無料ブログはココログ

リンク集

« 孫たち訪問のわけ | トップページ | 特別支援学校でのモコモコ公演 »

2016年12月12日 (月)

腹話術台本 トナカイ君

 トナカイ君              005_0290_l1_2
           トナカイ  △    私 ○  

歌いながら出ていく。♪ まっかなおはなのとなかいさんは いつもみんなのわらいもの でも、その年のクリスマスの日 ♪

あ、皆様 こんにちは。 年末ですね。年末と言えばクリスマス、あの有名なサンタさんと一緒にいる トナカイ君がクリスマスの面白い話をもってきてくれました。トナカイ君 ご挨拶して。

 こんにちは、ぼくトナカイの ディア。

 ところでさ、ディアくん トナカイというけど、この角、おもちゃみたい。

△ そうだよ、おもちゃだよ。 あのね、僕たちの角って秋には落ちるんだ。去勢されたトナカイだけが角を持っているんだ。ぼくはもうじき結婚するからって去勢を拒否したんだ。 みんながトナカイには角があるもの、と思っているからしかたなくにせの角をつけてきたんだ。

 ああ、そうなの、知らなかった。そうよね、去勢なんて不自然だね。トナカイといえば、みんな立派な角をもっている、と思っちゃった。去勢しちゃったら子供できないもの、強制じゃなくてよかった。

ところで、この時期忙しいのに よくきてくれた。ありがとうね。

 うん、ちょっとクリスマスにプレゼントするサンタさんにいいたいことがあってさ、それでフィンランドがらきたんだ。Yjimage7
 クリスマスプレゼントをするサンタさんにいいたいこと? へえ、それってな~~に?

 女の子がプレゼントをかかえて朝、起きてきて不思議そうな顔をしていた。

 クリスマスの日だよね。女の子がプレゼントをかかえて起きてきて、不思議そうな顔をしていた。

 「どうしたの?」 と親が聞いた。「サンタさんて、近所に住んでるの?」と女の子、 「どうして?」 と親。

 「だって、西友で買ってきたみたいなの。包装紙がそうだもの。」

  ○ あらら、サンタさん ぬかったね。

 今度は敵もさるもの、の はなし。

  男の子がサンタさんにお願いするプレゼントを決めた、といっておもちゃ屋さんのちらしを持ってきた。

Maxresdefault1_2 うん、ちらしをもってきたんだね。

 「いいのを選んだでしょ。家ではこんな高いのを買うのを大変やから、サンタさんにたのんだんだ。いい考えでしょ。」ってね。

 うわあ、サンタさんもたいへんだぁ。

じゃ、今度は私がクリスマスのなぞなぞを出すよ。ほら、見ざる、聞かざる、言わざる、という三ざるがいるでしょ。

 みざる、いわざる、聞かざる 。しっているよ。その猿なら。

 クリスマスに一番、喜ぶサルはどれだ? みなさん、いかがでしょう?

 うう~~ん、難しいな、そうだ、着飾る !!

 じゃ、つぎね。この一年、悪いことをした人、いじわるした子などをうんと懲らしめる黒い、こわーいサンタさんがいるか? みなさん、どうですか

 え、サンタさんってやさしいんだもの、そんなサンタさん、いるわけないよ。

○ところが、いるの。サンタじゃなくて、サターン、つまり鬼のようなサンタ。

 戦争ごっこなんかする子はやっつけにくるさ。 

  △ こわ~~い、ぼく、ずっといい子だったよ。 またね、バイバイ。


 

 

 

 

« 孫たち訪問のわけ | トップページ | 特別支援学校でのモコモコ公演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/64615793

この記事へのトラックバック一覧です: 腹話術台本 トナカイ君:

« 孫たち訪問のわけ | トップページ | 特別支援学校でのモコモコ公演 »