無料ブログはココログ

リンク集

« 大掃除 | トップページ | 喪中ご挨拶 »

2016年12月31日 (土)

ワイドー 沖縄

大みそかにあたって、今年心に残った言葉を考える。 「神ってる」、「盛り土」、「地下水」。 いえいえ、「ワイドー沖縄」 辺野古基地移転、オスプレイ事故、沖縄には、日本の民主主義は通用しない、憲法も通用しないと、強権者はほくそえむ。

「ワイドー 沖縄」という詩集があるのを知った。その一部を転載。作者 与那覇幹夫。A5d94d9b5c56c9d56fafa87a372c632c1_2

与那覇幹夫(よなは・みきお)氏は1939年宮古島市生まれ。83年に「赤土の恋」で第7回山之口貘賞受賞。   → 宮古島

「ワイドー 沖縄」

私は、何と詰(なじ)られようが
あの夫の〈絶叫〉を差し置くほどの
美しい叫びを、知らない。

それは戦後間もなく
降りそそぐ陽ざしに微睡(まどろ)むがごとき
宮古の村里の、とある村外れの農家に
十一人の米兵(アメリカー)が、ガムを噛みながら突然押し入り
羽交い締めに縛った夫の、その目の前で
その家の四十手前の主婦を、入れ代わり犯したが
十一人目の米兵(アメリカー)が、主婦に圧し掛かった瞬間
夫が「ワイドー加那、あと一人!」と、絶叫した
 というのだ。

あゝ私は、一瞬、脳天さえ眩む、これほど美しい
 叫びを、知らない。
(中略)

「ワイドー沖縄! ワイドー沖縄!」と
 念じつづけよと
(終連)


注 加那 とは奥さんの名前で仮名。 ワイドーとは、 「耐えろ、頑張れ」という宮古地方の古い方言。私たちはまだまだ沖縄に 「ワイドー、ワイドー」と言い続けるのだろうか。

« 大掃除 | トップページ | 喪中ご挨拶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/64700411

この記事へのトラックバック一覧です: ワイドー 沖縄:

« 大掃除 | トップページ | 喪中ご挨拶 »