無料ブログはココログ

リンク集

« 本 「新聞記者」 | トップページ | 11月ボランティア訪問4回目 »

2017年11月27日 (月)

サンタクロースってほんとにいるの?

Yjimage2クリスマスプレゼントに本をと思って孫たちへの本を探している。 あれこれ迷うが抜き出した本。

5歳の子にこの「サンタクロースってほんとにいるの?」、親子が食卓でお風呂で会話しながら子供の可愛い質問に大人が真剣に答えている。「どうして夜にくるの?」、「一人でどうして世界中の子どもたちにまわれるの?」、「どうしてぼくの好きなものを知っているの?」 。大人は最後にいう、「子どもたちの幸せを願って世界中を飛び回っているんだ」Yjimagecsr2aw3d

小学2年の子に 「おかあさん 元気ですか」 、おかあさんへの思いのたけを子ども目線でたのしく綴る。こんな表現力のある子に育ってもらいたい。

3歳の子に  かわいい豚ややぎ、うさぎ など 動物がいっぱい出て来るし、一ページの中の文章もわずか1行あるかないか。  いいな、と思いきや、 かなり深い。 おおかみはこの世にいなくなってしまったけど実はたった一匹残っていた。Yjimage4_2
その一匹は仲間を探して、あちこちの町を放浪。しかしいるのはちがう動物ばかり。で、思う 「おれはおれなんだ、おれは おおかみとして生きていくんだ」。 大人にも感じるところがある絵本で、これは3歳には無理かなぁ。もっとしらべよう。Yjimage1_2

小学6年の子に  「さよなら スパイダーマン」 が第一候補になったけど、今は彼は受験勉強中。 301ページにも及ぶとなるとこれも再考。

Yjimage7rvg11hj
第二候補として  米倉斉加年さんの 「大きくならなかった弟たちに」  第二次大戦中に生まれた弟は栄養失調で亡くなった。 思うようにお乳もでず、ミルクも飲ませられなかったからだ。 米倉さんは最後にいう。 「私の弟が死んだ太平洋戦争は、日本がはじめた戦争なのです。そして、朝鮮、中国、東南アジアの国々、南方諸島の人たちをどんなに苦しめ悲しませたことでしょう。Yjimage9

それは私たちが苦しみ、悲しんだ以上のものです。そのことを私達はわすれてならないと思います。そのことを忘れて、私達の平和は守られないでしょう。 1983年 夏 」

« 本 「新聞記者」 | トップページ | 11月ボランティア訪問4回目 »

コメント

こんにちはn👼
色んな人が来て、色んな話を聞きました✨
その中で🙋世間話を聴いて、おんなじ辛さに気付いたり、自分を反省したり、子供の頃、良い服着ている友だちと粗末な服を着ている友だちと、はっきり区別していた女の子も居たなあ😅と、戦後の何もない時代を思いだして居ました😁寒い日ですから、お体に注意して下さいませ🙇

雀さん
いろんな人がいるからこそ自分も成長できる。
でも、自分は自分、このオオカミさんみたいにね。

昔、読んで朧気な記憶ですけど、何かと言うと、狼が「けっ!」と言う台詞を吐く絵本ではなかったですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66093606

この記事へのトラックバック一覧です: サンタクロースってほんとにいるの?:

« 本 「新聞記者」 | トップページ | 11月ボランティア訪問4回目 »