無料ブログはココログ

リンク集

« 秋色 | トップページ | 憲法カフェ »

2017年11月 7日 (火)

絵本 せかいでいちばんつよいくに

 Yjimage4「ぞうのエルマー」などの作者、デビット・マッキーの作、ほのぼのした可愛らしい雰囲気. ジョン・レノンの 「イマジン」の世界 を思い出す。

あらすじ
むかし大きな国がありました。大きな国の人々は自分達の暮らしが最高の暮らしだと固く信じていました。
「世界中の人々を幸せにするためだ、征服すればわれわれと同じ様にくらせるのだから。」と、大統領は強い兵隊と大砲で次々戦争をしに行き、次々と征服していきました。
最後に残ったのはあまりにも小さいのでほおって置いた国。残しておくのも気持ちわるいので出発。Img_31

ところがこの国には兵隊がいない。 お客さんとして歓迎された。楽しそう・・・さて大きな国はどうしたのでしょう、征服できたのでしょうか。ちなみに最後のページで大統領が息子に歌ってあげた子守唄はこの小さな国でおぼえた歌。Img_21

 最後はハッピーエンドの楽しい雰囲気で終わる。強い国は小さな国を征服したの?作者はすっきりとハッピーエンドにしたのか、かんがえてみないとわからない。何が一番幸せなのか、どうやったらみんなが幸せになれるのか・・・、Img_51_2
それから、「どうやったら戦争がなくなるのか」。今一番考えなくてはいけないテーマなのかな。Img_111_3


でもこうして簡単に戦争がなくなればいいけど・・・、「強さ」って何? 

絵本っていいなぁ (・∀・)イイ!

« 秋色 | トップページ | 憲法カフェ »

コメント

ブログから覗いただけでも とても楽しい絵本ですね👼 昔 昔本当に 若い時に 見ているだけで 眠くなるような 絵本を書きたいなと 友人に 話したことがあります🙏😊

雀さん
おやまあ、雀さんは今からだって描けるではないですか。
世界に一つだけの絵本。誰にあげるでもなく
でもどなたにもで見てもらえる絵本。
絵本は哲学、いまでも
しっかりそう思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66013781

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本 せかいでいちばんつよいくに:

« 秋色 | トップページ | 憲法カフェ »