無料ブログはココログ

リンク集

« デーサービス訪問今月2回目 | トップページ | 本 「新聞記者」 »

2017年11月25日 (土)

11月デーサービス訪問3回目

009今日行ったところは3人での訪問。 一人の人が落語、紙芝居をそれぞれ10分ずつ演じる。私の持ち時間は25分。ここで歌を20分。 童謡・唱歌が多いので9曲できた。

反省は「人生の並木道」が私の楽譜ではとてもキーが高い。みなさんは一オクターブ下げた音程で歌ってくれたが、この歌は人気が高そう。次回伴奏する時はキーをなんとかしなければ、と思う。 中には歌の間中ずっとタクトを振っているような感じで歌っている人、満面の笑顔で歌っている人、こちらも楽しく演奏できる。Maxresdefault1

紙芝居は「怪人20面相」、ネットで買おうとすると1万円はする。実はこれは私もやりたかった。 彼女は他市の図書館から借りてきた。 004
腹話術「ガマの油」もだいぶ慣れてきた。 真っ赤な血がほとばしる、とせりふでは一様に大きな笑い。 そうでしょ、赤い布がひらひらと体から出て来るのだから。 でもこのイリュージョンと現実のギャップに支えられて笑いを醸し出す。ここが狙いだから ま、いいか・・。。

さて、今を盛りと咲くシャコバサボテン(デンマークカクタス) のはずが、もう10年位になるだろうか。 かなり疲れてきている。001_2本家はこのようにくたびれてきているが、子どもたちは元気。 自然の流れですね。

今日の朝食。いつもは「シリアル」だけど、今日の朝体操公園は霜で真っ白。体も冷えたのでほっかほっかの肉まん。

« デーサービス訪問今月2回目 | トップページ | 本 「新聞記者」 »

コメント

玩具の刀を使い、がまくんを切り、赤い布を血に見せかけてひらひら出すって、マジックみたいな感じですか?

SENAくん
マジックなんかじゃない。幸い「ガマ君」は陣羽織のようなものを
着ているので、そこに赤い布を隠しておく。
小さい布だった時に、事前に落ちてしまって先生に
「ポケットをつけたら」と言われた。しかし赤布を大きくすることに
よって羽織の下に肩からはおるような形になり、落ちる
心配はなくなった。ガマ君が「痛い!」と悲鳴を上げた瞬間に
赤布をひらひらすぐに持ち出すことが出来る。
刀も背中に隠しておくことによって、出した時に一瞬の
「サプライズ感」が起きる。  それがねらいよ。

なるほど!勉強なりました。

SENAくん
ところで、あねさんは今来年1月の腹話術をどうするか
考えている。
来年の干支はイヌだから犬の人形はもっているけど
これがおまわりさんか消防士かというかっこうをしている。
イヌのおまわりさんを使った腹話術、何か
いいアイディアがないかなぁ?
教えて (*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66085264

この記事へのトラックバック一覧です: 11月デーサービス訪問3回目:

« デーサービス訪問今月2回目 | トップページ | 本 「新聞記者」 »