無料ブログはココログ

リンク集

« 21世紀シアター二日目 | トップページ | 喜多方からの移動日 »

2018年8月 5日 (日)

21世紀シアター 3日目

Yjimage1r0iwjx0① もりのへなそうる  人形劇団プーク  プークは子どもたちの心をつかむ。人形もさすが、ていねいで動きの細やかさは歴史を感じさせる。子どもの夢を具現化した 「へなそうる」。だれにでも、どこにでも「へなそうる」はあらわれてほしい。

② アフタフ・バーバン 忍者参上。 どんな劇団かのぞいてみた。 参加者はすべて風呂敷を忍者風に頭にかぶることを促される。 なかなか手がこんでいるので、私は人にやってもらう。 忍者の心得からはじまって、まもなく、全体がワークショップのような形になる。013
手裏剣(??)くぐり、宝ものさがし、最後は 会場だけでなく公演会場全部を使っての宝さがし (あらかじめ、スタッフがあるものをかくしておいて)。 子どもはワクワクする。Yjimagewluzgllv
014


③ 高坂さとしのみちのく一人語り・・・ みちのく民話散策  生まれ育った秋田のお国ことばで語る。民話はくらしの知恵、地域の分科。 方言というのはなんと説得力があるかということをつくづく思い知らされる。

④ たかはしべん  しばらくぶりの べんさん。 相変わらずいい声してる。 来年は40周年記念なので全国を100ゖ所回る予定という。  手にギター、口にハーモニカ、左足にタンバリン、 右足にカホン という楽器をバックミュージックにして 「はえをのみこんだおばあさん」、「ごきぶりのうた」、「いいの」、「かじっちゃだめだよ」、「おかしなお菓子」 など、創作曲、伝統的な歌を次々の歌う。   たまたまこの場所で お隣にきたカナダ女性と友達になり、 彼女のある程度日本語がわかるので、楽しんでいた。  原爆の歌 「くすのき」 では くすのき の翻訳するのに スマホを活用。 ホッ。   「ハエを飲み込んだおばあさん」は 彼女も知っており、カナダでも有名、という。 しかし ベンさんは最後に 「戦争を飲み込んで 平和になった」 と唄う。 ここはベンさんの創作。  024140813a1彼女はカナダで教師をしているという。 影絵劇に興味がある、というので アドレスを交換。

⑤ さんさん劇場  寄せ鍋ショート劇場   ながたひとしさんを中心とするいつもの「ひと組」メンバー構成で合計 3人。 粋な三味線・太鼓で 小粋な語り。顔が人間で体が人形の 落語も堂にいったもの。 毎年大して変わらないのに、かならず見に来てしまう 魅力がある。Yjimagepbvj4wnv
⑥ 前進座 松本清朝シリーズ  「薩摩札」、 3人の劇団員の朗読劇はさすが、舞台をみているような錯覚を醸し出す。 これは現実にあったことなのか、それとも 松本清朝の創作なのか、と思えるほど あまりにも生々しく 歴史のむごさ、悲しさを 写しだす。  今回のフェスタ参加の中で特に印象に残った作品。

⑦ ザ・ニュースペーパー  番外編  これも毎回あれば必ず参加する面白い劇団。 現代政治・社会をちょつぴり切り取り、その政治家らしくなって 言動を笑い飛ばす。阿部首相のそっくりさんが次々を繰り出すあべこべ政治。 それを傍らの 手話通訳者 らしき人が ほんとの手話でなく しかしいかにも手話通訳者らしく面白おかしく体現するのが いかにも 「ニュースペーパー」らしい。  最後はあの大震災以後 このメンバーが「フクシマ」を忘れない を コンセプトに取り組んだ 福島訪問のビデオで締めくくる。 少し、新鮮味が薄れた感もあるが、 引き続き 頑張ってほしい劇団。

« 21世紀シアター二日目 | トップページ | 喜多方からの移動日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/67029719

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀シアター 3日目:

« 21世紀シアター二日目 | トップページ | 喜多方からの移動日 »