無料ブログはココログ

リンク集

« 2917 10月ボランティア 4回目 | トップページ | 2017/10 ボランティア 5回目 »

2017年10月26日 (木)

エフ・エム・エス

Cmgsiiwusaqzdhk1腹話術の人形を修理していて、NHK ラジオをボッーと聞いていたら、夕方ニュースでこんなことを云っていた。 会計検査院がエフ・エム・エスを調べたら、お金を払っているのに、届いていない、日本製の部品を使うといっているのに、使っていない、などの不測の分が色々ある、と指摘。 へえっ、エフエムエス とはなんぞや? ネットでチェック。Yjimagejw45zq6t
防衛庁はアメリカから兵器を輸入しているが、代金を払っているのに納品されない事例が多い
 
 このカラクリは“Foreign Military Sales”(有償軍事援助)という、アメリカ政府との武器輸入方式によるものとのこと。

 FMSはアメリカの武器輸出管理法に基づき、武器輸出適格国に「武器を有償で提供する方式」。米国防総省の下部組織の事務所が窓口になり、「売り手・買い手の双方が納得して契約する一般的な輸出入とはちがう」。つまり

 1.価格、納入期限は見積もりに過ぎず、米政府はこれに拘束されない
 
 2.代金は前払い
 
 3.米政府は契約を解除できる

 という、アメリカに有利過ぎる。Yjimage9
呆れたことにこの方式でアメリカと武器取引するのは160ヵ国に上るという!アメリカの武器は「高性能で信頼性が高い」ので、「周辺国がアメリカ製を持つなら、自国も同じ武器がなければ対抗できない」という焦りから、アメリカから武器を仕入れている。

 日本政府は日米相互防衛援助協定に基づきFMS方式で、イージス艦のイージスシステムや、対戦車誘導弾「ヘルファイヤ」、AAV7(水陸両用強襲輸送車、一台12億円)などの提供を受けている。さらに2015年度防衛予算ではこのFMS方式でオスプレイ(一機92億円)、E2D(早期警戒機、一機144億円)、グローバルホーク、F35、オスプレイ、などなど 昨年 1372億円だったのが、今年度は4804億円。 

今日、麻生さんがいっていた。 「北朝鮮のおかげで選挙に勝てた。」 同じ言葉をアメリカ政府もいっているにちがいない。 「北朝鮮のおかげで儲かっている」 北朝鮮がおどしをかければかけるほど日本政府は国民に「国難」恐怖を、アメリカは世界に武器を売りつけることが出来る。写真はF35ステルス型戦闘機 一機あたり価格当初より1・5倍上がって160億円。

こうして、日本の消費税は上がり、年金は下がり、医療費75歳以上の人、1割負担から2割負担へなど社会福祉の減額は続く・・・。

 

« 2917 10月ボランティア 4回目 | トップページ | 2017/10 ボランティア 5回目 »

コメント

本当に、麻生さんの言葉を聴くまでもなく、北朝鮮の騒ぎを選挙に利用した😨と思いましたから、私も😥
そしてトランプさんとのゴルフで、北朝鮮を刺激して、今度は誰を殺す気か?と思います…後藤さんの死の悔しさを忘れないでしょう?

雀さん
メディアはイヴァンカ、トランプ訪問と阿部首相と得意顔
一色に染まっていますね。
昨日の4万人行動などはほとんど報道されていません。
金と権力があるほうにメディアも支配されるから
庶民もメディアのいうとおりと思わざるを得ません。
後藤さんとは がん治療を受けられなかった人の
ことですかしら?
抗がん剤治療は年年、とても高額になってきています。
でも、命には代えられない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/65967042

この記事へのトラックバック一覧です: エフ・エム・エス:

« 2917 10月ボランティア 4回目 | トップページ | 2017/10 ボランティア 5回目 »