靴が登場。靴たちは兄弟。ある日あんまり靴箱のにおいがひどいので二人はぬけだして公園に。 そして太陽に照らされていい気持になりました。

絵本を見ているようで楽しい。彼の腹話術はいつもユニークな発想。しかし、腹話術の技能向上を目的としたオープンマイクではちと畑違かな。

« 白い想い出 | トップページ | 終活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/64157904

この記事へのトラックバック一覧です: チャターズ勉強会:

« 白い想い出 | トップページ | 終活 »