無料ブログはココログ

リンク集

« 腹話術のアニマシオン | トップページ | 2017/9 ボランティア ④ »

2017年9月25日 (月)

9月ボランティア ③

002今日はハーモニカ、ピアノの人と行くボランティア。 

男性陣が大きな声で歌ってくれるのでつられてこちも負けじとアコの音を大きくしたひど元気が良い人たち。 みなさん、大きな声で楽しそうに歌っていた。あの笑顔がいつまでも目に焼き付く。

プログラム① アコ伴奏での歌は 旅の夜風、東京音頭、古城など 8曲。004
② ピアノ独奏 クシコスポスト、アラベスク、いつもながら演奏の豊かさに聞き惚れる。

③ 腹話術のシローくん。 最初にクイズを二つ取り入れた。白くまを英語でなんどいう? 白くまは草などを食べるか、 そして、クジラのおなかの中に入って内臓を蹴飛ばすときは ボンボン、グイグイ、ボンボンを皆さんに発声してもらった。 ためらいながらも ボンボンという声はなんともうれしそう。    しめた!! これがあの「アニマシオン」だ。005_2
④ ハーモニカ独奏  おさるのかごや、仲良し小道、ちいさな喫茶店、北上夜曲、スワニー川、 ハーモニカの上下の微妙な音の高低、オクターブ奏法などを使っての重厚な演奏はすごい。 彼はすでに81歳、 私も彼の年くらいまでアコーディオンを弾けるだろうか。

今日の反省、 時間がなくなったので、「東京音頭」に入る前にアコ伴は辞めることにした。しかし、東京音頭は歌いたいという利用者さんの声で始まった伴奏。 歌リードさんは利用者さんの方に行ってしまい、私一人で始めた。間奏があることを云わずにバタバタと始めたために、 歌リードなしなので間奏も入らない。 私は間奏をいれて練習していた。 この民謡の出だしは ちと複雑で間奏がないとやりにくい。 あたふたしながらの演奏。あ~~あ、どんな状況でもちゃんと演奏できるようにしなきゃいけないなぁ (;´д`)トホホ…001

夕飯に豆を煮る。 秩父で農業を営む友人が作った大豆、24時間水に浸し、ひじき、油揚げ、ニンジンをいれて煮込む。 煮豆を買って作ったおまめさんよりずっと おいしい (v^ー゜)ヤッタネ!!  一人暮らしのお年より二軒、 うつ症状で食事が作れない奥さんの家、父子家庭の家、と4軒 配って歩き喜ばれた。

« 腹話術のアニマシオン | トップページ | 2017/9 ボランティア ④ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65836081

この記事へのトラックバック一覧です: 9月ボランティア ③:

« 腹話術のアニマシオン | トップページ | 2017/9 ボランティア ④ »