無料ブログはココログ

リンク集

« プーク・12の月のたき火 | トップページ | 再び サーロー節子さん演説 »

2017年12月27日 (水)

映画 鎌倉物語

Ogp21_2DESTINY (運命) 鎌倉物語 とのタイトルの映画を見た。とにかく面白い。実写映画と思いきやCGをふんだんに使うので、それがまたとてもリアルで心の機微を実写より活写する。K1

鎌倉に住む作家と新妻の生活に次々を起こる不思議な出来事。それは現世と異界を行ったり来たりする死者であったり黄泉の国の案内人だったり、魔性になれば黄泉の国へ行かずにすんだ死者たちが居住していたりと多種多様な人種(?)のるつぼ。

そこへ黄泉の国の王、人頭鬼が作家の新妻に恋をし、連れていってしまった。作家は妻を取り戻すべくあの手この手を使いながら人頭鬼と戦う。

黄泉の国への途中はこの世のものとは思われむほどの美しき自然の中を鎌倉の旧型電車は死者を連れて走る。 そこは あの「千と千尋」のおばばが住んでいたような 、台湾でいうと「九扮」 の旧街区のような建物が並ぶ。Maxresdefault1_3

魔界の生き物の表情が楽しい、繊細に活動する、、そして夫婦の愛情の絆はどんな困難をも乗り越えていくことをこの物語が言わずとも語る。  おすすめ ┗(^o^)┛パチ┗(^o^)┛パチ

« プーク・12の月のたき火 | トップページ | 再び サーロー節子さん演説 »

コメント

黄泉の国に連れて行かれたオルヘウスの奥さんみたいでしょうか?🌠

雀さん
ごめんなさい、私 オルフェウスって知らないの。

ギリシア神話の相思相愛の仲良い夫婦で、奥さんが黄泉の国に連れて行かれたのを、琴が巧いオルヘウスにめんじて、黄泉の国の大王が条件付きで帰してくれることになって……夜空を飾る琴座はオルフェウスの竪琴なんですよ✨

雀さん
そういわれてみればそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66206490

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 鎌倉物語:

« プーク・12の月のたき火 | トップページ | 再び サーロー節子さん演説 »