« 杏ボランティア | トップページ | 共謀罪 »

2017年3月30日 (木)

おうぎデーサービス訪問

001_2なぜかホッとするここのボランティア。 職員さんや利用者さんの歓迎笑顔がうれしい。用意があれば、さっと手を差し伸べてくれる職員さん。 今日はそんなところのボランティア。

アコ伴奏は 「花はどこへいった」 が声が少し小さいので、今日はやめ。かわりに「埴生の宿」にチェンジ。 曲のうち、一番声が大きいのはやっぱり 「北国の春」。005

ここに訪問した時に歌謡曲のCDがかかっていた。 下町の太陽、伊豆の踊子、ここに幸あり、ペギー葉山の 学生時代 など、 007
ああ、やっぱりこのような歌がお望みなのだな と聞き入りながら準備に入る。

最初はアコ伴奏での歌。 歌の持ち時間20分なので8曲。 「北国の春」を歌おうとした時に、歌リードさんが「誰が歌っていたのでしたっけ?」 と 問いかけると、「千 昌男!」 という声とともに 「おれだよ!」 という声に思わず笑い ( ^)o(^ )018_2

始まる前に手を差し伸べて 「ようこそおいでいただきました、待っていましたよ、」 と云ってくれる人、にっこり笑顔で見つめてくれる人、 来甲斐がありますねぇ。

プログラム ② はピアノ・ショパンのワルツ & ノクターン。 ここはアップライトピアノだけど電子ピアノに比べれば音色は断然違う。 その力強さと繊細は音色に聞き惚れる。

③ おしげさん   ④ ハーモニカソロ  プログラムは昨日と同じだけど、ハーモニカの様々な技巧をこらしたテクニックも素晴らしい。

« 杏ボランティア | トップページ | 共謀罪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65086036

この記事へのトラックバック一覧です: おうぎデーサービス訪問:

« 杏ボランティア | トップページ | 共謀罪 »