無料ブログはココログ

リンク集

« 今日ご近所 | トップページ | 人形劇団夢知遊座 »

2018年5月12日 (土)

加治丘陵歩き

生態系保護協会主催の加治丘陵歩きに参加。 ここは関東平野と山地との境にあたる丘陵で、標高の一番高い所は203.6m。その南側の台地には広大な茶畑と合わせた加治丘陵は、特有の景観をつくり出している。

加治丘陵

 005しかし、近年、開発が徐々に進み、大小合わせて約100haの樹林地がなくなっている。
 こうしたことから、市は丘陵の自然を守っていくことが行政や市民の責務と考え、1980年代から地権者や市民を交えその話し合いを進め、いまからちょうど20年前、「加治丘陵さとやま計画」を策定、  424haの丘陵を将来にわたって保全し、自然とのふれあいの場として活用していくことを決めた。007_2

こうした政策はおおいに推奨したい ( これも市民の根強い運動があったからなんだ)

珍しいことに、ここには亜炭の採炭地が今でもあり、採炭したものは土壌改良剤につかわれているという。 あの「フラガール」の映画で、採炭地の風景がここで、収録されたという。 008
また、ときとして、地層がむき出しになっているところもあり、大昔は多摩川の三角州だったという。

さて、深緑となった緑の中を歩くのは気持ちよい。 日頃のストレスも森林浴でかなり解消。 アップダウンがかなりあり、きついが 杖を借りたのでけっこう楽。 015
野生のタツナミソウ、 スイガズラ、 ウグイスカグラ、コアジサイ、ツクバネウツギ、トンボ草 (← 枯葉の中にひっそりと葉と茎だけを見せている)、 マルバウツギ(左上から2枚目)

杉林になると植生は急に乏しくなる。 採算が取れないので、どこの山も杉林はかなり放置。018_2

今日は来週の公民館歌う会も気になり、12時過ぎ失礼。 最後は丘陵のなかほどにある 「ゴンズイ橋」で 一行とお別れ。 ごらんのように ゴンズイの木が橋の真ん中にある。 この木を倒すと、下のせせらぎの土手が崩れてしまうのだそう。022_2

今日、キビタキの声を聞いたという人もいる。 貴重な自然をこれ以上こわしてほしくない。

019



« 今日ご近所 | トップページ | 人形劇団夢知遊座 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66711497

この記事へのトラックバック一覧です: 加治丘陵歩き:

« 今日ご近所 | トップページ | 人形劇団夢知遊座 »