無料ブログはココログ

リンク集

« 上海博物館 | トップページ | 上海雑技団 自転車アクロバット »

2017年3月12日 (日)

魯迅記念館

Image12131_2中国で最も早く西洋の技法を用いて小説を書いた作家。その作品は、中国だけでなく、日本でも中学校用のすべての国語教科書に作品が収録されている。 たしか、「故郷を訊ねた想い出」のようなもの。

魯迅はどんな人かっていうと

18歳で南京にあった理系の学校に入学、4年間を過ごす。、進化論をはじめ新しい思想にふれる。1902年、国費留学生として日本に留学。国の人々を救うためには医学が良いとかんがえ、医学を専攻したが、同時に西洋の文学や哲学にも心惹かれた[。

、しかし、彼は学業半ばで退学]。当時、医学校では講義用の幻灯機で時折日露戦争(1904年から1905年)に関する時事的幻灯画を見せていた[。このとき、母国の人々の屈辱的な姿を映し出したニュースの幻灯写真を見て、小説家を最終的な自分の職業として選択]

→ 魯迅公園で見たクロウタドリ4f65afc9c2e6b5fbd16eac6a46bf840b1
その幻灯写真には中国人がロシアのスパイとしてまさに打ち首にされようとしている映像が映し出されていた[。そして屈辱を全く感じることなく、好奇心に満ちた表情でその出来事をただ眺めているだけの一団の中国人の姿があった。4c0fe916c977500f3e1a0c8a5b120bfa1
その後、この時とばかり東京で雑誌の出版事業を始め、教訓的な内容の散文を文語体で書いた[。それは中国人にダーウィンの進化論や英雄出現を求めるニーチェの哲学を啓蒙する狙いだった。

帰国後、魯迅は、小説の中で、表では礼節を説く「儒教」が裏では生命の抑圧者として「人を食」ってきたことを論ずる。さらに、「儒教」という暗黒の伝統社会とその一員である自己を否定することで、未来の子供たちには人間らしい生活を準備しようとする精神と進化論が横たわっているとする。059_2

 『狂人日記』がその一人称を用いた文体と食人批判という内容が社会に衝撃を与えた。072_2

代表作『阿Q正伝』(1921年)、国民性の中に潜む卑怯や惰弱、軽率を阿Qという形象で表現]。また、 1925年,北京女子師範大学で学園紛争が起こり、学生処分に反対する魯迅は処分派の論者と大論争を展開、これを機に彼は論争文に力を注ぐようになる[。1926年3月、日本の内政干渉に強硬な態度を採るよう政府に求めるようにと抗議する学生・市民に対し、軍隊が発砲して47名が死亡する「3.18事件が起きると・・・・。063

と、まあ こんなことで 魯迅 という人がすこしわかったわね。彼の詩が動画になっているのが良かった。 つまり、彼はこの看板のように現代中国の保存者であり、開拓者、建設者だという。

« 上海博物館 | トップページ | 上海雑技団 自転車アクロバット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65017668

この記事へのトラックバック一覧です: 魯迅記念館:

« 上海博物館 | トップページ | 上海雑技団 自転車アクロバット »