無料ブログはココログ

リンク集

« 次期学習指導要領 | トップページ | 童謡考 »

2017年5月27日 (土)

ウインドバスカーズ

Img_20170527_0001_2さいたま市で演奏活動をする 「ウインドバスカーズ」の定期演奏会に参加。

レベルの違いも含めて人数が多いとまた大きなパワーと味わいを感じることが出来る。

1部は アコーディオン4重奏とピアノ、コントラバス、ドラムス でウエストサイドストーリー。 アコーターは4人、片手ひきだったけど、その分大きな音色で コントラバスなどに撒けていない。 懐かしい曲にひたることができた
そして、アコ5重奏の 「赤い靴」、 今日の曲はほとんどが松永先生の編曲によるので、アコーディオンの特徴が最大限生かされて、物悲しくも切々とした情歌をかもしだす。Maxresdefault2_2
浜崎さんの 「アイシャの目覚めと踊り」、「バラの娘たちの踊り」、 むずかしい編曲を3オクターブの音域を使って5本の指は鍵盤を縦横に踊る。 さすが・・・。

後にも先にも 松永先生の演奏はこれだけ、 若者との2重奏 「リベルタンゴ」、 先生のV アコが入ってこれまた、独特の演奏 。 タンゴが縦横に踊りだした感。
2部 「ロンド風のミュゼット」、 歌劇 蝶々夫人より 3つのシーン、  組曲 「道化師」より リトリ・リリカル シーン、ガボッオ など。

001_2ゲスト演奏は女声アンサンブル。 男声が入らないと、イマイチと云う時が時々あるけど、「あ~~声も素晴らしい楽器の一つ」 と思える歌声。2300377941_2
第3部のアコーディオン・オーケストラが圧巻 !!
ほんにどこぞのオーケストラ楽団演奏会に来たかと思うほどの迫力。 協奏曲集 「四季」 作品8より 「冬」、「春」 。編曲・指揮は松永先生。  17人のアコーディオニストと ピアノ・コントラバスが入り、さらに重厚感を生み出す。 加えて、第一楽章、第二楽章と進む合間には 谷川俊太郎の 美しい日本の心象風景を詠った詩が司会から朗読される。

アコーディオンの特性を思い切り楽しんだ今日の演奏家、私も頑張らなきゃ、と思いました。

« 次期学習指導要領 | トップページ | 童謡考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65335798

この記事へのトラックバック一覧です: ウインドバスカーズ:

« 次期学習指導要領 | トップページ | 童謡考 »