無料ブログはココログ

リンク集

« 弥次さん喜多さんトンちんカン 珍道中 | トップページ | 2018,3月ボランティア ① »

2018年3月25日 (日)

ドラマフェスタ 二日目

004金子しんぺいさんという人のパントマイムワークショップの当番をする。

参加者は大人子ども含めて21人、参加した人の表情がとにかく楽しい、嬉々として演技をするのに多少の驚く。ドラマフェスタはアマ・プロの演劇集団の表現の祭典。しかし、このワークショップは保護者や普段演劇に携わっていない人たち (もしかして、たづ触っている人もいるかも??)010

それが、自分で云われるままに 、例えば風船を持つ動作の場合、風船の気持ちになってごらん、これを「同化粧」というんだけど・・。 と、いいながら子どもたちにもわかりやすく体で風船の気持ちを体現する。012

壁があると想像してごらん、そのかべは ガラスかな、熱いかべかな、もしかしてスライムでできているのかな。これも 「共感、共有」 という気持ちになったときにそこに壁があることを体現できる。013_2
最後に想像力を働かせて、パントマイムをやるということは相手の気持ちを思いやる優しさにもつながるんだよ、との閉めの言葉。 マイムとはこんなにも深いのだ、と改めて実感。 いいなぁ。でもやる時間が私にはない。
終わって、パネルシアターの部屋へ。やっと最後の 「チーム51」の尾崎さんのシアターを見ることが出来た。エプロンシアターの可愛い人形。エプロン劇場とはよくいったもの、どれだけの場面をあの狭い空間のなかでつくったのだろう、そして手のこんだ だるまちゃんたち。 人形劇への情熱はまだまだ十分生きていることを実感。

« 弥次さん喜多さんトンちんカン 珍道中 | トップページ | 2018,3月ボランティア ① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66536806

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマフェスタ 二日目:

« 弥次さん喜多さんトンちんカン 珍道中 | トップページ | 2018,3月ボランティア ① »