無料ブログはココログ

リンク集

« 盆踊り | トップページ | 今月ボランティア ③ »

2017年7月23日 (日)

ギャラリー 木蓮 ①

001_2学校時代からの友人が我が家の近くに画廊兼絵画教室をオープン。012




彼女は人生の折り返し地点に差し掛かって長年の夢がようやく実現。家庭的にも、経済的にも順風ではないが、舵をきり、荒波をのりこえてようやっとたどりついたのだ。002

具象から始まった彼女の絵は抽象に変わってきている。 抽象画の方がより自分の内面性を表現できる、というのだ。 010_2


011_2

素人にはわかりかねる部分も多いが、画家の意図をくみ取りながら、アートの表現性を楽しみたい。

008_3絵のタイトルは上から メタモルフォーズ (超自然的変形 とても訳すか)

風の大地

記憶の片りん ←005_3

再生 ・・ 家主の作品。

9 ピース →

生命 →

銀河(左下)

風の大地003
ラーメン花月のすぐ後ろ、お近くへお寄りの節はぜひお立ち寄りを。





« 盆踊り | トップページ | 今月ボランティア ③ »

コメント

お世辞だなんて、そんな、別にただ、僕はあねさんがなんか、困ってないかと思い、アドバイスでシロクマの腹話術人形でも、どうですか?
と只進めただけですよ、それは確かに個人の理由はありませんが、もし、付けるとしたら、自分がクマが好きだから、クマのパペット人形、腹話術人形が好きだからということですね(笑)
特にしろくま。
それだけ、僕にはクマのことが好きだって思いがあるんです。最近の人間には、嫌われているところが少しありますが、凶暴ですし。
けど、僕は、例え人がクマのことを嫌っても僕は動物の味方にもなります。
話が長くなりましたね。それでは、この辺で♪

SENAくん
そう、あねさんもクマは好き。
クマは嫌われるというより、熊の領域を人間が犯しているから
クマが怒るんだ。
クマと共生するには人間が自然と共生できるようにきちんと
ルールを作るとか、自然の摂理を尊重する社会の規範を
護らないといけないと思う。それを熊のせいにしては
いけないよね。
クマと人間を比べたら、熊は大きな意味では弱者。
人間は強者になるから、弱者の味方をする君はえらい (*^_^*)!

そんなことは、ないですよ。ただの個人の意見ですから。
あ、そういえば、少しはニトリのシロクマの抱き枕で腹話術人形を作る件考えてくださいましたか?
返信お願いいたします。

SENAくん
お言葉だけど、ニトリの白くまはあねさんのイメージとしては
インパクトが弱い。 以前、覚えている? もう2年近く前だけど
巨大なプーサン人形が職場にある、といったら、写真を撮って
アップして、といったわねぇ。あのときにも、ああ、SENAくんは
クマがすきなんだな、と思った。
あねさんはプーサンも今一つだった。
「クマタン」と作ったのは熊本地震の直後だったから
せめての支援をと思ったから。
今のところは、どうだかなぁ。 でも、トイザラスに行って
クマのぬいぐるみがあるかどうか調べるのも時間の無駄では
ないと思っている。

わかりました。ありがとうございます。

もうひとつ、質問があります。
腹話術人形のことで、作り方を教えてくれましたね。
口をパクパクするやり方を昨日聞きましたが、
具体的には、どうやって口を開けたりすればいいですか?
その時何ですが、あねさんって、ミシンとかで調整したりするんですか?
人形作るとき、背中や顔とかに、腕をいれるところはどうやって作っているんですか?
僕は作ることや、裁縫はあまり得意ではありませんが、自分のお気に入りの人形を作るためならば、少しでも、失敗してもいいからやりたいんです。
お願いです。今回は、僕ではなく、本の少しでいいですから、作り方を教えて下さい。
今日実はニトリのシロクマの抱き枕買ったんですよ。大きい方を。それを腹話術人形にしたてたくて、あねさんの所に来ました。お願いいたします!

素晴らしいですね 🎊長年の夢を実現した 友人も 立派です👏
姉さんも いつでも こんな素晴らしい 絵に会えるなんて 羨ましいです 市民こぞっての 盆踊りといい 所沢は 文化 が素晴らしい👼

SENAくん
おう、おう ニトリのしろくまくんを買ったのかい。
それは良かったね。あの顔はみているだけでもほっこりする。
さて、それに口を
開けるとなると、初めてではちょっと大変かな。
でも、まず口を真ん中から左右に同じ長さだけカット。
おなかの方をみてみて。
縫込みがあれば、その線に沿って自分の腕の太さほど
カット。

次は楕円形の厚紙を用意。ここにピンクか赤の布をはり込む。
これは口の中になるので、上になる部分を少し多めにとって
中ほどで厚紙を折る。
ここに本来なら下部分に親指がはいるほどの太目のゴム、
上になる部分には四本指が入るくらいの長さのゴムをくっつける。
(これはなくても良い)
さらにここにいらなくなったハイソックスの足部分をきlったものを
くっつける。
すべてミシンは使えない作業。
布に包んだ厚紙を口の中にはめ込む。ハイソックスをおなかの中を
通し、おなかの、さっきおなかをカットしたところに通す。
ここから腕が入り、口を上下にパクパクできるというわけ。
実物がないから苦労するかもしれないけど、きみなら できる (*^。^*)。

雀さん
ありがとう、そうなの、彼女は娘さんが精神的にとても不安定さを
かかえ、一昨年ご主人を亡くし、色々あったけど
長年の夢を実現したがんばりやさん。けど、ほんとはとっても
おっとりやさん。
よくやった人。
盆踊りはあたしはもともと好きなの。
なんといっても母の血を受けついでいるから。
地域交流は二の次だった (*^。^*)

そうですね。結構難しそうですね………………。
今は仕事が忙しいので、気が向いたらやってみます。
作り方ありがとうございます。

あと、カットって人形の口をですか?
でもどうやって、ハサミで切るんでしょうか?

お腹じゃなくて、背中じゃないんですか?
切るところは?

SENAくん
写真の白くまくんからは見えないけど、きっと口があるにちがいない。
その口に沿って、はさみでもカッターでも切りやすいもので口を開く。
大きい方が白くまくんがしゃべった時にわかりやすくていい。
そして、こんどはおなかの方を見る。
ここにも縫い目が見えるはずだ。 おなかの真ん中あたりを
君の腕の太さ位にカットする。
背中はだめ。背中は観客に見せるところ。背中から君の腕が
はいっていたら、観客に「あ、あそこから腕をいれて操作
している」 ということがわかってしまう。
おなかから手を入れて君に寄り添っていれば 「ああ、あの二人
は仲良しなんだ」 とだれもが思う。
もし、あねさんの気に入った白くまが見つかって手術すると
なったら、分解写真をアップする。
来月の蛙はもう出来上がっているけど、口のなかと
腕を通すところはアップしてもいいさ。

まぁ、作るかどうかはまだ考え中ですが、
そうですね。前から思ってましたけど、蛇子さん以外の人形タイプやウサギや蛙など、あねさんってどこから手を入れてるんだろうとは前々、思いましたね。
見せてください。(キッパリ)
お願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65570556

この記事へのトラックバック一覧です: ギャラリー 木蓮 ①:

« 盆踊り | トップページ | 今月ボランティア ③ »