無料ブログはココログ

リンク集

« うたごえ喫茶 | トップページ | 古賀政男没後40年記念番組 »

2018年7月13日 (金)

らいてうの家

E7b1b3e794b0e58588e7949f1今朝、NHKラジオから米田佐代子さんという方の話しを聴いた。彼女は 「らいてうの家」館長。 らいてうの家 とは

「元始女性は太陽であった」と宣言してから1971年に亡くなるまで、いつも思ったことをまっすぐに貫いて生きた[らいてう]のこころざしをつたえる「平和・協同・自然のひろば」 という。P1010195321_2

長野にはちひろ美術館など色々興味深い「やかた」があるが、ラジオで聞くまで「らいてふの家」は知らなかった。 半分ほどしかきけなかったが、話が深い。  (そういえば、今日の誕生日の花は、カライトソウ↓ 花言葉は ≪深い思い≫) 

 米田さん女性史や働くこと、子育ての事、女の昭和史、そして 平塚らいてうの評伝など沢山の著書も著している。Khw5ko9xwzctxj4bvaml_gocytbw2unxq_2
さて、今朝 米田さんから聞いたこと。 当時16歳だった米田さんの兄が志願して海軍兵学校に行ったこと。お母さんは、彼に時計も自転車も買ってあげられなかった、せめて彼の望みの一つはかなえさせてやりたい、と思い 「行っていらっしゃい、あなたが望むなら」 と、いって送り出した。 しかし、兄は終戦まじかの1945年7月千葉で爆死。  お母さんは、どうしてあんなことをいってしまったのだろう、なぜ止めなかったのだろう、と。あの子のことは死ぬまで一日たりとも忘れたことはなかった。 1000人死ねば、1000人の母がいる。 こんな思いをする母を二度とだしてはいけない。Yjimage8

死ぬまでそういっていたそうです。お父さんのことについては、当時インドネシアで日本の逓信省につとめていたけど、日本ではほとんど知られていない ある「大虐殺」にかかわったのではないか、との疑問から 現地を訪れ、現地の人に何回も聞いて回った。  実際にはかかわっていないと、いうことがわかったが、現地の人たちは、「戦争が人間を狂気にした」ということで、「今はうらんでいない」と いうこともいわれたそう。

最後に米田さんは 憲法9条があるから日本は平和でいられる。しかし、世界にはあちこちに戦争が怒っている。母の願い、らいてふの願いを受け継ぐためにも 「この9条をなくしてはいけない」 と静かに語っていた。

« うたごえ喫茶 | トップページ | 古賀政男没後40年記念番組 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/66934589

この記事へのトラックバック一覧です: らいてうの家:

« うたごえ喫茶 | トップページ | 古賀政男没後40年記念番組 »