無料ブログはココログ

リンク集

« 黒い雨にうたれて | トップページ | サンライズ・サンセット »

2018年6月 9日 (土)

加治丘陵

わずか203mの高さとはいえ、樹林に囲まれ、アップダウンの多い24ヘクタールの丘陵を散策。 近年、100haもの樹林が減少したとはいえ、秩父山地に通じる貴重な中山間地。生態系保護協会のメンバーと歩く012_2

        ねじり花014
            にわせきしょう

015         オカトラノオ

019          にがいちご

020                  やまほたるぶくろ

027             黒文字の木・・・ 楊枝はこの木から作られることが多い。

1459313769807377991801         ムラサキサギゴケ 034_2           ウメバチ草 (葉はテイカカズラとそっくり)

032
   切り出した材木を乾燥させ、山中の土止めなどに利用している。経済的運用ができないのは残念だ。

Pho192c1← これはタラの木、タラの芽は春先にスーバーなどでも売られ、てんぷらにするとおいしい。

昼は弁当を食べながら、市の緑化審議委員になるという人からの提案で、どんな緑化が必要かS201709050835463194161
などを話しあう。近年の台風などによる、大雨、洪水被害が地球温暖化と関係あるという意識も浸透してきている。 平地林をこれ以上つぶさず、緑を守ってほしい、街路樹の植える木種、その切り方など とても専門家がはいっているとは思えない。( → アオハダ)   市民から、鳥のふん、落ち葉などで苦情が来るとすぐに木を切るなどするが、長い目で見てほしい、ということを云える職員がいない、 などなどがでた。

散策では木や草の名前をできるだけ覚えるようにしているが、なかなかこれがむずかしい。 植物に詳しい人は 「あ、○○さんにまた会えた・・」 などと植物を擬人化して呼んでいる。 


        

 



                                     








         





        

« 黒い雨にうたれて | トップページ | サンライズ・サンセット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66811160

この記事へのトラックバック一覧です: 加治丘陵:

« 黒い雨にうたれて | トップページ | サンライズ・サンセット »