無料ブログはココログ

リンク集

« 偶然が重なって | トップページ | 宮部みゆき 「理由」 »

2017年4月23日 (日)

時代の風

Yjimage1

先ごろ、毎日新聞に掲載された 中島京子さんの 「時代の風」、森友問題の本質  という記事に注目したい

「イデオロギー教育の危険」  中島京子 (作家)  部分

「話題になっている森友問題、究極に怖いと感じているのは、塚本幼稚園の動画。  子どもたちが「教育勅語」を唱和する姿は、まさに「洗脳」という言葉を思わせて背筋が凍った。臣民(天皇に支配される民)として、天皇の統治する国に緊急事態(戦争)があったら、自ら志願して死ねと教える戦時中の勅語を、無邪気な声がそらんじてみせるのは、異様だった。

     さらに、衝撃だったのは、園児たちが運動会の宣誓で唱えた「日本を悪者として扱っている、中国、韓国が、心改め、歴史教科書で「うそ」を教えないよう、お願いいたします」というフレーズだ。なんてことを子どもに言わせているのだろうか。この子どもたちは大きくなって、中国や韓国の人とどう接するのか。

     従来積極的に日韓交流行事に参加し、「韓国はだいじな国」と発言してきた昭恵氏なのだから、ヘイトスピーチまがいの教育はだめだと、はっきり言うべきだった。そのほうがどれだけ首相の妻らしいふるまいだったか。
森友学園=塚本幼稚園を支えてきたのが、戦時中の思想に帰ろうとする政治運動であることは、いまやもう誰も否定しないだろう。団体名も出た。「日本会議」だ。現閣僚のほとんどが参加している政治団体だということだ。 C58wpcwuwaa0mo2rrtttteeee1_2

もう一つ、戦時中よく使われた言葉を紹介したい。「暴支膺懲(ぼうしようちょう)」というもので、「暴れる支那を懲らしめる」という意味だ。日本が戦争を始める理由として使ったのがこの言葉だった。塚本幼稚園の園児宣誓と似ている。

     私が恐ろしいのは、戦時中の思想に帰ろうとする政治運動に賛同している人たちが、日本の教育を変えようとしている事実、そのものだ。関与が取りざたされた政治家の誰一人として、「教育勅語」を否定しなかった。それどころか擁護発言が相次いだ。園児たちのヘイトスピーチを批判する発言も、なかった。籠池泰典氏がしつこいとかうそつきとかいう話は出たし、森友学園の経営や設置認可をめぐる強引さにも批判が集中したが、教育方針を批判した発言は、渦中の政治家からは出なかった。

      いま、「彼ら」の心はもう森友学園とは離れた。いまやもう、あの小学校設置の件は、籠池という変な男が引き起こした変な事件だということで、「彼ら」と切り離そうと必死だ。

     一方、「彼ら」、国家主義的な思想を持つ人々の悲願「道徳の教科化」が成り、検定教科書にイデオロギーを盛り込むことができるようになった。さらに、先月末、政府は「『教育勅語』を教材として使用することを否定しない」と閣議決定した。「憲法に反しない形で」と但書(ただしがき)がつくが、戦後、違憲だから衆参両院で排除・失効されたのではないか。なぜ今、と驚愕(きょうがく)する。

     私たちが「昭恵氏は私人か公人か」などというさまつなことにとらわれているうちに、気がつくと日本国中が森友学園みたいな学校だらけになっているのではないかと想像して、私は怖い。森友問題が重要なのは、その危険を私たちに教える事件だったからなのだ。」

      

 

« 偶然が重なって | トップページ | 宮部みゆき 「理由」 »

コメント

人は、ややもすると経済を本に考え勝ちになりますけど、勿論、それも大事でしょうが、あねさんの仰る通りに、心が動くことが大切なことと思うんです👼まして、子供の時の決して戻れない貴重な時期に、このように歪んだ教育が行われるのは断じて🙅阻止しなければなりますまい!

雀さん
そうですよね。森友問題には幕引き、北朝鮮に目をむけようと
する政府。
でも、憲法では武力による威嚇も禁止している。
この戦争が起きることを誰ものぞんではいない。
もし、戦火をまじえるようなことになれば日本が一番
被害を受ける。
民主主義的な教育をぜひ教育界は実践してほしい。
あの過去の惨禍は「教育」がすべての土台に
なっていたのだから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65188234

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の風:

« 偶然が重なって | トップページ | 宮部みゆき 「理由」 »