無料ブログはココログ

リンク集

« 2018年1月 | トップページ

2018年2月25日 (日)

落語会

Img_20180225_0001友人が「フリースペース」を経営し、そこで落語会があった。

落語にしろ、腹話術にしろ、一時の話芸で観客の心を揺さぶり楽しんでもらえるかが勝負の別れ。 

「笑い」のそもそも論、 「若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しているという。
これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞。
  人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなると言われている。このナtチュラルキラー細胞を働きを活発化させるのが「笑い」と大いに関係があると識者はいう。したがって私も腹話術に励むわけだが・・。006

他部門もおおいに勉強になる。アマチュア落語家が5人登場。 最後は真打。当たり前だが、「真打」は噺の緩急、間合い、声の張り方がかなり違う。 プロは1分間に数回観客を笑わすことが出来る。 又、扇子や手ぬぐいだけですべてを表すので、観客の想像力も試される。それが、プロになると場面がす~~っとうかんでくる。005

アマチュアでも滑舌のうまい人は 場面・情景が目に浮かびやすい。 今日はプロとアマチュアの違いを実感し、わが身を大いに振り返る時間にもなった。

こうしたフリースペースは近所で生の文化にふれられるので、人生豊かになる。ありがたい。

腹話術で「外郎売」のセリフを練習するのも納得がいく。

2018年2月24日 (土)

2018・2月ボラ ④

Dscf02531今日が今月最後のボランティア。 いつもここは歌詞カードをきれいに解体してくれるので、月の終わりはここと決めている。

さて、今日の誕生花は オウレン(黄連)、花言葉は「変身」。さる歌人の詠み歌 「これからという思いあり オウレンの花咲く 朝の力沸き来る 」  。001

なんか、今の心境にぴったり。 「今」に安住せず、「努力」を「力」を沸かせよう」  てな、わけで今日の花をアップ。002_2

1、今日のボランティアはアコ伴奏が8曲。

2、オリンピックにちなんで、ピアノソロ ① ショパン・ノクターン (4年前に浅田真央ちゃんがダンスで使った) ② 同じく ノクターン 今回のオリンピックで めでべージェフが使った)006
3、腹話術、 おにたくん   4、ウクレレ伴奏で 知床旅情など4曲008

5、風の盆歌、淡屋のり子の 「別れの歌」 など3曲を ホルン系 アルトシングルハーモニカという立派な楽器で演奏。  ピアノ、ハーモニカとプロのかっこいい演奏を生で聴けるというのもボランティア活動の特権 (*^ω^*)ノ彡

2018年2月23日 (金)

古事記 ②

023_2絵で見る世界の名作 イラスト図解 古事記 {PHP研究所出版) を読む。

前に読んだ梅原 猛 の古事記現代語訳よりずっと短く小学生向けに書かれたものなので、私でもよくわかる。ストーリーは以前に書いたのと同じだが、ちょっとおさらい。022_2

「大地が誕生し、イザナミとイザナギが生まれ、イザナミが生んだ火の神のおかげでイザナミは死ぬ。そのあとを 追って黄泉の国へ行くイザナギ。 これはあのローマ神話にまったくそっくり。すでに古事記が編纂されたころにはローマ神話に近いものが日本に入っていたのか。

イザナギの目から生まれたアマテラスは天を治めることになる。その弟のスサノオはヤマタノオロチなどを退治。これはドラマチックにするためにヤマタノオロチとはでに戦ったように書いてあるものもあるが、実際は8本の酒樽を用意し、大蛇が酒でぐでんぐでんに酔っぱらったところをグサリグサリを一本ずつ首を刺して殺した。ま、こんなところはどうでもいいことだが。しかし、人間の戦いというものは計略、謀略、欺瞞に古来よりあふれていることアリ、アリ。013

スサノオの7代目の子どもがスサノオ。あのイナバの白うさぎの話に登場する大國主の命。 この話もまた、インドネシアやマレー半島に伝えられているバンビとワニ(今でいうサメ)の話と同じバターン。大國主の命は兄たちをすべてやっつけ国を治めることになった。

さて、高天の原を治めるアマテラスは、下に広がる葦原の中つ国を見ると、みな楽しそう。あの国は我が子アメノオシホミミが治めることにしよう」というて、アメノホシを遣わして自分の国にしようとした。 012
アマテラスの差し出した刺客によって大國主の命の子どもであるタケミナカタは 「どうぞ 殺さないでください。父オオクニヌシや、兄ヤヘコトシロヌシのいうとおり、この国は、みな天つ神の御子たちに差し上げます。」というて降参した。

アマテラスの孫にホデリという者がいた。 兄の釣り針を無くしたので、海中にさがしにいくと、竜宮城があり、トヨタマヒメと仲良くなり、結婚した。 しかし、地上が恋しくなり地上に戻ると兄をやっつけ、この国をおさめることになった。そして、このトヨタマヒメとの間に生まれた子どもがいよいよ登場の トヨミケヌ またの名をカムヤマトイハレビコ またの名を神武天皇。

このトヨタマヒメは子どもを産むときにサメの姿になったのを見られたので、子どもを残して再び海に帰って行った。 」

ふむ、こうなるとやっぱり神武天皇の母親は異国の人?

この神話上の人物の即位日は、日本書紀には 辛酉年正月元日とされ、太陽暦に換算すると1月29日になる。と、なると2月11日の「建国記念の日」の歴史的根拠は何なのかな。 

2018年2月22日 (木)

米軍機タンク投棄

2018022200010003dtohoku0003view1「謝罪すらない」 漁業関係者に怒りと悔しさ。米軍機タンク投棄で全面禁漁の小川原湖。

写真は 緊急理事会後の取材に応じ、涙を流す濱田隆小川原湖漁業組合長。

 

以下[デーリー東北]の記事を転載。As20180220002994_comml1

「米軍三沢基地所属のF16戦闘機が燃料タンクを投棄し、油が流失した小川原湖。発生から一夜明けた21日、問題の影響で全面禁漁となった湖は、本来見られるはずの漁師の姿がなく、静けさが悲しみやむなしさを感じさせた。地元・東北町の漁業関係者の胸中には、禁漁がいつまで続くのか分からないことに対する不安、問題について漁業者に直接報告しない米軍への怒りなど、さまざまな思いが渦巻いていた。

 同日午前、小川原湖漁協は緊急の理事会を開き、今後の対応を協議した。

 取材に応じた濱田正隆組合長は、米軍から詳細な報告がないことに憤りをあらわにした。「謝罪の一言すら全くない。(組合員の)命が取られる間際までやられたのに」。声を詰まらせ、悔しさをにじませた。

 理事会に出席したある漁師も、「どれだけの損害が出るのか」と今後の見通しが立たない状況を嘆いた。

 小川原湖の水産物を扱う飲食店や小売店関係者にも不安が広がっている。O10240748141356713261
町内で“湖の幸”を売りにしたレストランを営む蛯名正直さん(68)は「冷凍した物はあるが、今の状況が長く続けば新鮮な物を提供できなくなる」と語る。湖に漂う油が、間もなく産卵期を迎えるシラウオやワカサギに影響を及ぼす可能性を懸念。

 同町の「道の駅おがわら湖」では同日、シジミの品薄を伝える紙が販売コーナーに張り出された。運営会社によると、今は「寒シジミ」と呼ばれる身の引き締まった質の良いシジミが店頭に並ぶ時期。連日買い求める来店客は多いが、あと数日分のストックしかないという。Yjimage2
前日の一件を知った上でシジミを買い求めに来た、おいらせ町の無職石田尚さん(79)は「いつでもシジミを買える状況に戻ってほしい」と心配そうに話した。 以上 「デーリー東北」から。

なお、シジミ漁師の山田正彦さんは語る。  事故が起きた翌日も小川原湖上空から、戦闘機の爆音がひびていた。自衛隊機なのか米軍機なのかはわからないが、どちらにしても今飛ぶのは、おかしいだろう。

事故当日、いろんな人が現場を見に来たが、米軍は、一番最後だよ。それも腹がたってしょうがなかったけど、すぐに東北町が飛行禁止を求めてくれた。 組合も町も抗議して動いてくれた。Yjimage1
なのに、今日も通常通り訓練しているなんて、馬鹿にするなといいたい。 米軍が一番最初にしなければいけないことは、訓練じゃない。生業(なりわい)を奪われている俺たちの前に来て謝罪することだ。

政府は米軍のことを簡単に許してしまうんだろうか。 米軍も政府も金払えば済むと思っているんじゃないか。 死者やけが人が出ないと聞く耳をもたないのかと思うと悔しい。 沖縄だって、何度も県民が声をあげて、県知事も声をあげているのに、政府はなんも声をあげてくれないでしょう。

米軍や安倍首相に、「おかしい」 と言える人が与党にいないんだろうな。俺は、選挙の時は自民党支持している。選挙が近くなると来るのに、こんな時にきてくれない。

政治家は党派を超えて一緒に怒ってほしい。 それがあればどんなに心強いかわからない。」

米軍の落し物を、日本の自衛隊が国民の税金を使って始末し、その上漁業補償も生活保障も知らん顔。これでは独立国とは世界のどこも認めない。 私たちも悲しく悔しい。

         

2018年2月21日 (水)

2018、2月ボランティア③

Yjimage5今日は録画してくれる人が来るので緊張していたのに、アコの伴奏楽譜忘れ、。でも、歌リードさんの楽譜を借りて1曲ぬかしただけでなんとか乗り切れた。 「雪山賛歌」は左のコードがなかったのでパス。

プログラム① アコ伴奏で9曲。 「津軽海峡冬景色」も大きな声が聞こえてきた。「チャンチキおけさ」を歌った後に「いい歌だねぇ」 の声とうなづく声。 「ゆうやけこやけ」を歌った時には涙する人も。

② 大正琴の弾き語り。 歌リードさんは独習で大正琴。今日は弾き語りで 「青葉の笛、荒城の月、ああ・人生に涙あり」。  歌も上手なので惹きつける。 大正琴だけだと、ちょっとつまらなかったかもしれないが、歌も入ったので、とても良かった。Yjimage7
③ 腹話術 おにたくん。 かわいい、かわいい、の声と 「おにた」が何かいうと笑い声。反応はすこぶる良い。 ボランティアが始まる前は、失礼だが 「自分だけの世界」にいるような人たちに見えたが、始まると目の色が変わってくるのがよくわかり、ボランティア冥利につきる。  残念なことに、今日動画を撮って、アップしようと思っていた。しか~~し、私のカメラでは暗くて声しか聞こえない。今回は失敗。いつかアップできる時があるかもしれないから、そのときまでのお楽しみ。  SENAくん、ほんとにアップしようと思って、カメラマンにもきてもらったのだけど、ごめんね。

④ 外郎売の口上。 時間が少なく、多少カット。 元気な人が「難しくてよくわかんなかった」、という感想にくらべ、利用者さんたちは、「言葉のひびき」を楽しんでくれたよう。 扇子でバシッ、バシッとたたくたんびに「おっー」という声をあげ、見つめてくれた。 最後は大きな拍手。 スタッフからは「よくもあれだけのセリフを楽しそうに言える」との感想にまた気をよくし・・・。

2018年2月20日 (火)

モコ曜日

003火曜日はモコモコ曜日。しかし、私は早朝に自転車で朝体操の公園に行こうとして、急に横道から出てきた自転車をよけきれずにはでに転んでしまった。 このまま進んでは衝突すると思ったから自ら転んだのだが。 それに、手袋がいけなかった。ここのところ、寒い日がづづいたのでかなり厚手の手袋をしていたために、ブレーキへの反応が遅かったのだ。 005


左ひざと左ひじをしたたかに打った。 5分位はその場に座り込んだが、自転車を引っ張って朝体操に参加。 しかし、ひざのおさらが痛くてかがむことができない。ひりひり痛いこともあって、15分で退却。010
モコモコも練習には参加できない。観客席でああだ、こうだ、というだけ。 でも、よく見えるからたまには良いが、この痛みはいつまで続くか不安。 011
さて、モコモコは3月公演にむけて、 今日は3本練習。 もりのくまさん、さるとかに、ピクニック。 はたからみると、アナログゆえの弱さもあって、なにかぎこちなく感じるところもあるが、アマチュアとしてはまあまあの出来。

ドラマフェスタもこれらに「ブラックシアター」が加われば、影の劇場はかなり立派、と自己満足。

2018年2月19日 (月)

今月ボランティア ②

001今日は二人ボランティア。

まず 〇 アコ伴奏で10曲。前回は介護施設ではなく、中高年の健康会だったので、「母さんの歌」のようなうたごえチックな歌は知っている人が多くても当然、と思っていた。しかし、今日は介護施設。「母さんの歌」はどれだけの人が知っているだろうか、という懸念あった。しかし、他の歌とおなじように大きな声が聞こえてきたのでうれしかった。  伴奏はミスが多い、ここのところ「ソロ曲」に気をとられ、今日の為の練習はすくない。  次のボランティアに向けて練習、練習。010_3

〇 フルート独奏。モルダウ、ドナウのさざなみ、世界の車窓からのテーマミュージック、 花を咲かせよう、(NHKの復興ソング」   「モルダウ」も 「ドナウ」 も滔々と流れる大河をイメージし、自由を願い、共に生きていく幸せを感じさせる曲。 友人の生演奏には何度聞いても震えるほど好き。

スタッフの人から「世界の車窓から」 はあの番組が思いだされ、素敵でしたね、の言葉。

「腹話術・・おにたくん」、 終演後はたくさんの人が手を振ってくれたり、頭をなでたい、と言われたりした。手作り人形はここでも人気を博すことが出来た。

オリンピック選手の活躍はうれしい、頂点を極めた人たちの言葉は重い。 小川選手がいった 「求道」、「情熱」、「真摯」!!、素晴らしい言葉 。 気が付くとボッーとしている時間が多い私、爪の先にでも、脳の片隅にでも そこここに置きたい言葉 (◎´∀`)ノ

2018年2月18日 (日)

ファミリー

003今日は1ゖ月に1回の腹話術勉強会の日 だった。 今日のオープンマイクの準備を終えたころ、息子から電話。ジジ・ババのところに遊びに行きたい、と子どもたちが云っているから、行ってもいいか、と。 ちょうど孫が中学c受験に合格したこともあり、「おいで、おいで」ということ。009

夕方からは長男夫婦も交えての正月以来のファミリー。 子どもたちはどんどん大きくなり、土曜日も登校、という事態をむかえている。
今度、いつこちらにこれるかわからない、と思うと 腹話術を休むことはたいしたことない。 夜はカラオケ、と楽しく・・・。012_3016_3




それより子どもの成長をしっかり見届けた方がよい、てなわけで今日は一日ファミリーデー。

2018年2月17日 (土)

あそびにきてね

Img_00151CAN青芸の舞台劇 「あそびにきてね」を観に行った。 あそびアート☆こども劇場の幼児・低学年例会。 この年になって孫を連れているわけでもないのに、独りで観に行くのは私くらい。特殊なおばさんだと自分でも思う。Yjimage4

ストーリーは森にすむ孤独なおばさんのところに、ちょっと偏屈なウサギから手紙が来た。「あそびにきてね」。行っても擦れ違いだったり、お互いうまくかみ合わないことばかり。でも、ある時に心が触れ合った。その時のお互いの楽しさは森をもとび上がる勢い。Yjimagerae2m1qe

効果音、バックミュージックも抜群の楽しさ。アコーディオン、メロディーハープ、子どもピアノ、メロディオン、キーボードだけでなく、笛も2・3種類使う。これらをすべて一人の人が担当し、その場の雰囲気で使い分けながら音色を奏でていく。 彼はまた演技にも参加。005

低年齢の子どもにも楽しさと、すれちがいがあっても仲良くなることの方法を感じたりするドラマ。 つげくわえさんという人の作、演出はいつも楽しい。007


ちなみに彼のアコーディオンはブガーリ。 一流の楽器です。

2018年2月16日 (金)

嬉し悲し

003嬉しいこと

〇 朝体操の友人、前回ここで出した公共施設の統廃合問題。 「私、市長に直訴したのよ」 と話しかけてきた。公民館で「体操会」があったおりに、市長が見学に来た。良い機会、と思って 公民館がなくなると年寄は困るんです、といったそう。市長は30年かけて、ゆっくり考えますから、とかうまいこといっていたけどね・・・」とそのおばさん。  「直訴」という言葉は死語ではなく、その友人にしっかり生きていた o(*^▽^*)o うれしいですね。005

〇 朝、6時に体操の会に行く。その広場に入るには10mほど街灯も届かず、地面には木の根っこの盛り上がりなどが数ゖ所 あり、気を付けて歩かないと危ない。しかし、今日あたりはもう明るくその盛り上がりもしっかり目で見てとれる。 春近し、の証し。 梅見月、雪消月と言われる2月。もう半ば過ぎた。 この冬をがんばった、あとすこし、という喜び。

悲しこと。007
〇 4月15日に「陽だまりコンサート」というアコーディオンサークルの歌う会兼発表会がある。私もソロを弾く。今日、先生から 「だんだんにうまくなっている、とは言えない。ずっと平行線できている」 と言われた。 あーあ、伴奏曲に気をとられて、ソロ練習が少ないのはわかっているが、こういわれて おしりに火が付いた。 リズムがあっていない、左ボタンが弱い、はいつものことだけど、とにかく練習しなくちゃ。 

オリンピック選手の求道者のようには絶対なれないけど、爪の垢の一振りにでも近ずかなきゃ\(;゚∇゚)/

鉢植えの梅も満開、椿もそこはかとなく。 観音竹も冬をやっと冬を越した、といいたげ。

2018年2月15日 (木)

12の誕生日に

バレンタイン関連でこの歌。 いい歌! ピンキーとキラーズが歌っていた., 家族、友人、知人におくります。

一月生まれの 友達に                                    
数えてみたい ものがある
凍った空の 星の数
冷たい銀の 冬の星
贈ってあげたい ものがある
遠い国の 雪山の
淡い命の 雪の花

二月生まれの 友達と
数えてみたい ものがある
凍った空の 星の数
冷たい銀の 冬の星

三月生まれの 友達と
話してみたい ことがある
緑の光の 花園で
愛することの 喜びを
ルルル ルルル ルルルルルルル

四月生まれの 友達と
さがしてみたい ものがある
小さな小さな 幸福(しあわせ)
(つゆ)にぬれた 四つの葉

五月生まれの 友達と
歩いてみたい 道がある
青い霧の かよう道
忘れた昔の 時の道

六月生まれの 友達に
編んであげたい ものがある
空から落ちる 白い糸
るんるん光る 雨の糸
ルルル ルルル ルルルルルルル

七月生まれの 友達と
遊んでみたい とこがある
遠い遠い 空の海
流れて消える 白い雲

八月生まれの 友達に
飲ませてあげたい ものがある
オレンジ色の 太陽を
浮かべた赤い 飲み物を

九月生まれの 友達と
かけてゆきたい とこがある
月のかかった 青い夜
白い小馬の 背にのって
ルルル ルルル ルルルルルルル

十月生まれの 友達と
みつめていたい ものがある
七つの色の 夕やけを
海にとけてく 夕やけを

十一月生まれの 友達と
歌ってみたい 歌がある
秋の枯葉の レクイエム
悲しく光る レクイエム

十二月生まれの 友達に
教えておきたい ことがある
人は冬の 旅に出る
白い荒野を どこまでも
ルルル ルルル ルルルルルルル

2018年2月14日 (水)

バレンタインデー

Yjimage1バレンタインデーの宣伝が過熱している。私だってチョコを贈りたい人がいる。えっ、キリスト教徒でもないのに? と言われそうだが、これは今や日本人の日常化した風俗に近い。

もとは、AD3世紀にローマ帝国の皇帝が兵士が戦う時に、家族や恋人への想いを残していては強く戦えない。で、兵士に結婚することを禁じた。 嘆く兵士に 聖バレンタインと云う人がひそかに兵士たちを結婚させた。 それが皇帝にばれ、バレンタインは2月14日に処刑された。

そこから、2月14日を「愛の日」として、恋人たちが贈り物を交換し合うようになった、というのが始まりのよう。 日本では意中の人に「本命チョコを贈ろう」という キャンペーンが 東京のチョコ会社、またモロゾフから 始まった。 今は本命だけでなく、義理、友、など色々。Yjimage3
まあ、つまりは愛する人たちと共に幸せになりたい、という気持ちをチョコで ちょこっと表す という習慣もなかなかすてがたい。私のような年になると、 「ボケない小唄」 を想いだす。  「いくつになっても 異性に興味を持ちましょう」 

そうそ、私だって贈りたい人はいる。でも、こっぱずかしいから心の「エアチョコ」で済ませましょう。 ピンキーとキラーズ(???) が歌っていた 「12の誕生日に」 という歌があった。 あのようにまわりのすべての人にハートフルな贈り物を渡し、共に幸せになれる日 と2月14日はしたい。

2018年2月13日 (火)

古事記

 001梅原 猛の現代語訳 「古事記」 日本の古典・学研出版 を読む。 おりしも2月11日建国記念の日を前後して読んだので より興味深い。

古事記は太安万侶が、時の天皇の命を受けて、和銅4年(711年)から2年がかりで編纂。これは、720年にできた日本通史の 「日本書紀」の資料となっている。 8世紀以前の歴史を知るには古事記の方がより正確に記述している、と梅原 猛はいう。019

2月11日が建国記念の日というから、その根拠をさがした。 読むにあたっては人の名前が長いし、読み方が複雑なので往生する。017

{ 古事記からまずは 「 国生み」 創生の神々は3人、しかしそのままお姿をお隠しになった。次の5人の神様もお隠れ、こうして7代の神様の後に イザナギノ命、イザナミノ命の二人の神に不完全な国を整えてほしい、と多くの神様が命令。005_2

この二人は暗い夜に事を始めて、生まれた子は、クズの子であった。で、葦の船に入れて、流してしまった。次に、淡島を生んだ、これも子の仲間には入れなかった。 ここで二人の神は相談して、「今、わたしたちの産んだ子はどうも出来がよくない。」 そこで 天つ神に相談したところ、男の神が先に「ああ、なんていい女だ、」といい、 女の神があとに 「ああ、なんていい男だ」といって 男女の交わりをして産んだ子が 「淡路島」。 003_3

こうして、次々に「大八島国」が出来た。  なんとも人間的でスケールも大きい楽しい話ですねぇ。神様でもクズの子を産むのか、なんて笑っちゃう。008

さて、それからイザナギノ大神から次々に神様が生まれた。この神様が左の目を洗ったときに、現れたのが天照大御神。右の目を洗った時に現れたのが月読命(つくよみの)。鼻を洗って現れたのが・・・。 

天孫降臨の神々としての系図は天照大神から始まる。

天照大神が岩屋にこもって世が暗くなったという話はよく知るところ。 その女神様を岩屋から引き出すためにその前にどんちゃん騒ぎをした話も有名。オオウズメノミコトと云う女性がその岩屋の前で、桶の上で踊り狂い、神がかりのようになって、乳房をかき出し、、裳の紐を垂れて、女陰を出した。そこで、高天原はどっと揺らぎ、すべての神様はアハハ・・・とわらった。 そこで 天照大御神は不思議に思って出てきた。 アハハハと私も笑う。016
さて、それから 5代目にいよいよ「神倭伊波礼ビ古命…神武天皇」が天下を治めたと、出て来る。

美輪の大物主神(神武天皇の子)がある女に一目ぼれし、その人がうんこをしているときに、赤くぬった矢に化けて、うんこをしている溝の上流から流れてきて、その美しい人の女陰につきささった。}

などとまあ、おおらかでファンタジーあふれるが、したがうぬ人には家族ともいえども手足をもぎって、切り刻んだ、とか血塗られた歴史も現実的。

考古学は紀元前3世紀に弥生時代がはじまることを教えてくれる。そのころ、九州北部に、水田稲作と金属器と弥生式土器を持った民族集団がやってきた。これは単に文化の移入ではなく、民族の侵入だったように思う。

それから、紀元3世紀ごろまでの弥生時代に、銅剣、銅矛を支配のシンボルとする北九州文化圏と銅鐸を支配のシンボルとしている近畿文化圏があり、この文化圏相互に一大戦争があり、銅鐸文化圏は消滅。013


012014


古事記の上巻は神代の話、ここで天上からくだった天つ神が、それ以前からこの国にいる国つ神を支配することが定められていることになっている。

天つ神が来たら、国つ神は潔く天つ神の子孫に国をゆずらなくてはならない。これが日本の国家の政治のもっとも基本的な原則、 と 梅原 猛は解説。

古事記 全体としてはそれぞれの神様は詩歌にも秀で、叙事詩的に編纂されている。 ここからどこをさがしても、2月11日の建国記念日は出てこないなぁ。

2018年2月12日 (月)

ギャラリー木蓮

014ギャラリー木蓮で 「四方陽子個展」を開いている。 2月17日までなので興味のある方はぜひおいでくだされ。

とてもわかりやすく、懐かしい風景や人物、世界のあちこちからの庶民の日常もあたたかくとらえる。こんなふうに世界の人々と交流ができたらいいな、と思えるスポットを見つめる。005

さて、どれがどれとは指摘しないので、どれがどのタイトルだかぜひ想像してくださいな。

「陽光をうけて、 モンサンミシェル・フランス」、「さあ、レッスンだ 、フランス・・・006ピンクの女の子」 、「お母さんのあとについて、 キリマンジャロ」


007


「今日も場末で、 スペイン…黄色いスカートの踊子」 「コンセグラの風車、 スペイン」、 「お母さんのあとについて、 タンザニア・キリマンジャロ」、「若き日のあこがれの地、 アメリカ・モニュメントバレー」、 「客待ち メキシコ」、 まだいっぱいあるが、蛍光灯が反射して うまく写真にならなく残念。019


017


016


011_2





012


015

2018年2月11日 (日)

探鳥会

005生態系保護協会が毎年行っている探鳥会に参加。近所の市街地にあるあまり大きくない公園だし、2時間ほどの行程。

それでも、つぐみ、かるがも、まがも、かわせみ、しじゅうから、ハクセキレイ、もずなどが見られた。ヒヨドリ、ムクドリなども入れれば10数種。 ひところより少なくなった感は否めない。006

カワセミ、モズの美しさに感激の声があがる。野鳥を見ることによって癒しの効果があるそうな。それは、我が家でも、シジュウカラ、ウグイスなどを見ると、富士山を見たときとおなじように「ほっこり」とした気分を感じる。Yjimage5
野鳥だけでなく、サイカチ、ラクウショウ、メタセコイア、ヒマラヤスギ、ピンオークなどの木も確認。 これらは自然林ではないけど、それぞれの木にふれあい、名前を知るということは自然と人間もまた共生しなければ生きていけないことを教えてくれる。012

福島の友人のブログは毎日、毎日違う野鳥を観察してその美しさを伝えてくれている。いつまでも人間の近くにいてね、と頼み込みたくなる。

上の松は大王松という名の常緑高木。葉が長く青々としているのが特徴。 梅もすっかり花を満開にして春はすぐそことささやく。

2018年2月10日 (土)

医療生協いきいき会

Img_11今日のボランティアは介護施設ではなく、60台、70台の人たちの健康体操教室。 その昼食後のお楽しみ会。

まずは、アコーディオン伴奏で ゆき、かあさんのうた、雪山賛歌、雪の降る町を、寒い朝、津軽海峡冬景色、夕やけ雲、湯の町エレジー、夕焼け小焼け、チャンチキおけさ の10曲。Yjimaged16r2cjw_2
次にフルート独奏、ビアノ(CD伴奏)、 アイネ・クライネ・ナハトムジーク、モルダウ、グリーンスリーブス、世界の車窓から。 「こんな素敵な演奏をこれだけの人数でしか聴かないなんてもったいない」 との声が飛ぶ。003_2

腹話術 おにたくん

今日はうれしい。 まずアコーディオン。 今月は早めのボランティア開始なので、練習時間が少ないにも関わらず、「とてもいい音色で、失礼だけど以前にくらべればずっとうまくなった」 との言葉。 「はい、アコーディオンが変わりました。すごいアコーディオンになったのです」 と鼻が高い。 歌リードさんも、この水曜日に歌合わせをやった時よりずっとよくなった、と。

そして、腹話術。 今日初めて参加した人の言葉。 「演者の唇が全然動いていないし、声もちがうので、人形の中に録音機でもはいっているのかと思った。」。 なんともうれしいお言葉。 彼女は介護施設で働いているので、ぜひ、今日の人形を持ってきてほしい、と連絡先を聞いてきた。

介護施設のボランティアとはちがった感想が聞けて、このような会もたまにはいいもの o(*^▽^*)o

2018年2月 9日 (金)

台湾地震と日本

 K10011322381_1802091304_1802091305_台湾で大変な地震が起きた。この原因の一つに活断層がすぐ近くを走っているというニュース。 写真下は台湾、下からの黒い線と右に突き出た黒い線が活断層。 そこが交わっているところが花蓮県のあたり。  「たんぽぽ舎」という原発関連のグループからの[お知らせ] が警鐘をならしている。07131_3

2016年4月14日、鹿児島県の川内原発に隣接する熊本県で地震が起きた時、すべてが中央構造線( ↓ 日本最大の活断層) に沿って起こっていた。これは危ないと言っていたら、本震が起きてしまった。中央構造線が動き出している。

 恐ろしいのが、この中央構造線の上に、再稼働した川内原発と、伊方原(現在は運転停止中)があること。

 原発の耐震性は、横揺れが基準なので、大きな上下動に耐えられるようには造られていない。配管や電気系統が破壊されるだけでなく、原発の建物自体が倒壊する可能性が高い。Yjimage3

もしも、川内や伊方原発で事故が起きて放射能が拡散される事態になれば、偏西風に乗って日本列島のほぼ全域が汚染されてしまうと。

○再び地震の激動期に  おりしも、南海トラフ地震の起きる可能性が70%から80%に引き上げられた。

権力トップが 「台湾加油!」 というのも良いけど、この美しい日本を守るための努力はどこにむける?

 400年前に起きた三大地震発生が似た地震が起きている?

 

 

 

2018年2月 8日 (木)

うたごえ喫茶

近所のラーメン屋さんが、歌声喫茶の場所を提供してくれている。 奥さん一人でやっているお店だがけっこう流行っている。 そんな中での「うたごえ」、北陸の雪、台湾の地震と不安のタネは尽きないが、せめてここで明るく生きましょう、てな感じで今日 私が印象に残った歌。 カラオケだけで申し訳ない。 でもちゃんとした歌をお聞きになりたい方は動画がいっぱいあるからそちらを訪問してくだされ。

2018年2月 7日 (水)

北陸の大雪

 ドカ雪の量が増えることを予測する研究結果が出るのは初めて。気象研究所は昨年12月21日に都内で開くシンポジウムで発表。 ここ数日の北陸ドカ雪予想がぴったりあてまる。

 地球温暖化の影響で世界の平均気温は上昇し続けている。日本では100年当たり1・14度のペースで上がっており、世界の0・7度を大きく上回っている。
全国的にみれば、温暖化の影響で冬季の降雪量は減少する。だが、気象研究所が最新のデータベースを基に将来予測を計算したところ、北陸や北海道の山間部では、10年に1度という頻度で起こる規模の大雪の量(1、2日間)はむしろ増えることが判明。Large2_2
同研究所によると、温暖化で大気中に含まれる水蒸気量が増え、全国的に降水量が増えることがドカ雪の原因という。上空の水蒸気が気温0度を超えると雨になるが、氷点下になれば雪になる。そのため、温暖化で気温が上昇しても上空の気温が0度を下回る寒冷地域では、雪が雪のままで降ってくる。日本でこうした地域は、北海道の山間部と北陸地方の山間部が当てはまるという。

 さらに、冬季に中国大陸から日本列島へ向かって日本海上空に現れる「日本海寒帯気団収束帯」と呼ばれる帯状の雲が、北陸地方にドカ雪をもたらす。ドカ雪の発生頻度は10年に1度から、将来予測の計算上では4、5年に1度程度まで増える恐れがあるという。Yjimage1
豪雪の被害は既に各地でみられる。福井県ではここのところ、150㎝、140㎝台の積雪が報道され、車がスタック、一時1500台にもなっている。スーパーでのパンなどの品切れ、軽油の供給不足により、除雪車が明日からどの程度稼働できるか心配などのニュース。

 ドカ雪の増加は、こうした被害がより深刻化する。

 気象研究所の川瀬宏明博士は「しんしんと降り積もる雪は減るが、集中的に一気に降る雪は逆に増える。温暖化で増える極端な気象現象の一つ」と説明している。

どか雪は温暖化がくい止まっているのかと思いきや、真逆。 何とかならないか。

2018年2月 6日 (火)

空からの恐怖

Afr1802050021p11また、ヘリコプターが落ちた。沖縄でも、本土でも。 わが町にも基地がある。それも、現市長は立候補の時の公約に反して、市民病院やスポーツ施設を作ると云っていた土地を (もともとは国の土地だったが・・・)、基地を拡張している。 

飛行機の騒音も私がここに越してきた40年前、30年前に比べれば一段と多い。 それに最近の事故の多発。

隣の市に自衛隊機が落ちたこともあった。 騒音を聞くたび、まさかオスプレイが、まさかあの戦闘ヘリコプターが、と頭によぎる。 沖縄の人たちは毎日、この危惧の中で暮らしている。 沖縄に75%の米軍基地をお願いした形の本土。本土もまた、少なからず空の危険がばらまかれていることを今度の戦闘ヘリコプターの事故はしめしているような気がしてならない。

2018年2月 5日 (月)

立春力

_y5p5rrxwzd1siw7zp4ai3ycltzzz0cosmp陽があるとぽかぽかだけど、少し陰るととても寒い。「春は名のみの・・・」か。 今日の誕生日の花は ネコヤナギ。花言葉は 「自由」、「思いのまま」。

さて、私の立春力といっても、ネコヤナギの花言葉とは裏腹に重い思い。 沖縄のあの美しい辺野古を埋め立てて基地を作ってもいい、という人が市長になった。 辺野古にはいく度が訪れたがあの自然をどうしてコンクリートで埋め立てていいものだろう。NHKの今日のラジオを聞くと、出口調査で25%が移設賛成、75%が移設反対という。 しかも、移設賛成の市長が通れば、50億円の地方交付基金を開設するという大きな飴玉作戦。公選法違反もいとわずの組織選挙戦。 「陽だまりコンサート」への懸念も一つ。 007

そんな思いを払しょくしようと11鉢小花を買ってプランターに植える。ここ10年以上きれいにさいてくれたサクラソウ、 毎年、友人・知人に3つは、プランターに咲いたサクラソウをさし上げたが、今年は雪の重みで咲くかどうか定かではないことも、心が重い。005

とまれ、鉢植えの梅はしっかりと春近し、と感じてくれている。     009


節分の豆をこのままにしては罰があたるので、昼食に味噌和えにした。 こんな食べ方もよろし。 庭のスノーマンが笑顔をふりまいてくれるのでなぐさめられる。001


011

2018年2月 4日 (日)

うたごえ喫茶

仏子にある うたごえ喫茶 「しお」 に参加。 この歌をみんなで歌った。 もう50年も前の歌だけどいい歌! デーサービスで歌いたいけど無理かな。 こうしてみると歌の力を信じる気持ちが大きくわいてくる。

2018年2月 3日 (土)

節分

004季節はめぐります。今日で冬は終わり。しかし、今朝は雪で「朝体操」があるかどうか心配しながら公園に行くと、ちゃんとメンバーはいる。10人余りだったけど、今日もしっかり朝体操。 体操に私を突き動かすもの、それはアコーディオンできなくなったら大変と云う気持ちが多くの位置を占める。
さて、恵方巻きの宣伝がにぎやか。民俗学的価値観からすれば、怪しげだが たまには「太巻きレシピもいいか」 てなのりで 作る。  003_2
卵焼き、シイタケ、かんぴょう、きゅうり、マグロ、さけ、でんぷとにぎやかになった。こんな太いのはとても一人では食べきれない。 ご近所の一人暮らし2軒におすそ  分けしてちょうど良いあんばい。Yjimage1_2

節分に何故、大豆の豆かといえば、昔は米でも麦でも良かったそうな。ただ、穀物には霊力がやどるという民間信仰から大豆ということになったらしい。大豆は投げたときの音もいい。 私は豆は十の位と一の位のかずだけ食べた。 そして庭に向かって「鬼は外」 口に向かって 「福は内」。

2018年2月 2日 (金)

東海道中膝栗毛

003今日は雪、おかげで仕事はお休み。我が家の前の道路は向こう3軒の人たちがにぎやかに除雪。 近況をききながらの雪かきにきれいに雪がはけた。 こうしたコミュニティーの顔合わせも時にはいいもの。

4月のアコーディオン・「陽だまりコンサート」に大先輩が出ない予定、というニュースが入り、がっくり・びっくり、オロオロ、 人生、色々としばらくしてから気を取り直す。004

さて、学研出版 日本の古典 現代語訳 が面白い。 杉本苑子訳 東海道中膝栗毛。このシリーズはこれで2冊目だが、写真の豊富、解説も面白いので、しばらくこのシリーズを読んでいくことにしよう。007
「ひざくりげ」とは自分の足を 「栗毛の馬」に見立てて歩いて旅すること。 「お陰まいり」という伊勢参宮ブームが18世紀たびたび起こった。 1705年には4月から5月までの50日間に推定 262万人、60年後には270万人、さらに1830年には486万人と大群衆が伊勢をめざして旅した。013
人々は「行動文化」といわれるほどよく出歩いた。 このころは参勤交代の制度によって大量の武士が移動していたので、その街道の治安、旅籠の設備などもかなり安定した旅が庶民にも保障されるようになったからである。

こうした中でのこの本は庶民の目線からみた文学としての旅行記と実用書は大ヒットをきたし、戯作者としての十返舎一九の地位を不動のものにした。 彼自身は大阪、千葉などで入り婿になったり江戸で戯作者とまじわったりの中で、苦労を重ね、庶民の貧しさもそれを苦労とせず笑いの中に明日を生きていく力をまざまざと見せる。012

失敗の多い道中、「私だったらこんな失敗はしない」 という読者の優越感もくすぐりながら、武士にあってもへつらうことない生き様もまた小気味よい。 好色な話も多い、この時代の性へのおおらかさか、女性蔑視かと思われる向きもあるが、ほとんど彼らは失敗する。 当然でしょ、とこちらも溜飲をさげる。017

はて、日本人の旅行好きのルーツは参勤交代にあったか・・と思ったり、とにかく面白い。 

2018年2月 1日 (木)

黄身しぐれと道明寺

002今日は医療生協のお菓子つくり教室に参加。 バレンタインが近いこともあって洋菓子つくりかと思ったが、和菓子教室。

まず、黄身しぐれ、 先生が前日にゆで卵の黄身と白あんを混ぜて練ったものをつくっておいてくれた。この黄身アンと食紅を少し混ぜてピンクにしたアンを作る。 こしあんも前日に先生が作っているから 私たちは仕上がりの蒸しと分割、仕上げだけだが工程がよくわかり また作ってもいいかなという気持ちにしてくれる。003

作りたての黄身しぐれも道明寺もそれはおいしい。 なんでも金で気軽に手に入る時代。 こんなアナログお菓子も心がこもって いいものだ。005

「道明寺」は関西風では道明寺粉を使い、関東風ではクレープ状の皮に餡を包む。 桜の葉でつつむのはどちらも同じ。 今日は関西風の桜餅。 教室ではお抹茶に黄身しぐれを一つ試食。 006


出来立てホカホカは ことのほかおいしい。 こしあんが苦手な私も最後まで食べきる。 お持たせは黄身しぐれ一つと道明寺二つ。帰宅後のお茶タイムはホカホカ気分いっぱいの手作り菓子に舌鼓。

« 2018年1月 | トップページ