無料ブログはココログ

リンク集

« 2018・2月ボラ ④ | トップページ | 映画 「KU-KAI」 »

2018年2月25日 (日)

落語会

Img_20180225_0001友人が「フリースペース」を経営し、そこで落語会があった。

落語にしろ、腹話術にしろ、一時の話芸で観客の心を揺さぶり楽しんでもらえるかが勝負の別れ。 

「笑い」のそもそも論、 「若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しているという。
これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞。
  人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなると言われている。このナtチュラルキラー細胞を働きを活発化させるのが「笑い」と大いに関係があると識者はいう。したがって私も腹話術に励むわけだが・・。006

他部門もおおいに勉強になる。アマチュア落語家が5人登場。 最後は真打。当たり前だが、「真打」は噺の緩急、間合い、声の張り方がかなり違う。 プロは1分間に数回観客を笑わすことが出来る。 又、扇子や手ぬぐいだけですべてを表すので、観客の想像力も試される。それが、プロになると場面がす~~っとうかんでくる。005

アマチュアでも滑舌のうまい人は 場面・情景が目に浮かびやすい。 今日はプロとアマチュアの違いを実感し、わが身を大いに振り返る時間にもなった。

こうしたフリースペースは近所で生の文化にふれられるので、人生豊かになる。ありがたい。

腹話術で「外郎売」のセリフを練習するのも納得がいく。

« 2018・2月ボラ ④ | トップページ | 映画 「KU-KAI」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66434239

この記事へのトラックバック一覧です: 落語会:

« 2018・2月ボラ ④ | トップページ | 映画 「KU-KAI」 »