無料ブログはココログ

リンク集

« 映画 エックス年 | トップページ | オオカミ・フォーラム »

2016年9月11日 (日)

戦艦武蔵

Yjimage4_2NHKのテレビ 「戦艦武蔵の最後」を見た。 こういう「よさげ」なドラマは録画してみるので、放映時よりかなり後になってからの感想。でも、こういったジャーナリズム・映画人の良心の発現のような映画はぜひとも取り上げたい。027

ドラマは武蔵に乗っていた夫の最後を知りたいという年老いた祖母の願いを孫がその願いをかなえよう、とともに夫の戦友を訪ねるところから始まる。 それというのも、「武蔵」は沈んだが、 「1376名」 が生き残ったという記録がある。033
しかし、「武蔵」が沈んだことが日本に知られると、戦況が不利に動いていることが人々に知られてしまうので、これを軍部は隠し、再びこれらの人々を南方の地上戦へと追いやった。031_2

生き残ったその戦友から武蔵の最後を聞く。、祖母の夫だった人はその戦友の上官だった。004_2

コレヒドールという島で再び武器もほとんどないまま戦わなければならなかった。戦線の中で、かの上官はいった。

「花の好きな牛」の本を読んだことがある。 その牛は花と一緒にいるこが大好きでいつも仲間とより花と一緒にいるので、お母さんが心配した。007_2
しかしその牛・フェスディナンドはちがった。 闘牛場に連れて行かれた時も、戦わずに花のにおいを楽しそうに嗅いでいたので、もとの牧場に帰された。 他の友たち牛は闘牛士と戦って、最後はみな殺された。

フェスディナンドは牧場でいつまでも平和にくらした。 「おれはフェルディナンドだ」 とその上官はいいたげに 死のまぎわに 「だが、フェルディナンド はちがった」 と英文で書いた紙切れを かの生き残った人に渡した。 「この戦いは意味のない、このことを生きて必ず伝えてくれ」、そうその紙切れは伝えていた。016
これらの話を聞いた孫の若い女性はつぶやく。 021
「もし、また日本が戦争を始めたら この戦いで無念に死んだ人たちに 私たちは顔向けできないじゃん」

« 映画 エックス年 | トップページ | オオカミ・フォーラム »

コメント

大和の知名度が強すぎるため、武蔵と大和は同一艦であることすら知らない人が多いですね。

アメリカ軍は、武蔵を攻撃し沈めたことによって‘大和の欠点’(弱い場所)を知ったのです。そして大和はその弱点を一気に攻められ沈みました。

これもあまり知られていない事実です

玉井人さん
いつもながらの博学恐れ入ります。
私もネットで調べたところ同型旗艦が3つもあったようですね。
まあ、それだけあってもアメリカの物量攻撃には何とも
致し方なかったのですが。
北朝鮮の核の脅威、日本もそれに対抗してどんどん
戦争準備をしてこれでは全く泥沼です。
おそろしい世の中にならないことを願うばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/64195634

この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦武蔵:

« 映画 エックス年 | トップページ | オオカミ・フォーラム »