無料ブログはココログ

リンク集

« 2017.12.ボラティア2回目 | トップページ | 2017.12.ボランティア3回目 »

2017年12月17日 (日)

東京チャターズ望念会

001今年、最後の東京チャターズ忘年会。 私の出席は7割くらいかな、真面目なほうではなかったけど、腹話術の台本作りは毎月せっせとやってきた。人形もそれなりに作ってきたのでデーサーヴィス訪問では「 今日は何かしら?」、「あら、今月はまた可愛い!!」 との声などでそれなりに皆さんの笑いをつくることが出来た。005
それも、この仲間たちや先生がいたおかげ。しかし、来年からは先生の講義は月に1回になる。あとの1回は自主練になるが、まだ場所は確定していない。 私も自転車で駅まで行き、電車にのるのはけっこうハードになりつつある。007


 月に1回の勉強会参加でいいかなぁ。 腹話術を始めて10年。まだ道半ばだけど、自主練を積むことが何より大事なこの道。 008


ネットでもかなり勉強できる。 009
さて、今日のチャターズ。18人+先生たち二人の演技。若手男性3人はプロ。あちこちで活躍している。010


プロは話芸もうまい。話の「間」の取り方も素人とはちがう。 なんだろなぁ、場数か、師匠か。自主練の高さか。015
私の「マジックボード」、今日は講評を得られず、自分反省しかない。 最後に「消し消し」をやろうと思ったのに、消すための布を用意してなく 手で消して サマにならなかった。026_4
032_2腹話術というもの、興味がつきない。まず演者の言いたいこと、主張したいことがいえる、日本語の面白さを繰り出すことが出来る、さまざまな知識欲をくすぐることができる、そして なにより観客に笑顔を・元気を届けることが出来る。035_2

を、めざして 明日も来年もがんばりましょう (◎´∀`)ノ

037


030








« 2017.12.ボラティア2回目 | トップページ | 2017.12.ボランティア3回目 »

コメント

あねさん。そうですね。
布というか、何か、マッキーを消す、黒板消しはなかったのでしょうか?
この前、YouTubeでホワイトボートを紹介していた女性の腹話術師の方が 、黒板消しを持っていて、消していて、上手いこと消されたかけた後の人形の声を出したりしていましたね。

う~ん…………。この腹話術のやり方は、テクニックがひつようなような、チャタリックさんやかわかみじゅんさんもエンタの神様で披露してましたね。

それでは、おやすみなさい。
ps.多分これで、僕の今年のコメントは終わりです。
今年最後の腹話術、頑張ってください。
少なくとも、悔いが残らぬよう。
それでは、また来年会いましょう。

孫のように話してくれるなんて、まるで親戚のおばさんと話してるようで嬉しいです。

SENAくん
コメントの返事が遅れてごめんね。
今日はあねさんは午前中仕事、午後ボランティア、夕方歯医者、と
時間がぎっちりだったから遅くなってしまった、と言い訳。
そうだよ、君はあねさんにとっては孫のよう。
だけど、腹話術師としては対等だ。君はよく勉強しているし、
あねさんはいつも付け焼刃的にバッパカバッパカやっている
だけだから君のサゼッションはおおいに役立っている。

今日の「黒のサンタ」も「消しけし」を忘れて、(つまり、舞台に立つときに
用意していなかった、持っていることは持っているが、舞台へは
忘れて行った、ということや、マジックペンがこれも
重要な小道具なのに、買ったばかりだけど薄い、細い
、ここ2ゖ所ともスタッフの人が駆けつけて持ってきて
くれた。
落ち着かなきゃ!!。360度見回して忘れ物のないように、というのは
死ぬまであるんだなぁ。 と、いうのがここんところのあねさんの
実感。
これが今年最後だって??
では、ほんとに今年も色々ありがとう。
来年もよろしくね。
良いお年を ┗(^o^ )┓\(^o^)/

とてもおひさしぶりになってしまいました。
ごめんなさい。

東京ちゃたーずの様子が気になっていたので、アップしてくださっててうれしいです。

やっぱり あねさんはすごいわ………。

湧いて来るワクワクといい、
勉強する姿勢、
それを言葉で発信し続け、
自分の作品として表現し続けているエネルギー、、、!

そう、腹話術の魅力は尽きないですよね、、、
その人その人で違う、自分だけの世界を描くことができるし、
私は腹話術に救われたと思っています。

自分の腹話術って何だろう?と考えてしまう今日この頃でして、
あねさんとお話したいです。

親愛なるアンディ
オウオウ、アンディにそんなに褒められるなんて思いもしなかった。
いつも深く考えずに目先の変化に追われて、技術の向上を
おろそかにしている私です。
腹話術の真価は現場で実感できるものの、向上心がとても
うすい私には身に余るお言葉。
ひきかえ、アンディの研究熱心、技術の向上は先生に勝るとも
劣らぬくらいの素晴らしさ \(^o^)/
教室生の模範です。lovely
先生が月に1回になった今、アンディに月に1回来てもらえれば
チャターズもさらに盛り上がれるとは思うものの、場所との
関係ではきびしいですね。
さて、今年も合同公演をめざして、チャターズは努力を続けて
行くでしょう。 よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66169098

この記事へのトラックバック一覧です: 東京チャターズ望念会:

« 2017.12.ボラティア2回目 | トップページ | 2017.12.ボランティア3回目 »