« ほたる | トップページ | 沖縄を叫ぶ »

2017年6月12日 (月)

映画 ムーンライト

Yjimage1

かなり遅きに失したが やっと見れた。

映画 ムーンライト 。 第89回アカデミー賞の作品賞、脚色賞、助演男優賞など受賞、ゴールデングローブ賞にも輝いた作品。

この春 本命をうわさされた 「ラ・ラ・ラ ダンス」をぬいての受賞。

 一人の人間を少年、青年、壮年と3人の俳優が演じる。M_091
マイアミを舞台に少年の成長、自分の存在意義など各年代で、自我に目覚めていく内面を語り続ける。

よく 目力 といい 目は口ほどにものをいう、ともいうが、この映画の俳優の目、ひとみが観客にかたりかけるものはすごい。M_021

マイアミの貧しい家庭で麻薬中毒の母親と二人暮らしの少年、ある時難局を助けてくれたのは、麻薬の売人だった。

閉塞感や排他性がうずまくアメリカ社会の底辺で生きる人々。彼もまた憎んでいた「売人」になっていく。 しかし、ほのかに温かく照らす月明かりを求めて・・・。M_041_3

人間の友情と愛情を信じる努力は報われていくだろうか。 最後は彼の心にも、観客にもほのぼのと月明かりがともる。

それにしても、アメリカ社会に深く浸透しているドラッグ。 アメリカの好戦性と関係があるようにしか思えない。なぜなら、日本でも戦前極秘裏だが、特攻隊員には麻薬を配って恐怖感からの逸脱を軍は図ったという事実があるから。64011

映画を見る時間がなかなか取れない、と思っていたが、夜9時過ぎだったらとれる。これからはこの手でいくかな・・・。


« ほたる | トップページ | 沖縄を叫ぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65402237

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ムーンライト:

« ほたる | トップページ | 沖縄を叫ぶ »