無料ブログはココログ

リンク集

« 二日目 黄龍洞 | トップページ | チャルダッシュ »

2018年4月12日 (木)

お年寄りが住みたくなる街

Yjimage104月11日の新聞から

「東日本大震災の被災地、福島県いわき市 常磐病院院長、新村浩明さんは ふさぎがちな高齢の患者たちに笑顔をとり戻してもらおうと、ボランティアで時代劇の主人公にふんしての訪問診療に取り組んでいる。 人気の定番は 「銭形平次」、「遠山の金さん」、「水戸黄門」、リクエストにこたえて演じ分け、女性看護師も町娘役を兼ねて同行する。Yjimage9

「どうでぃ、ここしばらくの体調は?」 と、捕物道具の十手を握り、雪駄で玄関の敷居をまたぐ。」 。出迎えた住人はバッと笑みが広がる。」  3年前から続けている。

わが市も個人商店が消え、跡地に介護施設が雨後のタケノコのごとくに散見する。 サラダボウルもアコーディオンサークルも初めての介護施設をここ数年訪問経験している。

お年寄りが元気になれば、家族も安心して仕事に打ち込める。介護スタッフの過労も多少緩和される。 私はそうめざして、アコーディオンを始めた理由の大きな一つ。Profilepic1

技術的にソロがきちんとできれば、伴奏曲とてきちんと弾けるはずだ。それが、この日曜日にアコーディオンサークルのコンサートがあるというのに、まだソロ曲でシックハック。 介護施設ではある程度のレベルの演奏水準をもたないとお年寄りたちにも失礼だ。 そう思って、この院長さんの爪の垢を煎じようと日夜 アコーディオンも腹話術も練習に励んでいる。

« 二日目 黄龍洞 | トップページ | チャルダッシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66603023

この記事へのトラックバック一覧です: お年寄りが住みたくなる街:

« 二日目 黄龍洞 | トップページ | チャルダッシュ »