無料ブログはココログ

リンク集

« 映画 「火花1」 | トップページ | ひとみ座 美女と野獣 »

2017年12月 9日 (土)

本 バグダットの靴磨き

Yjimage4NHK高校講座 現代文 で何度もこの本を教材として取り上げていた。、左手の痛いのを幸いと この本を読み始めた。 これは短編で 「9・11 変容する戦争」 という700ページ強の中の一編なので、読みやすい。(米原 万里 著)  他の短編はまだ少ししか読んでいないが、タイトル通り、 「戦争」という概念の変化、日常生活の中に忍び込むその影をソフトランディングの中に克明にとらえている。

「バクダッドの靴磨き」 あらすじImg_2_m1
主人公のアフメド(12歳)はお客の日本人ジャーナリストにお金を稼ぐ必要が自分にはあると話す。そこでジャーナリストがお金を払うと これまでの自分の人生について話し始める。

お父さんは戦争に行って連絡が取れなくなった。 お父さんの弟の家が米軍の爆撃で跡形もなくなったので、おじさんが家に転がり込んできた。おじさんはお母さんに気がある。僕がそれがいやで ことごとくおじさんに冷たく当たっていた。ある日、米軍の誤爆で自分が外に遊びに行っている間に祖母、二人の妹、そして家がすべて吹き飛ぶ。 これで、母とおじさんに自分がいなくなれば、二人は楽しくやっていけるだろう、と悪態をついたりもする。しかし、この悲しみは米軍のせいだと気が付き、ビラまきなどの反米活動に加担する。、それが米軍の知るところとなる。 あわや逮捕というときにおじさんがその罪を科って出、おじさんは殺されてしまう。Img_fbc9d15d071e2f1cbbafe547110307d
 お母さんも仕事先の誤爆で亡くなる。 家族が死んだのは自分のせいだ、せめて、お母さんにおじさんとの安らかな日々を送らせてあげたかった、と自責の念に駆られる。 そして最後には自分はコルト拳銃という銃を買うためにこっそり学校を抜け出し叔父さんが残してくれた靴みがきの仕事をしている。

 その銃をどうするのかと問うジャーナリストにアフメドはいう。「人を殺ししはしない。自分が殺すのは侵略者達。占領者達だけだ。」と話す。 これは創作ではなく実話に基づいている。

高校講座では、最後に教師は問いかける。このジャーナリストはアフメドの最後の言葉になんと答えたでしょう? 

私ならなんと答えるだろう??

« 映画 「火花1」 | トップページ | ひとみ座 美女と野獣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66139615

この記事へのトラックバック一覧です: 本 バグダットの靴磨き:

« 映画 「火花1」 | トップページ | ひとみ座 美女と野獣 »