無料ブログはココログ

リンク集

« さとうきび畑 | トップページ | 腹話術台本 トノサマガエル »

2018年8月10日 (金)

蜜蜂と遠雷

Yjimage2本屋大賞、直木賞のダブル受賞したり、音楽に関係ありそうなので、読んでみた。

あらすじ

舞台は地方の国際ピアノコンクール(浜松国際ピアノコンクールをモデルにしたとか)。3年ごとに開催されるこのコンクールは、優勝者が世界屈指のコンクールでも優勝した実績があり、近年評価が高い。コンテスタント(演奏者)や審査員たちだけでなく、調律師やテレビの取材者など、さまざまな人間の生き方、考え方が複雑にからみあう。

ジュリアード音楽院の学生で19歳のマサル。天才と呼ばれたが、母の死後ピアノから遠ざかっていた亜夜。楽器店に勤める28歳の高島。人々の注目を集める少年、16歳の風間塵(じん)は、音楽教育をほぼ受けたことがない。ピアノも持っていない。養蜂を仕事とする親と移動生活をしている。

しかし、塵は、高名な音楽家のホフマンから「ギフト」と称され、推薦された注目の若手。2週間にわたるコンクール。曲はバッハに始まり、モーツァルト、リスト、ショパン、ブラームス、バルトーク、プロコフィエフなどなど。Yjimage8

手に汗握る審査発表、歓喜と落胆。しかし、このコンクールにこの少年がもたらすものは、スケールの大きな、音楽に対する愛情。「狭いところに閉じこめられている音楽を広いところに連れ出す」という少年の言葉は作者のいいたいことか。

音楽にうとい私だが、各演奏者がかくも楽しそうに作曲家の意図を体現しながら演奏する曲、とはどんな曲なのだろうと、ネットなどで聞きながら読み進んだ。  ああ、この曲はこの人が作ったんだ、どんな気持ちの時に作ったんだろう、など 読んでいる間だけでもクラシックのシャワーに触れた感じ。 音楽とは人間そのもの、生きることも音楽、 そんな感じを受けた本。

« さとうきび畑 | トップページ | 腹話術台本 トノサマガエル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164077/67041567

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜蜂と遠雷:

« さとうきび畑 | トップページ | 腹話術台本 トノサマガエル »