無料ブログはココログ

リンク集

« 飯能アルプス物語 | トップページ | モコモコの「四季」 »

2017年8月28日 (月)

8月ボランティア ④

Yjimage7_2今日の誕生日の花は ヤマハハコ、 どこの山だったか、これがハハコグサ、と言われて「あら、可愛い」 とそっと撫でたのを思い出す。花言葉は純情。

 そう、まっすぐな純な気持ちで今月のボランティアを終えることが出来た。 さあ、これから歌詞カードや曲の整理をして、9月のボランティア、10月の「歌おう会」、そして、アコサークルの 「うたごえ喫茶 陽だまり」 に備えなければ、のワクワク、ドキドキの時間が待っている。Yjimage1
今日はいつものように アコ伴奏 10曲で始まった。 ここはグループ・ホームの人、デーサービスの人と大所帯。 スタッフも周りを取り囲んでいるので歌詞カードの「めくり」も安心して次の曲に行くことが出来る。 016

次は琴ソロ、 浜辺の歌、波浮の港、五木の子守唄、竹田の子守唄 などは弾き語りでいい声で歌ってくれるので、みなさん歌詞カードがなくとも琴伴奏で歌う。最後は琴らしく 「今様」 という曲で引き締める。

最後は「蛇子さん」。 クイズの答え、 ガラガラヘビは利用者さんがすぐに答えてくれたが、にょろにょろ運転、毒蛇はみなさん、一所懸命考えていたなあ。020

グループホームの人たちは最後、隣室への移動になるのでお見送りをする。 手を握ってスタッフの人がもういいでしょ、というまで話さない人、女性だったから良かったけど ほっぺにチューをしてくれた人がいた。そして「ありがとう」と・・・。 ボランティア冥利です。

蛇足→  「竹田の子守唄」について 、 1971年にシングルで出され、3年間ミリオンセラーになったが、「被差別部落」絡みの歌、ということがわかり、放送禁止歌、となった。しかし、1991年ごろかr緩和され、紙ふうせん、ペドロ&カプリッシャスなどが歌うようになり、徐々にまた広まっていった、という経緯がある。 戦後30年たっても日本はまだそんな時代を迎えていた・・・・。

« 飯能アルプス物語 | トップページ | モコモコの「四季」 »

コメント

ヤマハハコはエーデルワイスの親戚ですよね😉
竹田の子守唄は大好きでした✨そんな因縁があったなんて知りませんでしたあ😅

雀さん
親戚ですか、だから似ていたのですね。 たしか
ケーブルで上って降りたところにいっぱい咲いていました。
あれは、なんという山だったか。

竹田の子守唄、姉が結婚する時も、だんなが兵庫県出身ということで、
母が部落出身ではないだろうか、と一時心配していたのを
覚えています。もう50年近く前の話ですが。
士農工商の時代に作った被差別階級ですね。

関西の方では部落民差別が多いようですよね、東北の北部になるとアイヌ 民族の 偏見とか… 人間の バカバカしさを 痛感させられる😣 徳川家康も だったとか 勝てば官軍 何ですかね

雀さん
そうですね。勝てば官軍、一強独裁に対抗するには市民と
野党が手をつなぐほかないですねぇ。
茨城みたいに負けちゃいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65720887

この記事へのトラックバック一覧です: 8月ボランティア ④:

« 飯能アルプス物語 | トップページ | モコモコの「四季」 »